酸化銅にはCuO, Cu2Oが一般的なようですが,Cu4O3はどうでしょうか.特にCuO2が実在するのかどうか是非知りたく思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

(edogawaranpoさんへ)


経験に基づく興味深い話ありがとうございます。焼き物をやっておられるのですか。Cu2Oは水分の存在においてできるということは勉強になりました。水が過剰な還元を防いでいるのでしょうか。反応機構の解明は難しそうですが、いろいろ考察すると面白いですね。
    • good
    • 0

Cu2OとCuO2を間違えた理由を書きます。


ぎゅうけっしゃのような銅系赤色釉薬は.普通に焼いても発色しません。酸化銅を過熱しても.黒から緑系の色しか出ません。COを増やして還元をかけても.炭化水素(H供給体)を増やして還元をかけても黒くなるだけです。

赤くするには.水を入れて水分濃度をあげた雰囲気を作らなければなりません。だから.赤色銅釉を使う場合には.珪酸系乳白釉・マット釉との同時焼成を避けて.赤色銅釉をほとんどとする構成にして窯詰めします。温度が上がってきて.窯の周りから水蒸気が出るようになったらば.たきぐちの周りに水を撒き常に水蒸気が沸く状態にします。
1000度程度では.水は分解してOHラジカルが多くなります。これが酸化銅と反応して.HO-CuOのようになっていると考えていました。
もし.CuO-Hのように水素が反応するのであるならば.燃料に炭化水素を増やしたりすることで赤くなる傷です.CuO-Cのように炭素が作用するのであれば炊き口から木炭を投げ入れて.赤くなるはずです。

しかし.いろいろ試した結果.水を窯の中に入れたときに限ってきれいな赤色になります。その結果反応中間体としてHO-CuOがあると考えていました。これをCuO2と間違えたのです。
なお.水素だけを吹き込むことは困難で試していません。CuO-Hの可能性があります。
    • good
    • 1

>釉薬の赤色は酸化銅(I)Cu2Oではないでしょうか。


おっしゃるとおりです。記憶違いでした。ご指摘ありがとうございます。
    • good
    • 1

edogawaranpoさん、釉薬の赤色は酸化銅(I)Cu2Oではないでしょうか。



不安定な過酸化銅CuO2の性質を見る限り、私の感覚では過酸化銅は自然には生成しないと思いますが…。
    • good
    • 0

>CuO2は自然に,または人工的に存在するのでしょうか


焼き物の釉薬の牛血砂(漢字じしんなし.ぎゅうけつしゃ)の派手な赤色の発色が.CuO2だったと記憶しています。
が.単体では.ないでしょう。銅系赤色釉薬は.水分の高い空気を吹き込んで焼く特殊な焼き方をします。ohラジカルがなんだかの形でガラスと反応しています。ただ.(自然放置.または.焼き方で)表面が変色することもありますから.珪酸塩で.大気との平衡を阻害し.へんな中間体として存在している可能性が大きいです。
状態図を捜してみてください。運がよければCu-O.(CuO-CuO2を含むはず)等の状態図があります。私は珪酸を含む系しか興味がなかったもので.こちらはよく分かりませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変有益なご回答を頂きありがとうございました。大いに参考となりそうです。実を言いますと私,珪酸等の酸化物を専門とするものではないのですが,ケイ酸塩鉱物から酸化ケイ素(大理石,水晶等)に変化すると思いますが,その過程を知りたく思います。(特にイオン,電子の授受など)とりわけこの過程で電子の授受がCuO2の生成にかかわっているのではないかと思われるものを研究対象にしております。今後ともご指導のほどよろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/27 10:57

化学大辞典は調べましたか?



共立出版の化学大辞典にはCu4O, Cu2O, CuO, Cu2O3, CuO2・H2Oの記載がありますが。東京化学同人の化学大辞典にも過酸化銅としてCuO2・H2Oの記載があります。

化学大辞典(共立出版)には「過酸化銅としてCuO2とCu2O3が知られているが、ともに不安定かつ純品は得られない。」とあり、CuO2・H2Oの製法は「細かい水酸化銅(II)に過剰の過酸化水素水を低温で加える」と書いてあります。

さらに詳しい情報が必要でしたら、(もし図書館・図書室にあれば)Gmelinを調べてみてはいかがですか。ドイツ語がわからないとちょっと大変ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私化学を専門としないためついつい見逃しておりました。直ちにご紹介いただいた資料を調べたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 11:03

銅は何種類かあったかと思います。


旧ASTMカード(現在の名称は不明.粉末法によるX線回折データ表)でも見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答を頂きありがとうございました。JCPDS(ASTM)にはCu2O,CuO,Cu4O3がのっていました.お礼を申し上げます。今後とも酸化銅について情報をお持ちでしたらお教えください。(CuO2は自然に,または人工的に存在するのでしょうか)

お礼日時:2001/08/26 13:29

Cu4O3は、CuOとCu2Oが2:1の割合で混在している状態だと聞いたことがあります


素人なんで、間違ってたらすいません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答を頂きありがとうございました。ご回答の内容が正しいのかもしれませんね。又他で確かめてみます。他に酸化銅の件で情報が入りましたらお教えください。お礼を申し上げます。
(CuO2が自然に,人工的に比較的安定した状態で存在するのか知りたいのですが)

お礼日時:2001/08/26 13:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸化銅(II)CuO,銅(I)イオンCu[2+]の( )は何を意味していますか

科学を勉強しはじめたばかりです。酸化、還元の学習で酸化銅(II)などがでてきますがなんのこったかさっぱりわかりません。これが理解できないと先に進めません。どうか易しく教えてください。

Aベストアンサー

遷移金属元素や原子番号の大きい13-16族金属では
複数の酸化数をとります。
酸化数とは、単体(または原子)の状態から何個の電子を失ったか、を表します。

1族・2族ではただ一つの酸化状態のみをとるのでこれを省略します。
しかし、遷移金属元素では複数の酸化状態をとることが多いため、このように区別しているのです。
どうは空気中ではほとんどが2価で酸化銅(II)となっていることが普通です。(窒素中では酸化銅(I)も安定に存在)
また鉄さびには赤さびである酸化鉄(III)と黒さびである酸化鉄(II)鉄(III)という二つが存在します。(酸化鉄(III)は鉄は3つの電子を失った状態、酸化鉄(II)鉄(III)は2個の電子を失った鉄と3個の電子を失った鉄が同じ数だけ混じっています)
この酸化状態を区別するために、(II)だの(III)だのとかきます。
複数ある「酸化鉄」のうち、酸化数をはっきり言うことによって、どの酸化鉄かをはっきりさせることが出来ます。

Q酸化銅(CuO)や硫化鉄(FeS)を混合物に戻す

塾で「知っている分解を一つ書け」といわれて
2 CuO → 2Cu + O2と言った人が居ました
先生は「だめだ」と言ったのですが
酸化銅はCu2+とO2-のイオン結合なので
Cu2+ と O2- と 2e- と 2e+で2Cu + O2にならないのか
と思いました。
ちなみにそのことを先生に聞いてみると
習っていない反応だし、なるか定かでないからあまり書かないほうが良い
といわれました。
それはともかく実際、酸化銅(液体?)に電圧を掛けると分解が起こるのでしょうか??
同じように、硫化鉄も
Fe3+とS3-のイオン結合なので同じように戻らないのでしょうか??
教えてください

Aベストアンサー

> 酸化銅(液体?)に電圧を掛けると分解が起こるのでしょうか??
はい。起こります。硫化鉄も液体にしてやれば電気分解できるはずです。

■熱分解
どんな化合物でも、ひたすら加熱して温度を上げ続けていくと、いつかは必ず分解します(熱分解)。熱分解のしやすさは化合物によってまちまちです。酸化銀(Ag2O)や炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のように低い温度で熱分解する化合物もあれば、かなり高い温度まで加熱しても熱分解しない化合物もあります。酸化銅(CuO)や硫化鉄(FeS)は熱分解しにくい化合物の例ですけど、どちらも化合物なので、ひたすら加熱して温度を上げ続けていくと、いつかは必ず分解します。

■溶融塩の電気分解
熱分解しにくい化合物には融点がありますので、液体にすることができます(熱すると液体になるよりも先に分解してしまう化合物が熱分解しやすい化合物である、と考えてもいいです)。陽イオンと陰イオンからできている液体(これを溶融塩または融解塩といいます)は、適当な容器に入れて適当な電極を使って適当な電圧を掛けてやることで、必ず分解することができます(電気分解)。液体の酸化銅はCu2+とO2-からできているので、電気分解できます。液体の硫化鉄はFe2+とS2-(3価ではなくて2価です)からできているので、電気分解できます。

■水溶液の電気分解
ちょっと反則気味ですけど、酸化銅はもっと簡単に電気分解できます。酸化銅は純水にはまったくといっていいほど溶けないのですけど、酸にはあっさり溶けます。ですので、適当な濃度の硫酸に酸化銅を溶かして、適当な電極を使って適当な電圧を掛けてやると、陰極に銅が析出して、陽極には酸素が発生します。一方、硫化鉄の場合は、この方法では分解できないです(中学校の理科室でも試せる実験ですけど、試してはいけない実験なので試さないでください。硫化鉄を酸に入れると硫化水素が発生します)。

■ほんとうに分解するの?
じつは私自身は、何度まで温度を上げれば酸化銅や硫化鉄が分解するのかを知りませんし、これらの溶融塩を電気分解するのに必要な実験設備や実験条件も知りません。上で述べた熱分解と溶融塩の電気分解の話は、『理屈から言えば分解する、工夫を凝らしてがんばれば分解できる』ということで、別の言葉で言えば「酸化銅も硫化鉄も容易には分解しない」ということです。ウィキペディアの硫化鉄(II)のところに「加熱すると硫黄と鉄に分解する」って書いてありますけど、「空気中で加熱すると酸素と反応する」の間違いじゃないかなあと私は思っています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E5%8C%96%E9%89%84%28II%29

> 酸化銅(液体?)に電圧を掛けると分解が起こるのでしょうか??
はい。起こります。硫化鉄も液体にしてやれば電気分解できるはずです。

■熱分解
どんな化合物でも、ひたすら加熱して温度を上げ続けていくと、いつかは必ず分解します(熱分解)。熱分解のしやすさは化合物によってまちまちです。酸化銀(Ag2O)や炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のように低い温度で熱分解する化合物もあれば、かなり高い温度まで加熱しても熱分解しない化合物もあります。酸化銅(CuO)や硫化鉄(FeS)は熱分解しにくい化合物の例ですけ...続きを読む

Qグラファイトとダイヤは同素体。Cu2OとCuOは?

Wikiによりますと、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E7%B4%A0%E4%BD%93#.E3.83.A9.E3.83.B3.E3.82.BF.E3.83.8E.E3.82.A4.E3.83.89.E3.81.A8.E3.82.A2.E3.82.AF.E3.83.81.E3.83.8E.E3.82.A4.E3.83.89
ダイヤモンドとグラファイトは同素体(allotrope)だそうです。
O2(酸素)とO3(オゾン)も同素体。

一方、銅の酸化物の固体Cu2OとCuOの関係はなんと呼ぶのでしょうか?

どちらも銅と酸素からできていますが、組成比が異なります。
銅の価数も+1と+2と違います。

これも同素体と呼ぶのでしょうか? Wikiの同素体は単元素のみでした。

Cu2OとCuOの関係をなんと呼ぶのでしょうか?

できたら、同素体Allotropeのように英語名も併せてお教えいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

> 狭い業界の話ですみませんが、Cu2Oは「亜酸化銅」、CuOは「酸化銅」と呼び分けられているようなので、
> 厳密には「酸化銅」というとCuOのみを指すようです。

そうなのですか。それはちょっと面倒ですね。

すこしうるさいことを言うと、「CuOのみを指す『酸化銅』」は、copper oxide の訳語ではなく、cupric oxide の訳語です(NOのみを指すnitric oxideの訳語が、N2O,NO,NO2などの総称のnitrogen oxideの訳語と同じ「酸化窒素」になるのと同じ理屈)。ですので、「酸化銅(copper oxide)」と書けば、cupric oxide ではないことを表すことができます。ですけど、それなら「酸化銅(Cu2OまたはCuO)」と書いた方がずっとわかり易いですよね。

> CuOは英語でCupric Oxide, Cu2O はCuprous Oxideだそうです。

化学では、CuOは英語でcopper(II) oxide, Cu2O はcopper(I) oxideになります。日本語名は、それぞれ酸化銅(II)、酸化銅(I)といいます。酸化数(銅の原子価と考えて下さい)を表すローマ数字を省くと、総称になります(例えば理化学辞典では「酸化銅」が見出し語で、その項目内に酸化銅(I)と酸化銅(II)の小見出しがあります)。

cupric oxideとcuprous oxideは、化学では推奨されない名前なのですけど、やはり便利なので、私を含めて使う人は結構います。ですけど、それらの日本語名である酸化第二銅、酸化第一銅という呼び名を使う人は、だいぶ少なくなりました。

> No.6さんが、「銅と酸素の二元化合物」とおっしゃったので、
> binary compoundsだから、binary oxidesかなと思ったのですが、

はい。binary oxidesでも構わないです。例えばWellsのStructural Inorganic Chemistryでは、CuOとCu2Oはbinary oxides に分類されています。 ですけど「銅と酸素と別の金属元素の三元化合物」をbinary oxideと呼ぶ流儀もありますので、回答No.8では「酸素の二元化合物」であることがユニークに示せる、unary oxides という名前を紹介しました。

> 狭い業界の話ですみませんが、Cu2Oは「亜酸化銅」、CuOは「酸化銅」と呼び分けられているようなので、
> 厳密には「酸化銅」というとCuOのみを指すようです。

そうなのですか。それはちょっと面倒ですね。

すこしうるさいことを言うと、「CuOのみを指す『酸化銅』」は、copper oxide の訳語ではなく、cupric oxide の訳語です(NOのみを指すnitric oxideの訳語が、N2O,NO,NO2などの総称のnitrogen oxideの訳語と同じ「酸化窒素」になるのと同じ理屈)。ですので、「酸化銅(copper oxide)」と書けば、cupric ox...続きを読む

QZn,Cu,Fe,Ag,Mg,Auのうち、塩酸や希

Zn,Cu,Fe,Ag,Mg,Auのうち、塩酸や希硫酸には溶けないが、硝酸には溶けるものはどれか。
という問題があります。
問題には答えだけしかなくて、理由がよくわかりません。
どなたか解説していただけないでしょうか?
丁寧な解説お待ちしております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イオン化傾向は以下の通りです。
(1)Mg>Zn>Fe>(2)Cu>Ag>(3)Au

(1)のグループはHよりもイオン化傾向が大きいので、酸(H+を放出)に溶けます。
(2)はイオン化傾向がHよりも小さく通常の酸には溶けませんが、
希硝酸、濃硝酸、熱濃硫酸という酸化力の強い酸には酸化されて溶けます。
(3)のグループはイオン化傾向が非常に小さく王水にしか溶けません。

QCu,Fe,Mg,粉末の燃焼

Cu,Fe,Mg,の粉末の燃焼前の変化と、燃焼後の変化が解りません。
教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2Cu+O2→2CuO(黒色)
更に燃焼すると
4Cuo→2CuO2+O2(赤色)になります。

3Fe+2O2→Fe3O4 (黒さび)

2Mg+O2→2MgO

左側が燃焼前で、矢印の右側が燃焼後です。

こんな感じでよかったのかな。参考に


人気Q&Aランキング

おすすめ情報