バロック絵画に、バロック時代の人間観が反映しているのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

 論旨を簡単にするために、バロックとそれまでの古典主義を対立させて見ていくことにします。

「人間観」ということですが、古典主義の哲学と言えるのがスピノザやデカルトの体系であり、それは「神と人間の存在の確信」に支持を与える、直線的な思想であると言えるでしょう。
 対して、バロックはアーノルド・ハウザー『芸術と文化の社会史』によるとコペルニクスの宇宙論が勝利を占めた後にヨーロッパ美術に出現したとしています。宇宙の無限性という畏怖すべき観念が、神と神によって創られた人間の存在の基盤を揺るがしたのです。バロックの曲線(楕円や渦巻きや螺旋)は円環へと収束します。円環には始まりも無ければ終わりもありません。パスカルは彼の思想において「無限なる空間の永遠の沈黙」を前にして不安を覚えました。バロック美術は洞窟、迷宮、唐草模様などの付属物によって過剰ともいえる装飾を与えられています。そのような曲線は、時代的観念の象徴であるとともに、不安を慰撫する休息をもたらす意味を持っています。ガストン・バシュラール『空間の詩学』では人間は貝殻のなかに最大の休息を見出す、と述べています。また、貝殻を形作る渦巻きや螺旋は女陰のシンボルであるとユングは指摘しています。ここまでの記述を整理すると―宇宙論の確立により生み出され増大する不安―その不安を慰撫する円環(渦巻き、螺旋)の形成―生命と存在の再生のための胎内回帰。とまとめられるでしょうか。
 参考までに書いておきますと、バロックとは、もとポルトガル語の<バローコ>でゆがんだ真珠を意味する普通の言葉でした。それが美術用語に転用され風変わりなもの、不均等なものという意味を付与されることになりました。そこには18世紀後半のフランスで古典主義の概念が確立し、そこから逸脱したものがバロックの名で呼ばれたという時代背景があります。
 もし、ちゃんとした(?)美術史の講義等に提出するのが質問の目的でしたら、
あまり参考にならなかったかなぁと思います。ただ、あまりバロックは美術史で割かれない異端児でもある、可哀相な「宝石」であることは確かですね。
                            ご参考までに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どこから手をつけて良いかわからなかったので、
パスカルから手をつけてみます。

お礼日時:2001/08/16 13:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qbaroque opera(バロックオペラ) と Japanese Kabuki theater(歌舞伎)について

baroque(バロック)時代の音楽(オペラ)と日本の歌舞伎との似ているところや違いって何だと思いますか?このことについてエッセイをかかなくてはいけないんですけど、勉強したとはいえ、いまいちよくわからなくて困っています。知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

似ているところは、基本的に「歌・踊り・芝居」の3要素がそろった総合舞台芸術ということでしょうか。

違いは、歌舞伎は一人一人の役者が上記の3要素をすべてこなしますが、オペラの場合は少なくとも踊りに関しては分業だということです。
特にバロックオペラの時代は、今以上に美声至上主義で、踊れなくてもよかったのです。
ただ実は、バロックオペラに舞踊があったかどうかはちょっと自信がありません(今まで書いてきたことと矛盾してしまいますね、すみません)。

成り立ちや観客層に関しては、バロックオペラは貴族や文化人であり、歌舞伎は一般大衆であるという事です。

演目に取り上げる題材も違いますが(バロックオペラはギリシャ悲劇)、歌舞伎は種類が多いので、下記のサイトを参考になさってみてください(バロックオペラに関する記載のあるサイトも挙げておきます)。

Qキリスト教とイスラム教の人間観、現世観について・・・

仏教に関してはなんとかできたのですが、キリスト教とイスラム教のこれらの価値観を比較しながら論じなければならなくなってしまいました。いろんなサイトを探したのですが見つからず、このGooにたどり着きました・・・。どなたか、二つの宗教の人間観と現世観についてわかりやすく教えていただけないでしょうか?また、そのようなことが載っているサイトや本はご存知ではないでしょうか?切実に探しています。

Aベストアンサー

日本人のための宗教原論
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4198611688/ref=sr_11_1/503-8021835-4718347?ie=UTF8

日本人のためのイスラム原論
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4797670568/ref=pd_bxgy_b_text_b/503-8021835-4718347?ie=UTF8

ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4198619468/ref=pd_sim_b_1/503-8021835-4718347?ie=UTF8

 この辺が、分かりやすいと思います。

Qバロック時代とクラシカル時代に活躍した5人の作曲家について

Handel,Bach,Vivaldi,Mozart,Haydnの5人の作曲家について調べています。なんでもいいのでこの時代中に活躍した事やプロフィールなど教えてください。できましたらバロック(Baroque)時代とクラシカル(Classical)時代の違いも教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 ご質問からはどんなことが必要なのかよく分からないけど、何か書くとほかの人からも反応があるでしょうから、見当違いかもしれないけど雑談を…。
 とにかく歳の順に並べなおしてみましょう。ヴィヴァルディ、バッハ、ヘンデル(2人は同い年で、ヘンデルのほうが誕生日は早いですが、ヘンデルのほうが長生きしたのでこの順番にしておきます)、ハイドン、モーツァルト。バロック時代を1750年までとするのは、バッハの死んだ年を目安としています。ヘンデルもバロックの作曲家ですが、1750年以降は、「生き残り組」になっちゃったわけですかね。
 それはさておき、前の3人がバロック、後の2人がクラシックということになっています。ハイドンとモーツァルトは同じ時代をウィーンで生きていますが、あとの人たちは活躍した年代、土地、ジャンルが違うので互いに一面識もありません。でも、バッハはヴィヴァルディのスタイルに大きな影響を受けていますし、モーツァルトはバッハの息子のひとりヨハン・クリスチャン・バッハから多大な影響を受けています。バッハとヘンデルの興味ある共通点については、www.tcat.ne.jp/~eden/MM/B&HEye2.htm をご覧ください。
バロックとクラシックの様式的な違いは、前者が通奏低音の時代、後者が機能和声の時代ということですごく大雑把な区別ができます。違いを見るのも面白いかと思いますが、バロックからクラシックへの変遷をゼン古典派の作曲家たちを調べてみていくのも面白いかと思います。これについてはホームページとしては、homepage2.nifty.com/pietro/storia/preclassico.html くらいしか見つかりませんでした。むしろ西洋音楽史の本をしっかり読んで、関連のCDを聞いたほうがいいでしょうね。

 ご質問からはどんなことが必要なのかよく分からないけど、何か書くとほかの人からも反応があるでしょうから、見当違いかもしれないけど雑談を…。
 とにかく歳の順に並べなおしてみましょう。ヴィヴァルディ、バッハ、ヘンデル(2人は同い年で、ヘンデルのほうが誕生日は早いですが、ヘンデルのほうが長生きしたのでこの順番にしておきます)、ハイドン、モーツァルト。バロック時代を1750年までとするのは、バッハの死んだ年を目安としています。ヘンデルもバロックの作曲家ですが、1750年以降は、「...続きを読む

Q【人生の原動力は何ですか?】 フロイトは性的要求が人間の原動力の源にあると言っていたが今の時代で

【人生の原動力は何ですか?】


フロイトは性的要求が人間の原動力の源にあると言っていたが今の時代では一生独身で人生を終わらせる一生独身者が出現しているので間違いと言える。

で、アドラーは人の劣等感が人間の原動力になっていると説いた。

まさに今の世の中は劣等感にうなされている若者が4割が非正規労働者という資本主義の終わりの末路にいるわけだがその資本主義の終焉の分岐点に挟まっていて劣等感はあるが自分ではどうすることも出来ずにダラダラ革命も怒らずに今に至っている。

劣等感が原動力にはなっていない。

人間の人生の原動力はフロイトの性的要求でもアドラーの劣等感でもなかった。

何だと思いますか?

Aベストアンサー

質問の内容すべてがおかしいから捨てたほうがよい。

Qインディーズバンド、バロックのボーカルの人の名前は何?

baroqueのボーカルの方の名前は「怜」さんですけど、なんて読むんでしょう?

Aベストアンサー

『りょう』ではないでしょうか?

http://www2.starcat.ne.jp/~Halcyon/BAROQUE.html

参考URL:http://www2.starcat.ne.jp/~Halcyon/BAROQUE.html

Qカントの人間観について

カントの人間観について、
素人でもわかるような表現で教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 なんか最近、カント関係の質問が多いですね。少し後ろの方に「コペルニクス的転回」という題の質問があります。そこでは「純粋理性」の話がされています。ご覧下さい。
 (ひょっとして「レポートなの教えて」系、あるいは「テストなんで助けて」系の質問かも…とも思いましたが、「素人にもわかるような表現で」というあたりに「自分の頭に入れたいんだ、納得したいんだ」という熱意のようなものを感じました。そういう言葉が出てくるということは、「素人にはわかりにくい表現」で書かれたものはお読みになったのでしょう。お手伝いします。)
 で、「カントの人間観」。少し包括的な問題になりますね。以下の三つの論点で述べようと思います。
 1理性には限界があること
 2人間は自由であること
 3人間は「目的」として扱われるべきこと

 まず「1理性の限界」。これはまず、冒頭に挙げた「コペルニクス的転回」のページをご覧になってください。簡単にまとめると、「理論理性(純粋理性)は、感覚を通じて経験できる範囲でのみ正しく認識を構成できる」、「経験できない領域(物自体、イデア界)には、理論理性は踏み込めない」ということです。つまり、「人間の理性には限界があるのだ」と考えていた点、これがカントの人間観、その1です。
 で、「2人間の自由」。
 純粋理性に関してその限界を定めたということは、一見、人間の自由を制約しているように見えます。だって人間理性が無限で万能だったら、それこそ本当に何でもできることになりますからね。けれどカントは、実はそのようにしたことで逆に人間の自由を根拠付けているのです。
 そう言えるのは、まず認識の局面では、「客観的に存在している物の情報が、一方的に意識に押し付けられているのではなく、むしろ意識が積極的に働きかけて、感覚の情報を経験へとまとめあげているのだ」としていることからです。まず一つ、人間の積極性・主体性の根拠がここにあります。
 もう一つの根拠が「実践理性」です。純粋理性が対象認識を担当する理性であるのに対して、実践理性は「意志」を規定する理性です。両者は区別されています。ここでもう一度純粋理性の振る舞いを見直しましょう。それは「認識は外界から一方的に与えられる」というものではありませんでした。でも、かといって「意識が世界を創っている」とまで言えるものではありません。意識が作れるのは(「構成」できるのは)「経験」だけです。
 ということは、「外界があって」しかも「意識があって」、その両方があって初めて認識が成り立つということです。やはり認識のためには「外界の存在が必要である」ことになります。
 ところが実践理性はそうではありません。外界の存在やその作用がまったく無くても、実践理性による意志は、主体そのものの中から内発的・自己原因的に発しうる。つまりここで、外界・自然の因果を断ち切って、人間精神は自由になっているのです。のみならず、純粋理性が「そんなもん、わからんよぉ、ぴぃー」と言って泣きながら放り出したイデア界の諸観念(神とか善とか)をも、それがあるものと要請し(想定し)、いわば努力目標として自分のものにできるのです。(このためカントは、純粋理性と実践理性とは、単に横並びの同僚というわけではなくて「実践理性の方が優位に立っている」としました。)
 さてこうして、実践理性は自然の因果を断ち切って自由になるとともに、神や善を志向することができるようになりました。つまり「善意志」を持ちうるわけです。ここで出てくるのが例の「定言命法」ってやつです。「ホニャララしたければホニャララしなさい」という条件つきの命法(仮言命法)ではなくて「とにかくやれー」と命じる、アレです。外界・自然の関与なしに、実践理性が主体に命令するんです。自然の関与なしに、ということは、人間の内なる自然たる「本能」の関与なしに、ということでもあります。つまり、エッチしたいから女性に親切にするってのはイケナイんです。そーゆーシタゴコロを超越したところから出てくる「やれー」なんです。
 ということで、「人間は自然を超越して、自分で自分自身の主人であり、その意味で自由である」ということ、これがカントの人間観、その2。
 さて「3人間は目的だ」。
 芸術はバクハツですが、人間は「目的」です。これ、どういうことかと言うと、簡単に言えば「人間を道具あつかいしちゃダメだよ」ってことです。よくドラマなんかで悪党の親玉が「あいつはもう用済みだ、消せ」なんて言ってます。仮にここで言う「あいつ」が、嫌いなポテトサラダをボスの代わりに食べてあげる役だったとすると、この「あいつ」は「ポテトサラダ食いマシーン」にすぎないことになります。それで死んだら、墓碑銘には「ポテトサラダのために生まれ、ポテトサラダのために生き、ポテトサラダのために死んだ」と刻まれることになります。まんもす悲ぴい。
 そーゆーふうに人間を扱ってはいけない。たまにはうな重でも食べさせてあげなくては…ということではなくて、どんな人であっても(部下とか手下とか下僕とかパシリとかであっても)、その人を独立した人格を持つ個人として、自分の道具じゃない、その人自身の主体性を持つ存在として、尊重しなさいということです。これ、カントの人間観、その3です。
 ちなみに、カントは「国連」を最初に構想した人でもあります。上の「人間を目的として尊重」というのを、国と国との関係にまで広げているわけです。

