最新閲覧日:

ISDNを使っている皆さんに質問です。ズバリ、ADSLとの違いは何でしょうか?メリット&デメリットを教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (9件)

補足ですけど・・・BフレッツはNTTのサイト(前にサイトのリンクアドレスを記載しています)に詳細がかいてあるのですけど・・・。



Bフレッツ
NTTが始めたインターネット接続サービスの名称、光ケーブルを利用し100Mbpsで接続できる。
詳細は、参考(NTT西日本のフレッツサイトです)

FTTH (家庭用光ファイバ)
Fiber To The Homeの略。超高速・大容量の次世代通信回線光ファイバを各家庭に供給することです。電話やネットだけでなくCATVなどのテレビデータの転送にも使われる予定で幅の広い利用が可能になる。

光ケーブル利用のCATV
そのままです。現状の同軸ケーブルを利用した回線は上下の回線速度に差があると同時に、速度も最大30Mbps(下り)までが限界とされます。そのため将来出るであろうさらに高速大容量のデータ通信やコンテンツの配信などのために自社で独自に光ケーブルを敷設するか、若しくは他社の光ケーブルを回線を借りてもっと高速なネットワークを構築をしさらに利用度の幅を広げること。

ちなみに、
光ケーブルが家庭でも利用できる環境を整える理由は、これから家電全体をネットワークに直結して操作できるようにしたり、複数台のPCを高速にネットに接続できるようにするための措置でもあります。

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/flets/ 
    • good
    • 0

補足に回答します。



フレッツADSLとは、NTT東西がADSL回線を提供するサービスです。
回線提供のみですので、プロバイダはADSLの接続サービスのある業者を選ぶ必要があります。

フレッツADSLの詳細については、下記URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/flets/
    • good
    • 0

遅くなりましたが、ご質問に補足します。



1.ADSL料金は、プロバイダ、回線業者により異なりますが、NTTのフレッツADSLの場合は、月額4,350円+プロバイダ料金(大抵が2千円前後)です。

2.ルータとは、複数のPCを1回線のADSLに繋ぎ、複数のPCで同時にネット接続が出来る機器です。
 親と子供がイーサネット(家庭内LAN)でルータに接続し、同時に違うサイトを見たり、メールをしたり、ができます。

ISDNでも、3台のPCをルータで接続していましたが、回線速度が低下し、ダウンロードに時間が掛かりましたが、ADSLにしてからは、快適にダウンロード出来るようになりましたよ。

CATVかADSLかということになりますと、majioneaさんのお住まいの環境により条件は違ってきます。我が家にはCATVが来ていませんので、必然的にADSLになりました。

この回答への補足

フレッツADSLって何ですか?

補足日時:2001/08/05 01:46
    • good
    • 0

結局のところ、ISDN、ADSL、CATVのどれがいいんですかねえ?



電話番号を2つ持ちたい。安定した速度を得る。
遅くて速度比で割高でも良い。FTTH(家庭用光ファイバ)への速やかな移行を検討しているならISDN。

初期投資を安く上げ交換機から近く高速な転送が望めるならADSL、とにかくFTTHが普及するまでの中継ぎ程度ですがかなり高速です。

既にCATVに加入している、速度を安定させたいならCATV、将来性も考えるなら現状ではポイントは結構高いが・・・。安い・早い・将来性があるのですが、細かなところで問題がある会社もあります・・・CATVからADSLに変える方もいるしね。(その逆もいますけど)

まあ、これと前のみなさんの回答をもとにご自身や家族で考えてください。まあ、速度を考えるとISDNはないです。CATVかADSLのいずれかを選ばれると良いかな?とにかく、CATVはお近くのCATV会社がネット接続サービスをしているか、速度やサービスなどは良いか調べてみましょう。

ただし、既にBフレッツなどの光ケーブルサービス予約が始まっている地域はFTTH(現在最大100Mbpsで将来は数Gbps達成もあり)って手もあります。
(サービスエリアの詳細はNTT東西サイトで)
http://www.ntt-west.co.jp/flets/ (NTT西日本)
http://www.ntt-east.co.jp/flets/ (NTT東日本)
まあ、どちらにしろ最終目標はFTTH(速度・価格重視)か光ケーブル利用のCATV(サービス重視、既に一部地域で実用化済み)です。

この回答への補足

次の語句の説明をお願いします。

<Bフレッツ

<FTTH

<光ケーブル利用のCATV

補足日時:2001/08/05 01:48
    • good
    • 0

上りと下りって何の事ですか?



上りは「家庭など→インターネット」に送信することで、いわゆるアップロードのこと。
下りは「インターネット→家庭など」にデータを受信することで、いわゆるダウンロードのこと。

基地局って、「この地域に住んでいる人はココ」と言う風に決まっているんでしょうか?プロバイダと同じと考えていいんですか?

まあ、そんな物ですね。一番近くの電話局の交換機まで自動で接続してくれるわけです。交換機のある場所を基地局といいます。
ADSLはそこまでの距離が遠いと通信に支障が出るということです。だいたいフレッツADSLで3~4Kmを超えると苦しいです。
ちなみに、ADSLの通信データは交換機で専用の光ケーブルなどに変換、ブリッジされます。そのためそこからは欠損はほとんどありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

結局のところ、ISDN、ADSL、CATVのどれがいいんですかねえ?

お礼日時:2001/08/03 23:53

こんにちは。



田舎に住んでいると、わかります。
近所で入れた友人がいたので、ダウンロードテストをしてみました。
ファイルは、20MB程あり、同時に別マシンで、やりました。
プロトコルは、HTTPでDLしています。

ISDN 実動作 7kb~9kb 15分
ADSL 実動作 1kb~10kb 30分

うそ!?
と思われるでしょうが、事実です。
ADSLは、基地局からの伝送路が長いなど、電気抵抗による障害が発生する際に速度がまったく保証されません。
ADSLのDL動作が常に速度が、落ちたりあがったりと不安定だったそうです。

ぎりぎり、範囲内とか、田舎や、山間部では、デジタル回線を引くしかないのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、基地局から遠いと速度が遅いんですね。携帯電話の電波が悪いのが、近くにアンテナがないのと同じ感覚でしょうかねえ?

お礼日時:2001/08/02 21:35

ISDNのメリットは


2回線使えて電話番号を2つもてる
安定している、

ADSLのメリットは
とにかく速い1,5Mbps(DL)225~512Kbps(UL)

デメリット
ISDN
遅い。

ADSL
安定性が低い
ISDNとの相性が悪い、
干渉に弱く、伝送欠損率が高い。

欠点も多いですが、電話局の基地局に近ければADSLの方が良いですよ。

この回答への補足

基地局って、「この地域に住んでいる人はココ」と言う風に決まっているんでしょうか?プロバイダと同じと考えていいんですか?

補足日時:2001/08/02 21:36
    • good
    • 0

ズバリ、メリットは速度の違いです。


ISDNは早いといっても64Kbps しかし、ADSLは下り1500kbps上り512kbpsです。
(どちらも理想速度)
デメリットは、料金でしょうか。しかしメリットに比べるとデメリットは少ないように感じます。

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/ipnet/ip/adsl/

この回答への補足

上りと下りって何の事ですか?

料金はISDNと比べると、どの程度違うんでしょうか?

補足日時:2001/08/02 21:35
    • good
    • 0

6月にフレッツISDNからフレッツADSLに変えました。


1.メリット
 ・ダウンロードの早さ
  比較的大きな写真画像も直ぐに表示されます。

2.デメリット
(1)料金が高い....ダウンロードの早さを考えると仕方ないかなあ。
(2)設備費用が高い....3台のPCを繋いでいるので、ルータを買わなければなりませんでした。
(3)局から遠いと、速度が落ちる。

でも、やはりADSLにして良かったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ADSLの料金体系について詳しく教えてくれませんか?

また、ルータって何ですか?

お礼日時:2001/08/02 21:33

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


おすすめ情報

カテゴリ