建築関連に詳しい方,教えてください.
住宅基礎工事でに100mm厚発砲スチロール2枚
だけで防水するということは可能でしょうか?
発砲スチロールは普通一般に見るようなの発泡
スチロールです.
それ以外のポリエチレンフィルム等は施工され
ていません.

よろしくお願いいたします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基礎の防水と言う意味合いがわかりませんが、ポリエチレンフィルムについて言及されていますので、土間(床)下の防湿と解釈させていただき、回答します。


発泡スチロール(フォームポリスチレンボード)は断熱材であり、防湿機能はありません。土と室温の温度差による床結露を防止す、床が冷える事による不快感防止などが目的です。土中の水分が上がってくるのを押さえるには、防湿シート(ポリエチレンフィルム)の施工が必要です。防湿シートの施工により、フォームポリスチレンボードが含水して断熱機能の低下することを防止します。以上より、床が土間(土に接する)になるのでしたら、防湿シートの施工は欠かせないと思います(事実、私は欠かしておりません!)
もし、地下水位が非常に高く、防水が必要になるのでしたら、防水の施工が考えられますが、その場合は補足にてご説明ください。

この回答への補足

お返事が遅くなりまして申し訳ございません.私の家の床は天然大理石を使用している関係上,暖気循環式床暖房を設置しています.冬場に床暖房を運転させると図面上暖気配管が配置されている付近から湿気が上がるらしく,大理石が湿った感じになります.業者はコンクリートの乾燥が不十分だったために出てきている湿気であると主張しています.確かに立地条件(山を切り崩して造成した)から考えれば地下水位が基礎のそばにあるとは思えないのですが,かれこれ4年ほど立ちますが,毎年必ず多量の湿気が出ます.床暖房を稼働させて数日間はドア等が閉まらなくなったり開かなくなったりします.除湿器を使って湿気を除去しながらの生活を余儀なくされています(冬場でも1日3リットルほどの水が取れます).業者は様子を見たいというのですが,やはり基礎にはちゃんとポリエチレンフィルムを貼るべきなのでしょうか?
ちなみに昨日,その業者の社長と話し合った時に確認したところ,ポリエチレンフィルムを貼り忘れたと言っていました.

補足日時:2001/08/20 13:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりポリエチレンフィルムは必需品ですか.いろいろとありがとうございました.

お礼日時:2001/08/22 13:11

一般的に発泡スチロウルは断熱か緩衝材として使います。

完全な防水をすることはできないと思います。発泡スチロールの継ぎ目から水が染み出てくると思いますよ。基礎のどの部分を防水するのでしょうね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってしまい申し訳ございません.発泡スチロールの継ぎ目を交互にあわせているので平気だと業者は言っていますが,基礎との境目のところから湿気が上がってきています.ご指摘の通り,継ぎ目から水が染みてきているようです.本当にありがとうございました.

お礼日時:2001/08/20 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造 杭基礎 構造計算

意匠設計事務所のものです。
昨今の木造構造計算の必要性において
構造計算ソフトを検討していますが、
ほぼ、どのソフトも杭基礎には対応していない事が多いです。

私の地域では、ほぼ杭基礎が多く採用され、
鋼管杭や柱状改良の方が一般的な地域です。(瀬戸内沿岸)
なので、杭基礎の対応は必修です。

しかしながら、木造構造計算の書籍でも、杭基礎
について書いているものは、あまり見た事がないです。

そのままベタ基礎で、計算しても支障ないのかな?
と思う所もあるのですが。

なにかアドヴァイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

補足について。

質問のおおどころはベタ基礎の床版配筋ですか?
補足文より杭の支持力の計算法はお分かりの物としてアドバイスします。

杭基礎の場合、杭の間隔(負担面積)により床版配筋量が変わります。
全ての杭が一定の負担面積で許容応力度以内であれば普通に計算して大丈夫です。
ベタ基礎の配筋などの設計法は、木材技術センター「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」2008年版が参考となるでしょう。

木造住宅の基礎設計では、学会「建築基礎構造設計指針」「小規模建築物基礎設計の手引き」に従って設計する事をお勧めします。

構造計算ソフトで対応できない部分は、手計算でやるよりしょうがないです。
木造住宅の基礎設計は小さいですから、手計算で頑張ってください。

ご参考まで

Q曲げ材の幅厚比・径厚比

曲げ材の幅厚比・径厚比が大きいほど、局部座屈を起こしやすいとあるのですが、どうして、厚みがあるほど、座屈しやすいのでしょうか? 逆だと理解できるのですが、どなたかご教授おねがいします。

Aベストアンサー

幅をB 厚さをt とするなら幅厚比はB/t

厚みが少なくなるほど径厚比が大きくなる。

Qベタ基礎の構造計算

木造住宅工事仕様書で、ベタ基礎の人通口廻りの補強例が記載してあります。
そこに柱間隔が0.91mを超える場合は構造計算を行い適切な補強を行うとあります。
メーターモジュールの場合は1.0mになると思いますが、その場合は構造計算により適切な補強が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

新築時での住宅瑕疵担保履行法による配筋検査にしても長期優良やらで必要になる書類での
基礎配筋については、
(財)日本住宅・木造技術センター発行の木造住宅・・・・横架材及び基礎スパン表
という書籍中にある【配筋表】どおりであれば別段構造検討することは要しません。
メーターモジュールであろうが、関西間、四国九州間であろうが問題ではありません。

配筋検査でも「配筋表にあるとおりですか?・・・じゃあ、OKですね」という具合です。

この配筋表は、他にもあって『建築知識』2006年9月号(エクスナレッジ)等。
また、基礎の計算は、「実務から見た木構造設計」(学芸出版社)は参考になると思いますが、
補強筋計算例の記載はありませんけどね。

この補強筋についてはどれも計算例はなく、RC造の開口補強に見るように鉄筋径や長さ、範囲を述べているものに終始しています。

Q中2理科電流の正体 アクリル管を発泡ポリスチレンでこするとアクリル管は+に帯電し塩化ビニル管を発泡ポ

中2理科電流の正体
アクリル管を発泡ポリスチレンでこするとアクリル管は+に帯電し塩化ビニル管を発泡ポリスチレンでこすると塩化ビニル管は−に帯電する というものなのですがなんでこうなるのかよく分かりません 詳しく教えてください

Aベストアンサー

異なる物質がこすれ合うと静電気が起きますが、どんな物質が+に帯電しやすく、どんな物質が-になりやすいかは、物質ごとの「(摩擦)帯電列」というのがあります。この順番によってより+になるか、より-になるかが決まります。帯電列はどの物質のほうが電子を受け入れやすいか、あるいは電子を放出しやすいかの性質によります。

この順番は絶対的なものではなく、状況によって変わります。帯電列については、これをキーワードにしてネット検索してみてください。

Q直接基礎の構造計算で基礎の自重、埋戻し土の重量を含めるか否か

建築士独学中、基礎構造、大苦戦中です。

「独立フーチング基礎の基礎スラブの構造強度の検討では、基礎スラブの自重およびその上の埋め戻し土の自重を含めない」
とありました。
その理由として、
1、フーチングの重量(下向き)は、接地圧(フーチングが地面から上向きに受ける力)で打ち消しあい、フーチングに応力を生じさせない
2、フーチング上の埋め戻し土量は軽微な場合が多いので通常は無視する
http://www.19get.com/user_19get/update/contents/webcourse/06_kozo/14_kiso.html
とあったのですが、1に納得がいきません。全体として力は打ち消しあっても、基礎の断面には自重分の圧縮力の増加があるのではないでしょうか?

一方で、接地圧の計算では逆に「含める」のは何故ですか?

Aベストアンサー

建築の仕事をやっていますが、このごろ実務から遠ざかっているので検討はずれならゴメンなさい。

確かに構造計算の本とか見ると、フーチングの断面算定においては自重と埋め戻し土の重量は考慮しない、と書いてあったりしますね。理由としては質問者さんの挙げている通りのことを掲げているところが多いです。
でも、私の持っている「基礎構造設計指針」(最新じゃないかもしれないですけど)には、断面算定において考慮すべき重量の中にこの二つは含まれているんです。
そうなると、ちゃんと計算するにおいてはこの二つは考慮すべきだけど、よく考えてみるとフーチングの断面算定においては、この二つを抜いたほうが安全側の計算になるから通常無視することになってるのではないでしょうか。
フーチングの断面算定においては接地圧に対して問題ないように鉄筋を入れるわけですよね。ここにこの二つがあると、接地圧を打ち消しちゃうのでキケン側の設計になってしまう…そういうことなのでは。

基礎コンクリート内に自重による圧縮力がかかるのでは、ということにおいては、コンクリートよりも下の地面の方がやわらかい(砕石とか敷いていたとしても、その下の土を考えて)ので、地盤に直接打ち込む基礎においてはその圧縮力もすべて土に伝達されるということで無視できる、ということになるかと思います。
実際に基礎フーチング内にかかる応力というのは、単純に計算できるものではないそうですから、人間が業務として計算するにあたっては、あるていど丸めて考えるので問題ないだろう、という程度のことでは…と思います。

接地圧を計算するにあたっては、埋め戻し土の重量もフーチングの自重も無視しちゃうと危険側になりますから(実際かかってるし)無視できない、ということだと思います。

独学で建築士はいろいろ大変かと思いますが、がんばってくださいね。

建築の仕事をやっていますが、このごろ実務から遠ざかっているので検討はずれならゴメンなさい。

確かに構造計算の本とか見ると、フーチングの断面算定においては自重と埋め戻し土の重量は考慮しない、と書いてあったりしますね。理由としては質問者さんの挙げている通りのことを掲げているところが多いです。
でも、私の持っている「基礎構造設計指針」(最新じゃないかもしれないですけど)には、断面算定において考慮すべき重量の中にこの二つは含まれているんです。
そうなると、ちゃんと計算するにおい...続きを読む

Q建築施工管理技士実地試験の施工経験記述について

私は仮設資材のリース会社に勤務しております。1級建築施工管理を受けるにあたり鋼構造物工事で受験しております。実のところ2回ほど学科試験は何とか通っているのですが、実地試験で落ち続けております。今まで山留めや作業構台を記述していたのですが、鋼構造物としては不適切なのでしょうか、規模が問題なのか、他の問題で駄目なのかもはっきりしないので、的が絞れないでいます。ご指導のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出来れば各試験対策企業の集合実地コースを受験されると良いかもしれません。
2級は現場に居ればなにげに取れますが1級は簡単な落とし穴に陥る場合があります。

実地試験の施工体験記述はポイントがあり、このポイントを押さえてないと簡単に落ちます。

Q木造3階建構造計算の土台に生じる引抜の計算はHD以外の引抜ですか?

木造3階建構造計算の土台に生じる引抜の計算はHD以外の引抜ですか?

HDは基礎から直結すると考えると座付き金物、その他の金物に対しての計算ということですか?

Aベストアンサー

木造三階建の構造計算及び金物の算定については、木材技術センター編「木造軸組工法住宅の許容応力度計算」という別名グレー本の中に記載されています。
お買い求めに成って、良く読んで理解して下さい。
計算ソフトにばっかり頼っていてはいけませんからね。
ご参考まで

Qダクトについて教えて下さい。 2級管工事施工の施工管理法の過去問についてお願いします。 ダクト付属品

ダクトについて教えて下さい。
2級管工事施工の施工管理法の過去問についてお願いします。
ダクト付属品に関する記述にて消音エルボや消音チャンバーの消音材にはポリスチレンフォーム保温材は通気性が無く消音や吸音に不適な為、グラスウールやロックウールを使用するらしいのですがイマイチ理解できません。
通気性が無いとなぜ消音に不適なのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

ウィキがご参考になるかもしれません。
【なお発泡スチロールの気泡は内部に密閉されておりグラスウールに代表される多孔質物質で見られる空気の粘性による吸音効果は全く期待できない。】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E6%B3%A1%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

Q構造計算書の設計計算のスキルは広く役に立ちますか?

特定派遣で未経験から構造計算書の設計計算をする仕事に決まったのですが、構造計算書の計算のスキルの需要って高いですか?他の会社の転職するとき役に立ちますか?

Aベストアンサー

建築設計のでしょうか? それを前提に

質問内容からいって業界の人ではないようなので、資格や専門学歴がないという仮定で回答します。

まず、建築設計を業として行うには建築士の資格と設計事務所登録が必要です。建築士の指導の元、作業を補助するには資格はいりません。
すなわち資格がなければ構造計算はできず、実務で行っていたとしても、それはあくまで構造計算「補助」業務の経験としか見られませんし、就職先としては建築設計事務所登録を受けた企業でなければなりません。すなわち法律により就職市場が絞られます。

また、構造設計を行うのは一部の大手設計事務所・ゼネコン以外は社員数人の零細企業が多く、その数も一般の建築設計事務所の1/10ぐらいしかありません。そんな状況ですから、転職先としての市場は小さく、単に構造計算補助のスキルだけでは難しいのではないでしょうか?

また使用するソフト(手計算で行うわけではないですよね。手計算だとそれなりの知識がないとできませんので)によって、データ作成技術が異なりますので、同じソフトを使用しているところではないと、ベースとなる構造計算の理論などを理解する必要のない補助作業者では、技術があると認められるのは難しいと思います。
すなわち経験者と見なせるのはそのソフトの利用技術であり、スキルを認めてもらうには、同じソフトを使用しているところに限定されてきてしまいます。

ところで、この業界ですが、耐震偽造の姉歯さん(1級建築士をもっていた)なんかは一人で切り盛りしてたみたいで、その上ダンピングした結果ああなったようです。
札幌の浅沼さんも2級しか持っていないのに1級でなければ設計できないものにまで手を出して、免許取り消しになっています。

資格を持っている人ですらそんな状況になっているような業界ですから、あまり期待しない方がよいのではないかと思います。

建築設計のでしょうか? それを前提に

質問内容からいって業界の人ではないようなので、資格や専門学歴がないという仮定で回答します。

まず、建築設計を業として行うには建築士の資格と設計事務所登録が必要です。建築士の指導の元、作業を補助するには資格はいりません。
すなわち資格がなければ構造計算はできず、実務で行っていたとしても、それはあくまで構造計算「補助」業務の経験としか見られませんし、就職先としては建築設計事務所登録を受けた企業でなければなりません。すなわち法律により就...続きを読む

Qグラスウールの断熱材を入れてから外壁の防水シートを貼るべきか、外壁の防水シートを貼ってからグラスウー

グラスウールの断熱材を入れてから外壁の防水シートを貼るべきか、外壁の防水シートを貼ってからグラスウールの断熱材を入れるのかどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

内断熱か外断熱の違いですね。一般的に内断熱の方が断熱効果はあります。デメリットは費用が外断熱より高いことと工期が長くなることです。


人気Q&Aランキング