色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

昔はお医者さんは偉い人で何でも知ってると思っていましたが

よく知ると・・・医者は仁術という言葉は裏腹に 治せない患者に対しては

全く無力な医者。分からないなら分からないと言えばいいのに

ナンタラカンタラ言って正当化しようとする。

ついに私は頭痛持ちならぬ 腹痛持ちの人になってしまった。

治らないそうな。

哲学者も一緒だと思いませんか

何だかんだ言って2500年 まともな答えが出てないんじゃない?

gooドクター

A 回答 (9件)

沢山ありますよ


歴史を調べたら
嫌になるくらいですよ

医療行為なら百歩ゆずって
あくまでも医療の弊害だと言えるけどね

粉ミルクやったかな?
( ̄~ ̄;)あれは酷すぎるよ

薬害訴訟も予見できた事を黙認してたみたいな話は多くて

でよ、医療に頼らないで
子宮頚癌のワクチンなんかは
マスコミが変に騒ぎ立ててしまったから
現代にかなりの割合で癌になってしまった女性も多いもんね

( ̄~ ̄;)医療って難しいから
ほんとに正解は無さそうにも思えますよ

医療ってね
治す!治せない!ではなくて
治す手助けしか出来ないのが、個人的には真実だと思いますよ

100%治すとか言う医者が居てたら
こいつ頭悪いなぁ~と
ハッキリと思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

風邪で来たら風邪薬、抗生物質、インフルのタミフル?を使い分ける

レントゲン撮って肺炎じゃないとか結核じゃないとか

胃カメラ、大腸検査まであれば良いほうでしょう。

それ以外は大きな病院に。 大きな病院は「入院して検査」

検査、検査で異常なし。

癌が見つかったら「五分五分でしょう」オペ

医者も無力なんでしょうねえ。

持病で15以上の病院回ったんで色々噂を聞きました

「女房を殺された」という人も居ました。医者はもう大変。

何度も行くと怒られますからねえ。老人医療も盛んですねえ

医者は面と向かわず 向こう向いて怒りますね「掃除してない!!」

90過ぎても医者やってる人も居ます 治療 投薬間違いだらけ

あそこまで行くとよく分かります「成る程この調子か」と。

医者も大変でしょうけど 命がかかってるから 運転と一緒で

大惨事は避けてくれないと。

お礼日時:2021/04/25 21:48

リスクよりもリターンの方が大きいから治療しているのですよ。


リターンよりもリスクの方が大きいような治療は日本では認可されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

リスクは冒せませんねえ病院は。

「分かりません」「異常なし」で終わりです。

それなら誤診じゃない。上手く言うものですねえ医者も。

お礼日時:2021/04/25 20:57

そういう例は山ほどあり。



私の父は心臓病で入院。
血管の病気になぜ、血を抜くのと
母はいつも不思議がり、
いつもできたての朝できる血を調べるのが一番いいのですと言って
朝5時に来て
血を抜いていきました。
さらに超音波とか
血圧とか様々な検査漬け。

おまけに食欲不振で抵抗力失い、
食事もほとんど喉を通らず、点滴付で
頭の回転おぼつかず、字も書けなくなるほどボケ。
目が茶色になって血の気が失せました。

それでも早朝5時の血抜きを辞めず、

骨川筋衛門になり、

もう嫌だと思い、無理に退院
自宅療養切り替え、

ところが、そういう形で医者の許可なくして退院ということで
診断書の発行をどんどん渋り延長。
訴訟起こすと開き直ると
渋々発行。
亡くなる1週間前でした。

役所から本人へ民生委員手渡しの給付金出るはずが、
本人が亡くなった後に
1か月分だけ支給されて

母は肌が白く
薬を飲むと
目がうつろになるほど衰弱した父を見て

お父さんは血を抜かれ過ぎて亡くなって死んだのねと悲しみました。

この病院は会社指定一流病院で
いい病院という評判でしたが、
所詮名前だけと失望でした。

亡くなった父は帰ってきません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つらい・・・

私は労働中骨折して医者が「労災だ」と言ったら

会社は「会社指定の病院に行って下さい」との事

行きましたら包帯でぐるぐる巻きにされて

また来て下さい また来て下さい

仕事は出来るかと言われて 骨折したまま仕事して

その病院は随分儲かってるけど変な色のペンキでした

前を通る度に思い出します。

病院って儲かってなんぼなんだなあと

医は仁術とか 赤髭の昔ですねえ。

お気の毒でした。吸血病院ですかねえ それは。

お礼日時:2021/04/25 20:53

そういう事例は沢山有ります。


医療ミスで亡くなった遺族からの訴訟。
そして最も闇の部分は、医療ミスを隠蔽して患者が死亡した理由を捏造する事です。
医者といっても所詮人間。
手術ミスやら薬の投与ミスなどなど、闇に葬られてる医療ミスは確率はともかく、普通に起きている事と想像出来ます。
公にすると病院の信用を失い、経営が成り立たなくなるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つらい・・・

私も持病で医者回りをしたので よく分かります。

医者は負けず嫌いですからねえ

知らないとは言えないから 知ってることだけ言ってます。

治らない患者とか医者の厄介者です。

お礼日時:2021/04/25 20:43

病院に行くから病気になる。


病名を付けられることで
それに従うことに成り下がる。

ただ医術は癒しのテクネでもありそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

病院に行かないと苦しむだけですよ。

しかし病院に行っても治らない病気は多いです

医者は専門がありますから 専門外は手薄ですねえ。

医者は癒やしもやりますから 自分が薬飲んでますねえ。

お礼日時:2021/04/25 20:38

「治せない患者」に対して無力なのは当然. だって「治せない」んだもん. 「無力」でないわけがないじゃん.



ちなみにタイトルを回収しておくと
「医療行為が逆に副作用や事故で健康を失う事」
はある. それがどうしたんだろう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

そういう事がある という事ですねえ。

そういう事もありますねえ。

お礼日時:2021/04/24 18:05

医者というのは、病人を癒すをなりわいとするけど、


しかも病人がまったくいなくなってしまうと、医者は失業してしまうのですね。

(腹痛のときにのむ、すごい臭いのする、誰でも知ってるあの "薬" の成分は、あきらかに "毒" なんだけど、
効果てきめんで、ロシア人も白旗あげちゃうよね。
毒の転じて薬と為す。逆もまた然り。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

毒を以て毒を制す

医者も人間です

ロシア人は厳しいらしいけど 白旗上げるんですか

医者の育つのとその後を見てみると 人それぞれですねえ

死んだ人もいるし。

お礼日時:2021/04/23 23:25

セカンドオピニオンって言葉もあるから。



 医師だって万能でない。


 医師免許にしても歯科と麻酔(正確には知らない。普通の
麻酔は医師ならできる。)は別。

 内科も外科その他にしても医師免許は同じ。

 結局医師個人の力依存だと私は思っています。

 どこの医師が良いかは知りませんけど
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

医者になる動機も色々ですからねえ

大概はは親が医者だから とか 成績が良かったから とか

人を救いたいとか 命や心を救いたい 医は仁術なんてめったにない

いい先生が健康に働けるように 医者のレベルを上げなければ。

お礼日時:2021/04/23 20:54

医者でも自分や身内の病気を治せないのが普通。


検査結果に頼りすぎですね。
然も、医者ほど検査をないがしろにして
手遅れになるようです。
ましてや哲学者はいわずもがな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

成る程 仰るとおり

哲学者というものは凝りに凝って最後は何を言ってるのか

批判されまくって「もう沢山だ」で終わりか?

お礼日時:2021/04/23 20:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング