中仙道の道路表示が、次々中山道に変わってきています。
一里塚にも中仙道と表示されているのに、何故?

A 回答 (3件)

 本来は"東山道"の一部と言うことで"中山道"が正解なんです。


 しかし、庶民の間では"中仙道"と間違って伝わっていた為、一里塚にもこんと下り表示されてしまっているわけです。
 そこで正式名称に統一ということで変わってきているようです。

#いまさら…ねぇ^^;

 そう言えば昔"旧中山道"を"いちにちじゅうやまみち"と読んだアナウンサーがいたような…^^;

 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとう御座いました。
やはり中山道が正解なんですね。
一里塚で中山道と書いてあるものを見たことがない上に、浮世絵に出ているものでも、中仙道と書かれているのに不思議ですね。
本当に中山道なんて、江戸時代に使われていたのでしょうか?

お礼日時:2001/07/31 22:44

 逆に、わざわざ「正しくは中山道」といっているところで、あまり使われてなかったと推測できそうな気が…^^;



 他の文献見つからないですし、推測ですけどね^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2度目のお答えありがとう御座いました。

私なりに東山道の一部ということなので、そちらから調べてみました。
その結果、東山道は中仙道とは、かなり違うルートを通っており、東山道が中仙道の一部というのは無理があるように思えます。
元々律令制度で制定された東山道ですから、道としては地ならしをした上に側溝まで備えていたものではありましたが、遺跡発掘の際にかなり深いところから出てくることを考えれば、江戸時代初期には既に使われていなかったのかも知れませんね。そうなると、やはり中仙道が正しいような気がします。

お礼日時:2001/08/24 14:31

 正徳年間に「正しくは中山道」とあるってことは江戸時代後期には使われてたんじゃないでしょうか


 これは自信なしです。

参考URL:http://www5.big.or.jp/~ejiri/nakasen/about.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとう御座います。
>正徳年間に「正しくは中山道」
これは知っていました。やはり徳川幕府の公式文書では中山道だったのでしょうかね。自分でも調べているのですが、この一文以外で見ることが出来ないので、質問をさせていただいています。

お礼日時:2001/08/15 23:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q落合川の水源

落合川の水源の近く、(東久留米市 八幡町あたり)の落合川から、
湯気が出ていたのですが、落合川は下水道の水から始まるのですか?

Aベストアンサー

そんな可哀相なことを云わないで下さいよ!!

落合というのは全国的にある、比較的上流に位置する川の合流点に多い地名で元来水のきれいな所なのです。。。

心無い地元の誰かが下水を垂れ流しているのだと思いますが、自然の姿ではありません。。。

Q高校1年生です。勉強をしたいのに、片付けをしたり、ラジオを聞いたり、絵を描いたりしてしまうのは何故で

高校1年生です。勉強をしたいのに、片付けをしたり、ラジオを聞いたり、絵を描いたりしてしまうのは何故でしょうか。自分で自分の首を絞めてるのが辛いです。どうしたら良いでしょうか。また、いつも学校に行ってから後悔しています。解決策や心持ちも考えて家に帰るようにしてるのに、同じことを繰り返してしまいます。多分習慣になっているのでしょう。。頑張って治そうと思ってるのに、本当に勉強に手が付きません。これは病気でしょうか。散文でごめんなさい。

Aベストアンサー

勉強する事を大仕事のように捉えてるからその前に!という無意識でしてしまうんでしょうか?
それか勉強よりそっちが好きっていうこと?治さなければというより、してしまう事(はずせない!)としてて楽しい事、しなければならない事を自分の中でちゃんと整理すればけりの付け方が見つかるかもしれませんね。どっちにしろ、好きな事はやめてはならないとおもいます

Q中仙道は、なぜ中山道に変わっているのでしょうか?

中仙道の道路表示が、次々中山道に変わってきています。
一里塚にも中仙道と表示されているのに、何故?

