本日自分でオイル交換中に誤ってATFのドレーンを外してしまいました.
車種はH5三菱ミラージュ1.5DOHC
赤い油がどぼどぼと出てきたので,やばいと思ってすぐにドレーンを戻そうとしたのですが,熱くて戻せず、その上ボルトを廃油受けに落としてしまって結局全量が抜けるのを見守るだけでした. (結構最悪)
とりあえずATFは買ってきたのですが,ATFの交換は素人はやらない方が無難とのコメントも多くここからどうしようかと思っています。
詳しい方がおられましたら,ご指導いただければと思います。

(1)ドレーンしたATFの量について
スペックにはATF7Lと示されているにも関わらず、廃油の量から推定して3.5L程度しか抜けませんでした。どうせなら全量交換をしたいので,
ドレーンを開けたままエンジンを始動してアイドリング状態で,シフトをP-R-N-D-2-1などと切り替えてATを作動させ,中の油をなるべる全量抜き取りたいと思いますが、機構的には問題は無いでしょうか? 又はやらないほうが良いでしょうか?

(2)駆動輪の回転について
上記(1)の時に、駆動輪をジャッキアップして空転させたほうが良いでしょうか?
それとも回さない方が良いでしょうか?

(3)補充の手順について
気をつけなければならないことがあったら教えてください。

(4)エア抜きなど
は必要なのでしょうか? やるとしたら方法を教えてください。

(5)ATF量確認について
補充後、アイドリング状態,Nレンジで温間確認でよいでしょうか?

(6)その他
こうやるとATを壊してしまうというような事項があったら教えてください。

以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

それは、お疲れ様でした。



まず、トルコンオイルを抜いたまま、エンジンを掛けて、ギヤを動かすなんて、
絶対に止めてください !! 間違いなく壊れます。
トルクコンバータ (オイルポンプ!? みたいな奴ですね)に、
全量の30~40%は、溜まってしまうので、
全量交換は、オーバーホールでないと、まず無理です。
残念ですが、あきらめてください。

え~ 交換手順です。

>ドレーンボルトを外し、オイルを抜きます。(失礼しました。抜いてたんですね)
>ドレーンボルトを戻して、レベルゲージを抜き、じょうごなど使って、
そこからオイルを入れます。 (抜いた量の80%くらい)
>これで、エンジンを掛けます。 (パーキングのまま)
>レベルゲージを戻して、量をチェックしてください。(エンジンは、
掛けたままです)
>この状態で、フルレベルならば、ブレーキを踏みながら、ドライブに入れたり、
抜いたりして、2~3回繰り返してください。
*注 「走らないで、下さい !!」
>パーキングに戻し、オイルの量を見てください。
>ホントは、駆動輪を、カーリフトなどで浮かし、ドライブに入れ、
タイヤを回しながら!? 量を測るのですが・・・。
>危険ですので、見込みで、少し多めに入れるテにしましょう。
フルレベルより、10~15ミリ上にあれば、OKです。

以上です。 オイルを、レベルゲージの所から入れるのは、
結構忍耐が、要ります。 気長にやってください。
では、失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます.
詳細な手順の解説をどうもありがとうございました.
おかげさまで作業補の方は無事完了し,走行することができるようになりました.
フィーリングは以前よりはだいぶ向上して,シフトショックが少なくなったのと,以前までは3速があまり使われず,すぐに4速に変速してしまってたのですが,この現象が改善されました。
製造元の違うATFが混合している点が少し気にかかります。
メーカーにもどうにか80%ぐらいは抜けるように検討してもらいたいものです.

お礼日時:2001/08/24 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCastrol Edge 5W-40の品質は?

愛車BMW318iにCastrol Edge 5W-40 このエンジンオイルを使用しています。
このオイルはBMWではロングライフ指定オイルで推奨されています。

ここで質問ですが、このロングライフ指定のCastrol Edge 5W-40 このオイルを1年間使用してから交換しても大丈夫でしょうか?

走行キロ数は年間4000キロ未満です。あるBMW所有者のブログにもこのCastrol Edge 5W-40オイルで1年後に見たらそれでもあまり汚れないし、減りもしない。粘度もまだいけそうでした。と書いてありました。

こんなに長い期間交換しないで走行してもエンジンには障害はないのでしうか?

ご回答を宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通に乗ってるぶんには問題ないでしょう。
距離数も少ないし。

>。あるBMW所有者のブログにもこのCastrol Edge 5W-40オイルで1年後に見たらそれでもあまり汚れないし、減りもしない。粘度もまだいけそうでした。と書いてありました。

汚れないのはいいことではありません。
エンジンの状態にもよりますが、汚れない=汚れを取っていないです。
でもこのオイルはそういったものではエンジンの状態、メンテがいいんでしょうね。
減るのも同じです。エンジンの状態が悪いと燃焼室に入って燃えてしまいます。減るということはブローバイもひどいはずなんで、エンジンの中べったべたになりますし。

後は1年間大丈夫なんだと安心しないでちょくちょく見たほうがいいです。

Q前輪駆動と後輪駆動、または四輪駆動の運転してる時の違いってなんでしょう?

私は今、FR車に乗ってます。(オンリーです)
FRの醍醐味としては、ドリフトまでいかずとも
パワースライドということが出来るので
ちょっと遊び心でターンしたりするのにも便利です。
FF等でスピンターン?が出来るかは知りませんが。。

そういった意味で軽自動車にも後輪駆動車が
ありますが、パワー不足?などの理由から
パワースライドが出来ないと言われているようです。

サーキットレベルで走ればそれぞれ特徴が
出やすいのかもしれませんが、
一般道を走るのに違いって分かるものでしょうか?
後輪駆動だとコーナーがクイックだとか・・・。

軽自動車をたまたま例に挙げますが、
パワースライドが出来ないのなら前輪駆動の車でも
同じなのではないかと思っているのです。
どうせ前輪駆動の二駆なら四駆の方がいいかとも。。
(当然それぞれ良さはあるでしょう)
ちょっと軽も視野に入れて乗り換えを考えています。

それぞれの利点など教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ご質問のように、一般道と限るとFF,FR,4WDとも変わりありません。

というか、変わらないように設定してあるんですね。限界まで振り回して若干差が出てくるでしょう。

FFは、駆動輪とハンドルが同じ車輪(前輪)でしますのでタイヤ対する負荷も大きいし、アンダーステアが出易いです。きっちりブレーキングしてからステアリング操作が必要です。

FRは人間の感性に一番近い形でしょう。ただし非力な車だとプッシュアンダーがでます。

4WDは、4輪にパワーを配分しますので、加速に関して一番早いです。ただし機構的に複雑になる分重くなります。軽自動車の4WDでも燃費はトホホとなるでしょう。

と、一般的な事を書きましたが、現在の車でしたらローダウン仕様の車で無い限り、さほど差がないと言っていいでしょう。速いのは4WD、FFとFRでは一般道では、ほとんど差がないといっていいでしょう。

Q激安のオイルについて

この前ホームセンターにエンジンオイルを買いに行きました。
ごく普通のファミリーカーに使うオイルなので安い物を探していましたが4リッターで2500円以上ぐらいがほとんどでした。

その中でカストロールのXLX
http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927415&contentId=6500315
というオイルだけが異常に安く1200円ほどでした。
たまに今回のように海外メーカーのオイルで輸入品にシールを張ったような物ではなく缶自体が日本語表記の製品で他の製品に比べて気味が悪いくらい安いものを見かけるのですがこういったものは信頼できる物なのでしょうか?

メーカー物の安いオイルに偽者があると言うような話を聞いたことがあるのですが実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、ファミリーカーにカストロールのXLXという商品をよくケーヨーD2で買って使うことがありましたが、なんら心配はありません。ちょっと前ならカストロールGTX7とか言うのもよく使いました。

普通に走る分にはなんら問題はありません。乗られている車や使い方でうまく使い分けていただければ、定期的にオイルエレメントと交換されれば非常に経済的だと思います。詳しい説明はNo5の方やその他の方が回答しているので割愛しました。
いままでDIYで車10台以上乗りついで30年オイルが原因のトラブルは一度もありませんでした。

QJAFにパンク救援を依頼したら駆動輪にスペアタイヤ

JAFにパンク救援を依頼したら駆動輪にスペアタイヤ


 仕事中に嫁から電話で「車のタイヤがパンクした」と。
 「スペアタイヤが積んであるから・・・」と指示するも工具が分からないとか話にならず。。

 それ以前にパンクしたのがFF車の前輪で、嫁に2輪脱着(スペアを後輪に、後輪のタイヤをパンクした前輪へ)をさせるのは難しかろう、こんなときのために嫁をJAFに入れてるんだからと思い、潔く「JAFを呼べ」と言う風にしました。

 JAFの支店から10分くらいの場所だったので、すぐに来て下さりスペアタイヤに交換して貰ったらしく一件落着・・・
 と思い自宅に帰って車を見れば、前輪にスペアタイヤが入ってるじゃないですか。

 嫁曰く「前輪がパンクすると大変ね、めちゃくちゃ運転しづらく、家に辿り着くのがやっとだった」と。
 「え゛え゛~」って世界です。

 
 私はパンク(スペアタイヤ)の交換ごときでJAFなんて呼んだことないのですが、FF車の前輪にスペアタイヤ入れて「作業完了」とはプロの仕事として酷すぎないですか?
 それとも、「スペアタイヤは非駆動輪へ」と頑なに信じている自分が古いだけなのでしょうか??

 スペアタイヤは、クロカンなどにある全く同サイズのものじゃなく、いわゆるテンパータイヤというやつです。

JAFにパンク救援を依頼したら駆動輪にスペアタイヤ


 仕事中に嫁から電話で「車のタイヤがパンクした」と。
 「スペアタイヤが積んであるから・・・」と指示するも工具が分からないとか話にならず。。

 それ以前にパンクしたのがFF車の前輪で、嫁に2輪脱着(スペアを後輪に、後輪のタイヤをパンクした前輪へ)をさせるのは難しかろう、こんなときのために嫁をJAFに入れてるんだからと思い、潔く「JAFを呼べ」と言う風にしました。

 JAFの支店から10分くらいの場所だったので、すぐに来て下さりスペアタイヤに...続きを読む

Aベストアンサー

自動車購入時に取扱説明書が着いているはずですのでご覧ください。おそらくどこにもテンパータイヤを駆動輪につけてはいけないとはかかれていないと思います。単にパンクしたタイヤと交換して最寄工場で修理した普通のタイヤに付け替えることと書いてあるはずです。
ですから、JAFの作業は、メーカーの認定している範囲内での作業ですので、文句を言う筋合いではないと思います。

Qいままでロータリーで使用してきたオイルについて

ロータリーエンジンで使用するオイルについては、本当に悩まされました。
オートバックスに置いてあり、マツダ純正オイルと同じ粘度 を探した結果、
「カストロール マグナテック 0W-20」を使用してきました。

理由は・・・
オートバックスに置いてある。
マツダ純正オイルと同じ粘度である。
価格が安い。
カストロールジャパンではRX-8での使用テスト済み。
(問題なく使用できるとエンジニアは語る)

オイルについて考え直そうと思っているのですが、
いままで使ってきたオイルはどうだったでしょうか。




カストロールで推薦するオイルがあったら教えてください。
http://www.castrol.com/castrol/productseriessection.do?categoryId=82927404&contentId=6007381

Aベストアンサー

今まで使っていたオイルは銘柄はいいと思いますが、粘度が低すぎと思います。高回転まで回していればおそらく油膜切れに近い状態になっていてもおかしくありません。
カストロールのエンジニアが自分のところのオイルはダメだとは言えないでしょう。
純正オイルが低粘度なのは燃費が良くなるからです。あとは低価格ということのみ。純正オイル信仰者の方からすれば純正が一番なんでしょうが・・・純正オイルはコスト最優先です。R35GTRなどは純正指定オイルであってもコストパフォーマンス無視で1Lあたり¥2100のオイルです。メーカーでも本当に良いオイルは高いとわかっているのです。
カストロールであれば『RS』か『XF-08』。『XF-08』は部分合成ですが油膜切れ防止用の添加剤が多めでスラッジが出にくい添加剤が入っているからです。あと価格も安めなので追加補充が必要なロータリーにはお薦めです。粘度に関しては5w-40、または10w-50がいいかと思います。
カストロール以外でも評判のいいオイルは5~10w-40~50くらいのものが多いです。
http://www.speedmaster.co.jp/products/pro/prospecseries_pd.html
http://item.rakuten.co.jp/carkichi/432082
http://www.rmagic2007.net/shop/products/detail.php?product_id=207
http://www.amazon.co.jp/RE%E9%9B%A8%E5%AE%AE-RE%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BCG-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB-10W-40-SM/dp/B007QSIRV8
この辺の物はコストパフォーマンスよりも性能を優先しているものです。

今まで使っていたオイルは銘柄はいいと思いますが、粘度が低すぎと思います。高回転まで回していればおそらく油膜切れに近い状態になっていてもおかしくありません。
カストロールのエンジニアが自分のところのオイルはダメだとは言えないでしょう。
純正オイルが低粘度なのは燃費が良くなるからです。あとは低価格ということのみ。純正オイル信仰者の方からすれば純正が一番なんでしょうが・・・純正オイルはコスト最優先です。R35GTRなどは純正指定オイルであってもコストパフォーマンス無視で1Lあたり¥2100の...続きを読む

QATFの排出量

今度自分でATFを交換しようと思っているのですが、ドレーン口か排出した場合、排出量がどのくらいか知っている方がいたら教えてください。

  車種:クレスタ(GX-90)
  年式:平成6年式

Aベストアンサー

だいたい通常の機構のATですと、ATFの全容量は7.5~8.5L
ぐらいが入っています。
そして下部のドレーンから抜いた場合、良く抜けても
3/4程度のものでしょう。

また注入したあとに、内部のオイルポンプから正規の圧力が
出ているかどうか、チェックする必要があります。
もっともこれをやっているのはディーラーだけでしょう。

万一、微細な異物が混入したとしても、内部の機構には
要所にフィルターが設けてありますから、簡単に
作動不良にはならないものです。

むしろ重要なのは「容量の確認」にあります。

ATFは温度と作動によって、大きく容量が変化します。
そして不足しても過多に注入しても、不具合が発生します。
5分間以上のアイドル回転で、ATFオイルが85℃のときに、
ゲージのHOT側の「F」を超えてはなりません。

やってやれないことは無いでしょうが、それだけ大量のATFを
ドレンから受け取る容器や、正確にその量を測る必要から、
かえって困難になるのではないでしょうか?

Qエンジンオイルの混合について

私はアドレスV125Gを乗っている者です。

アドレスには950mlのオイルしか入らないため1Lのオイルを買うと50mlのオイルが残ってしまいます。
しかし、オイルフィルターを交換する場合は1050mlのオイルが必要です。
だから、今度オイルフィルターを交換することにしたんですが
現在残っているオイルは「MOTUL 7100 10W-40 100%合成油」と
「Castrol POWER1 4ST 10W-40 部分合成油」があります。
また、今回使用するオイルは「elf MOTO 4 HP ECO 10W-40 半化学合成油」です。
MOTULやCastrolの残っているオイルは二つあわせて50~80mlしかない
と思われるので、今回この三つのオイルを混合しようと考えているのですが、大丈夫でしょうか?
また、添加剤の「ZOIL」を兄から貰ったので、入れたいと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

このようにオイルを混ぜて使ってみた方や、オイルに詳しい方
是非教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

現実問題、オイルの混合でトラぶったことはありません。
それより、オイルの量を算数で出していることが気になります。
アドレスV125Gがどうかわかりませんが、通常なら規定量にマーク
あるいは、オーバーフローがあるはずなので計算で残りの量を入れるのではなく、規定の量に調整してください。
PS 貰ったオイル、添加剤が古くて酸化している様なら入れないほうが良いと思います。

Q前輪駆動と後輪駆動

前輪駆動が後輪駆動にくらべて雪道やオフロードに強いといわれるのはなぜですか?では後輪駆動車にはなんの利点があるのですか?

Aベストアンサー

前輪駆動車(FF車)の雪道における利点は、重いエンジンの下に駆動輪と操舵輪(前輪ですね)があるため後輪駆動(FR車...MR車も?)に比べスリップやスピンし難い点です。

FR車といえば、ほとんどがスポーツカーか高級車ですよね。これは、
重量バランスが良くタイヤへの負担がFFに比べ均一,旋回性が良い、アクセルワークで車の向きを変えられる、...スポーツカー向き
ボンネットの中身がFFより少ないので大きなエンジンを置ける、振動が少ない...高級カー向き
等の理由があります。

が、個人的にはスポーツカー(あるいは高級車)はFRが良い!という信仰(^^があるからだと思っています。

Qカストロールの2ストオイル

NS-1に乗っているのですが、現在、ホンダ製の純正オイルを使用しています。

先日、某カー用品店に行ったところ、カストロールの2ストオイル『Ride!2T』(http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927458&contentId=6500331)
が、純正オイルよりも安く売っていました。
缶に記載された説明のよると、始動時に安定するといったようなことが書かれていました。
また、小型バイク、スクーター向きとも記載されていました。
このオイルはNS-1での使用は適さないでしょうか?

