【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

 私がはじめてPCに触れたのが今から15年ほど前でしたが、その当時、会社のPCにあった表計算のロータス1,2,3の2.1~2.3Jをしばらく使ったことがありました。(少しだけ)

 その後、10年間、PCを触らなくなり、再び、仕事で必要になり、再度PCに触れたのですが、マイクロソフトのエクセルに会社のPCも変わっていました。

 MS-DOSからWINDOWSに変わったのは知りましたが、ロータスは消えていました。

 今、エクセルを使っていますが、PC雑誌を読むとエクセル登場後、1,2,3は急速にシェアを失ったとあります。

 当時は便利だと思いましたが、印刷の難しいソフトだったと記憶しています。

 表面的なことしか知りませんので、エクセルに取って代わられたのは主に機能面だと思いますが、他にも理由があったのでしょうか?

 エクセルは初心者にも分かり易すいと思いますが、ロータスには欠陥があつたのでしょうか?

 ユーザーがロータス1,2,3からエクセルにシフトして行った最大の理由は何でしょうか?

 オペレーションが変わったからなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

一番の理由は、操作性だと思います。

機能は、先行するLotus 1-2-3に学びながら、はっきりいえば真似しながら発展してきました。MS-DOS版では、難しい操作をしなければ使えなかった機能もWindows版のExcelでは簡単に出来てしまう。多くのソフトメーカーがWindowsに乗り遅れた中で、本家のMicrosoftが一人勝ちしている状態だと思います。

MS-DOS時代には、MicrosoftはMultiplanという表計算ソフトでLotus 1-2-3に対抗していましたが、とてもかないませんでした。
Excelは、1985年にマッキントッシュのソフトとして開発されました。Excelを使いたくてMacintoshを買った人もいたそうです。Windows版が発表されたのは、1987年のことでWindows2.0(Windows286/Windows386)のころです。
Excelが本格的に売れ出したのは、Windows3.xが出てからでしょう。
それまでは、いちいちコマンドを打ち込まなければならなかったものが、Excelでは、マウスでクリックするだけで出来てしまう。一度でも触れた人は、Multiplanはもちろん、Lotus 1-2-3にも戻れませんでした。
Lotusは、1-2-3で圧倒的なシェアを誇っており、多くの顧客が却ってお荷物になったのかもしれません。ExcelはすでにMacintoshで定評を得ていたくらい完成度がありました。Lotusは、Windows版の開発もしていましたが、MS-DOS版の開発も平行して行っていたため、戦力が分散されました。また、Windowsを見くびっていたことも敗因でした。それまでのWindowsは完成度が低く、使い物になりませんでした。これほどまでにWindowsが普及、発展するとは、どのソフトメーカーも思っていなかったのかもしれません。
衰退していったソフトはLotus 1-2-3だけではありません。WordPerfect、WordStar、dBASEなどMS-DOS時代には隆盛を誇っていたソフトの多くが昔の面影がありません。
データベースソフトのdBASEが駆逐されたのは、Accessなどのデータベースソフトの登場よりも、Excelでも簡単なデータベースを扱えて、マクロを組めば、そこそこの顧客管理や販売管理ができてしまうからだと思います。

Lotus Development CorporationがIBMに 買収されたのは、1995年7月のことなので、この時期にはすでにLotus 1-2-3のシェアは激減していたのでしょう。
ExcelやWordのプレインストール機が登場した時期は、はっきりとは憶えていませんが、Excel95、Word95(1995年発売)のころからだと思います。

Excel for Windows Ver.4.0日本語版が発売されたのは、1992年10月で、98,000円でした。
同月に発売されたWord for Windows Ver.1.2A日本語版は、58,000円。
その後、Excelも58,000円になり、48,000円になったと記憶しています。
私がExcelを買ったのはこのころで、ver5の48,000円のものでした。プレインストール機はまだ登場していません。
とても高価なようですが、当時はほかのソフトもこのくらいの価格でしたから、特別高かったわけではありません。MS-DOS版のソフトでも、一太郎が5万円くらい(48,000円?)、データベースソフトで定評のあったdBASEは25万円前後(248,000円?)。1-2-3に操作性がよく似た(古いバージョンの1-2-3そのまま)アシストカルクというソフトが9,700円で発売されたときは、1万円を切るソフトが出たということで話題になったくらいの時代です。

ソフトウェア、ハードウェアともに、それまでの半額近くに価格が下がったのは、Windows95の発売以降のことでしょう。Windows95の発売は深夜にもかかわらず、客が殺到し、4日間で100万セットを完売したそうです。なかには、パソコンも持っていないのにWindows95さえあれば、なんでも出来ると勘違いした人もいたそうです。

ハードウェアメーカーがソフトをバンドルして売るには、売れ筋のソフトを選ばなければ意味がありません。それまでに実績があったのでしょう。
ExcelとWordをプレインストールした機種、一太郎とLotus 1-2-3をプレインストールした機種などがありましたが、一太郎とLotusの組み合わせは見かけなくなりました。

一太郎のジャストシステムもWindowsを見くびっていた組でしょう。Windows3.xが出たころ、ジャストシステムは、独自のJustWindowを開発し、Windowsに乗り遅れました。機能・操作性で劣るWordに水をあけられ、バンドル作戦で同じ土俵に上がってみたものの既に追いつけないところまで離されていました。
バンドル作戦での勝利がMidrosoftの地位を磐石にしたのは間違いありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご返答有難うございます。
実に詳細な説明をいただき、変遷、流れが分かりました。あれほど会社でもみんなに使われていたロータスがいつの間にか、姿を消し、私が知らない間にエクセルに変わっていました。

 PCから遠ざかっている間にそんな流れがあったんですね。以前持っていた東芝のダイナブックEZには当時全盛を誇っていたロータスや一太郎がプリインストールされていて、あまり使わないでホコリをかぶった状態(動作はする)で友人に譲りました。

 今のワード、エクセル2003バージョンと比べると、差が歴然です。社内で簡単なPC認定制度があり、ロータスが前提でしたので、一生懸命、覚えようと努力したのが懐かしいです。

 ロータス、一太郎が標準だと思っていた私は『エクセル』『ワード』と聞き、『何、それ?』って感じていました。

 そんな経過で社内のPCからも1-2-3、一太郎が姿を消したんですね。

 よく理解できました。本当にすみませんでした。

お礼日時:2005/01/22 23:11

一言でマイクロソフトのOS戦略の勝利でしょう。


標準OSの進化に伴い、アプリケーションも進化しつづける。
OSを核に戦略を進めるマイクロソフトに対し巨人IBM
も敗退しました。
世界戦略のなかで、アプリの1メーカーが抵抗しても
縮小の構図はあきらかです。
私も企業がHOST集中からダウサイジングで分散処理に
移行する頃から、他の方法を模索しましたが、マイクロソフト路線がベターでした。
リナックスやWindows以外での路線転換が早くから、
ひつようでした。
    • good
    • 0

皆さんの書き込みにあったように、プレインストールしていたパソコンの販売戦略が大きいでしょう。



WordとExcelをインストールさせて業務用で販売していましたので、その関係でシェアが大きくなったのでしょう。

ちなみにロータス1.2.3ですが、今でも販売されています。
WinXPにも対応してますよ。
ただし、Excelとの互換性は低い感じです。
    • good
    • 0

こんばんは。


ちょっと適当な記事は発見出来ませんでしたが、
確かその頃からマイクロソフトの徹底したバンドル作戦がスタートした様に思います。
さらにワードやアクセスなどの周辺ソフトとのインターフェイス統合もあって総合力で勝ったという印象です。

Windows 3.1~95の登場で、一般の会社にも爆発的にパソコンが増えましたよね。この時一括購入したパソコンによく分からないうちにワードとエクセルが入ってた訳です。
そうなるともうビジネスの都合上、ロータスはどんどん駆逐されて行きます。
だってエクセルじゃないと読めないなんてクライアントに言われたら買うしか無いじゃないですか(苦笑)。

というわけで、Win98の頃にはすっかりエクセル優位、Me/2000の頃にはロータスを探す方が難しくなってました。
    • good
    • 1

エクセルはマイクロソフトの製品であり、同じくマイクロソフト製品の


ワープロソフト「WORD」とデータの互換性があり、相互乗り入れが出来る、
これが最も強い理由でしょう。
Windowsもマイクロソフト製品で、これらと親和性がいいのですよね。

似た例としてインターネットのブラウザーでもマイクロソフトの
インターネット・エクスプローラが先行のネットスケープを殆んど駆逐して
しまいました。
ワープロソフトの「一太郎」も同じ理由でマイクロソフトの「WORD」に
圧倒されてしまいました。
    • good
    • 0

最近日経ITproサイトの記事(だったか)にお尋ねの内容に関するものがありました。

その中で理由とされていたのは、マーケティング戦略でした。
Windowsへの移行期に差し掛かった時期にマイクロソフトはWindows版のEXCELに注力しました。製品開発と共に広告にも力を入れました。一方のロータスはMS-DOS版の1-2-3が売れ続けており主力商品であったため、DOS版とWindows版の両方を開発・販売し、資源を分散されてしまったのです。
もう一つの理由は価格です。EXCELは機能追加を繰り返し、最終的に1-2-3と大差ない状態まで進化しましたが、価格は常に1-2-3を下回る水準を維持しました。シェア取りのためのマーケティング戦略ですが、同じ機能なら安い方がいい、という流れを作ることに成功したのですね。
そして、やがてEXCELがPCにプリインストールされるようになり、あとはご存じのように1-2-3を駆逐してしまったということになりました。
といったような内容の記事だったと思います。
記事そのもののURLは覚えていないのですが、ご参考まで。
    • good
    • 1

簡単に言ってしまえばマイクロソフト社による、ウインドウズとオフィス(エクセル、ワード)の俗に言う、抱き合わせ商法が有ったからでしょう。



コンピュータを買う→OSはウインドウズ→エクセル、ワードがセット、と言う流れが出来てしまいましたね。

ワープロの一太郎は今でもありますが、それこそウインドウズが出てくる前は、パソコン→98→ワープロは一太郎、が当たり前でしたよね。

結論はマイクロソフト社の躍進による市場規模の拡大でしょう。
    • good
    • 1

多分ロータス社がIBMに買収されたせいですね。


当時いくつかIBM社がソフトメーカーを飼い殺しにした次期があってロータスもなくなるのではないか?との懸念を呼び敬遠されたのと、ウィンドウズ環境で業務用にカスタマイズするのにエクセルのほうがかなりいじりやすかったようです。
印刷に関しては最新の123といっても数年バージョンアップされていませんが、紙の大きさ指定をしすべて印刷とすれば、エクセルで自分でプレビューをみながら縮尺調整をするなどというめんどくさいことはしなくて済みます。この点は今でもエクセルより格段に便利です。

余談になりますがワープロもそういう意味では一太郎は未だ健闘してますが、やはりワードにかなり駆逐されてしまいましたね。

私みたいに現在表計算は未だ123を愛用し、会社で配布するときはエクセルにコンバート、ワープロはワードをatokの環境で使ってますって人はきっとまだ居ますよね?(笑)
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLotus 1-2-3のファイルをExcelで開くには

Lotus 1-2-3のファイル(拡張子は.123)をExcelで開くことができません。開くにはどうしたらよろしいでしょうか。ちなみにOSはWindowsXPです。

Aベストアンサー

3/です。
OpenOffice.orgで開けましたか。良かった。

パスワード対応は、123までは出来ていないかもしれません。
どうしてもとなれば、LotusSuperOfficeか123を購入するしかないと思います。
http://www.sourcenext.com/products/lotus_o/
http://www.sourcenext.com/products/lotus/
1980~2970円ですね。

ちなみに、OpenOffice.orgはプレゼンテーションやドローも付いています。
ワープロはワードよりも過剰なお節介が無く、レイアウトの自由度が高いので、
なかなかの優れものです。

Qロータス1-2-3のファイルをエクセル形式に

ロータス1-2-3のファイルをエクセル2010で読みたいと相談を受けました。
当方ロータスを持っていない上、先方のロータスのバージョンもわからないのですが、
ロータスでファイルを「.xls」で保存し、エクセルで開くと良いのでしょうか?
その場合、計算式などは引き継がれるのでしょうか?
提供できる情報が曖昧で申し訳ございません。
お詳しい方教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

ロータス1-2-3の最終バージョンで作成したファイル(ファイルの拡張子が.123)ですとエクセルでは読めなかったはずです。
少し前のバージョン(ファイルの拡張子が.wk4やwk3など)のロータス1-2-3のファイルなら古いエクセルで開けますが、2010なんですよね?

ロータス1-2-3の動くPCが残っていればエクセル形式で保存する。
ロータス1-2-3の動くPCが無ければ無料ソフトのOpenOfficeを使いファイルを開いて、エクセル形式で保存しなおすのが簡単かと思います。

なお簡単な計算式は引き継げますが、関数は変換できない場合が多いです。

Qロータス123 を windows10 にインストール出来ない。

新たに買い換えたPC(windows10 64bit)に
ロータス123を インストールしようとしたのですが、
エラーメッセージが出て、インストール出来ません。

インストールの方法
又は、ロータス123 のファイルを読書出来るソフトご存知の方、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>win7から10にアップグレードしたら123動いているとの情報があったので

右クリック「プロパティ」「互換性」「互換モードでこのプログラムを実行する」チェックをいれ、OSはWindows7 SP1選択「適用」「OK」
(XP時代のものなのでWindows 10では無理かも)

Qロータス123をダウンロードする方法。

 ロータス123というソフトが必要になりました。
 そこで、ダウンロードしたくて探しているんですが、ダウンロードサイトが見つかりません。
 これってフリーウエアなんでしょうか?。
 それともシェア?。
 

Aベストアンサー

製品ですので、DL出来ません。
昔はLotus社が販売してましたが、IBMに引き継がれてます。

http://www-06.ibm.com/jp/software/lotus/products/123_2001/index.html

QEXCEL2010でロータスのファイルを読むには

Windows8でEXCEL2010を使っています。
ロータスのファイルを読むにはファイルを読むには、どのようにすればいいでしょうか。EXCEL2007までのものならば、ロータスのファイルを読むための操作方法が検索できましたが、EXCEL2010ではそこに紹介されている操作はできません。
お詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

サポートしません。
http://www4.synapse.ne.jp/yone/excel2010/faq/file_kei.html

開くだけなら
http://pcclick.seesaa.net/article/54062588.html
出可能かも知れません

Qロータス123のファイルの読みたい

お世話になります。

拡張子123のファイルが添付されてきたのですが、ロータスはインストールされていないの読めません。

EXCELなど表作成ソフトで読める方法、または、
フリーまたはシェア―のビュワーなどありますか?
それとも、先方にお願いして、別の形式にして再送してもらうしかないでしょうか。


以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
#1さんへの返答を拝見しましたが、
さっきの
http://oooug.jp/start/
(オープンオフィス)
だと、123の拡張子も読めますよ。


最新のエクセルだと読めるのかもしれませんが。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Qエクセルで、条件に一致した行を別のセルに抜き出す方法

エクセルで、指定した条件に一致するセルを含む行をすべて抜き出す方法が知りたいです。

たとえば、

<A列> <B列> <C列>
7/1 りんご 100円
7/2 ぶどう 200円
7/2 すいか 300円
7/3 みかん 100円

このような表があって、100円を含む行をそのままの形で、
別のセル(同じシート内)に抜き出したいのですが。

7/1 りんご 100円
7/3 みかん 100円

抽出するだけならオートフィルターでもできますが、
抽出結果を自動的に、別の場所に、常に表示させておきたいのです。

初歩的な質問だと思いますが、検索しても分からなかったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません
別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。後は、下方向、右方向にコピー。
日付のセル書式は「日付」形式に再設定してください

=IF(COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)>=ROW(A1),INDEX(Sheet1!A:A,LARGE(INDEX((Sheet1!$C$1:$C$500=$A$1)*ROW(Sheet1!$C$1:$C$500),),COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)-ROW(A1)+1)),"")

データ範囲は500行までとしていますが、必要に応じて変更して下さい

QロータスのファイルをEXCELで読む方法は

ロータスで作成したのファイルをEXCELで読む方法はないのでしょうか?
一度ロータスで作成したのファイルを開いてすべてコピーして、それをExcelに貼り付けていますが、罫線が表示されないので不便です
ちなみにExcel2000です

Aベストアンサー

こんにちは。

エクセルを起動して、ファイル開くで「ファイルの種類」を「ロータス123ファイル」にしてもダメですか?

Qロータスで作ったマクロをExcelにコンバートできますか?

ロータスで作ったマクロをEXCELに移植したいです。
そのままでは使えないのはわかるのですが、簡単にコンバートする方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

http://support.microsoft.com/kb/q61941/
Tips for Importing Lotus 1-2-3 Files to Excel
<Lotus123ファイルをExcelにインポートするコツ>
機械翻訳で、日本語は意味をなしていませんので、解説させていただきます。

Lotus123は、未だ、前のままの関数型言語のマクロを使っているようですね。

私は、この件は、MS自社の下位製品からコンバートはできなかったので、マイクロソフトにクレームをつけたことで、覚えています。Excel Ver.4 時代では、古いLotus123のマクロは、そのままコンバートできます。

しかし、Excel Ver.5 から、VBAが始まり、Excel97 以上では、もう、そのマクロは実行できませんし、トランスレートはできません。マクロの基本的な構造が違うから、まったく互換性がありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング