テトラポッド1つのお値段って、いくらくらいするものなんでしょうか?
テトラ社のHPも見たのですがいまいちわからなくって…
重さ、形によって値段が変わるように思うのですが、
標準・一般的なものでどのくらいするのでしょうか?
(ここのところの判断は、回答者の皆様に一任します)
ちなみに、数え方も謎デス。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

数え方は「個」で良いようです。


http://www.pa.thr.mlit.go.jp/nyusatu/d_hatinohe. …


 数百個単位での価格は多分有るとは思いますが、河川工事の現場へ行って、1個譲って欲しいと言えば、もしかしてタダかも。それよりも、運送費(乗用車には載らない、1ボックスにも人手でしか載せられない、製造場所から運ぶのにも多分1t車が必要、そんな単品のオーダーでは手数料を取られる)の方が高いので、1個の値段は...


http://www.tetra.co.jp/index1.html

大きさは 、0.5t~80t型まで18種類あります。


などで聞いてみるのがやはり早道では?

参考URL:http://www.tetra.co.jp/index1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!
運送費など諸費用の事は全く頭にありませんでした。。
いやぁホント勉強になります。

数百個単位の値段…例えば100個ならいくらくらいするんでしょうかねぇ?
やっぱテトラ社の方に質問するのがベストですかね?
といっても、別にテトラポッドが欲しいわけでもなく、
ふとした疑問なだけなのですが…

とにかく、こんな変な質問にもかかわらず回答頂きまして、
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/08/22 00:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテトラポットについて

お願いします。
海の防波堤の波打ち際にはテトラポットがあります。
災害を防ぐためだと思うのですが・・・
なぜあのような形で、またテトラポットを置くことでどのような効果があるのかおしえて下さい。

Aベストアンサー

適度に隙間が空いた形で重ねることで、隙間を通り抜ける際に波が
エネルギーを奪われて、一番奥まで到達してもそこまでにかなり
波の力を吸収することができます。

また、どの方向に転がったとしても、下に向く側に足が3本出ることになり、
静置状態で安定になることから三角錐の重心から四頂点の方向に足が
伸びるあの形が良いとされています。ただ、最近は前後左右上下全てに
足を出した六方型のポットも出ています。また、足の形も丸型、角型、
三角型など、設置する場所の環境に応じて(ある意味いろいろ試して
いるのかもしれませんが)さまざまです。沿岸の道路や崖崩れ防止の
ためには必要なものですが、自然の海岸の景観が見られないのは残念
でもあります。

Q原子力発電のしくみがいまいち分かりません。

何度となく、報道で、
原子力発電所の絵が出てきますが、
いまいち、分かりません。

核燃料、つまりウランが核分裂を起こすと熱がでるので、
その熱で、水を沸かし、その時に発生する、
水蒸気で、羽根車をまわして、電気を作る。
(自転車についている機械と原理は一緒かな?ダイナモでしたっけ?)
というのが、一般的に知らされている、ごくごく単純な原子力発電所の
しくみだと思います。

もっと平たく言うと、やかんに水が入っていて、
それを、核分裂で起きた熱で、
そのやかんを沸かしているという人もいます。

ここで、疑問が起きます。

上記のやかんの話を聞くと、
一瞬、やかんの下に、
原子力装置というのでしょうか、
核分裂を起こすための装置みたいのがあって、
(家庭で言うと、ガスコンロ、
もしくは、最近だとIHでしょうか)
その熱でやかんを沸かしているのかなと
思ってしまうのですが、
原子力発電所の絵を見ると、
核燃料は、そのやかんの中に
入っているように見えるのですが、
あってますでしょうか?

つまり、核燃料は、水に浸っている状態に見えるのですが、
いかがでしょうか?

核燃料は棒状になっていて、
いわゆる固体のようなのですが、
この固体を水につけて(浸して)、
核分裂を起こしている、
つまり、やかんの中は、
水とウランがまじりあっているということで
いいのでしょうか?

よく出ている絵だと、
そんな感じに見えるのですが、
どうなのでしょうか?

そして、もし、なんらかの要因があって、
原子の核分裂を止める場合、
制御棒で、核分裂を止めているとのことですが、
その水の中に、制御棒を突っ込んでいるということなのでしょうか?

また、そのやかんを冷やすために、
一生懸命水を注入しているようですが、
通常、お水だと、
時間とともに、冷えてきて、
いずれは、生ぬるいお水なりますよね?
(要は常温というのでしょうか)

そういうのは、原子力発電所の場合は、
ありえないのでしょうか?
核分裂が止まったのだから、
熱はでなくなったのだから、
わりと速くに冷たくなるまではいかなくとも、
常温になりそうな気がするのですが、
いかがでしょうか?

もしお詳しい方がいましたら、
もう少し、詳しい説明をして下さったら、
幸いです。

たくさん、書いてしまいましたが、
分かる部分だけでもいいので、
回答して下さったらありがたいです。

どうぞ、よろしくお願いします。

何度となく、報道で、
原子力発電所の絵が出てきますが、
いまいち、分かりません。

核燃料、つまりウランが核分裂を起こすと熱がでるので、
その熱で、水を沸かし、その時に発生する、
水蒸気で、羽根車をまわして、電気を作る。
(自転車についている機械と原理は一緒かな?ダイナモでしたっけ?)
というのが、一般的に知らされている、ごくごく単純な原子力発電所の
しくみだと思います。

もっと平たく言うと、やかんに水が入っていて、
それを、核分裂で起きた熱で、
そのやかんを沸かしているという人もい...続きを読む

Aベストアンサー

NO4さんの回答が殆ど正解と思いますので、その不足点を。

>核分裂が止まったのだから、
>熱はでなくなったのだから、
>わりと速くに冷たくなるまではいかなくとも、
>常温になりそうな気がするのですが、
>いかがでしょうか?

これなんですが。
臨界を止めた直後の核燃料というのは「崩壊熱」というものを出します。
これが治まるまでは冷却してやらないと、その熱が燃料自体に貯まって燃料棒を溶かすことになるんです。
そうですね、ザックリ計算すれば、2年程度は充分注意して冷却する必要があるでしょう。

ちょっと臨界とかを含めた核分裂について説明します。

核分裂って、「ある物質が放射線出して他の物質に変化する。」ことで、原子炉が熱くなるのは「核分裂が発生する際に、燃料体自体が質量のエネルギー転換(E=mc^2)を起こすと同時に、放射線が周囲の物に吸収されるときに、その物質を暖める」という原理が発生するからなんです。

普通、化学だと原子は他の原子に変化しませんよね?
水素原子はどこまで行っても水素原子のまま。
ところが、核分裂や核融合というのは違います。
ある物質が放射線を出して他の物質に変化する。
いわば錬金術(水銀から金を作るとか)みたいなもんです。

なので、ザックリ言うと「放射線を出す物質は全て他の物質に変化する」と考えてください。


この核分裂反応は、自然界では非常にゆっくりとしか進みません。
半減期って聞かれたことがありますかね?
これは「物質の半分が(核分裂で)他の物質に変化する期間」なんですが、原子炉の主燃料である235ウランだと7億年くらい。
自然界ではこれくらいゆっくり進むものを、中性子をあてて数億倍の加速させ「数億年掛けて出てくる熱を短時間に取り出す。」のが原子炉です。(厳密にはちょっと違いますが、まぁ、こう考えてください。)

ここらはNO5さんの
>熱エレルギーを得るためには
  (中略)
>中性子の減速材としても使われます。(上のサイトから引用)
を参照されると宜しいかと思います。


崩壊熱とは。
235Uを核分裂させると違う物質に変化するんですが、この物質(娘核種といいます)は激しく核分裂を起こしているので、そこから出る放射線が周囲(燃料棒自身にも)吸収されて熱が出るんですが、これを崩壊熱と呼びます。

ですから、この娘核種が分裂し終わるまでは熱が多く出ますし、その熱が燃料棒に貯まると、燃料棒自体が溶解して放射性物質が飛び散る状態となっちゃいますから相当期間冷却します。
そうですね、私の計算なら、今の状態なら2~3年程度は冷却した方が良いかと思います。
その後は再処理などをすることで娘核種を処理する等を行えば、そう問題になるほどの過熱は起こらないかと思います。


>>つまり、やかんの中は、水とウランがまじりあっているということでいいのでしょうか?

いえ、ちょっと違います。
ウランは燃料棒の外装であるジルコニウム管の中で発熱しますので、通常なら直接水と接触することはありません。

蛇足ですが。
今回「あ、ジルコニウム管が破損している」と専門家が判断したのは、放射性ヨウ素が検出されたからです。
放射性ヨウ素もウランの核分裂で生まれる娘核種なんですが、外装であるジルコニウム管が健全であれば、通常はその管の中に貯まったままになります。


ここからは本当にゴメンナサイ。
訂正して悦に入る心算は無いですが、技術論で間違っている部分はやはり何とかしておかないと誤解が流れるので。
どうかお許しを。

>この水のパイプを冷やす為の冷却用の水が大量に
>要るので、原発は日本では海沿いに建てられ

ここですけど、冷却水としての海水が大量に必要なのは、タービンで仕事を終えた蒸気をまた水に戻すためです。
ついでですが、日本は大量の水を取れる河川が殆どないですし、各河川での漁業権等が海外より厳しい、国土が狭い(直ぐ近くに海がある)等の理由から海岸に作ります。
同じような例はイギリスでも見られます。

これらの排水が悪さをするか?というと、これはどうとも言えないかと思いますし、それが地球温暖化につながっていると言うのはIPCCの報告でも出てないので、ちょっと誤解かと思います。
というのも、これらの熱は温暖化ガスの影響が無ければ、放射冷却によって速やかに大気圏外に放出されるものですしね。
また、自然環境が違うと言うのも、ミクロ(放水口直近1~2km)で見ればそう言えるんですが、「それが悪い」とは言えないんですよ。
むしろ、温排水を使った養殖も進んでいますし、原子力に限らず放水口というのは好漁場(主に手釣り)ですから。


>燃料棒は水が無いと核分裂が活発になり

なりません。
上の高速中性子論の通りですね。

>そのなかに燃料(制御棒)をどっぷりつけることによって
>反応速度を低くしながら一定時間をかけて核分裂反応停止
>の状態に持って行くそうです。

ちょっと違います。
「娘核種が問題ないレベルに分解しきるまで」水に漬けて冷やすんですね。
冷やそうが暖めようが、反応速度は殆ど変わりません。(化学反応と違うところですね。)

>燃料が再臨界し爆発しました。

これは未確認だと思うんですが。
再臨界に伴うチェレンコフ光も大量の中性子も検出されていないですし、現在言われている水素爆発と考えるのが妥当かと。
それに再臨界して爆発するというのは、核爆弾ほどの速度で発生すれば納得出来るんですが。

もちろん、制御棒と燃料棒が混合状態でメルトしているなら、部分的に再臨界している可能性はありますが、それは爆発以後に起こった現象と考える方が論理的かと思います。

NO4さんの回答が殆ど正解と思いますので、その不足点を。

>核分裂が止まったのだから、
>熱はでなくなったのだから、
>わりと速くに冷たくなるまではいかなくとも、
>常温になりそうな気がするのですが、
>いかがでしょうか?

これなんですが。
臨界を止めた直後の核燃料というのは「崩壊熱」というものを出します。
これが治まるまでは冷却してやらないと、その熱が燃料自体に貯まって燃料棒を溶かすことになるんです。
そうですね、ザックリ計算すれば、2年程度は充分注意して冷却する必要があるでしょう...続きを読む

Q細いテトラポットのような照明をご存知の方いませんか?

細いテトラポットのようなデザインの照明を以前見たのですが、
その際、ブランド名やサイトURLを保存し忘れて不明になってしまいました。

どなたかこの照明の情報をご存知の方いませんでしょうか。

- 特徴 -
・テトラポットが細くなったような形状(原子構造みたい)でモダンな印象のデザインです。
・天井から吊るすタイプで、テトラポットの足?の先三箇所に1個づつ白熱球がついていました。
・価格は16000程だったと記憶しています。
・カラーは黄緑の他、全3色くらいでした。

情報お持ちの方いましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ペンダントライトの『サテライト』という商品に似ているような気がしますがいかがでしょうか?

「ペンダントライト サテライト」で検索するとたくさん出てきますが参考にひとつ貼っておきます。

でも、カラーがちがうので、別物でしょうか?ご確認ください。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/roomy/satellite/

Q校正に使用する分銅の重さについて

・校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?
60kgや100kgの台秤などを校正する際に、20kg分銅を使用して校正しております。
しかし、20kg分銅を使用することは校正者の負担が大きく、なんとかならないものかと考えております。
たとえば、20kgを10kgや5kgの分銅を使用して台秤などの校正をしても問題ないでしょうか?
もちろん、四隅検査や直線性の確認をしっかり行います。

・上記質問などを考えるときに良い資料などあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・点検」のレベルで、「校正」や「検定」などと言える様なモノでは有りませんよ。

一方、検査・点検レベルであれば、目的(≒要求される精度)に対し、合理的な方法であれば良いです。
「60kgや100kgの台秤」で「20kg分銅を使用」でも、計測能力の100%を計測していないので、現状も「校正」は行われていないと考えられます。

ただ、「校正者の負担が大きい」は、少なくとも精度を担保する上での合理性では無く、どちらかと言うと、肝心の精度は犠牲にする方向性かと思います。
また、検査・点検レベルでも、その方法を変えると言うことは、従来からの安定性を損なう点には、配慮が必要です。

添付のURLなどは、校正を考える上で参考になると思います。
正しい校正の方法については、詳しくはJISハンドブックなどをご覧下さい。
めんどくさければ、その台秤などのメーカーに問い合わせても良いかと思います。

参考URL:http://www.j-sl.com/chn/write_07/07_main03.html

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・...続きを読む

Qテトラポットでの穴釣り

今日の夜にテトラポットで穴釣りをしようとおもうのですが

仕掛けはどんなかんじがいいですか?

あとオススメのエサを教えてください

Aベストアンサー

ブラクリ仕掛けをお薦めします。

仕掛けですが検索して写真なり仕掛け図を見たほうがはやいし理解しやすいと思います。

ブラクリを使うこつはテトラの穴の大きさや水深でハリスの長さを変えたり重りの大きさを変えます。

餌ですがイソメなどの虫餌またわシラサエビが一般的ですが夜釣りだと荷物をすくなくしたいので

虫餌一本で勝負した方が良いと思います(安全面を考えてのことです)

あとなるべく動きやすい服装で移動するときは片手は常に空けておく、両手で物は持たないを

心がけて下さい。

では良い釣果を。

Q再生可能エネルギー(自然エネルギー)が日本でいまいち普及しないのはなぜ?

こんにちは。

なんで日本ではドイツのようなフィードインタリフ制度(電力会社に再生可能電力※ を固定料金による買取制度を義務として求めた内容)が導入されないのでしょうか?

阻害要因・課題は何だと思いますか?

世界では40カ国以上が採用して成果をあげてるのに。新エネルギー対策に日本は消極的な感じですね。石油はピークオイルが世界で議論されてるし、原子力は短期的には必要かもしれませんが、万全を期してても危なそうだし、廃棄の問題は解決されるのでしょうか。

石油もウランも輸入品だし近い将来枯渇する資源という話もきいたことがあります。プルトニウムも使用後はどうやって廃棄するのでしょうか。
私の所に届く電力会社からの広報(?)には、奥様向けのおかずレシピなどは紙面をさいて書いてありますが、利用者に一番伝えるべきプルトニウムそのものの有害性・使用後の安全な廃棄方法については触れないようにして、オブラードに包んでいるような気がします。(悪気はないのかもしれませんが…)

やはり長期的は太陽光発電などの再生可能エネルギーへとシフトしてるのが世界的な流れのように感じますが、日本はどうなってしまうのでしょう。私は母親の立場なので、子供たちの将来が本当に心配です。

●再生エネルギーが普及しないのは、何が阻害要因なのでしょうか?

・政治の問題(もしかして業界と癒着してるのかしら。既得権益というか…)
・スポンサーシップの問題で市民の認知が低いのか(テレビやニュースで自主規制などして放送されないから市民のニーズが芽生えない。)
・送電技術・蓄電技術などに課題があるのか
・ソーラー事業などの再生可能エネルギーの業界に問題があるのか
 (悪徳業者が介入しやすいなど問題もあるようですね。)

どんな切り口でも結構なのでどなたか教えてください。
私は研究者でも技術者でも業界関係者でもない素人なので、どうか平易でわかりやすい簡単な解説をお願いします。

またこれらの問題点をご指摘したうえで、さらに解決策、改善策などあったら教えてください。

●フィードインタリフについて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%95%E5%88%B6

※太陽光発電などの自然エネルギーのこと

こんにちは。

なんで日本ではドイツのようなフィードインタリフ制度(電力会社に再生可能電力※ を固定料金による買取制度を義務として求めた内容)が導入されないのでしょうか?

阻害要因・課題は何だと思いますか?

世界では40カ国以上が採用して成果をあげてるのに。新エネルギー対策に日本は消極的な感じですね。石油はピークオイルが世界で議論されてるし、原子力は短期的には必要かもしれませんが、万全を期してても危なそうだし、廃棄の問題は解決されるのでしょうか。

石油もウランも輸入品だ...続きを読む

Aベストアンサー

No.4とNo.8の者です

先日のNHKスペシャル『低炭素社会に踏み出せるか~問われる日本の進路~』をご覧になりましたか?
( http://www.nhk.or.jp/special/onair/080601.html )

ドイツの取組みは、日本でそのまま導入できるかはさておき、示唆に富んでいたように思いました。

番組では『ドイツが自然エネルギー普及に成功した要因』は、
『自然エネルギーの固定価格買取制度』や『環境税の導入』にあるとしていました。
ただし、固定価格買取制度により電力会社が電気料金を上げていることや、
環境税の導入には未だ国民の半数以上が反対していることも述べられていました。

それに対しわが国は、電力自由化のもと、固定価格買取どころか電力会社には値下げ圧力がかかっており、
自然エネルギーの買取価格は、各社の経営努力の範囲で吸収できる現状レベルが限界であることや、
経産省と環境省の駆け引きで環境税の導入に失敗したことが述べられていました。

その結果、ドイツでは二酸化炭素の削減に成功し、太陽光発電や風力発電が新たな産業として100万人の雇用を創出する一方、
わが国は世界各国から排出権を獲得するため、年間7,000億円もの税金をつぎ込んでいる現状が述べられていました。

そういう視点で考えると、No.9や11の回答者のおっしゃるとおり、太陽光発電が世界2位で、日本の電力会社が頑張っているとしても、
現在のわが国は、ドイツに比較して取組みが消極的だといわれても仕方がないかと思います。
ドイツと日本では電力系統の構成が異なり、技術的にも単純とはいえませんが
少なくともドイツでは『二酸化炭素の排出は有料だ』という意識が市民にまで浸透していると番組では述べていました。

民間(一般家庭や民間企業)だけでは、ドイツ並みの成果を挙げることは困難ではないかというのが印象です。
環境税1つ取っても、産業界の強い反発や、市民の負担増を考えると、なかなか厄介な話だと思います。
政治の超強力なリーダーシップとマスコミの支えが必要じゃないでしょうか。

No.4とNo.8の者です

先日のNHKスペシャル『低炭素社会に踏み出せるか~問われる日本の進路~』をご覧になりましたか?
( http://www.nhk.or.jp/special/onair/080601.html )

ドイツの取組みは、日本でそのまま導入できるかはさておき、示唆に富んでいたように思いました。

番組では『ドイツが自然エネルギー普及に成功した要因』は、
『自然エネルギーの固定価格買取制度』や『環境税の導入』にあるとしていました。
ただし、固定価格買取制度により電力会社が電気料金を上げていることや、
...続きを読む

Q冬場のテトラポットのクロ

毎年、私の通ってるホームグランドのテトラポットから釣る海では、この時期になると、ピタッと大小に関わらずクロが釣れなくなります。そのクロ達はどこに行ってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

テトラの底や沖の深い場所など水温の変動の少ない場所へ移動

Qジェット旅客機にポケモンとかの絵をペンキで塗ってますが、重さがどれだけ増える?

ジェット旅客機でペンキで装飾しているのが最近はやっていますが、一回塗り替えるとどれだけ重さが増えますか?
あるいは、重さが増えないように以前のペンキをはがすので重さが変わらないのですか?

Aベストアンサー

ANAの通常のペンキ重量が記載されています大よそ1tで乾燥すると1/4になるそうです。250kg
昔の記憶ですがポケモンが出たとき塗料重量360kgとか記憶していたようなあいまいですが。

参考URL:http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2004/ANA/ANA.htm

Q今東京湾で釣れる青物はなんですか?福浦テトラポット 今日釣りに行ってきたのですがマズメ前からルアーマ

今東京湾で釣れる青物はなんですか?福浦テトラポット
今日釣りに行ってきたのですがマズメ前からルアーマンがたくさんきました、その後日が上がるまでの時間にジグやバイブレーションを投げてる人がいて30cmはありそうな青物を釣ってる人がたくさんいました
この状態はなんですか?

Aベストアンサー

再投稿です
すみません、途中で飛びました!…あとサッパ、ムロアジ、などです。福浦の海の散歩道では周年、特に鯖はマズメ時は良くルアーで釣れてますよ、年により差はありますけど。多分サバでしょうね、アジではないと思います。秋だとソウダガツオ等も釣れますが、今の時期はサバでしょう、近年大群で東京湾を回遊している割合が高く成ってるようです。福浦の水深は大体投げても5~6㍍位だから、アジの30級は殆んどあり得ません。私は餌ずり専門で福浦では余り釣りをしませんが、比較的近くなので時々釣り人を見物してます。

Q二酸化炭素の重さ

最近よく「1年間で二酸化炭素の排出量が○○トン」
といったような事を聞きますが、
気体の重さを言われてもよく分かりません。

二酸化炭素の場合は、どのくらいの体積で1kgになるのですか?

気になったので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

0.51立方メートルで約1キログラム
これは、標準状態の場合。0℃、1気圧の場合です。条件が変わると変化しますが。

気体の場合、22.4Lが占める重さを分子量だから、二酸化炭素の場合、炭素の分子量は12・酸素の分子量は16なのでCO2(炭素1・酸素2)の場合、44gとなる。
よって、22.4Lの二酸化炭素の重さは44gなので、1Kgに換算すると約0.51立方メートルとなる。


人気Q&Aランキング