【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

職場にいる30代の女性社員Aさんは、
仕事の能力は高いですが、
たまにミスをすることもあり、
ちょっとしたことが抜けてます。
性格は人当たり良くいつも穏やかです。

もう1人の30代女性社員Bさんは、
Aさんよりも更に能力が高いです。
またいつでも完璧、どんな時も率先して動き、
上の人にも意見をはっきり言うタイプです。

能力はBさんの方が上ですが、
上司はいつもAさんと話す時嬉しそうで、
なにかと構っている印象です。
先日も、上司がAさんに仕事の説明をしており、
Aさんがあまりよく理解できてないような顔をしてたら、
怒る様子もなく、
「なんか全然わかりませんって顔に不安が現れてるけど平気?」とケラケラと笑っていました。

男性上司からは、完璧な女性社員より、
少し抜けてる女性社員の方が、
気に入られるものですか?

A 回答 (5件)

そうだと思います。



男性というのは,自分がより上位の存在であると認められたい(異性にはよりよい遺伝子の持ち主だとして選ばれ,また同性には自らでは及びもしない至高の存在だと畏怖され自分が害されることがないようにしたい)ものなので,そのために自分よりも下の存在を心地よく思う生き物だったりします。そのために他者に肉体的・精神的な暴行を加え,その他者に自分を認めさせることがあるほどです。

いろいろなことを完璧にこなしてくれる存在は,自分を困難に陥れないという点で非常に頼もしい存在ではあるのですが,自分よりも上になるとなると話はちょっと違ってきます。その人は,自分を追い落としかねない存在だということですから。

なので抜けたところがあるという点では最初の条件に合致するのですが,抜けたところばかりというのではむしろ足を引っ張るだけの存在になってしまいます。それは自分にとっても危険な存在だということになってしまいます。それは困るんですね。

なので,できるんだけどたまに些細なミスをする程度の人が最も好ましく感じてしまったりするのです。

あれ? ママ友同士のマウンティングというのは最初の条件に合致していますね。ママ友いじめという暴行により,自分がより上位の存在だと認めさせていますから。
それは人が死ににくくなったことにより男女の性差が減少している,ということの表れかもしれません。
    • good
    • 0

男は、女性に手助けをお願いされて、手助けできて、喜んでもらえた時、嬉しく思ったりする生物だからね。

    • good
    • 0

こんにちわ。



逆にも考えてみて下さいね。

もし、ムーミン11さんだったら。
何もかにも良く出来て、頭の回転はよくミスなど
無く完璧間違いないような人。
正直、恐いですよ。人間なんですから完璧なんて
有る訳ないし、いったいどうなっているんだろう
何を考えている人なんだろうって。

ミスをしてくれたり、抜けて見えたりしててくれた
方が遥かにホッとして近づきやすいし、安心できる。
まして自分が機械じゃありませんから、息をぬきたい
ですからね。

完璧キラリ!よりも、抜けてニコッとの勝ち!
    • good
    • 1

私は仕事と息抜きはしっかり分けたいタイプのつもりです。


私のことはプロファイルで見てください。

私がしている設計とか解析と言う仕事は、『やり直し最小』『バグゼロ』を念頭に置くと真剣にならざるを得ません。
そんな時に頼りになるのはBさんタイプの人です。

和気あいあいと団らん気分で仕事をするのも悪くはないでしょうが、私は『仕事は仕事』『その間の息抜きは分けて考える』としています。
    • good
    • 0

気に入っても


頼りにはしない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング