dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

孟子は幼いときに父親を失い、母親一人の手で育てられた。最初墓の近くに住んでいたが、息子が葬式の真似ばかりするので教育上好ましくないと母親は思い、市場の近くに引っ越した。息子は今度は商人の真似ばかりして遊んでいる。やはりここも好ましくないと思った母親は、今度は学校の近くに引っ越した。すると息子は祭礼の道具を並べて、儀式の真似をして遊ぶようになった。母親はこここそ息子の教育にふさわしい場所だといって、初めて安心して住まいを構え住みついた。

つまり、孟子の母、孟母にとって最重要なのは、子供を成長させ、子供の才能を延ばす事だったのです。是を政治に例えれば、孟母が政府、孟子が国民です。すなはち、政府にとって最重要なのは国民を成長させ、国民の才能を延ばし、国民の能力を最大限に発揮させる事なのです。

もし自民党政府がそれに成功していれば、図のグラフのような事には成らなかったでしょう。つまり、自民党政府は孟母ではなかった、国民の能力を最大限に発揮させる事に失敗したということです。

何故、自民党が失敗したのかというと、地方の公共事業ばかり金を使い、国民の教育の為には金を使わなかったからです。孟母とは正反対ですね?

経済協力開発機構(OECD)は2018年9月11日(パリ現地時間)、2018年版の「図表でみる教育(Education at a Glance 2018)」を公開した。国内総生産(GDP)のうち小学校から大学までの教育機関に対する公的支出の割合は、日本が最下位だった。

孟母は子供の教育を最優先にして、教育の為なら、自ら子供を抱えて引っ越しを繰り返しました。従って自民党政府は孟母に習い、子供の教育の為なら引っ越し費用を支援するべきです。

子供の教育を考えたら、地方に住むより都市部に住んだ方が良いです。しかし、自民党は孟母と正反対の事をやっています。なんと、都市から地方への移住に金を出しているのです。孟母が聞いたらあきれるでしょう。

2020年の大学進学率(現役)を都道府県別にみると、1位「東京」64.7%、2位「京都」62.8%、3位「兵庫」57.9%、4位「広島」57.6%、5位「神奈川」57.5%。 これを見れば、都市部の方が教育に良い事は明らかであり、孟母なら都市部に引っ越すでしょう。

以上、自民党の政治は、理想の政治である孟母三遷とはかけ離れた政治であり、自民党に政治を負かしていたら日本に未来は無いですね?
せいぜい「スシローペロペロ高校生」(岐阜県)が増えるだけですね?

「理想の政治とは孟母三遷ではないでしょうか」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 『鼓腹撃壌』の為には、孟母三遷が必要なのです。国民の能力を最大限に引き出さずして鼓腹撃壌など有るはずがありません。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/02/13 10:07

A 回答 (3件)

貴方が参戦して下さいッ!

    • good
    • 1

中国の故事で、現代の日本の政治を語るなら、一番基本に、『鼓腹撃壌』があるべきじゃ無いでしょうか。


つまり、
・国民が幸福な生活を享受する。
・政治家や役人は、その民の姿を見て満足する。

現代の日本では、
・国民は生活に不満だらけ、政治や行政に文句たらたら。
・政治家も役人も、国民に寄り添うというのは口先だけで、私利私欲に取れ疲れて国民の事なんかどうでも良い。

『鼓腹撃壌』って中学の漢文で習う言葉ですね。そういう基本的な言葉を見直したいですね
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『鼓腹撃壌』の為には、孟母三遷が必要なのです。国民の能力を最大限に引き出さずして鼓腹撃壌など有るはずがありません。

お礼日時:2023/02/13 10:07

子供の教育は環境による話が気に入ったようですが、


政治に持ってくるのは無理でしょう。
賃金の上がらないのは政治のためと、言いたいのでしょうか?

消費税導入で、高額所得者の税金負担率を減らすのがこの30年の
政治です。そのための不景気もあるでしょうが、民主主義ですから、
国民が望んだ政党の政治の結果です。
若者の半分も選挙に行かない方向ですから衆愚政治の方向と言えます。
「理想の政治とは孟母三遷ではないでしょうか」の回答画像2
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!