時々、テレビなんかで金持ちが「国を買えるだけの資産を持っているなど」と比喩されていたりしますが、
実際に個人が一国を買うことは可能なのでしょうか?
そもそも一国を買うということはどういうことなのでしょうか?
なにをどうすれば買えるのでしょうか?
金で国王となったりできるものなのでしょうか?
買えるのであれば、たとえばビルゲイツはどういった国が買えるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 所有」に関するQ&A: 所有格の意味

A 回答 (2件)

「国家」というのは領土・人民・主権によって成り立っています。

司法・行政・立法等の機能を持ち、「主権」というのがそもそも「その国自信以外の他者に支配されない国家統治の権力」です。
国家というのは株式会社などのように、単なる経済的な結合によって成り立った組織ではなく、政治的な結合によって成り立つ社会です。
近代国家では国民主権が宣言されていますから、誰が所有しているのかといえば国民全体が所有しているわけで、一部の人間や企業が「所有」することは形式上出来ません。
個人がお金でその一国の政策を左右することはあっても、国家をお金で「所有」する事は出来ません。
また一国の政策を左右することはあっても、全部ではなく一部(大抵の場合ある特定の経済的な目的があり、全部をコントロールする意味は無いから、そんなことをやろうとする人はいない)でしょうから、その意味でも完全に所有する事はありません。
絶対君主制の小国でも大抵の場合王様自体が金持ちだし、カネを持つ事だけが王様の目的では無いはずだから、実際に外国の個人が買い取る事は出来ません。
でも「所有」うんぬんの話ではなく、「国の政策を左右できる」くらいの次元の話であれば、「個人が一国を買える」と言えるかもしれません。
「国を買えるだけの資産を持っている」というのは「一国の国家予算か、或いはGDPやGNPに匹敵するだけの資産を持っている」くらいの意味合いなのでしょう。
例えばビルゲイツ氏の総資産額は、米経済誌フォーブスが発表した2004年版の世界の長者番付によると466億ドルでしたが、ナウル共和国の支出総額は2340万ドル、2001年のGDPは6000万ドルでした。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

どうも。適切で丁寧なご回答ありがとうございました。
素朴な疑問でしたが、すっきりしました。

お礼日時:2005/03/03 04:14

基本的に無理だと思うが、できるとしたら絶対君主制の小国の君主に莫大なカネを渡して王位を譲ってもらうぐらいなのではないか?

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
しかし、どうして無理なのでしょうか?
世界の各国が許さないのでしょうか?

お礼日時:2005/03/02 19:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国軍の評価は、ネットとかでたまに見るように、アジア第2位の軍事力を持った国でしょうか?また、その韓

韓国軍の評価は、ネットとかでたまに見るように、アジア第2位の軍事力を持った国でしょうか?また、その韓国軍に対する米軍の評価は良いものなのでしょうか?(評価については、確かな根拠を出していただければ幸いです)

何日か前、自衛隊所属の友人と一緒にいた在日米軍人(たしかカナダ系、日本語上手い)と飲んだ時の話です。
カナダ系の人とも仲良くなって、楽しく会話した時でした。最近会ったニュースで、大規模な米韓合同軍事演習があったのを思い出し、その事について2人に聞いてみました。

カナダ系「僕はそれに参加してないからよくわからないけど、韓国にとってはいいんじゃないかな?」

私「韓国だけ?アメリカにとっては良くないってこと?」

カナダ系「いや、国としてはいいと思うよ。日本や韓国はアメリカにとって大切なパートナーだからね。でも、…。」(そのあとは、まとめると、彼が所属してた隊や他の隊も韓国軍に対する印象は良くなかったとの事でした。)

何故か聞いてみると
・英語が理解できるヤツが少なく、連携した行動が取ることができない。中には「お前の発音が悪い」と言われキレられる。(まぁ、英語力が低いのはコッチも同じかな〜と思います。)
・勝手に判断して訓練を進める事もたまにあるため、混乱する事も珍しくない。
・黒人や東南系、メキシコ系、日系に対する態度は酷い。白人に対してもチラホラ…
・身だしなみが酷く、寝坊して集合に遅れる者も多い(特に上官が酷い)。
・そもそも統率力が低い。
・喧嘩が多く、それに何故か巻き込まれる。
など。