もし、使えるのならば、今現在使用している純正オイルと混ぜると、何か問題がありますか?
お教え頂ければ幸いです。

なぉ、NS-1のチャンバーはメガブレイズというものが購入時に付いていました。
しかし、峠などを攻める趣味はなく、街乗りに使用しています。

Aベストアンサー

NS-1って事はレッドゾーンはたしか12,000rpm位でしたよね?純正でもGR2位入れておいたほうが無難な気はします。
(GR2ならホームセンターで\1k前後なので価格もYAMAHA RSなんかより手頃)

車体は違うんですが同系列エンジンをボアアップして乗ってますが、普段乗りでも私は10,000rpmまで回っちゃってるので、一応高回転の部類に入るエンジンなんじゃないかと思っていますので、カストロールでいうなら2TS位じゃないとちょっと怖いかもとか思います。
でもボアアップ無しの原付1種の状態だと7,000rpm位で走れるのかなぁ?それでも自分ならRide!2Tじゃちょっと怖くて嫌かも。
純正でもSuperFine以上にしておくと思うし。

話が前後しますが、私の原付のオイルをTTSからGR2に変更したのは、決定的なトラブルがあった訳では無いのですが、微妙に相性の悪さを感じたからです。
No4のアドバイスにあるように、ちょっと粘度の違いがあったのかもしれないかなと思っています。カストロールのほうがちょっとオイルかぶりした感じだったですね。(まさに性能ではなく相性)

ほんというとHONDA純正オイルの排気は鼻を刺す臭いなので、私にとってはカストロールのほうが我慢できるマイルドさで良かったのですがw

NS-1って事はレッドゾーンはたしか12,000rpm位でしたよね?純正でもGR2位入れておいたほうが無難な気はします。
(GR2ならホームセンターで\1k前後なので価格もYAMAHA RSなんかより手頃)

車体は違うんですが同系列エンジンをボアアップして乗ってますが、普段乗りでも私は10,000rpmまで回っちゃってるので、一応高回転の部類に入るエンジンなんじゃないかと思っていますので、カストロールでいうなら2TS位じゃないとちょっと怖いかもとか思います。
でもボアアップ無しの原付1種の状態だと7,000rpm位で走れ...続きを読む

Q前輪駆動および四輪駆動フロントドライブシャフト

前輪駆動および四輪駆動車で、フロントドライブシャフトが不等長であるにもかかわらず、慣性重量を合わせる工夫をしている車種はありますか?

もう一つ、スバルの車は前輪駆動も四輪駆動も、フロントドライブシャフトは等長ですか?

Aベストアンサー

不等長による等価慣性重量の違いはほとんど無視できるという事ではないでしょうか。
実際の慣性重量の多くはタイヤやファイナルギヤ、デフギヤに依存し、シャフトの影響は少ないと思います。
回転中心からあれだけ離れている重量は大きく影響します。(特にタイヤ)
不等長による慣性重量のバランスを取るのであれば、短い方にプラスしなければなりません。
一部にそういった短い方にウエイトがついたものがありますが(目的はわかりません)そういった車はあまり見かけません。
長い方についているのは、曲げ共振を抑えるのが目的のダイナミックダンパーでしょう。

トルクステアを考えるなら、シャフトのねじり剛性が大きく影響します。
対策としては、長い方のシャフトを太くし、ねじり剛性をあげます。
日産車にはあったと思います。ゴルフにもありましたね。
長い方のシャフトを太くすることは慣性重量の面からは逆ですよね。(中空パイプですから更に)
タイヤの慣性重量と比べると、シャフト位、小さなものなのでしょう。
また最近の車は、サスペンションなどの工夫でもトルクステアを出難くしています。
例えばスクラブ半径を小さくするのも一つの方法でしょう。

スバル車は縦置きエンジンなので、構造上、基本的には等長だと思います。
まったく同じかどうかはわかりません。
横置きエンジンでも、出来るだけ等長にしようとはするのでしょうが、残念ながらほとんどはかなり不等長ですね。
でも昔に比べると、トルクステアは格段に良くなっており、FFを意識することは少なくなったと思います。

不等長による等価慣性重量の違いはほとんど無視できるという事ではないでしょうか。
実際の慣性重量の多くはタイヤやファイナルギヤ、デフギヤに依存し、シャフトの影響は少ないと思います。
回転中心からあれだけ離れている重量は大きく影響します。(特にタイヤ)
不等長による慣性重量のバランスを取るのであれば、短い方にプラスしなければなりません。
一部にそういった短い方にウエイトがついたものがありますが(目的はわかりません)そういった車はあまり見かけません。
長い方についているのは、曲...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報