副支店長の英文名刺を付けることになりました。
支店長の英訳は、branch managerで良いと思うのですが、
副支店長はどう書けばいいのでしょうか?
ついでに、支店次長はどう書くのでしょうか?
(英語では一緒だと思うのですが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

branch vice-manager


branch assistant manager
ってなところでしょうか?

副支店長、支店次長ともにそうなってしまうと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/08/30 19:04

「Vice-branch manager」 でいかがでしょう。



手持ちの辞書で「副社長=Vice-President」だったので同様でよろしいかと。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/08/30 19:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「支店長代理」と「副支店長」、どちらが上?

一般常識的な事なのかも知れませんが…。

企業の「支店長代理」と「副支店長」とでは、どちらが上役職なのでしょうか?

先日某地方銀行のそのお2人が私が働く会社に来社され、お茶出しをする時にどちらから出すか考えてしまいました。
当社の社長とお2人が対面で面談し、「支店長代理」の方が上座着席・社長の真向かいに座られていたので、そちらが“上”と判断したのですが…。
どう見ても「副支店長」の方が年上でしたので、少し迷いました。
私の判断は正しかったのでしょうか?

Aベストアンサー

#5です。
職制は企業によって違うので面倒ですよね。

支店長代理が貴社の担当者で、副支店長は顔見せとかだったのかもしれないですね。

「部」でも部長-(副部長)-課長には権限があっても、部長代理・専任部長・担当部長といった中二階的な部長級・部長相当職には権限がほとんどなく部下もいないというケースもあったりします。いわゆるラインとスタッフの区分です。

「部長代理」も、部長が欠員の場合は、部長代理に権限もあり部長職を代行するケースが多いですが、部長がいるのに部長代理も置かれている場合はスタッフの部長で権限の小さい中二階のことが多いです。

Q名刺のデザインを一緒に考えて下さい

今年の末に個人事業を始めます

業種は清掃業なのですが
名刺のデザインで悩んでいます

地味に白黒名刺にしたほうがいいのか
インパクトのあるデザインにしたほうがいいのかで悩んでいます

清掃業なので水や風などの自然な風景の写真を背景にしようかとも
考えたのですが1人で考えてもなかなか結論が出ませんし
自分で良いと思っても他から見た場合に印象の悪い名刺に
なってもしょうがないですからね

みなさんがもらった名刺で印象に残る名刺はどんなデザインでしたか?

みなさんならどのような名刺のデザインにしますか?

教えて下さい よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仕事一途。 まじめな名刺にしましょう。
銀行、役所との打ち合わせもあるかもしれません、入札もあるかもしれません。オーソドックスにしましょう。縦型、明朝書体、読みやすく。仕事柄好印象が一番です。チャラチャラ、うれしそうにデザインを見せびらかしてはいけません。

Q「支店長」の英語表記を教えてください

名刺裏面の英語表記について、支店長をどう書いていいのかわからずにいます。

今使っている名刺の裏面には、「東京支店」を「Tokyo Office」としているので、「支店長」は「Office Manager」でいいのかと思ったのですが、
支店長を調べてみると「Branch Manager」もしくは「General Manager」とでてきます。

「Branch Manager」が一般的なのであれば、「Tokyo Office」ではなく「Tokyo Branch」とするのが適切だったのでしょうか。

(「General Manager」は部長の英語表記で使っているので他の言葉にしたいのですが…)
「東京支店 支店長」⇒「Tokyo Office, Branch Manager」でいいものか、(整合性がとれていないような気がして…)
「Tokyo Office」を「Tokyo Branch」に変えて、「Tokyo Branch, Branch Manager」とすべきか迷っています。

なかには「支店」の英語表記が「Branch Office」ともなっているものもあるため、
頭がこんがらがってきました…。

よろしくお願いします。

名刺裏面の英語表記について、支店長をどう書いていいのかわからずにいます。

今使っている名刺の裏面には、「東京支店」を「Tokyo Office」としているので、「支店長」は「Office Manager」でいいのかと思ったのですが、
支店長を調べてみると「Branch Manager」もしくは「General Manager」とでてきます。

「Branch Manager」が一般的なのであれば、「Tokyo Office」ではなく「Tokyo Branch」とするのが適切だったのでしょうか。

(「General Manager」は部長の英語表記で使っているので他の言葉にし...続きを読む

Aベストアンサー

本来は、質問者の方のお勤めの職場の「仕事の内容」でまず日本語での「呼び方」が変わってきます。
例えば、実際に職場に「お客さんが来る」などして様々なやりとりをするような場合は、業務内容的に通常は「支店」と言います。
対して「本社の補助的なことをメインに仕事をしている」という場合は「支社」という呼び方をされます。
ですが、日本では現在は支店と支社を明確に区別しなくてはいけない、という「法的な規制」はありませんから、仕事の内容がどうであれ、どちらを使ってもいいということなんです。

支店長という場合は確かに「Branch Manager」というのが1番妥当かと思います。
支店であれば英語にすると「office」になりますし、支社なら「branch」となります。
ただし、この場合の「Office」は「Branch」が使われることもあるのでどちらを使っても「どちらが正解」ということはありません。
「統一性を持たせる」という意味では、ご自身が言われるように「Tokyo Branch, Branch Manager」というのが1番いいかもしれませんね。
個人的にはより統一性を持たせる意味で日本語の方も例えば「東京支社」「支社長」と変えることが出来たら尚いいと思います。
大元の「本社」の場合も、呼び方が「本店」でも「本社」でも英語では「Head Office」で共通なんですから「支社に変更は出来ないか?」と申請してみてもいいかと思いますよ。
お勤めのところが「大手企業」などの場合はかなり厳しいとは思いますが・・・

本来は、質問者の方のお勤めの職場の「仕事の内容」でまず日本語での「呼び方」が変わってきます。
例えば、実際に職場に「お客さんが来る」などして様々なやりとりをするような場合は、業務内容的に通常は「支店」と言います。
対して「本社の補助的なことをメインに仕事をしている」という場合は「支社」という呼び方をされます。
ですが、日本では現在は支店と支社を明確に区別しなくてはいけない、という「法的な規制」はありませんから、仕事の内容がどうであれ、どちらを使ってもいいということなんです...続きを読む

Q支店長代理への郵便宛先表記は・・?

封書を発送するのですが、宛先の書き方が正確にわからなくて迷っています。
いただいた名刺の記載は以下の通りです。

 ◇◇支店 営業推進課
 支店長代理
 兼 ◎◎統括部(△△担当)
 ○○ ○○         ←氏名です

(1)「代理」という表現をそのまま使っても良いのでしょうか・・ネット検索の結果ではOK、という回答が殆どのようでしたが・・。
(2)兼任されているようですが、「支店長代理」だけで良いのでしょうか。それとも双方とも記入した方がよろしいのでしょうか。
(3) (2)に関連して、(  )内までは不要だろうとは思うのですが・・不要ですよね?
(4)いっそのこと、課名のあとすぐにお名前・・というのは失礼にあたるのでしょうか。
(5)余談になりますのが、組織の括りに関して、個人的認識のイメージとしては【支店→部→課】 という順序です。
この名刺の記載は、その認識とは順序が一致しないのですが、その理由、もしくは「あなたの認識違いですよ」というご意見でも結構です。もしご説明いただけましたらとても嬉しいです。よろしくお願いします。

封書を発送するのですが、宛先の書き方が正確にわからなくて迷っています。
いただいた名刺の記載は以下の通りです。

 ◇◇支店 営業推進課
 支店長代理
 兼 ◎◎統括部(△△担当)
 ○○ ○○         ←氏名です

(1)「代理」という表現をそのまま使っても良いのでしょうか・・ネット検索の結果ではOK、という回答が殆どのようでしたが・・。
(2)兼任されているようですが、「支店長代理」だけで良いのでしょうか。それとも双方とも記入した方がよろしいのでしょうか。
(3) (2)に関連して、(...続きを読む

Aベストアンサー

(1)そのままの表記で可です。
(2)「支店長代理」だけで可です。併記すると、かえってうるさく感じます。
(3)不要です。あくまで名刺の上での注記ですから。
(4)支店長代理の表記を入れる方が妥当です。
(5)ごもっともな疑問です。
一般的な職制は【支店→部→課】なので、「営業推進課」に続く肩書きは、課長とか係長になるはずです。
しかし、金融業界に特有の慣習で、営業部門の一般社員(平社員)の肩書きとして「支店長代理」の呼称が用いられます。これは、お客様に肩書きのない名刺を渡すと、「銀行は俺を軽く見ているのか?」と受け取られてしまうことを配慮して、「私は支店長の代理として取引させて頂きます」という姿勢を示すための表記です。
したがって、金融業界における「支店長代理」は、支店長の次の職名ではありません。支店長に次ぐポストは「副支店長」になります。

Q郵便局の支店名・支店コードって?

 ある書類を記載するにあたって、”振込先に郵便局を指定する場合は銀行と同様、支店名と支店コードを記載ください”とあるのですが、郵便局に支店コードがあるとは初めて知りました。記号と番号だけだと思っていたので、戸惑っています。どなたかご存知の方がいたら、お教えいただけますでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ありませんよ郵便貯金は。記号と番号だけです。しいていえば、原簿が置いてある、あなたのとりまとめ地方局、私の場合、名古屋地方貯金局か?
あなたのお考えで正しいのですよ。記号番号で全国共通ですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報