また、彼が在韓米軍として働いていた時は、在韓米軍人の殆どが「もう帰りたい」と口を漏らしていたとことです。(韓国での生活でも色々と大変みたいです。)

まぁ、100%信じてる訳じゃないですけど…。ちなみに、自衛隊に対する評価は高かったです。(特に統率力と食事)

韓国軍の評価は、ネットとかでたまに見るように、アジア第2位の軍事力を持った国でしょうか?また、その韓国軍に対する米軍の評価は良いものなのでしょうか?(評価については、確かな根拠を出していただければ幸いです)

何日か前、自衛隊所属の友人と一緒にいた在日米軍人(たしかカナダ系、日本語上手い)と飲んだ時の話です。
カナダ系の人とも仲良くなって、楽しく会話した時でした。最近会ったニュースで、大規模な米韓合同軍事演習があったのを思い出し、その事について2人に聞いてみました。

カナ...続きを読む

Aベストアンサー

こちらがアジアの軍事力比較です。
http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/55361863.html
必ずしも2位というわけではありませんが、眉唾的な北朝鮮のデータを除けばそこそこの地位にあると思います。
米軍評価ですが、まず韓国にも「思いやり予算」がありますがその額はおよそ900億円です。一方日本は1860億円であり、韓国の2倍となっています。
韓国と違って日本は地政的にも南北に長くて防衛・守備範囲がとてつもなく広いという事情もありますが、在日米軍は在韓米軍よりも恵まれているといっていいでしょうね。
それと大きな違いは、韓国には元々徴兵制があって「自分の国は自分で守る」という感覚があります。そういう視点は当然在韓米軍に対する接し方にも現れるでしょうから、逆に韓国軍に対する評価が低くなる可能性は大いにありそうです。
日本は、初動は自衛隊で対処できますが、二次三次攻撃に対する防衛となったら手が出ませんから、米軍を頼る感覚はもっと高いです。
そこが規律や協力度合いとなって出るのかと思います。

Q【孫子の兵法】 戦わずして 相手に勝つ。 ビジネス界には 松下幸之助 ビルゲイツ等。 学んだ人は い

【孫子の兵法】
戦わずして 相手に勝つ。

ビジネス界には 松下幸之助 ビルゲイツ等。

学んだ人は いるけど。

その方の 意図は 中国文化には 根付いているのでしょうか??

Aベストアンサー

>ようは 派閥に入らず。
派閥に入らないのではなく、必要なら自らが派閥を作って、他派閥に
対する離間工作や弱体化工作をします。
自派閥も恫喝・懐柔等、鞭と飴を駆使して勢力拡大を謀り、数を利用
した他派閥への威嚇としても利用します。

>個人で頑張り
自分に従う者を増やして、勢力を拡大する事も有るので、個人だけで
頑張り、結果として孤立するのとは異なります。

>派閥の2番手あたりと、上手く遣るとか?^_^
自分の力量が一番になれるだけの物が無く、他者との差が大きいなら、
2番手に甘んじる事も否定はしないが、力を溜めて逆転のチャンスを
伺う事は止めないというのが、基本のスタンス。
中国は、アジア最大の領土と世界一の人口を持ち、世界の頂点に立つ
べき国であるという自負心から、その実現を目指しているのです。
それにむりやり付き合わされる周辺国にとっては、迷惑な話ですが..