 どの程度わかりやすくなったかわかりませんが、こんなところで。

 なんか最近、カント関係の質問が多いですね。少し後ろの方に「コペルニクス的転回」という題の質問があります。そこでは「純粋理性」の話がされています。ご覧下さい。
 (ひょっとして「レポートなの教えて」系、あるいは「テストなんで助けて」系の質問かも…とも思いましたが、「素人にもわかるような表現で」というあたりに「自分の頭に入れたいんだ、納得したいんだ」という熱意のようなものを感じました。そういう言葉が出てくるということは、「素人にはわかりにくい表現」で書かれたものはお読みになっ...続きを読む

Qwiiuでwiiのダンスダンスレボリューション

wiiuでwiiのダンスダンスレボリューションをしたいのですが専用コントローラがGC端子接続なんです。
amazonでUSB→GC変換アダプタ(GC Controller Adapter for PC)を見つけたのですが、USB接続して通常通り操作できるのでしょうか?
wiiリモコンに接続して変換できるものもあるのですが出来ればUSB接続のものにしたいんです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3、4です。度々すみません。

任天堂が公式にUSB接続のGCコントローラアダプタを出すそうです。
http://www.inside-games.jp/article/2014/05/30/77137.html
Wiiソフトに使えるかまでは書いてありませんが、ちょっと期待出来そうです。

Qインターネット時代の人間性

インターネット時代(現在)は、その特徴として、先進国では、膨大な消費性と情報性があふれかえっていると言えるでしょう。このことは、ものの価値を吟味する余裕もなく、あらゆるものが指の間から零れ落ちてしまうように、くだびれるだけで何も残らないと言う傾向に陥りやすいのではないでしょうか。そのことは人間にとって、物質性豊かさの光に対する影のような不毛な要素だと思います。これらの不毛性を生みつつある現代社会は、肯定的に捕らえられるのでしょうか。

EX.教えてグーでもなかなか回答質問を吟味してやろうとしません。情報処理の時間勝負になっている例が多い気がします。

Aベストアンサー

仰る通りに思います。

また、そのように感じておられる方も増えてきているのではないか
と考えております。
少し大げさに言ってしまえば、今まで人類が感じたことの無い
大規模な不毛さといえるのではないかと思います。

一つ一つのものの価値が「圧倒的な量」と「秒進分歩」の威力に
消され、無力化され、破壊されるようなイメージすら抱きます。

ただ、この不毛性を感じることが次への進歩に繋がるとも捕らえて
おります。

「物質性豊かさの光に対する影」という考え方は豊かになって初めて
生まれてくるものではないかと思うのですが、ネットの利便性は
驚くほど巨大なため我々はまだその裏の巨大な影に慣れていないと
考えるのです。
(ブログの炎上や、フィッシング等の実問題から検索エンジンを
 使った膨大な情報からの取捨選択という方法論的な問題まで)

