3才と5才の子育て中です。
どうしてもつい怒鳴ったり時には手をあげたりしてしまいます。 以前から心理学には興味があり子育てに活かしたいと考えていました。
子供の心を読んだり、説得する方法に心理学を上手く取り入れた本などがありましたらご紹介願えますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

心理学かどうかわかりませんが、



私が参考にしているのは「ツキの大原則」という本です。

この本は子育ての本というより人生そのものを変える本だと思います。
    • good
    • 0

dreamlikeさんへ



こんにちは。シュナイター教育をお勧めされている方もいらっしゃいますが、いろいろ調べられるのであればモンテッソーリ教育もぜひ一緒に調べてみてください。

モンテッソーリ教育は、マリアモンテッソーリというイタリアの医者が創設した幼児教育法ですが、医者だったこともあり医学を基盤として、その後マリアは心理学や幼児について専門家のもとで勉強していますので、ご質問の心理学を取り入れた本というのにも当てはまるかと思います。

モンテッソーリを取り入れたお母さんの言葉で印象的なのは、「子供の見方がわかって、怒っていたことが怒らなくなった」という言葉でした。これが、dreamlikeさんに当てはまるようになるかわかりませんが、ママ!ひとりでするの手伝ってねという書籍が一番わかりやすいかと思います。

それでは、今後もがんばってくださいね。
    • good
    • 2

シュタイナー教育関連の本や、アドラー心理学などは参考になりますよ。


あとは教育の神様と言われる原田隆さんの教育論なども今の日本教育に必要でしょう。ゆとり教育は、エリートが育ちません。学問で言えば、小さい頃から国語を徹底して教育し、読書の習慣を身につけることが、今の盛大における最大の贈り物だと私考えます。

子に対する親の接し方については、申し上げることが多すぎて一概には言えませんが、父親の子育ての介入を積極的に見直すべきでしょう。男の子が幼児期~青春期のうちに一番身近にいる同姓の人は父親のわけですから、父親は常に子供にとって一番の存在にいなければいけません。
これからは積極的に会話する必要があります。時にはひっぱたくことも必要でしょう。父親は金を稼ぐだけが仕事ではありません。常に家庭の土台であり、頼れる立場であり、多少恐れられる存在であって良いと私は思います。
    • good
    • 0

ご質問の答えとは異なりますが、dreamlikeさんも一人の親として、子供に対して「こんな風になってほしい」と将来像を思い描いていると思います。

その思い描いていることを自分自身はできているのかを問いかけてみることが必要だと思います。あとはこんなような話がありますのでご参考に↓
・親に冷たくされて育った子は、他人に冷たくします。
・優しさを受けて育った子は、他人に優しくします。
・人と比べられて育った子は、すぐ他人を比べようとします。
・誉められて育った子は、自分に自信を持ちます。
親の人間性が良く、尊敬できる存在になれば、それを見て育った子供も自然に立派な大人に育つでしょう。dreamlikeさんが、こうやって一生懸命に子供のことを想い、相談をしているだけでも、人間性の良さを感じますので、お子さんも他人を思いやる優しい大人になると思います。
    • good
    • 1

「子供の心を読んだり、説得する方法に心理学を」という御要望には沿わないかもしれませんが,


発達心理学研究の最前線をジャーナリストの視点でわかりやすく紹介している本があります。

清野博子 (著)
『最新現場報告 子育ての発達心理学―育つ育てられる親と子』 講談社プラスアルファ新書
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062721 …

もう少し本格的なものをお探しなら,
翻訳もので少しハードですが次の2冊はいかがでしょう。

J.R.ハリス (著), 石田理恵 (訳)
『子育ての大誤解―子どもの性格を決定するものは何か』 早川書房
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152082 …

H.R.シャファー (著), 無藤隆, 佐藤恵理子 (訳)
『子どもの養育に心理学がいえること―発達と家族環境』 新曜社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788507 …

前者はややセンセーショナルなところがあって批判もあるのですが,
目から常識のウロコを落としてくれるインパクトがあります。
後者はバランスよく学問的に誠実な態度で書かれていると思います。

もうひとつ。
カナダで出版された子育て中の親のための教育プログラムのテキストを御紹介しておきます。
学術的な著作ではありませんが,読みやすく実用性は高いかと思います。

J.W.キャタノ (著), 幾島幸子, 三沢直子 (訳)
『完璧な親なんていない!―カナダ生まれの子育てテキスト』 ひとなる書房
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894640 …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062721 …
    • good
    • 0

 子育てや教育に対してかなり前から研究してきているのがアドラー心理学です。

創始者のアルフレッド・アドラーは最も古い臨床心理学者の一人(無意識の発見者フロイトの最も古い協力者、後に袂を分かつ)で、神経症の治療から出発して、子育て、教育の分野に重点を置きました。世界最初の児童相談所を作ったのがアドラーです。

 アドラーの弟子のドライカースはアメリカで活躍して、当時のアメリカ教育界で主流だった「アメとムチ」の教育を、勇気づけの教育へと転換させた最大の功労者です。ドライカースの同僚・弟子のドン・ディンクメイヤーとゲーリー.D.マッケイが作った親子関係セミナー「STEP勇気づけセミナー」は、同種のセミナーでは世界最大の受講者(400万人)を誇ります。日本だけで有名なゴードンの「親業」の受講者と比べるとその普及率の違いが分かります。ちなみに「親業」も当然アドラー心理学の大きな影響下にあります。

 日本では日本版「STEP勇気づけセミナー」も行われていますし、日本人がアドラー心理学に基づいて作った「SMILE勇気づけの親子関係セミナー」というのがいちばん普及しています。

 次に紹介する本はSMILEの紹介本です。

○「ぼくお母さんの子どもでよかった」(岩井俊憲、坂本洲子)
 PHP研究所 1,223円
 子育てをしながら自信を失ったり、混乱しそうなお母さんを、迷い道から救い出すガイドになる一冊、読んでいると勇気と自信が湧いてきます。

 他にはサンマーク出版の星 一郎さんの「アドラー博士シリーズ」がお薦めです。
    • good
    • 0

心理学の本でしたら、「私と出逢うさんぽ道」がおすすめです。

TAセラピスト池田登っていう人が書いた本です。私も持ってるんですが衝撃的でした。こういう考え方は学校じゃ教えてくれないなぁって。書店には扱ってないらしいので池田氏のサイトから直接注文されてみてはどうでしょう?URLは、http://www.koudoukagaku.co.jp/
です。

参考URL:http://www.koudoukagaku.co.jp/
    • good
    • 0

ご、ごめんんさい!直には飛べなかったみたいなので


http://www.amazon.co.jp
へ行ってから和書を選択して「星 一郎」で検索してみてください!星と一郎の間には一つスペース空けないと行けないみたいです~。「アドラー」でも良いかと思いますが・・育児に絞ると星さんのが多いので良いかなと。
度々すいません~~(^^;)

参考URL:http://www.amazon.co.jp
    • good
    • 0

ありますよ~!怒らないで子供を育てるにはどうしたら良いか?それを解決してくれる心理学はアドラー心理学です


私もただ今勉強中なのですが、子供だけでなくて他の人間関係(親やご主人、友人等など)についても考え方がかなり変わるのでお勧め!

私も良く利用してるAMAZONという世界最大のネットの本屋さんから引いてみました
飛べるかなあ?これ以外にも沢山あるけど・・まずはこの辺からどうでしょうか?ここからでも買えるし!(回し者ではないけど(^-^;)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0

「子育て進行中」の方には、心理学の本を読むより、子育てに関する良質の本を読むことをおすすめします。

つい子供を怒鳴ってしまうという人には、平井信義博士の本がいいと思います。代表的な本をあげておきます。平井先生は小児科医でもあり、児童心理学者でもあり、育児学の専門科でもあるので、その本にはとても説得力があります。

子どもを叱る前に読む本―やる気のある子に育てるには
平井 信義 (著) 文庫 (1999/06/01) PHP研究所

「叱らないで」おかあさん―子どもを信じて子育てしていますか
平井 信義 (著) 文庫 (2001/06/01) PHP研究所

思いやりある子の育て方―「まかせて」伸ばす教育のすすめ
平井 信義 (著) 文庫 (1993/06/01) PHP研究所

その他、多数ありますので、本屋さんで探してみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子育ては自分育てという人のきもちが分かりません、、、、、、が、、、、、

   「子育ては自分育て」つまり、子育てという大事業を経験することによって、人は成長するといった言い方をなされる人がいますが、どうも、しっくりきませんし、懐疑ぶかいですねえ。
  よくいうように、子育てして、結局なにがわかるかというと、偉そうなこといったて、人は動物なんだということではないでしょか。

Aベストアンサー

「子育ては自分育て」
これは、「真」でもあり、「偽」でもある、というのが本当でしょう。
子育てで自己成長する人もいれば、全く成長しない人もいるでしょうね?

残念ながら、貴方の周りにそれを納得させる存在がなかったということでしょう。
自分が育ったかどうかは、自己判断もあるでしょうが、周りがどう判断するか、だと私は思います。

私は2児の父親ですが、子供が生まれると、特に母親は「自分の思い通りになる時間」が子供の生まれる前と較べると極端に少なくなるようです。周りに協力があったとしても、ショッピングやコンサート、映画など気軽にいけないですしね。
「自分の都合以外を優先させなければならない」ということを強制的に経験させられることで、成長するかどうかでしょう。

「偉そうに、言っているkei1282お前自身はどうなんだ?」と聞かれると、
「うっ!」と返答に困ります。子育てには積極的に参加しているつもりですし、あまり自分の時間がないですね。成長したかどうか?今夜、嫁さんにでも聞いてみましょう・・・。やぶ蛇になりそうですが・・・。

最終的にはrikoikoさんが「子育て」を経験されて自分なりの結論をだして下さい。

「子育ては自分育て」
これは、「真」でもあり、「偽」でもある、というのが本当でしょう。
子育てで自己成長する人もいれば、全く成長しない人もいるでしょうね?

残念ながら、貴方の周りにそれを納得させる存在がなかったということでしょう。
自分が育ったかどうかは、自己判断もあるでしょうが、周りがどう判断するか、だと私は思います。

私は2児の父親ですが、子供が生まれると、特に母親は「自分の思い通りになる時間」が子供の生まれる前と較べると極端に少なくなるようです。周りに協力があっ...続きを読む

Q子育てバイブル

妊娠6か月目の主婦です。
子育てバイブル本を探しています。
3つ子の魂100までといいますが、「3歳児は困ったちゃん?―育児カウンセラーのアドバイス21」に興味があります。
他に子育て観を養える本はないでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは私にとってのバイブルだったのですが、
高野優という方が書かれているエッセイや漫画です。

3歳のお子さんをもたれる方の妊娠中のこと、子育てのことを面白おかしく書いてあるものなのですが、
読んでいて楽しいですし、違った意味でのバイブルになると思います。

固めの本やいわゆる子育てとは。。。という本ばかり読んでいると、どうしても、こうしなければ、こうでなければいけない、というように、完璧な母を目指してしまいがちですし、それにがんじがらめになってしまう部分があります。
この方の本は、そういった固くなった心を柔らかくしてくれたり、共感させてくれたり、暖かく、心強くもさせてくれるものだと、私は感じました。

今、じき4ヶ月になる娘を育てておりますが、初産、海外での出産、子育てと不安ばかりがつきまとっていました。でも、この本により、自信と、ある程度の心の余裕ができたような気がします。

バイブルではありません、しかし、お母さんの心のバイブルにはなりえるのではないかと思い、書かせていただきました。

Q子育て

(1)子育てで芸術やスポーツは赤ちゃんのころから触れさすと才能が磨かれるなどといわれますが勉強においても赤ちゃんのころから触れさすと効率的に能力開発されますか?(2)あと道徳的なことは性格がしめる割合が高いと思いますので赤ちゃんのころから教育したほうがよいですかね?道徳的なことや性格はどんな教育をしたほうがいいですか?

Aベストアンサー

 発達と教育(学習)との関係をおっしゃっているのでしょうか。赤ちゃんは、家族の中でも、お母さんとの係わりの中で、その影響を多く受けながら成長すると言われているようです。母親は、子の成長の変化をよく観察して的確に捉えながら、話しかけを絶やさず、子との対話をこまめに繰り返して、褒め言葉・激励・制止の言葉を使い分けながら、子に安心感を基本にすえて、発達に見合って少しずつ学習範囲に幅をもたせることは子育ての基本では。つまり、知能は天性的なものが影響するが、発達段階(内的・外的からの認知度)を的確に捉えることによって、レベルに合った学習範囲を与えることが、次ぎえの段階へと発達を促すとも言われているようです。
 これらのことを基本に据えながら、子供の望ましい成長を補完する環境として、知的発達と自己行動や対人行動への認知度と意識段階を、保護者は、よく観察判断しながら、子供の発達段階に応じて、子に自分の考えや目標が話せる家庭環境を保ち続けること、それについての親の考えや意見が先行する養育環境は、子の向上意欲の芽を摘むだけではなくて、自ら考える力を抑制して、言語力や発言力減退を招きかねないと思われます。(家庭環境が穏やかで明るいことも)。幼児童年齢と思考段階= ~2歳感覚的段階ー快不快を直感・感覚的に捉える。~4歳前期概念的段階ー見えないものも形を変えて表せる。大まかに違った意味や内容をまとめて理解できる。~8歳直感的思考段階ー具体的説明・証明によらずに、本当のことだと捉えてしまう。12歳具体的思考操作段階ー考え判断推理をまじえて人生や社会が考えられる。抽象的思考力の爆発的発達は13歳以降と言われています。(教育心理学を学ぶより)
 子育て訓、1つ叱って3つほめ5つ教えて良い子が育つ。
 おおらかな気持ちで子自らの発達段階と特性を見抜いた子育てこそがその子を最大に生かす道では。

 発達と教育(学習)との関係をおっしゃっているのでしょうか。赤ちゃんは、家族の中でも、お母さんとの係わりの中で、その影響を多く受けながら成長すると言われているようです。母親は、子の成長の変化をよく観察して的確に捉えながら、話しかけを絶やさず、子との対話をこまめに繰り返して、褒め言葉・激励・制止の言葉を使い分けながら、子に安心感を基本にすえて、発達に見合って少しずつ学習範囲に幅をもたせることは子育ての基本では。つまり、知能は天性的なものが影響するが、発達段階(内的・外的から...続きを読む

Q教育者の子育て

こんばんは。
「学校の先生の子ども」が
必ずしもうまく育つわけではないんじゃないか
むしろ、愛情不足みたくなってうまく育たないんじゃないか、と
思っています。
だって、昼間、学校で死ぬほど子どもと接してて
しかも 夜 自分の子どもを愛するエネルギーって
残ってると思います?(愛する気持はあっても)
皆さんの考えをお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教育者の子供として回答します。
良い面は、今回の回答からは意図的に割愛します。
自分の父の悪い面を暴露するのは気が引けますが、参考のためにあえて書かせていただきます。

まず第一にあげられる教育者の欠点は、「視野が狭い」、さらに悪いことに「自分の視野は広い」と思い込んでいる、このことです。
多くの教育者の方は反感を覚えると思いますが、自分の人生経験の範囲を考えてみて下さい。
職人のように下積み時代は、「小僧!」扱いされることもなく、得意先を確保するために足を棒にして、毎日のようにお客様の家をたずねることもありません。
あえて言わせていただければ「苦労が足りない」ということです。
学校内では社会的に大問題となっている、諸問題への苦労があるでしょうが、広く社会と関わっていくための苦労とは違います。
教育者は、知識には目を見張るものがありますが、『知恵』というか『教養』に偏りがあります。
私の父だけを見ていては片手落ちだと思いますが、実は姉も教育者です。それもかなり評判の良いほうです。
しかし身内の厳しい見方からすれば、社会人としての常識が欠如しています。

さて、ここまでは社会人としての不適格性について簡単に述べさせていただきましたが、親としての適格性は少々異なると思います。
子供を愛するエネルギーから言えば、確かに疲弊しているでしょうね。本人は否定するでしょうけど。
人間の能力は限りがあります。他人の子供にエネルギーを費やしたら、自分の子供に供給する分が減ってもおかしくありません。
しかし、他の職業について、エネルギーを使い果たしている親と比べてみて、どれだけの差があるのかは未知数です。
なぜかというと、もともとの子供にかけるエネルギーの量が他の仕事をしている方に比べて多いと思われるからです。

タダ一つ確実にいえることは、『先生の子供』というレッテルです。
私が小学生の時に教頭が父でした。最悪です。プライバシーが何もありません。
どこへ行っても私の名前は「○○先生のお子さん」になってしまいます。
学校中の先生が私のことを何から何まで知っていました。
父が配置転換となって校長となっても「○○学校の校長のお子さん」でした。
このような状態で私が狂わなかったのは、私の遊び場所が自然そのものだったからだと思います。
毎日海岸で、磯で砂まみれ、海水だらけになって遊んでいたのでおかしくならなかったのだと思います。
このような自然体験のできない子供が私と同じ立場になっていたらと思うと、ちょっと怖いですね。
教育者の子育てには、より一層の注意が必要だと思います。
常に初心に返り、我が子に対しては初心者の気持ちで接することが必要だと思います。
自分が常識人であるとの自尊心を捨て、常に謙虚な学習の姿勢を持たないと一般社会人並の常識が身につかないと思っていただきたいと思います。
これは教育者の方々を非難していっているわけではありません。
自分の身近な教育者たちを観察して得た結果から、必要な行動だと思われるからお勧めしたいのです。
質問の趣旨を合わない点が出てきたことはご容赦願います。
我が子に限らず、子供を愛するエネルギーを上手に活用していただくためのアドバイスとして受け取っていただければ幸いです。

教育者の子供として回答します。
良い面は、今回の回答からは意図的に割愛します。
自分の父の悪い面を暴露するのは気が引けますが、参考のためにあえて書かせていただきます。

まず第一にあげられる教育者の欠点は、「視野が狭い」、さらに悪いことに「自分の視野は広い」と思い込んでいる、このことです。
多くの教育者の方は反感を覚えると思いますが、自分の人生経験の範囲を考えてみて下さい。
職人のように下積み時代は、「小僧!」扱いされることもなく、得意先を確保するために足を棒にして、毎日...続きを読む

Q中国の子育てについて。

カテ違いでしたらすみません。
中国の子育てについて調べています。
中国では共働きが主流で子育ては祖父母が
するらしいのです。
なぜ、そのような子育ての文化になったのか
ご存知の方教えて下さい。

また、参考になるサイトや書籍などご存知の方
教えて下さい。自分でも探していますがなかなか見つかりません。
どなたかお知恵をかしてください。
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは(^。^)

そうですね、共働きが主流です。
でも最近は子育て(家事もですが)は必ずしも祖父母が担っているわけではないですね。多分、地方や農村ではそういうところも多いかと思います。
それは#1さんも言われているように若者は労働力として見られているというのが大きいでしょうね。

でも都市部になると親と同居していない方も多いですし、家事はお手伝いさんを雇ったり(日本と違って安く雇えます)、基本一人っ子なので、幼稚園児くらいになると平日は寮付きのところに預けたり、ごくごく稀にですが専業主婦していたり、とそんな感じですね。何分教育熱はすごいですから。

参考になるかはわかりませんが、ユン・チアンの「ワイルド・スワン」をお読みになってみてはいかがでしょうか?
これは作者、母、祖母の三世代の女性を通して中国の姿を述べている作品のです。作者の両親は共産党員で両親はいつも仕事で家におらず、子供たちを育てたのは祖母(母方)と伯母(父の姉)が主だったとのことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報