ほう素のマグネシウム塩、カルシウム塩とその物性(特に溶解度)について知りたいのですが、なかなか資料が見つからなくて困っています。
無機化学全書-ホウ素とかも見たのですけど・・・。
どんな本を見れば良いのでしょうか?やはり英語のものになっちゃうのでしょうか?英語でもどの本が良いのか分からなくて・・・。
また、良いサイトってありますか?ChemFinderとかじゃ見つからなくて・・・(^^;(調べ方が悪いのでしょうか?)
塩とその溶解度そのものが分かる方いらっしゃいましたら非常に助かります(^^;;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ホウ素の塩という意味がちょっとわからないのですが、ホウ酸塩という意味ではないでしょうか。


メタホウ酸カルシウム、オルトホウ酸マグネシウム、二ホウ酸マグネシウム、メタホウ酸マグネシウム、四ホウ酸三マグネシウム、四ホウ酸五マグネシウム、六ホウ酸マグネシウムは化学大辞典(共立出版)に記載があります。

全10巻の共立出版の化学大辞典は結構有名だと思うのですが…。昭和35年初版発行でやや内容は古いですが、執筆者もしっかりしており(まれに変な記述はある)、無機物質の物性調査には充分使えますよ。

最後の手段としてはGmelinを使うといいかもしれません。ドイツ語ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。
そうです。ホウ酸塩でした(^^;
化学大辞典ですか。早速調べてみます。
Gmelin・・・そんなものがあったんですね。でも、これは無料で誰もが使えるものではないですよね?
とりあえず化学大辞典などで調べてみる事にしますね。

お礼日時:2001/08/15 13:39

ホウ素塩は.フリットの原料なので.窯業関係の本.特に無鉛フリット関係を調べると載っているかもしれません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。
なるほど、フリットですか。(フリットって釉薬のことなんですね・・・調べて意味が分かりました(^^;)
窯業関係の本も調べてみようと思います。

お礼日時:2001/08/15 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホウ酸団子を食べたゴキブリは?

ホウ酸団子を食べたゴキブリは?


ゴキブリはホウ酸団子を食べたらどこに行くんですか?


ホウ酸団子はいつまで置けばいいですか?

Aベストアンサー

暗くて狭いところを散歩します。
効き目があらわれたれたら
あの世へ行きます。
ホウ酸団子はゴキブリがたべれない固さに
なったら交換したほうがいいと思います。
寒い時期や雨が強い日には
家の中に避難してくるみたいです。
いつ侵入してきたのか
気づけないのでこれからの季節は
置き続けたほうがいいと思いますよ。

Q難溶性塩の溶解度積について・・・おねがいします☆

質問なのですが、
「炭酸銀は酢酸・シュウ酸に溶け、シュウ酸銀は炭酸、酢酸に溶ける」ということの原理が今ひとつ理解できません。
おそらく平衡の概念を使って説明されるのだと思いますが、よくわからないのです。(^^;)
どなたかわかる方、詳しく解説していただけるとうれしいです☆

よろしくお願いいたしますっm(_ _)m

Aベストアンサー

>「溶ける」、じゃなくて「溶けない」の間違いでした!

 という事は,質問は『「炭酸銀は酢酸・シュウ酸に溶け、シュウ酸銀は炭酸、酢酸に溶けない」ということの原理が今ひとつ理解できません。』ですね。


> おそらく平衡の概念を使って説明されるのだと思いますが、
> よくわからないのです。(^^;)

 私も原理が解っているとは言い難いのですが,分析の専門家の方が現れるまでの繋ぎとして,「平衡の概念(?)」を使った定性的な説明をしてみます。

 どれでも考え方は同じですので,炭酸銀と酢酸を例に取ります。

 まず,炭酸銀を酢酸に加えた時に生じる平衡として,炭酸銀と酢酸の解離平衡があります。

  炭酸銀: AgCO3 ←→ 2Ag+ + CO3(2-) (1)
  酢 酸: AcOH ←→ AcO- + H+    (2)

 H+ が生じましたから,次の平衡も起こります。

  H+ + CO3(2-) ←→ HCO3-   (3)
  H+ + HCO3- ←→ H2CO3    (4)

 ここで,酢酸と炭酸の酸としての強さを比べると,酢酸の方が強い酸ですので(2)式の平衡が右へ進み H+ を増やします。この H+ の増加を打ち消す方向(右)へ(3)式及び(4)式の平衡が進み,CO3(2-) が減少します。結果,CO3(2-) の減少を打ち消す方向(右)に(1)式の平衡が進み炭酸銀は溶解します。

 ここで,どの酸が強い酸かは,(2)式の様な酸解離平衡の平衡定数(酸解離定数,酸性度定数)の大きさで決ります(大きい程強い酸です)。酢酸,炭酸,シュウ酸の酸解離定数は,酢酸:1.8x10^(-5),炭酸:4.3x10^(-7),シュウ酸:5.9x10^(-2) であり,酸の強さは「シュウ酸⇒酢酸⇒炭酸」の順になります。

 そのため,一番弱い酸の塩である「炭酸銀」は自分より強い酸の「酢酸,シュウ酸」に溶けますが,一番強い酸の塩になる「しゅう酸銀」は自分より弱い酸の「炭酸,酢酸」には溶けません。

>「溶ける」、じゃなくて「溶けない」の間違いでした!

 という事は,質問は『「炭酸銀は酢酸・シュウ酸に溶け、シュウ酸銀は炭酸、酢酸に溶けない」ということの原理が今ひとつ理解できません。』ですね。


> おそらく平衡の概念を使って説明されるのだと思いますが、
> よくわからないのです。(^^;)

 私も原理が解っているとは言い難いのですが,分析の専門家の方が現れるまでの繋ぎとして,「平衡の概念(?)」を使った定性的な説明をしてみます。

 どれでも考え方は同じですので,炭酸銀と...続きを読む

Qホウ酸ナトリウムなど、炎色反応を呈する金属とホウ酸イオンの化合物をバーナーにかけた場合…

はじめまして。質問は化学の炎色反応についてです。
ホウ酸(というかホウ酸イオンが?)は緑色に発色すると本で見たのですが、ホウ酸塩つまりホウ酸ナトリウムなど、他にも炎色反応を呈する金属との化合物をバーナーにかけた場合どうなるのでしょうか。
理論的にはホウ酸イオンと金属との両方の色が混ざって出るため、識別には分光の必要があるようですが…
とくに何に使うというほどではなく、素朴な疑問ですが気になるので…
実際のところをご存知の方は、ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ホウ酸塩の緑色の炎は
一般的には、ホウ酸塩に硫酸とメタノールを加えて、
そのメタノールに添加し、炎を確認するので、
一般的な炎色反応と違います。

ホウ砂をそのまま炎色反応したら、確かその両方が見えた記憶があります。

Q高校化学の溶解平衡についての質問です。 問題集に「AgclとAg2CrO4の沈殿は、塩化銀の溶解度は

高校化学の溶解平衡についての質問です。


問題集に「AgclとAg2CrO4の沈殿は、塩化銀の溶解度はクロム酸銀の溶解度よりも小さいため、先に塩化銀が沈殿し終えてからクロム酸銀が沈殿し始める。」
と書いてありましたが、それはクロム酸イオンが塩化物イオンよりずっと多い状態でも成立するんでしょうか?

Aベストアンサー

こちらは両方とも難溶性塩の場合ですか。
正確な溶解度積の値は調べていませんが、別質問中の値を用いて計算すると、
[塩化物イオン]≒[クロム酸イオン]^(1/2) × 10^-4
が導出できます。
※[]はモル濃度を表しています。
[クロム酸イオン]=10 mol/L
と仮定しても、存在できる塩化物イオンの濃度は
3.2×10^-4 mol/L
オーダー的に 十数 mg/L
ぐらいであれば、先に「Ag2CrO4」が析出する計算になります。

Qホウ酸の使い道

こんにちは。
お世話になります。

さて、先日重曹と間違えて『ホウ酸』をたくさん買ってしまいました。

また、運の悪いことに同じ日にゴキブリ用ホウ酸団子を買ってしまい、ホウ酸団子としての活用方法の道も絶たれてしまいました。

目の洗浄も現在必要ないです。

この他にホウ酸の使い道はないでしょうか?

どなたかご存知でしたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ウィキペディアなら 何か有るかなぁと~~~少し期待したが・・・

やはり、「ごきかぶり(五器かぶり)」用に置いておく。
(急いで使う必要も、なかろうと)

>ホウ酸団子としての活用方法の道も絶たれて
永久に、出てこないのならば、確かに活用法が失われてしまう。
となると、本当に活用法・・・・・・少ない。

井戸端会議、(水道端か)で「ゴキが出て困ってるの」って話が出たら、
「家に、沢山有るの・・・いる?」で「ご近所に、配る」ってことくらいしか出てこない。

Qアミンの酸塩の物性

アミン(特に長鎖モノアルキルアミン)の各種酸塩(塩酸塩、硫酸塩、リン酸塩、有機酸塩・・・)の物性をご存知の方、教えてください!!どんぴしゃでなくても参考になるような情報だけでもお願いします。

Aベストアンサー

 具体的な化合物名が判らないとどんぴしゃの回答は困難だと思いますので,参考になるような情報だけです。

 基本は「化学便覧」等の辞典類を調べる事でしょうが,ネットでの検索も可能です(たぶん)。次の過去質問の回答などを参考にして下さい。

・http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=277182
 物質の性質

・http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=302890
 薬品の一覧

・http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=266928
 化学大辞典のようなもの

Qホウ酸水で長期間眼を洗うと、何か弊害がありますか?

1~2%のホウ酸水で毎日眼を洗っています。
目薬の容器に入れて、日に2~3回目を洗い流すようにして使用しています。
2カ月ほど経ちますが、今の所何も問題はありません。でも、ホウ酸の箱に 長期間の使用はおやめ下さい と書いてあり、気に掛かります。
どなたか 教えていただけませんか?
ホウ酸水を使う理由は 眼がいつも痒くて、こすってしまうためまつげの生え際がはれぼったく感じるからです。
ホウ酸は安価なので使っています。

Aベストアンサー

ホウ酸は神経毒があるので,長期使用を止めるよう書いてあります.

ですから外用剤では皮膚吸収で毒性を表しますから使用禁止となりました. 
眼には使用量が少ないから未だ禁止とまでなっていないのではと思います.
安全の為に他のものに変えた方がいいですね.
問題が起きてからでは遅すぎます.

有名なものにごきぶり用にホウ酸ダンゴがありますよね.これであのゴキブリが退治できるのですよ.

参考URL:http://www.jp-info.com/fukuyakuqa/qa01/qa01_15.htm

Q炭酸マグネシウムの溶解

炭酸マグネシウムを溶かすには、どれくらいまでphを下げれば良いのですか?

Aベストアンサー

 直接の回答ではありませんが,第11改正薬局方の「炭酸マグネシウム」には次の記載があります。

【確認試験】
 本品1gを希塩酸 10 ml に溶かし,・・・

【純度試験】
(2)重金属
 本品 1.0 g を水 4 ml で潤し,希塩酸 10 ml を加えて溶かし,・・・
(4)ヒ素
 本品 0.40 g を水 1.5 ml で潤し,希塩酸 3.5 ml を加えて溶かし,・・・
(5)酸化カルシウム
 本品約 0.6 g を精密に量り,水 35 ml 及び希塩酸 6 ml を加えて溶かす。

【定量法】
 本品約 0.4 g を精密に量り,水 10 ml 及び希塩酸 3.5 ml を加えて溶かし,・・・

 なお,ここで言う希塩酸は,塩酸(特級)23.6 ml に水を加えて 100 ml としたもの(10 %)です。


いかがでしょうか。お役に立ちますか?

Q木材防腐剤として、薬局で売っているホウ酸が使えますか?

木材防腐剤として、薬局で売っているホウ酸が使えますか?

庭のウッドデッキのメンテナンスとして防腐塗料を買いに行けば手っ取り早い話しなのですが、ホームセンターが郊外にあるので、近所の薬局で手に入るホウ酸で代用することは可能でしょうか?
ネットで調べたところによると、ホウ酸塩の物が安全で臭いも無い防腐剤として使われているという事なので、哺乳類には殆んど害が無い、菌類や虫には効果がある、ゴキブリ団子等に使われるホウ酸でいけるんじゃないかと思い試してみようと考えています。
多分、腐朽菌対策に15%程度の水溶液に浸透剤として界面活性剤の中性洗剤を少量加えたものとかどうなんだろう?と考えています。効果あるでしょうか?

Aベストアンサー

 ホウ酸に含まれているホウ素には防腐効果がありますが、塗っただけではホウ酸が雨で溶け出してしまいますので意味がありません。防腐塗料などではホウ酸ではなくホウ酸塩が使われていますが、これはホウ酸が水にあまり溶けやすくはないためです。また、ホウ酸よりはホウ砂のほうが多少水に溶けやすい(水溶液あたりのホウ素量が多い)ので、使うならホウ砂のほうが若干効果が高くなります。

 既に塗装されているウッドデッキの場合は、水性の防腐塗料にホウ砂水溶液を塗っても固着する効果が低いので、水性の防腐塗料に飽和するまで溶かして使うと防腐効果が高くなります。温度が高い方がよく溶けるので、暖めると良いです。

 新規にDIYする場合(ウッドデッキのメンテナンスの場合は表面をサンドペーパーで軽くこすった程度でも良いと思う)は、ホウ砂をお湯で溶いたもの(10%弱で飽和します)に中性洗剤(界面活性剤)を少量加えて木材に塗って染み込ませます。乾くとホウ砂が木材表面に白い粉のような形でうっすらと析出しますので、その上から防腐塗料(水性または油性)を塗って耐水性を上げれば高い効果が期待できます。表面の塗料がはげ落ちると浸水してホウ砂が溶け出して効果が下がりますので、ウレタン塗料(フローリング用塗料として売られています)を重ね塗りするとさらに塗装強度を高めることができます。

 対象害虫がシロアリだけの場合は市販のホウ砂+防腐塗料でも問題はないのですが、キクイバチの類いでは防腐塗料を喰い破って侵入することがあります。ウレタン塗料のような固い塗膜なら簡単には喰い破られないですし、ウッドデッキの床面のように摩耗が激しい部分の保護にもなります。

 また、ホウ砂と一緒にクロチアニジンなどの殺虫剤(「ダントツ」などの農薬として売られている)を1/100くらいの濃度で含ませるとシロアリやキクイバチには効果抜群です。

 ホウ酸に含まれているホウ素には防腐効果がありますが、塗っただけではホウ酸が雨で溶け出してしまいますので意味がありません。防腐塗料などではホウ酸ではなくホウ酸塩が使われていますが、これはホウ酸が水にあまり溶けやすくはないためです。また、ホウ酸よりはホウ砂のほうが多少水に溶けやすい(水溶液あたりのホウ素量が多い)ので、使うならホウ砂のほうが若干効果が高くなります。

 既に塗装されているウッドデッキの場合は、水性の防腐塗料にホウ砂水溶液を塗っても固着する効果が低いので、水性の...続きを読む

Q無機塩の除き方

分子量500~1000までの水溶性有機化合物の水溶液から無機塩(硫酸ナトリウム,塩化ナトリウム,リン酸ナトリウム)を除きたいのですが,良い方法が見つかりません.有機溶媒(DMSO,DMF,ジオキサン,エタノール)には溶けません.水とメタノール,フォルムアミドぐらいです.透析膜(MWCO:500と1000)で試しましたが,500では透析されず,1000では全て出てしまいました.何か良い方法をご存じの方教えてください.

Aベストアンサー

 無機のナトリウム塩であればメタノールにはほとんど溶けないので、水溶液を体積比で数倍量のメタノールにゆっくり入れると、無機塩が沈殿してくると思います。それをろ過すれば溶液中は水溶性有機化合物が多くなると思います。ただ完全には除けないかもしれませんね。
 あとRP-18などの逆相のカラムを使えば無機塩は保持されずに出てきて、そのあとに有機物がでてくると思います。ただし有機物が逆相のカラムである程度保持されるという条件が必要ですが、核酸やたんぱく質でも水で流すかぎりは少しは保持されるので検討する価値はあると思います。
 有機物の分子量が大きければ無機塩との質量数の違いでSephadexでもわけることができるのですがちょっと厳しいかもしれないですね。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報