しかしながらその巨大な影による「不毛さ」もまた人間のニーズで
あると個人的に思っております。
スローな生活(LOHAS的、というのでしょうか?)を求める欲も
持ち合わせている限り、ネットの質も少なからず見直されていくと
考えます。

mixiでのやりとり疲れを起こす人や、廃墟となったブログは利便性
だけを求められているのではないことの証明だと思います。
空虚感の漂うこの辺りに私は逆に新たな光を感じている次第です。

長文失礼しました。

仰る通りに思います。

また、そのように感じておられる方も増えてきているのではないか
と考えております。
少し大げさに言ってしまえば、今まで人類が感じたことの無い
大規模な不毛さといえるのではないかと思います。

一つ一つのものの価値が「圧倒的な量」と「秒進分歩」の威力に
消され、無力化され、破壊されるようなイメージすら抱きます。

ただ、この不毛性を感じることが次への進歩に繋がるとも捕らえて
おります。

「物質性豊かさの光に対する影」という考え方は豊かになって初めて
...続きを読む

Q古典主義→バロック→マニエリスム(反発?)

古典主義→バロック→マニエリスム

この流れで、特にバロックからマニエリスムへの移行は反発がおもな契機だったのでしょうか?

古典主義をゆがめてやれ→バロックの動機
それでは、バロックからマニエリスムへの移行で、前者への反発が後者にあったとしたら、それはどういう意図の反発だったのでしょうか?

Aベストアンサー

古典(ルネサンス)→マニエリスム→バロックですね。
音楽史ではバロック→古典→ロマン派→印象派となりますから、ややこしいですね。

マニエリスムはいわゆるマンネリズム、マンネリ。手はこのようにかくべし、顔はこのように描くべしとマニュアル通りに描かれた絵画です。ミケランジェロにもすでにマニエリスム的手法が認められるとする学者もいます。華美なバロックはその後に反動的に生まれたものです。

マニエリスムは美術史的には低い価値評価を受けていましたが、シュールレアリスト達が再評価をしています。シュールレアリズムは現実主義(レアリズム)を超えたところに価値を見いだす運動です。見た目の美しさよりもより深い心の深層を揺さぶる芸術活動です。

絵画の美的側面のみを注目する中ではマニエリスムは価値が見いだされませんでした。しかし、そこでは、ルネサンスの芸術の中にも存在した「象徴」が、より強い意味を持っています。マニエリスム芸術には心の奥底に潜むものを暴く機能が潜んでいるわけです。なので、fine artの領域を逸脱していると言えるのかもしれませんが。

くわしくは、グスタフ・ルネ・ホッケの著書や、それを日本に紹介した種村季弘の著書等参考になさってください。

古典(ルネサンス)→マニエリスム→バロックですね。
音楽史ではバロック→古典→ロマン派→印象派となりますから、ややこしいですね。

マニエリスムはいわゆるマンネリズム、マンネリ。手はこのようにかくべし、顔はこのように描くべしとマニュアル通りに描かれた絵画です。ミケランジェロにもすでにマニエリスム的手法が認められるとする学者もいます。華美なバロックはその後に反動的に生まれたものです。

マニエリスムは美術史的には低い価値評価を受けていましたが、シュールレアリスト達が再評価をしてい...続きを読む

Qギリシャ哲学とキリスト教の人間観の違いについて

大学のレポート作成の課題なのですが、難しくて理解できません。図書館で哲学書を借りて読んでみたものの最初から興味のない学科でいまいち理解できません。どの本を読んでも理解できず、落ち込んでいます。参考になるわかりやすい本があったら教えて下さい。ちなみにソフィの手紙は半分ほど読み終わりました。

Aベストアンサー

ソフィーの世界を読んだのであれば、そのまま掘り下げたのが

●『もう少し知りたい人のための「ソフィーの世界」哲学ガイド』
日本放送出版協会 (ISBN:4-14-080258-8) 1020円なり

浅く、広く知りたいのであれば
●『哲学者達は何を知りたかったの?』 
飛岡 健著 河出書房新社 720円

あくまで興味がないのであれば、このへんで妥協して良いかと思います。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=19770568


人気Q&Aランキング