Q統治力と軍事力について

こんどWORLD HISTORYの授業で10分スピーチをする事になったのですが。
私はローマ帝国の統治力と軍事力について話そうと思ってるんですが。
個人の意見で 
”国を治めるには統治力より軍事力がなければならない”ということを
言いたいんですが、その証拠になる資料を探しています。
いくら統治力があったとしても軍事力がなければ外からの攻撃を防ぐ事は出来ない
もし軍事力があったのなら その力で国を弾圧する事だってできるのだから
軍事力の方が国をコントロールするのに必要・・みたいな事を書きたいのです。
あ あとネロは暴君だと聞きましたがあの人もやはり高い軍事力をもっていたのでしょうか。ローマ帝国の皇帝はAUGUSTUSとネロ・・その他の皇帝の軍事力の資料が必要なのですが そのことについて詳しいサイトを知ってる方がいたら教えていただけないでしょうか お願いしますっ

Aベストアンサー

tsurugiさんの話そうとしていることについてですが、「統治力」「軍事力」というのはどのようなことを指しているのでしょうか。

話の流れから考えますと、一個人の能力で考えておられるのかなとも思えますし、国家としてのシステムや能力のことを考えておられるのかなとも思えます。いずれにしろ、スピーチを始める前に、ご自分でその言葉をどのように定義するか、良く考えてください。

私の思う所では「統治力」とは個人の能力であり、「軍事力」とは国家の能力です。とするならば、いかなる場合であれ個人よりも国家の能力の方が優越しますからtsurugiさんの意見は常に正しいです。(でもとりたてて新しい見解でもないのであんまり意味はないと思えます。)もし、「統治力」を国家のシステムであると考えるのであれば、その中には当然「軍事力」が含まれていますから、これまた無意味なことになってしまいます。

また、後半の部分の質問である「ネロ・・その他の皇帝の軍事力」とは一体何を指しているのか意味不明です。まさか、シミュレーションゲームで数値で表されるようなものとして考えておられるのではないでしょうね。それとも例えばネロ直属の親衛隊の兵力とかを考えておられるのでしょうか。これにしても、その国家の体制次第で(ローマの場合ならば時代次第で)皇帝の命令権の到達範囲が違いますからなんとも言えません。ネロの頃であれば、まだ皇帝(というより第一市民)の命令を全軍隊が聞くはずですからローマ軍すべてということになるでしょう。うーん、それともローマ軍全ての数を知りたいのですか?

あまり参考にはならなかったとは思いますが、結局自分が何を知りたいのか明確にすれば、おのずと答えは見つけられると思います。

tsurugiさんの話そうとしていることについてですが、「統治力」「軍事力」というのはどのようなことを指しているのでしょうか。

話の流れから考えますと、一個人の能力で考えておられるのかなとも思えますし、国家としてのシステムや能力のことを考えておられるのかなとも思えます。いずれにしろ、スピーチを始める前に、ご自分でその言葉をどのように定義するか、良く考えてください。

私の思う所では「統治力」とは個人の能力であり、「軍事力」とは国家の能力です。とするならば、いかなる場合であれ個人...続きを読む

Q【政治・中立国】スイスのような中立国って簡単になれるものなのでしょうか?中立国と宣言すれば日本も

【政治・中立国】スイスのような中立国って簡単になれるものなのでしょうか?

中立国と宣言すれば日本も中立国になれるものなのですか?

中立国になると他国の戦争に干渉しない代わりに攻撃されなくなる?

中立国って戦争に巻き込まれない保証はどこにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、中立国という概念は特段の国際法上の規定はありません。いわば通俗的な概念です
ただし、この概念は二つの意味で理解する必要があります

A:永世中立国
B:非武装中立宣言国家

どちらも中立を意味しますが、ニアンスが若干違います
Aは政治的に中立であることから軍事的にも中立ですが、Bは政治的中立性は不要で、軍事的中立性が要請されるだけです。実質的には占領行為が制限される降伏通告国家とも言えますが


仔細解説可能ですが、貴方が知りたいのはAだと思いますので、その上で回答しましょう


便宜上にナンバリングしました

①簡単ではありません

歴史的に永世中立国になるためには、他国の中立承認が必要です。この場合において当時国以外の他国の承認の範囲が問題がありますが、当時国の周辺国の大半が承認すれば、永世中立国とみなされます
ただし、ここで注意するべきは、その当時国が集団安全保障に関する条約に加盟した時点で、永世中立国の地位を失うということです
例えば、オーストリア・スイスはもう永世中立国ではありません。それは国連憲章という集団安全保障に加盟したからです。
古いテキストでは未だにスイスは永世中立国となっていて、それを引きずっている回答者が多々いますが、理論的には世界には永世中立国は存在しません
ちなみに、世界最初の永世中立を規定したのが、ウェストファリア条約です


②宣言以前に安全保障条約から脱退するのが要件になります
日本であれば、国連憲章・日米安全保障条約などの政治的枠組みでの安全保障協定は破棄が大前提です。


③他国にとっては攻撃しにくいと理論上は考えられますが、実態はそうではありません



④保障はありません
ただし、非武装中立宣言には、一定の効果が想定されます。

なお、非武装中立宣言に関しては国際法上の規定がありますので、そちらを参考にできますが、永世中立国という概念は通俗的概念なので定義はありません。ただし、語彙としての意味からの回答は可能です

まず、中立国という概念は特段の国際法上の規定はありません。いわば通俗的な概念です
ただし、この概念は二つの意味で理解する必要があります

A:永世中立国
B:非武装中立宣言国家

どちらも中立を意味しますが、ニアンスが若干違います
Aは政治的に中立であることから軍事的にも中立ですが、Bは政治的中立性は不要で、軍事的中立性が要請されるだけです。実質的には占領行為が制限される降伏通告国家とも言えますが


仔細解説可能ですが、貴方が知りたいのはAだと思いますので、その上で回答しまし...続きを読む

Q世界の支配的な言語になるため必要なのは軍事力ですか

現在、英語が世界の支配的な言語になっている理由は、
アメリカの軍事力が秀でているからでしょうか。
ある国の言語が世界の支配的な言語になるために必要なのは、
その国の軍事力なのでしょうか。

Aベストアンサー

英語が(アメリカ語ではありません)今のような支配的言語になったのは、産業革命時代、イギリスの技術と文明が最も優れていたからです。軍事力故ではありません。アメリカはその鬼っ子に過ぎません。
世界の覇権を握るのはあくまで技術と文明の高さであって、軍事力ではありません。第二次世界大戦時はドイツの軍事力が世界一でしたが、ドイツ語は世界共通語にはなれませんでした。今でも日本語よりマイナーです。(ドイツ語人口が少ないという意味で)
言語人口としては中国語が多いですが、世界共通語には絶対なりません。中国の技術と文明があまりにも低いからです。いくら中国語を覚えても、商売は出来ますが、技術や文明に関われません。
近い将来、英語が母国語の国より、技術、文明が高い国が出たら、その国の言語が世界共通言語になるでしょう。しかし今のところその候補は見あたりませんね。少なくとも後100年は無理でしょうね。20年前、バブルがはじけず、あのまま高度成長が続いていたら、日本と日本語がそうなれる可能性がかなりありましたが、駄目でした。技術と文明の程度が英語圏より高くなかったからでしょう。

英語が(アメリカ語ではありません)今のような支配的言語になったのは、産業革命時代、イギリスの技術と文明が最も優れていたからです。軍事力故ではありません。アメリカはその鬼っ子に過ぎません。
世界の覇権を握るのはあくまで技術と文明の高さであって、軍事力ではありません。第二次世界大戦時はドイツの軍事力が世界一でしたが、ドイツ語は世界共通語にはなれませんでした。今でも日本語よりマイナーです。(ドイツ語人口が少ないという意味で)
言語人口としては中国語が多いですが、世界共通語には絶対...続きを読む

Q比喩としてのフランケンシュタイン

初歩的な質問で申し訳ないのですが、最近のニュースの中で、「一種のフランケンシュタインですね」といった喩えが使われています。いろいろ調べたのですが、分かりません。お教え下されば幸いです。

Aベストアンサー

本来はフランケンシュタインはモンスターを造った科学者なのですが、ここでは怪物の意味のようですね。アメリカがラディンのような怪物を産み出してしまったという意味でしょう。例えば冷戦時代は共産化を防ぐために支援してきた勢力が今やアメリカの敵になるというような意味かと思います。

Q軍事力の必要性について

よく外交するには軍事力が必要だと聞きます。
でも、ピンとこないのです。
 例えば、日本と中国が外交交渉をする際に、軍事力をもっている方が有利であり、日本は軍事力を実質的に(憲法9条の関係で使えない)持っていないのでアメリカの軍事力に頼らざるをえないと言われます。
 でも、この例でいうと中国が軍事力を持っているからといって本当に使うかというと、日本に軍事力を行使するのは現実的でないと思うので、交渉上でそこまで意味があるのかなと疑問なのですがいかがでしょうか?