Aベストアンサー

 本来は"東山道"の一部と言うことで"中山道"が正解なんです。
 しかし、庶民の間では"中仙道"と間違って伝わっていた為、一里塚にもこんと下り表示されてしまっているわけです。
 そこで正式名称に統一ということで変わってきているようです。

#いまさら…ねぇ^^;

 そう言えば昔"旧中山道"を"いちにちじゅうやまみち"と読んだアナウンサーがいたような…^^;

 

Q濡れている道路と乾いている道路についてです。

濡れている道路と乾いている道路についてです。
カテゴリがここで良いのかわかりませんが、宜しくお願いいたします。

今朝のことです。
我が家の前には南北に道路が伸びているのですが、
道路が一面濡れていました。
しかし、角を曲がって東西に伸びる道路に入ると、
そこは乾いた道路でした。
そのまま目的地まで歩いている間、
南北の道路は濡れており、東西の道路は乾いていました。

子供になんで?と聞かれたのですが、私もさっぱりわかりませんでした。
これは何故なんでしょう?

ちなみに、場所は都内、天気は曇りでこの時期にしてはとても温かい朝でした。
今週に入ってから暖かい日が続いております。
昨夜雨が降ったかどうかはわかりませんが、
庭の自転車や、ポストなどは濡れていませんでした。

Aベストアンサー

日当たりの良し悪しか、側溝への傾斜、道そのものが坂になっているかどうか、というので水はけや蒸発に差が出そうですね。

Q中仙道について

こんにちは
今NHKで京都から日本橋まで中仙道を歩くという番組をやっていて興味をもったんですが、
中仙道って下諏訪から軽井沢を通っているんですね。
甲府から八王子に抜ける道とばっかり誤解していました。
ここで疑問なんですが、塩尻あたりから、江戸に行く時、
冬は寒いし、険しい山道を通って、わざわざ軽井沢方面に行ったんでしょうか?
甲州街道より、中仙道の方がメインだったんでしょうか?
それとも意外と甲州街道の方がきつかったんでしょうか?
政治的な理由などなんでしょうか?

Aベストアンサー

東海道ですが、東京23区に入るまででも、途中に
「尾張・美濃・伊勢国境の湿地帯」
「天竜川や大井川などの大河」
「静岡県から神奈川県にかけての険しい地形」
の3つの障害があります。

「尾張・美濃・伊勢国境の湿地帯」
陸上は通行困難なので尾張の熱田から伊勢の桑名までは海上を船で渡る。羅針盤も竜骨もない江戸時代の外洋船は安全性が低く、海が穏やかでないと通行できない。紀伊藩主が時化を押して桑名から熱田へ渡海しようとし大変な目に遭ったという話もあります。
この地域の治水が充実して陸上を愛知県→岐阜県→滋賀県と通行できるようになったのは明治に入ってからのことです。

「天竜川や大井川などの大河」
明治時代以前は、こうした大河への架橋は軍事的理由より技術的理由で困難であった。水量が少なければ川を歩いて渡れるが、増水すれば渡河不能。川を船で渡るのも不可能。海の難所である遠州灘を船で渡るのは全く不可能。

「静岡県から神奈川県にかけての険しい地形」
「箱根の山は天下の険」と歌われたことはご存知ですね。長く険しい峠道です。

さらに、静岡県内の薩た峠は、海沿いの険しい道を荒波に攫われる危険を冒して通るしかなく、箱根峠以上の難所とされていたようです。現在の東名高速は、海の上に張り出す形で道路を通しています。江戸時代には想像も付かないことです。http://www2s.biglobe.ne.jp/~ja1klb/tabi/kaidou/satta2.html
江戸時代中期に、薩た峠の辺りでは山の中を切り開いて安全な新道を通したそうですが、箱根峠に負けない険しい山道であったでしょう。
http://doraku.asahi.com/earth/japan/hiroshige/060824.html

同じく静岡県内の宇津ノ谷峠も難所でした。現在の東名高速はこの付近では長大な日本坂トンネルを通しています。

というように、東海道が安全かつ容易に通行できるようになるには、ヨーロッパから土木技術と鉄道技術を導入した明治時代になってからのことです。

中山道が、土木技術が未熟な江戸時代以前の人にとって一番頼りになる道であったということがお分かり頂けたでしょうか。中山道は、山の中ではあっても道はそれほど険しくなく、架橋できない大河も、荒波の寄せる海岸の絶壁も、大河が蛇行氾濫する湿地帯もありません。

関ヶ原の合戦の際に、家康の率いる先鋒軍は東海道を、秀忠の率いる徳川主力軍は中山道を通って上方へ向かっています。これも、「中山道のほうがメインルート」だったことを示すものでしょう。

東海道ですが、東京23区に入るまででも、途中に
「尾張・美濃・伊勢国境の湿地帯」
「天竜川や大井川などの大河」
「静岡県から神奈川県にかけての険しい地形」
の3つの障害があります。

「尾張・美濃・伊勢国境の湿地帯」
陸上は通行困難なので尾張の熱田から伊勢の桑名までは海上を船で渡る。羅針盤も竜骨もない江戸時代の外洋船は安全性が低く、海が穏やかでないと通行できない。紀伊藩主が時化を押して桑名から熱田へ渡海しようとし大変な目に遭ったという話もあります。
この地域の治水が充実し...続きを読む

Q言葉は何故生まれてきたんですか?

すべてひっくるめて言いますけど、
言葉って何で生まれてきたんですか?
自由研究でやるんです。
神話でもいいので教えてください

Aベストアンサー

なぜ言葉が生まれたか?難しいですね?私の知ってる話では、バビルの塔の話で、昔はみんな同じ言葉を話していたが、神の領域にちかずくために塔を建てようとしたが、神の怒りにふれ壊されてしまい、人間同士意志の疎通ができにくいように言葉をばらばらにした。という話。(質問と違うか?)後は、どこでかは?忘れたけど、初めは記号として遠くの人に意志を伝えようと木など簡単な言葉を作った?誰が?だったか?とかいう話を少し聞いたことがありますね。
なんか変な回答?ですみません。たしか、それらしい本がでていましたよ。探してみてはいかがでしょうか?中途ハンパな回答で申し訳ない。

Q4月29日高齢の母つれた花見旅、中仙道木曽あたりで

高齢の母を楽しませるため、家族5人で遅い花見を計画しています。
ゴールデンウィークでも、木曽駒高原あたりは桜が満開と知り、ここを目的地に決めようと思います。
浜松から東名高速、中央道をいき、中津川でおりたら中仙道を北上して木曽駒高原に向かいます。
その間、車の窓から、百花繚乱の花々が見られるところはありますか?
ありましたら途中回り道してでも、寄りたいと思います。
もちろん、桜でなくてもかまいません。ご存知の方、お教えください。

また、木曽福島あたりで1万円ぐらいで2食付のお宿、年寄りがいても大丈夫そうなお宿、ありませんか?食事は豪勢でなくてもかまいません。階段の少ない宿、1階にお部屋がある宿民宿でも、ペンションでもかまいません。1晩ゆっくりくつろげそうなお宿さんをお教えください。
よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

長野県の桜は、今が最盛期で今度の土日が最後の花見でしょう。
質問の4/29~GWでは、散っていると思います。
http://weathernews.jp/sakura/#//c=42/ddm=famouspl_list


> その間、車の窓から、百花繚乱の花々が見られるところはありますか?
> ありましたら途中回り道してでも、寄りたいと思います。
> もちろん、桜でなくてもかまいません。

この条件から、「花桃/はなもも」はどうでしょう。
GWの期間でも、真っ盛りでバスツアー等で見物人も多数います。

花桃
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%8A%B1%E6%A1%83&lr=lang_ja
はなもも
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%82%82%E3%82%82&lr=lang_ja

はなももの場所
http://hirugamionsen.jp/about/hanamomo.html
↑ ここにある、温泉旅館街の「昼神(ヒルガミ)温泉郷」は、中央道の恵那山トンネル掘削時に出て来た温泉ですので、比較的新しく長野県南部では大きい温泉街です。
なお、一番近くの高速道の園原(ソノハラ)ICは、名古屋方向への出入りしか出来ないハーフインターで、しかも,恵那山トンネル(中央道で一番長いトンネル?)を出るとすぐICですから、ICから出る為の速度減速に注意して下さい。
この「はなもも」を見てから、R256を通って木曽へ行きましょう。

食事場所は、上記「はなももの場所」サイトにある、左欄の「日帰り温泉+お食事」の各欄をクリックして参考にして下さい。
また、R256を木曽側に来てR19へ出る途中に、大きなホテル「木曽路」があり,ここも日帰り温泉もしています。山の高低差がある広大な駐車場ですが、ホテルの入口が判らないほどです。
なお、この「ホテル木曽路」から、R19へ出る直前に、「妻籠宿・ツマゴジュク」という古い宿場町の保存地区・観光地があります。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A6%BB%E7%B1%A0%E5%AE%BF&lr=lang_ja
妻籠宿は,ほぼ平地ですので、高齢のお母さんも歩けるでしょう。
付近にある同じ様な宿場町「馬籠宿・マゴメジュク」は、坂道・階段で華やかで若い人向けですが、こちらの妻籠宿は、華やかさは無く、年寄り向きでしっとりした雰囲気の宿場町です。


● 質問にある条件の宿泊場所は、私は判りません。条件に合う宿泊場所は、他のかたの回答を待ってください。

----------------------------

私は、中央道も,R256も、木曽も、私用やドライブで何度も通っていますが、「はなもも」も、妻籠宿も、馬籠宿も、日帰りだったので、質問の宿泊情報だけはわかりませんので、すみません。

また,私はGW直前に、個人的なグループバス旅行で、上記の「ホテル木曽路」へ日帰り温泉+昼食バイキングに行く予定です。時間的にも余裕があるので、「はなもも」を見てくる可能性もあります。

今月はじめに、京都・奈良の桜や修学旅行コースの見学、新潟県の高田城の桜見学に行って来ましたが、大地震の自粛や、放射能で外国人が少ないなどで、各地の旅行者は極端に少なかったですね。GW中の長野県内の旅行者も少ないかもしれませんね。

長野県の桜は、今が最盛期で今度の土日が最後の花見でしょう。
質問の4/29~GWでは、散っていると思います。
http://weathernews.jp/sakura/#//c=42/ddm=famouspl_list


> その間、車の窓から、百花繚乱の花々が見られるところはありますか?
> ありましたら途中回り道してでも、寄りたいと思います。
> もちろん、桜でなくてもかまいません。

この条件から、「花桃/はなもも」はどうでしょう。
GWの期間でも、真っ盛りでバスツアー等で見物人も多数います。

花桃
http://www.google.co.jp/searc...続きを読む

Qテレビは何故きれいな黒を表示できるのですか?

テレビを見ていて、突然疑問がわきました。
光の3原則でいえば赤青黄色の3色を混合させると白ですよね。
テレビで黒を表現するには、どんな方法で実現しているのでしょうか?

Aベストアンサー

「きれいな」黒ということでいえば各社は結構研究しています。

テレビのブラウン管は蛍光物質に電子ビームを当ててつぉの発行を利用しています。
そのために黒の場合ただ単にビームを当てなければいい訳なんですが蛍光物質自体が色を持っていてグレーに近い色になってしまいます。そのために蛍光物質をいろいろ研究しなおかつビームがほかの部分に影響を与えないようにふぃうたをもうけることによって黒がしっかり黒になるようになっているんです。
それをなされていない昔のテレビは黒ではなくグレーに近いですよね。それでも実際にテレビをつけているときに黒に見えるのは「コントラストの差」を利用しています。

テレビは園が免じたいが発行しますので発行していない部分の色は落ち込みます。
そのためにビームが当たらず発行していないところは黒に見えるんです。

参考URL:http://www.e3.panasonic.co.jp/communication/kihon/denki/tv/t-crt-1.html

Q●近江平野の東海道線はなぜ中仙道を外れた?

滋賀県下・近江平野の東海道線(当時、長浜--大津間)は、東海道本線のうち、最後に開通した区間です。
(いな、最後の電化区間だったか?)

そのうち、彦根--野洲間は、「旧中山道」を西へ1-4kmほど、
外れています。なぜ、そのような、ルーティングになつたのでしょうか?
-------
Q1 東海道の他のいくつかの宿場町と同様に、沿線の「○○宿」より鉄道布設に反対があった?
Q2 近江平野に関しては、「旧中仙道」ではなく、「朝鮮人(通信使)街道」の町に沿わした?
Q3 ○○川の渡河部の橋梁建設にあたり、立地選定した結果?
Q4 用地買収にあたり、地価の安い所を選んだ?
Q5 トンネルを少なく(安土に一つのみ)するため?
Q6 その他の理由?

Aベストアンサー

鉄道忌避伝説は、ほとんどが後年の捏造や妄想であることは、現在では学識者の間では定説になりつつありますが、いったん広まった伝説はなかなか収まりませんね。ということで、Q1はノーでしょう。

鉄道敷設にあたっては「街道に沿わす」という考えはありませんから、Q2もノーでしょう。名古屋以東の東海道本線も沿っていないところの方が多いと思います。旧街道と1-4km以内に敷設されている線路のほうが珍しくありませんか?

やはり、Q3~4のような、建設上有利な地点を選んで線路の位置が決められたと考えるほうが自然だと思います。

題名は忘れましたが、鉄道忌避伝説は虚構だったという事を解説した本が、最近出たはずです。

Q一寸面白い問題。何故「雨水」の読み方は「あまみず」?処で何故「胸糞」の読み方は「むなくそ」?

一寸面白い問題。何故「雨水」の読み方は「あまみず」?処で何故「胸糞」の読み方は「むなくそ」?

Aベストアンサー

雨水:「あめみず」ではなく「あまみず」
胸糞:「むねくそ」ではなく「むなくそ」

ということですよね? どうしてそうなるのかというご質問。

まあ「発音はしやすいように変化する」ということです。よくあること、話し言葉ってそんなもの。
共通的によく起こるのは「音便」(おんびん)と呼びます。

電車の「特急」は「とくきゅう」ではなく「とっきゅう」(促音便)
国会は「こくかい」ではなく「こっかい」、「学校」は「がっこう」(促音便)
差し引く→「さっぴく」(促音便+半濁音)
 歌う、歌わない、歌いて→「歌って」(促音便)、歌え!

足の下に押し付けるのは「踏みつける」ではなく「踏んづける」(撥音便)
 読む、読まない、読みて→「読んで」(撥音便+にごり)、読め!

月始めの日は「月立ち」ではなく「ついたち」(い音便)
 書く、書かない、書きて→「書いて」(い音便)、書け!

ヤングマン=「若人」は「わかびと」ではなく「わこうど」、結婚の仲立ちの「仲人」は「なかびと」ではなく「なこうど」、お礼のあいさつ「ありがたく」→「ありがたう」→「ありがとう」(う音便)

その他、ご質問のようなあまり規則性のないものでも、
 船便:「ふねびん」ではなく「ふなびん」、船主:「ふねぬし」ではなく「ふなぬし」
 上蓋:「うえぶた」ではなく「うわぶた」
などなど。

とりあえず思いついたものを。

雨水:「あめみず」ではなく「あまみず」
胸糞:「むねくそ」ではなく「むなくそ」

ということですよね? どうしてそうなるのかというご質問。

まあ「発音はしやすいように変化する」ということです。よくあること、話し言葉ってそんなもの。
共通的によく起こるのは「音便」(おんびん)と呼びます。

電車の「特急」は「とくきゅう」ではなく「とっきゅう」(促音便)
国会は「こくかい」ではなく「こっかい」、「学校」は「がっこう」(促音便)
差し引く→「さっぴく」(促音便+半濁音)
 歌う、歌わない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報