プロが教えるわが家の防犯対策術!

タイトルどうりなりますが、室内、屋外フラッシュなしで撮れるカメラといううものがあるのでしょうか?

カメラに関しては、こちらも全く持って知識ゼロでありますので、どなた様か丁寧にお答えいただける方宜しくお願いいたします。

現在、写ルンです代わりにlomoを使っているのですが、室内での撮影がうまく撮れません。

先日、TVでモデルさんを室内での撮影にフラッシュ無しでしかもカメラマンさんのようなプロ使用のもの(素人目なのでハッキリとしたことは分かりませんが)ではなく、一眼レフの様なモノで撮っていました。

lomoによる撮り方でもかまいませんし、タイトルどうりこういったカメラが、適したカメラあるのでしたら、どなた様か優しくお答えいただける方、宜しくお願いいたします。

質問説明不足ではありますが、足りない点ありましたら申し付けくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>一眼レフの様なモノで撮っていました。



一眼レフのカメラに、「明るい単焦点レンズ」などを装着して撮影します。
こうすることで室内でもノーフラッシュで十分撮影できます。

「明るいレンズ」とは、「開放F値」が小さいレンズです。
「F値」はレンズのどこかに必ず書いてあります。
例えばF3.5-5.6と言った具合に。

明るいレンズは、これがF1.4とか、F1.8などのような数値が小さいものを言います。

普通のカメラでは暗い場所でシャッターを切ると、
シャッターの切れる時間が長くなるため、手持ち撮影ではブレてしまったり、
暗い写真になってしまいます。

しかしこのようなレンズを使用することで、
屋内の間接照明のような柔らかい光でも、その場の雰囲気を活かした撮影が出来ます。

もっと詳しくお知りになりたかったら、
初心者にも分かりやすく説明されているサイトがございますので、
ご紹介しておきます。

■はじめてのカメラ入門
http://cweb.canon.jp/enjoyphoto/intro/index.html

■ステップアップするためのレンズ選び
http://cweb.canon.jp/enjoyphoto/stepup/chapter05 …

参考URL:http://cweb.canon.jp/enjoyphoto/intro/index.html
    • good
    • 0

まさに質問者さんの希望通りのカメラがあります。


一眼レフに比べると画質も落ちますし、周辺光量不足(写真の中心は明るく、外側にむかって暗く写る)が出ますが、LOMOをお使いとの事ですので問題は無いでしょう。
実際使った事もありますが、手軽で楽しいカメラですよ。

参考URL:http://fujifilm.jp/natura/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなり、申し訳ありません。
参考URLは意見させていただきました。
トテモ興味深く、こういったカメラこれからもっと出てくるのでしょうかね?
ありがたい情報本当に有り難うございます!!

お礼日時:2005/02/17 17:03

補足です。

ISレンズですが、No5のjupiter5さんの投稿通り、たしかに8分の1のシャッタースピードでも手ブレを起こしにくいですが、シャッタースピードが速くなるわけでは決してありません。被写体が動けば当然、シャッタースピードが遅いのでブレます。←被写体ブレ。
ISはあり難い機能ですが、被写体ブレまでは防げません。
    • good
    • 0

それでしたら、デジカメを買うことを勧めます。



フィルムカメラを使った場合、失敗したり、
ISO感度(ASAは現在使っていません)がフィルムが終わらない限りは調整できません。

デジタルスチールカメラでしたら、撮影カットごとに、ISO感度を変えられますし、
失敗したカットはその場で削除できます。

初期投資は高いですが、ランニングコストが安いのが、デジタルカメラの特徴です。

今のプロカメラマンは、デジタルスチールカメラに移行している方が多いようです。

これは、デジタルカメラの性能が向上しているのと、ランニングコストが掛からないし、
自分で映像処理するカメラマンもいますので。

今の、LOMOを使うのであれば、高感度ネガフィルム(ISO800やISO1600)を使用してみることを勧めます。

リバーサルフィルムでも、高感度の商品がありますが、感度設定が難しいので
(ISO感度の設定通りの感度がない場合がある)
勧められません。

ネガでしたら、ある程度の感度の許容範囲が存在しますので、多少露出不足でも撮影できることはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなり申し訳ありません。
ご丁寧にお教えいただき有り難うございます。
是非、参考にさせていただきます。
本当に有り難うございます!!

お礼日時:2005/02/17 16:58

カメラで撮影する際の画像の明るさは、


「シャッタースピード」「絞り」「フィルムの感度」によって決まります。
lomoでもシャッタースピードと絞りを調整できる機種があるようですが、
質問者さんのものはいかがでしょう?
暗い部屋で写真を撮る場合、
シャッタースピードは遅くし、絞りは広くする必要があります。
具体的に言えば、
シャッタースピードは「1/60」よりも「1/30」や「1/15」のほうが遅い。
絞りは「5.6」よりも「4.0」や「2.8」のほうが広い。
そういうことになります。
また、フィルムは買うときにISOの数字を確認してください。
一般的に売っているのは「100」「200」「400」だと思いますが、
数字が大きければ大きいほど、
暗いところでも明るく写せることになります。
「800」あたりまではどこでも売っていますが、
「1600」「3200」などは、特殊な趣味の方が使う程度で、
一般的なスナップ写真には向きません。

で、カメラの調整についてですが、
絞りの話は少々面倒になるので、
以下ではシャッタースピードのみに焦点を絞ってお話します。

シャッタースピードを遅くすると暗くても撮れる。
そこまではいいのですが、
シャッタースピードを遅くすると、
今度は手振れを起こしやすくなります。
カメラに慣れていない人が普通に手持ちで撮影する場合、
1/30より遅くするとほとんど手振れします。
1/8よりも遅くすると、よほど注意して撮影しないと、
慣れた人でも手振れします。

ですが、室内でノーフラッシュで撮影しようとする場合、
蛍光灯のついたそれなりに明るい部屋でも、
1/8程度までシャッタースピードを遅くしないと、
暗い写真になってしまいます。
遅いシャッタースピードでも手振れを起こさないようにするため、
カメラ好きの人たちは室内では三脚を使います。
三脚はみんなで記念撮影するために有るのではないのです。

しかし、いちいち三脚を持ち歩くのは面倒くさいので、
いろいろな技術が開発されています。
一番代表的なのは、キヤノンのIS付きレンズです。
ISは「イメージスタビラーザー」の頭文字で、
レンズについた手振れ補正装置のことです。
一眼レフカメラを使う場合、
IS付きレンズを装着して撮影すれば、
よほど望遠にしない限り、
1/8程度でも手振れせずにすみます。
レンズ自体も特別大きくなったりはしないので、
それなりに重宝します。

しかし、質問者さんのように、
写ルンです感覚で写真を撮りたい場合、
一眼レフはデカ過ぎますし、値段も馬鹿になりません。

この場合、一つの選択肢として、
デジカメを考えるというのもアリではないでしょうか。
パナソニックやコニカミノルタのデジカメでは、
小型カメラにも手振れ補正装置がついています。
特にパナソニックのFX-2やFX-7は、
カメラ自体がポケットに入るほどの小ささで、
かつ手振れ補正が働きますので、
室内でもそれなりに撮影できます。
(もちろん補正装置を使えば絶対に手振れしないわけでははないので、
 できるだけ慎重に撮る必要はあります。)

http://panasonic.jp/dc/fx7_2/

デジカメの場合、撮れたかどうかをその場で確認できますので、
上手く撮れていなかった時にすぐに撮り直せるのもメリットです。


というわけで、室内でも撮りやすいカメラとして、
私はパナソニックのデジカメをご推薦します。
    • good
    • 0

#3です。

 補足です。

>写ルンです代わりにlomoを使っているのですが、室内での撮影がうまく撮れません。

lomoと言いますと最近流行の「トイカメラ」ですか?

写ルンですもそうですが、
これらのカメラは基本的に屋外のような十分な光がないと、
露出不足(暗い写真)になってしまいます。

感度の高いフイルム(パッケージに「800」とか「1600」などと書いてあるフイルム)を使うという手もありますが、
限度がありますので、屋内撮影はあまり期待できないでしょう。
    • good
    • 0

どの程度の暗さを想定しているのかわかりませんが、普通の生活をしている部屋の明るさの場合、低速のシャッターが切れるカメラなら、どんなカメラでも撮れます。



まあー、一眼レフが一番、適応力がありますが。

B(バルブ:シャッターボタンを押している間は、シャッターが開いているモード)を使用すれば、わずかでも光があれば、どんなに暗くても、撮れます。

もちろん三脚の使用は必須です。

なお、スチルカメラには、プロ用というカメラは存在しません。(TVカメラには、プロ用は存在しますが。)

プロもアマも、同じカメラを使っています。
    • good
    • 0

先日、手持ちの絵画を室内で撮影する必要が生じ、ストロボを使うとガラス面にストロボ光が反射するため、ストロボ無しで撮影しました。


結果として、色もそれなりに再現されて、よく撮れていました。
使用カメラはオリンパスのOM-4(1眼レフです)、レンズは28mm~70mmF3.5、フィルムはASA400のごく普通の市販ネガフィルム。
この条件で、絞りをもっとも開き、手ぶれを防ぐため、3脚に固定してタイマーで撮影しました。

lomo というカメラを検索して調べてみましたが、レンズ径からすると、あまり明るいレンズじゃないのかな、という気がしました。
写ルンですでは、なおのこときついかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなり、申し訳ございません。
ご丁寧にお教えいただき、本当に有り難うございます。
とても勉強になりますし、参考にさせていただきます。
いろいろ試してみます!!
本当に有り難うございました。

お礼日時:2005/02/17 17:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暗い室内で写真を撮りたいんです

 今度、音楽会のカメラマンに抜擢されてしまい、困っています。会場はステージにスポットライトが当たってるのみで、ストロボは使えません。演奏中多少、スイングというか動きが入るものもあるそうです。
 腕前は一眼レフ暦5年くらいの素人で、カメラはEOS-KISS レンズはシグマの28-80と100-300だったかな?を持っています。フィルターはプロテクターくらいしか持ってないです。
 責任重大で緊張なのですが、フィルムは感度がいい方がいいとか、三脚を使った方がいいとか、シャッタースピード遅ければ撮れるけど、ぶれるしどうしよう、くらいしかわからず頭を抱えています。フィルムの選び方(感度やメーカー)、シャッタースピードや露出、等など撮り方についてアドバイス頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは、責任重大だと自らプレッシャーを掛けてしまうのはマイナスですから、気軽に行きましょう(^_^)v

 まず、三脚は使用する。これは大前提です。

次にフィルムから。フジフィルムのISO-800のSUPERIA Venus 800もしくはNATURA 1600をご用意ください。

以前の高感度のフィルムは暗い所で撮れるが出来あがった写真の粒子が荒れるなどの弊害が多かったのですが、最近のフィルムはそうではなく、通常使用に耐えれるようになりましたので800をメインとして使ってもいいでしょう。

また、スポットライトが当たっているということは昼間のように明るいということです、早いシャッタースピードで撮影できるということで、動きのある動作を止めて撮影したりブレを防いだり、奥までピントが合った写真が撮れるようになります。

今回、音楽会の記録写真という前提ですから奏者一人一人をアップで撮る必要も無く、全体もしくは数人ごとグループで撮ることで、望遠レンズを使ったブレブレ写真を少しは避けることができます。

まず、28-80mmのレンズを使って舞台全体が撮れる位置から撮影します、絞りはf11になるようにカメラの撮影モードをAvにしてダイヤルを回して11に設定します。

奏者全員にピントの合った写真が欲しいですから、この場合は絞ります、シャッタースピードは自動的にカメラが設定してくれるのでそれに任せます。

シャッタースピードが1/30s程度に落ちますが、三脚を使ってしっかりとカメラを固定して撮ってください、この写真は全体の雰囲気や配置、構成などを目的としますので多少奏者が前後して重なってても構いません、全体が撮れることが重要です。だから全体が写っていたらそれだけで成功です(^_^)v

次に、アップですがソロの演奏があるかとは思いますが、基本は音楽会の撮影ということで、あまり一人だけをアップで撮る必要はありません。

一度に3~5、6人が一つの画面に納まるようにズームレンズを操作して、少なくとも3人の顔が判別できればいいので(後ろの方は、仕方がないと諦める(^^;)中心に人物を据えて撮影します、この時の絞りはf8、シャッタースピードはカメラ任せになりますが1/60sや1/125sになりますので、ブレも少なく全体にピントの合った写真が撮れます。

この時に注意しなければいけないのが奏者の服装です、カメラの光を読むセンサーが奏者のタキシードなど黒い部分を拾ってしまうと、スポットライトが当たっているにも関わらず、暗いと判断して明るくなるようにカメラが自動的に調節してしまいます、そうすると顔や楽器などが真っ白になった写真の出来あがりとなりますのでご注意ください。

カメラの露出を読み取る設定は予め評価測光になるようにしておきましょう。

カメラのファインダーの中にシャッタースピードも表示されますので、それまで60と出ていた物が(1/60sの意味)急に4とか8とか出たら奏者の黒い部分を測ってしまっているので、少しカメラの位置を動かすなどして元の表示になるようにして撮影をしてください。

明るいのか暗いのか判らなくなった時はカメラをステージの床に合わせて軽くシャッターボタンを押して、その時に表示された数値を見てください、その数値がステージ全体を照らしている明るさなので、これは1日中変わりません。

カメラの扱いに不慣れ?なご様子ですから、最初から(全体写真から)最後までAvモードで絞りはf8に合わせて撮るのでもいいでしょう、途中で設定を色々と変えるのはミスの原因となりますので

それでも迷うようでしたら、カメラのモードをPにしてください、完全にカメラ任せの撮影モードとなりますので、このほうが無難です(^_^)v

また、暗転したり、一人の奏者のみにスポットライトが当たっている状態なった時などもPモードで撮るのがいいでしょう。

撮影時には緊張して撮りずらくなりますので、ペットボトルのお茶を飲むなどしてください(持ち込み禁止になってますが、構いませんからこっそりと飲むように(^_^)v)ガムや飴などもあるといいですね。

暗い場所からの撮影となるので、カメラを使い方を熟知しておいてください、小さなペンライトを用意しておくのがいいでしょう、あまり長時間の点灯は避けること、光る部分には黒い紙やガムテープなどを貼って、光があまり外に漏れないようにしたり、赤いセロファンを貼っておきます(無ければライトのガラスを赤いマジックで塗ってしまうとか、赤い紙を被せるなどしてください。

何カットか写真を押さえることが出来ましたら、絞りやシャッタースピードを変えるなどの挑戦しても構いませんよ(^_^)v設定の戻し忘れに注意してくださいね。

服装は動きやすくて音の出ないかっこにしてください、ビニールなどのガサガサと音のする物は避けましょう、カメラバックやズボンのベルト金具などにこすれて音がしてしまうので、ご注意ください。

撮影位置にもよりますが、28-80で最初に全景を撮ったら100-300?に交換する時は、入り口の脇など(非常灯があるので)その明るい場所でレンズ交換をするのがいいでしょう、見学者に背を向けて光が漏れないようにして明かりをつけて交換する方法もありますし、客席の一番後ろまで下がるのも有りです。

あ、それとタオルもご用意ください、緊張して汗をかきますから(^_^)v白は避けてね。

これだけで完璧とは申しませんが、まだ判らない事がありましたら質問してくださいね(^_^)v

では、がんばってください

 こんにちは、責任重大だと自らプレッシャーを掛けてしまうのはマイナスですから、気軽に行きましょう(^_^)v

 まず、三脚は使用する。これは大前提です。

次にフィルムから。フジフィルムのISO-800のSUPERIA Venus 800もしくはNATURA 1600をご用意ください。

以前の高感度のフィルムは暗い所で撮れるが出来あがった写真の粒子が荒れるなどの弊害が多かったのですが、最近のフィルムはそうではなく、通常使用に耐えれるようになりましたので800をメインとして使ってもいいでしょう。

また、スポット...続きを読む

Qフィルムを巻取る前にフタを開けてしまった。

トイカメラを使用しています。
初めて使うアナログのカメラで、、
失敗しました。

初めて使うカメラで、、
散歩中フィルムがなくなったので
巻取ろうとしましたが、
巻とれないな?と
フタを開けてしまいました。

その後すぐに下のボタンを押したままだったら
巻きとれることに気付きました。

フィルムが光に当たったら
ダメになると聞いたことがありますが
フタを一度開けたら、
とった写真全てが、ダメになるのでしょうか?

(まだ巻取ってない時に開けたので
もしだめなら、現像にだすのを止めようかと思います)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

開けていた時間と光の当たり方によりますが、最後まで撮りきった状態で開けたのなら、フィルムの最初の方は助かる可能性が高いと思います。(フィルムが何重にも重なっていますから、中心部まで光が届きにくいからです)

ダメもとで現像に出してみてください。多少の光線引き(赤や白いもやもやしたもの)が見られますが、そんなに支障はないと思います。

Qフィルムの巻上げに失敗して…

使い捨てカメラから、興味を持ちトイカメラを始めましたが全くの初心者です。
SMENA SYMBOLを使用して撮影をし、フィルムを撮り終わったので巻き上げたら、巻き上げ方をよく調べずに巻き上げ解除ボタンを押さず、無理矢理巻き上げてしまった為、チリチリとゴミのようなものが出てきてしまいました…。
恐らく、ストッパー(?)にかかっていたフィルムの片側の穴のようなものがちぎれてしまったのだと思います。

このフィルムで現像をお願いした場合、現像することは可能なのでしょうか?
フィルム使用期限内には使い切ったのですが、巻き上げてフィルムケースに収納したまま、恥ずかしくて人に聞くに聞けず1ヶ月近く置いてあるままなので、その点に関しても諦めかけています…。

無茶苦茶な質問で申し訳ないのですが、ご回答をお願い致します。

Aベストアンサー

 ちゃんとフィルムのパトローネに入ってますか?(横から見て@な形のケース)

巻き戻し解除ボタンを押さないで、フィルムを巻き戻すと巻き上げることが出来なくて、パトローネの中で止めてあるフィルムが切れます、そしてカメラの巻き上げ側に残ります。

もし、この状態だったらカメラごとカメラ屋さんに持って行って、切れた旨を伝えて、暗室やダークバックで取り出してもらってください。

巻き戻しが完了したと思って、実はカメラの中に残ってたりすると最悪ですよ(^_^;



巻き上げが解除されて、きちんとパトローネの中に戻って(カメラの中には何も無い)のであれば、パトローネをカメラ屋さんに持って行って普通に現像してもらってください、特に気にする事はありません。


特に無茶な質問でも無いので気にしないでいいですよ(^_^)v

テレンプね。

Q写ルンです、どっちが使いやすい?

子供が今月修学旅行に行きますが、カメラはレンズ付きフィルムいわゆる「写ルンです」以外は禁止になりました。
買いたいのですが、感度が400と1600の2種類があり、旅行で使うのにはどちらが使い易いか迷っています。
400だと室内はフラッシュ焚いても暗い?逆に1600だと屋外は露出オーバーで色飛びする?
使った事がある人がいましたら回答お願いいたします。

Aベストアンサー

写ルンです400は、SS=1/140s・f10。1600は、SS=1/200s・f14。
シャッタースピードとレンズの明るさで2EVの違い。

どちらもフィルムのラチチュードで日中でも使えます。
ただ、フィルムは低感度の400の方が綺麗。
反対に1600だと、早いシャッターが切れるので、動きものの被写体ブレが少ない。
レンズが暗い分、ピント(被写界深度)が深い。

つまり、400は昼用で1600は暗い場所用のような仕様ではありません。
と言う事で、写ルンです400を薦めます。

QカメラのフィルムにあるISOって??

フィルムにはISO100とかISO400とかありますよね。私はなんとなくISO400とか800を選んだりしています。先日、友人の撮っていた”古い町並みの白黒写真”がとても素敵だったので、真似して白黒の写真をとってみたのに何だかニュアンスが違うような仕上がりになりました。私の方は白黒用の使い捨てカメラでISO400を使っていました。彼女はズーム機能もついていないような簡単なカメラに白黒フィルムで撮影していました。カメラの性能の差でなければフィルムの差なのかなぁと漠然と思いまして…。もちろん撮影状況にも影響されるでしょうが、彼女の写真の方が光と影がはっきりしているみたいなんですよ。これって私の気のせいなんでしょうか?
それと、ISOっていうのが写真の出来栄えにどう影響するのかも教えてください。

Aベストアンサー

フィルム感度(ISO)とは 「光の感じ方」の目安です。
簡単にいうと「どのくらい暗いところで撮影が可能か」ということです。
数字によって表され、数字が大きいほど感度が高くなります。
超低感度 低感度 高感度 超高感度
~ISO80 ISO100 ISO400 ISO800~

通常撮影するのでしたら明るいときはISO100、暗いときはISO400という使い分けでじゅうぶんでしょう。
数字が大きいほど性能がいいというわけではありませんので、目的や用途で使い分けます。
低感度のフィルムは撮影に多くの光を必要とします。
フィルム上の光を感じる粒子が細かいので写真がきれいに仕上がりますので大きく引き伸ばす写真に向いています。
日中、屋外で撮影するのでしたらISO100の使用だけで差し支えありません。
高感度のフィルムは少ない光の量で撮影できますので、暗いところで撮影したり、シャッタースピードを速くして動くものを撮影するということに向いています。
 フィルムが一瞬で光を感じる粒子でつくられておりますので、シャッタースピードを速くしてレースやスポーツなど動きのあるものを撮影することも出来ますし、逆にシャッタースピードを遅くすれば、暗いところで天体などの撮影をすることも出来ます。
今までは、フィルム上の光を感じる粒子が大きいので仕上がりが少し荒いとされていましたが、最近では高感度でも粒子の細かいフィルムが開発され、美しい仕上がりの写真になります。
 

フィルム感度(ISO)とは 「光の感じ方」の目安です。
簡単にいうと「どのくらい暗いところで撮影が可能か」ということです。
数字によって表され、数字が大きいほど感度が高くなります。
超低感度 低感度 高感度 超高感度
~ISO80 ISO100 ISO400 ISO800~

通常撮影するのでしたら明るいときはISO100、暗いときはISO400という使い分けでじゅうぶんでしょう。
数字が大きいほど性能がいいというわけではありませんので、目的や用途で使い分けます。
低感度のフィルムは撮影に多くの光を必要とします。
...続きを読む

Q現像料金を安くするには

ネガフィルムを現像に出したいのですが、予算があまり無いので、安くあげたいです。
引き延ばすのが目的なので、プリントorインデックスは単なる見本代わりです。
現在の選択肢としては
・薬局のDPE(現像+プリントで600円)
・カメラのキタムラ(現像+インデックスプリントで800円)
と言う感じなのですが、薬局に入れたらネガに傷が付きました・・・。
理想なのは600円くらいで、現像+写り具合が確認できる物。
と言う感じです。
ネガフィルムですが、ライトボックス+クーペでピントの具合を確認できるのかな?

なにか良い方法がありましたらご教授願います。

Aベストアンサー

昭和の時代には、プロ写真家でした。ネガ撮影とポジ撮影は、半々でした。
戯言と思って頂いて結構ですが、今でもポリシーは変えていませんので、ご笑読下さい。

小学生のころ、私の父親(元国鉄マン、写真は趣味でモノクロは自家現像、プリントをしていました)が言った言葉が、今でも私(私は初老です)の心に染み付いています。
「ネガの現像は、今持っている最高の技術でやれ! 手を抜くな!ネガは、写真の命だ!!ネガさえ完璧なら、いくらでもやり直せる!」

ご質問者さまに言いかえると、命(ネガ)の現像には、金をケチるのは言語道断!!現像ミスや、傷でもつけられたら取り帰しがつきません。
プロラボでもネガに、傷をつけられた事があります。もちろん、責任持って修正してくれました。
是非、フジカラーやコダック、もしくはプロラボに現像依頼する事をお勧めします(但し、金額は、倍以上しますが…)

Qフィルムのコンパクトカメラのお薦めを教えてください

初めまして。以前、デジカメ一眼レフの質問をし、とても親切に教えて
いただきました。ご回答くださった皆さま、ありがとうございました。
本日も質問させていただきたく存じます。カメラ初心者なので、
どうぞお手柔らかにお願い致します。

フィルムのコンパクトカメラの購入を検討しています。
お薦めの機種があれば教えていただきたいのですが、現状では何を撮るか、
といった具体的なことは決定していません。
良いものであれば、新品、中古のこだわりもありません。

コンデジ購入の際には、知人からのアドバイスでリコーGRIIを購入しました。
難しいカメラと思いますが、とても気に入り、大切に使っています。
フィルムのコンパクトカメラは、現在回りに使っている人が全くいないので
情報が得られず、インターネットで調べても、よくわかりません・・・。
いろいろ調べて長く使いたいので、通っぽいカメラがいいな、と漠然と考えています。

あいまいな質問で申し訳ございませんが、アドバイスを頂戴できればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、私の使用している(していた)カメラに
絞っておすすめさせていただきますね。

すでに、紹介されているモノばかりですので、
ちょっとした私の意見もふまえて。

○コンタックス T2(修理不可)
 昨年(07年)12月にメンテ終了になっているので、
 壊れたらなおせません。代わりに、2万円前半から手に入ります。
 露出補正が非常にやりやすく、サッと押して良い写真を撮るには
 便利です。38mmのレンズだったかと思いますが、
 使いやすい焦点距離です。他と比較して大きく重め。

○コンタックス T3(修理可能)
 T2に比べて、多機能かつコンパクト。
 35mmレンズです。個人的にはT2の写りの方が好きです。
 好きな人も多いですが、買ったけど合わなかったというヒトも
 私の周りに結構居ます。
 修理終了期間:2015年3月


○リコーGRシリーズ(GR1,GR1s,GR1v)
デジタルのGR使っていたら、これが一番使いやすいと思います。
焦点距離は28mmです。(GR21という21mmのタイプもありますが・・・)
ここで紹介する中では、私は一番好きです。
スナップ向きかと思います。ただし、当然ですがボケにくいです。
GR1は今年4月に修理終了だったはず。
なので、値段もこなれてきています。
またGR1vは2013年4月だったと思います。

○ミノルタTC-1(修理可能)
28mmで多機能、でも非常に小さいです。
私も持っていますが、男性の手には少し撮り辛いくらい小さいです。
その点以外は良いカメラだと思います。

○コニカ ヘキサー(修理可能)
35mmでF2.0なので、ボケのキレイな写りの良いカメラです。
コンパクトカメラの中でもかなり大きいです。
しかし、この大きさのおかげでホールディングは一番良いです。
皆さんが良く指摘するシャッター速度が1/250しかない点は
不便な時もあります。あと、ストロボが外付け(これが優秀です)ですね。

○クラッセ(初代は除く)
現行富士フイルムのコンパクトです。
28mm、35mmどちらも使ったことがありますが、
写りは上記のどのカメラにも劣りません。
露出補正も独特位置にあり、使いやすいです。
一番の気になる点はシャッタータイムラグは大きい事です。
スナップにはワンテンポ遅れます。
あと、持つ喜びはあまり高くないかもしれないです。

高級コンパクトしか載せていませんが、
中古で良ければ、どれもそれほど高くありません。
修理の可・不可についても、そう簡単に壊れませんし、
しっかり使って壊れたら、また買い直せばよいので、
心配は要らないかと思います。中古市場には沢山ありますから。

こんにちは、私の使用している(していた)カメラに
絞っておすすめさせていただきますね。

すでに、紹介されているモノばかりですので、
ちょっとした私の意見もふまえて。

○コンタックス T2(修理不可)
 昨年(07年)12月にメンテ終了になっているので、
 壊れたらなおせません。代わりに、2万円前半から手に入ります。
 露出補正が非常にやりやすく、サッと押して良い写真を撮るには
 便利です。38mmのレンズだったかと思いますが、
 使いやすい焦点距離です。他と比較して大きく重め。

...続きを読む

Q有効期限切れのフィルムについて

有効期限が切れたフィルムは、期限からどのくらい経ったものまでなら使えるものでしょうか?保管状態なので一概に言えないのはわかりますが、最大で、これだけ年数が過ぎたフィルムでもちゃんと使えたよ、といった情報などが聞きたいところです。
普通のネガフィルムの場合で教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネガで10年なら普通に使えますよ
使った事があります。

感度が低くなってるのと発色に難がありますが、プリントの時に調整できますし
あと、ボケた画像になりますが

Q極めて基本的なストロボの使用方法について

はじめして。

NikonのD4Sを使っていますが、長年ほとんど屋内で撮らなかったせいか、
最近やっとスピードライトSB-700を購入した者です。

初心者なので、i-TTLモードに頼ろうと思い、カメラ側でTTLに設定しました。

で、屋内で撮影すると、たかだか3mくらいなのに、全体が暗く写ります。
仕方ないので、i-TTLのまま、スピードライトを+2~3程度補正すると
丁度よく写ります。

フラッシュを焚いたと一目瞭然→自然に撮りたい・・・なんていう以前の問題です。

カメラにストロボ取り付けて、TTLにして撮影すればとりあえずは撮れると
思っていたのは間違いでしょうか?

また、これからストロボを焚くというのに、ISO400(AUTO-ISO)で1/30 F3.5
(絞り優先)になってしまうんでしょう?
光量を増やして、ストロボSS設定下限(1/60)に上げてくれるということはないのでしょうか?

取り敢えず、バウンスやら多灯なんていう以前の前に、きちんとした明るさで撮りたいと
思っています。
雑文になってしまいましたが、よろしくお願いします。

はじめして。

NikonのD4Sを使っていますが、長年ほとんど屋内で撮らなかったせいか、
最近やっとスピードライトSB-700を購入した者です。

初心者なので、i-TTLモードに頼ろうと思い、カメラ側でTTLに設定しました。

で、屋内で撮影すると、たかだか3mくらいなのに、全体が暗く写ります。
仕方ないので、i-TTLのまま、スピードライトを+2~3程度補正すると
丁度よく写ります。

フラッシュを焚いたと一目瞭然→自然に撮りたい・・・なんていう以前の問題です。

カメラにストロボ取り付けて、TTLにして撮影すれば...続きを読む

Aベストアンサー

>TTLにして撮影すればとりあえずは撮れると思っていたのは間違いでしょうか
いえ、基本的な発想としては間違っていないです。

ただ、カメラの内蔵露出計っていうのは、大変便利なものではあるのですけど、それが出した露出は「この場のベストな露出はこれだ!」とカメラが勝手な思い込みで決めた露出とも言えるのです。
つまり、露出がバラつくことや、撮影者の意図にそぐわない露出になることもしょっちゅうあるわけで、そのようなカメラの思い込みを基準に調光したところで、結果は推して知るべしということになってしまいます。

結局のところ、定常光のみの撮影であれストロボを使う撮影であれ、少しでもキレイな写真にしたければ、撮影した結果を見ての補正・調整は欠かせないということです。
ですから質問者さんが<スピードライトを+2~3程度補正>して結果を求め、それで納得がいったのであればそれでいいわけです。
アプローチは他にもあったかもしれませんが、現場の状況や質問者さんがどういった完成図を描いていたかにもよりますので、こうすべきだ、という断定まではできません。

>ストロボSS設定下限(1/60)に上げてくれるということはないのでしょうか
1/30秒ということはフラッシュモードが“スローシンクロモード”とかになっていたのではないでしょうか。
“先幕シンクロモード”にすれば1/60秒より遅いシャッタースピードにはなりませんし、Nikonはストロボ使用時、通常はこのモードを使用することを推奨しています。
カメラの設定を確認してみて下さい。
ただ今回の場合、フラッシュモードを変えただけで結果が良くなるかどうかは、何とも言えないです。
劇的な変化が訪れるとは考えづらいですが、やってみて考えるしかないですね。

♯2さんの回答にもありますが、私もストロボ使用時はマニュアル露出のほうがいいように思います。
背景をカメラの露出(マニュアルならちょうどいい数値さえ見つければその数値で固定できる)・主被写体をストロボ、と別々に調整するのが手っ取り早いように思うのです。
もちろんやり方はその人次第・その場次第ですが、一度試してみて下さい。

>TTLにして撮影すればとりあえずは撮れると思っていたのは間違いでしょうか
いえ、基本的な発想としては間違っていないです。

ただ、カメラの内蔵露出計っていうのは、大変便利なものではあるのですけど、それが出した露出は「この場のベストな露出はこれだ!」とカメラが勝手な思い込みで決めた露出とも言えるのです。
つまり、露出がバラつくことや、撮影者の意図にそぐわない露出になることもしょっちゅうあるわけで、そのようなカメラの思い込みを基準に調光したところで、結果は推して知るべしということに...続きを読む


人気Q&Aランキング