 

 

Aベストアンサー

>>でも、この例でいうと中国が軍事力を持っているからといって本当に使うかというと、日本に軍事力を行使するのは現実的でないと思うので、交渉上でそこまで意味があるのかなと疑問なのですがいかがでしょうか?

「現実的でない」というのは、まだ日米安保があり、中国が下手に日本に対して手を出すと、痛いしっぺ返しが米軍から来るかもしれない、という米軍の軍事力の裏づけがあるから、日本に手を出さないだけです。

第2次大戦後、ベトナムやフィリピン、チベットやモンゴルに対して、中国がどう振舞って、数十万人、あるいは、それ以上を虐殺してきた歴史を考えれば、もし、米軍が日本からいなくなる、あるいは、いるとしても、財政難で動けないとなれば、日本は中国にあっという間に、侵略されて御仕舞いになる可能性もあります。

現在、米国のオバマ大統領は、「米国は世界警察ではない」と宣言し、さらにクリミア問題では、「紛争解決に向けて、軍事力を行使しない」なんて、まるで日本の憲法9条を米国が採用したような言い方さえしました。
しかも、EU諸国と一緒になって、ロシアへの経済制裁などの口撃を続けています。これは、ロシアを中国側に近づけることになりますし、それにイスラム勢力が加担したら、米国は、中国+ロシア+イスラム諸国を敵にまわすことになります。
こうなれば、ただでさえ、米国国債を中国に握られているわけですから、米国が日本を切り捨てる判断をする可能性さえあります。

質問者さんが、銃口を突きつけられても、相手の要求を拒否できる勇気があるなら、そういう主張も納得できますけどね。

まあ、中国は、政権が変われば、先代は、皆殺しっていう、日本とは違う考え方もあります。
銃口に抵抗しても、しなくても、撃たれておしまいってこともあるでしょうね。

>>でも、この例でいうと中国が軍事力を持っているからといって本当に使うかというと、日本に軍事力を行使するのは現実的でないと思うので、交渉上でそこまで意味があるのかなと疑問なのですがいかがでしょうか?

「現実的でない」というのは、まだ日米安保があり、中国が下手に日本に対して手を出すと、痛いしっぺ返しが米軍から来るかもしれない、という米軍の軍事力の裏づけがあるから、日本に手を出さないだけです。

第2次大戦後、ベトナムやフィリピン、チベットやモンゴルに対して、中国がどう振舞って、...続きを読む

Q発展途上国や貧しい国の現状を見たい

私は今大学1年生です。
世界には、貧しい国がたくさんあると思います。日本は豊か過ぎるほうだと思います。
そこで実際に貧しい国の現状を見に行きたいと思います。またボランティアなどで現地に物を届けたり、何か何でもいいからためになること(現地の人に)をしたいと思っています。そうすることで何か新しい発見があると思っています。気がしています。
でもそういう国に行って危険な目にあうのか不安です。

そこで質問です。
(1)こういう活動をするための機関、団体はありますか?
(2)ある程度安全で、こういう活動をするために何かアドバイスください。
(3)活動にはどんな種類がありますか?(自分が考えているのは、現地訪問、物品を届ける事ぐらいです。他に何かありますか?)
全く無知なのでどなたかアドバイスくださいm(__)m(3つ質問がありますが1つとかでも全然結構です(^0^*アドバイスくださいm(__)mお願いします!!)

Aベストアンサー

No7の回答者です。横浜は私も地元で、私自身のNGOも横浜を本拠地として活動し、スタディツアーも行っています。しかし、それを直接ここでご紹介するのは違反になると思いますので差し控えます。どこかでお会いできるといいと思います。

 横浜駅西口徒歩5分にある県の施設「かながわ県民活動サポートセンター」にはたくさんのNGOが集まっています。そこへ行けばさまざまなチラシを入手することができます。また、9には相談・情報コーナーもあり、色々と相談できます。まずは行ってみてください。
 パシフィコ横浜の5Fにある横浜市国際交流協会にも情報があります。参考URLはそこのリンク集です(私のNGOもあります。どれでしょう(^▽^)
 京浜東北線本郷台駅徒歩5分の地球市民プラザ内にある神奈川県国際交流協会にも、同様の情報が集まっています。

 イベントとしては、地球市民プラザにおいて、6月3日・4日にあーすフェスタかながわが開かれます。県内の様々なNGOがブースを出店します。秋にも同様のものが横浜で行われます。
 まずはあちこちに問い合わせ、動いてください。楽しいことが待っていると思いますよ。

参考URL:http://www.yoke.or.jp/2005/homepages.html

No7の回答者です。横浜は私も地元で、私自身のNGOも横浜を本拠地として活動し、スタディツアーも行っています。しかし、それを直接ここでご紹介するのは違反になると思いますので差し控えます。どこかでお会いできるといいと思います。

 横浜駅西口徒歩5分にある県の施設「かながわ県民活動サポートセンター」にはたくさんのNGOが集まっています。そこへ行けばさまざまなチラシを入手することができます。また、9には相談・情報コーナーもあり、色々と相談できます。まずは行ってみてください。
 パ...続きを読む

Q拉致問題の解決は軍事力無くしてあり得ないと思うんだが・・

残念な事に世界では外交だけでは解決できない問題があるのだと思います。
国と国との問題解決は外交力と軍事力の両面が必要なのだと思います。
理想的には、話し合いで、とは言いますが、どこの国も話し合いに行き詰まると軍事力に訴えるのが現実です。

拉致問題のような国家犯罪は軍事マターだと多くの国民が感じているのではないでしょうか?
相手のトップの犯罪なんだから。
軍事力による経済封鎖、スパイを養成して相手国に送り込んで体制崩壊を含む破壊活動。

旧軍隊があった頃には決して起こらなかった問題だと思うし、起こっても軍隊が即解決したでしょう。

政府は六カ国協議とか中国の協力で、とか表向き言いますが、全面解決とは体制崩壊なんだから
出来ようはずはありません。

偉い人はそれをよくわかっていて、現憲法では限界がある、残念ながら諦めてください・・
と思っているのではないかと思います。

結局のところ、横田さん達、拉致被害者は憲法九条の被害者って事なんでしょうか。
軍事力を使えばそれによる犠牲者も出るでしょう、拉致犠牲者と解決にかかる犠牲者を秤にかけて・・・どっちかに あきらめてほしい、というのも なんか変ですよね。

拉致問題に妥協ってあるのでしょうか?
なんかやりきれない思いがします・・皆さんどう思いますか

残念な事に世界では外交だけでは解決できない問題があるのだと思います。
国と国との問題解決は外交力と軍事力の両面が必要なのだと思います。
理想的には、話し合いで、とは言いますが、どこの国も話し合いに行き詰まると軍事力に訴えるのが現実です。

拉致問題のような国家犯罪は軍事マターだと多くの国民が感じているのではないでしょうか?
相手のトップの犯罪なんだから。
軍事力による経済封鎖、スパイを養成して相手国に送り込んで体制崩壊を含む破壊活動。

旧軍隊があった頃には決して起こらな...続きを読む

Aベストアンサー

 ご返事ありがとうございます。

 言葉足らずのようですから、もう一度書き込みます。

私自身、他国の諜報活動には注視しております。国家防衛には、警察力と軍事力は必要不可欠です。交流が盛んになれば当然機密漏えいも盛んになり、軍事技術転用可能な精密機器が流失しています。今朝のニュースでも流れましたね。そのためにも、国の機能を集約する国家防衛組織が重要だと考えています。

 私の持論をどこまで公開した方がいいのか、迷っていますが、もう少し補足致します。軍事力というのはどこまで強化すれば足りるというものではないと考えています。軍組織の暴発の危険性を想い浮かべるだけで私は空恐ろしくなります。それよりも国家全体のバランスを重視した上で経費と収支の枠組みで捉える方が賢明なのだろうと思います。日本の軍事力は(米国の現物提供によってではありますが)世界標準と比較しても高いレベルにある事は、専門家の一致した意見ですね。

国家の枠組みは、西側がいいか東側がいいかの話ではない。その中間が丁度良いのではないか。日本には幸い平和国憲法がある。これを最大の武器に利用するべきだ。180度改正などしたら、アジア地域のバランスが崩れ、コントロール出来なくなる。むしろ、対外的にはどの国に対しても侵略の意図はないと理解させるのが効果的でスムーズな流れを産むと予測する。国家間の仲介役を果たせる国は、世界中を見渡せば日本しかないのではないでしょうか。スイスもありますが、世界の手本となるべき工業力と資本力、経済力、軍事力、警察力、教育レベル、生活や環境、外交力など全てを網羅した場合、世界標準でも日本の方が上だと考えるのは当然でしょう。

 軍備力で核武装論議があるわけですが、核を搭載出来る弾道ミサイルのみを極秘に装備する。わざと少し情報をもらし、国際問題にした上で弾道ミサイルではなく、人工衛星用ロケットだと図面と問題のミサイルもどきを公開すればいい。そして発射しなければ他国中枢部は日本に心理的脅威を覚える。不足する軍備力は補足するだけで十分で当たらないパトリオットなどを輸入・ライセンス生産しても経費と効用で意味がないのではないか。お互いが発射出来ない状況をつくる事が重要でしょう。

 少し前、アメリカが主力にすえた国家戦略の手法が 『 ソフト・パワー戦略 』だったわけですが、東ドイツを崩壊させ東側と共産国家を一気に呑み込んで名実共に世界の覇権国家にのし上がったわけですが、近頃は武力行使路線と金融を重視して生産重視を怠ったために、財政と経済が破綻する一歩手前に陥っていると分析しています。

 北朝鮮拉致問題解決には、経済パワーで呑み込み国家元首を懐柔する或は地理的に日本の発展政策が素晴らしい理想国家だと思わせてしまう方が手っ取り早くて経済的なのではないのか。その後は自然に崩壊するでしょう。北朝鮮組織は、日本の国内に確実に存在しています。公的機関を装っている場合もある。これも潰さなければならない。それまでは、人的交流は控え波打ち際で防ぐ。( 港湾・空港・海上・金融・暴力・武器他 )無論、KGB・CIA・モサド・MI6・P2( まだあったが今余裕がない 。)も標的としてマークする。そのためには、決して日本を裏切らないリーダーを求める必要がある。それを支える組織を私達が求めているのではないでしょうか。

 あえて国連のリーダーにならず、世界のリーダーになる事で諸問題は解決すると考えます。

 私自身、うまくまとめるには時間のかかる性格で、時間もなくなりましたので文脈を見直しておりません。また、多く書けばいいものでもないのではないかなど、回答にならないでしょうがとりあえずこんな感じです。


               敬具    鶏屋toriya 

 ご返事ありがとうございます。

 言葉足らずのようですから、もう一度書き込みます。

私自身、他国の諜報活動には注視しております。国家防衛には、警察力と軍事力は必要不可欠です。交流が盛んになれば当然機密漏えいも盛んになり、軍事技術転用可能な精密機器が流失しています。今朝のニュースでも流れましたね。そのためにも、国の機能を集約する国家防衛組織が重要だと考えています。

 私の持論をどこまで公開した方がいいのか、迷っていますが、もう少し補足致します。軍事力というのはどこまで...続きを読む

Qスペインの憲法には国王は法律を裁可するとありますが

国王の承認がなくては法律は施行されないということでしょうか?

Aベストアンサー

その通り。全ての法律は国王の承認を経て初めて施行が出来る。
ヨーロッパの王室は日本のように国王が単なる象徴であるところは少ない。
英国には成文憲法は無いが、事実上女王が法律を裁可している。

ただしこれはあくまで憲法上のことであって、国王が米国大統領の拒否権のようなものを
発動し、法律を葬ったことは記憶にない。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング