最新閲覧日:

クイズの問題で、2つのうちから正答を選ぶ2択と
それ以上の数(普通は3択か4択ですね)の場合では
どちらが難しいと感じますか?
「この中のどれかが正しい。」と
「どちらかが正しい。」の違いですね。

問題を見た時点で、確実に答えられる場合は
選択肢がいくつあろうが関係ないですが、
確信がなく判断つきかねる場合を考えてみます。

3択や4択は選択肢が多くてあれこれ迷う。
正答1つに対してまぎらわしいひっかけが
いくつもあり、悩んでしまいます。

4択でも、消去法でしぼりこんで結果的に2択になる場合もありますね。
わたしは2択の方が難しいですね。
「究極の選択」なんてこともいわれますし。
2つのうち1つを選ぶ、の状態の方が難しいです。

どちらが難しいと思うか、とその理由を
教えてください!

A 回答 (7件)

「ミ○オネア」では4択出題ですが、ライフラインで「50:50」を使うと2択になります。

それで正解率が上がりそうな気がしますが、たいてい、「どっちかなー」と迷っている2つが残っているようです。(はじめから2択のほうが難しいなら、誰も50:50のライフラインはつかいませんね)
4択の出題をすると、「ひっかけ解答」を3つ用意しなければならないのですが、3つの答えを用意するのがめんどうで、いいかげんな答えしか用意できないと、絞り込んだ2択とかわらなかったりします。
ただ、ぜんぜん、見当のつかない4択だと、2択になるのは、単純確率でありがたいです。(たとえば、オジサンには、「モーニング娘。の新しいリーダーは?」といわれても、4択の4人が区別できない。辻ちゃんが入っていれば確実に消去できるにしても)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり2択が良さそうですね。

お礼日時:2001/09/29 12:27

>2択のほうが難しく感じるのはなぜでしょう?


「ダメもと」度が低いからではないでしょうか。
宝くじの番号を選ぶのは全然難しくありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
宝くじってナンバーズとかのことですね?

お礼日時:2001/09/29 12:26

まず、ご質問の解釈ですが、「2択と3択、正解するのはどちらが難しいか?」ということではなくて、「2択と3択、正解が全くわからない場合に選択肢の中のどれを選ぶか決定するのは、どちらが難しいか?」ということでよろしいでしょうか?



すでに他の方から指摘があるように、正解が全くわからない場合、選択肢自体が情報となりうる場合がありますね。
2択と4択では、4択のほうが情報量が多いので、「選択する」という行為自体はやさしく感じられるのではないでしょうか。
私もはるか昔、受験生の頃、経験則で3択や4択の選び方を身に付けていて、正解がわからない場合には適用していました。全くの勘よりはずいぶん正答率が高かったように記憶してます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 12:25

私が高校2年のとき見つけた本で 有坂誠人の「例の方法」と言うのがありました。


この本によれば選択肢を見ただけである程度正解がわかるそうです。
その当時私は国語が苦手でセンター試験が心配でした。
しかしその本によれば本文を読まないでも選択肢だけで正解を見つけることができるらしいのです。問題制作者の心理を読むと言うものでした。解答が長いものは除外とか、もっともらしく書かれているのは解答者を引っ掛けるものだから不正解だとか、明らかに他の選択肢と違うものほうが正解とか、まことしやか方法が次から次に書いてありました。溺れる者藁をも掴むで、感動した私はこの本を読んでセンターの模擬試験で実践してみました。センター試験の国語は大抵五択です。制限時間が80分のところ、選択肢しか見ないので15分位で解き終わりました。
その結果はというと200点中79点正解率は4割くらいでした。通常5択なので適当に選んだときの正解率は2割。いいんじゃないかと思うが普通に解けば100点は取れたものだっただけに本番でこの方法を使うの無謀。(私が未熟だったからかもしれませんが)
しかし答えがまったくわからない問題では無作為に選ぶより確率はいい。
知っておいて損はないと思いました。
クイズでも問題を聞かないで選択肢だけを見て正解を見つける訓練でもすれば、まったく分からない問題に出会ったとき役に立つのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

wmaruさん、ありがとうございます。
家を空けていたため、お礼が遅れて申しわけないです。

さて、わたしも実は予備校生時代に講師の方から
そうゆう解き方(有坂式かどうかは不明)
もある、って聞きました。
正攻法でいくより裏技的解き方ですよね。
受験テクニックってこわい・・・
模擬試験とはいえ、実践してしまうwmaruさんすごいっ!(拍手)

お礼日時:2001/09/07 22:22

二択と四択とでは確立では絶対に運だけを使って解答するとなると二択のほうが正解率がいいと思います。



問題です・・・
私が今、頭の中に浮かんできたトランプのカードは何でしょう?
1、ハートの1
2、スペードの1
3、スペードの5
4、ダイヤの8

なんとなくですが
この問題の場合は4はないような気がしませんか?
人が問題を作成した場合4択のうち一つは完全ハズレを作り、残りを引っ掛けたがるような気がします。
この場合、1と2の共通の1の部分と2,3共通のスペードの部分を考えると2が正解のような気がします。(正解は 2 です)

こういった問題では他の選択肢によって思い出すことがあったりヒントがあったりするので私は二択と四択とでは問題によって難易度が異なると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
kiku_kikuさんの例題、たしかに4を選ぶ人がいたら
けっこうなあまのじゃくさんですよね(笑)
逆に4が正答で、問題作成者が「ニセの答え」を
3つ作らねばならない時、例のような1~3の選択肢は
作らないでしょうし。
この例題で4に「完全はずれ」をもってきたのは
作成者のやさしさ、とも考えられません?
意地悪な場合「ハートの5」もあり得る気がします。
(そこまでされたら正答は難しいですよね~・・・)

ここで新たな疑問もわきました。
ヒトは4択問題を解く時、消去法以外はあるのか?
これも考えてみたいと思います!
今回はありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 13:03

機械的に選択した場合の正答率は、


4択:25%
3択:33%
2択:50%
となるので、肢の数が少なくなるほど当然正答する確率は上がり、
2択が最も優しく、4択が最も難しいということになります。

2択が難しく感じるのは、どちらかは正解なんだと思うと、かえって萎縮してしまうからなのでしょうか。「丁か半か」というやつですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そうですね、確率でいえば
2択の方が当てやすいはずなんですよね。

そうなんです、Bay-Starsさんが言うように
2択を難しく感じるのは
「かえって萎縮してしまう」、これ当たってます。
ここの所をもっと追求して分析してみたいです。
なかなか深いテーマだと思いませんか(笑)?

お礼日時:2001/09/02 12:53

質問にあるクイズで「2択」と「3択」はどちらが難しいか


ならば選択肢が多い方が難しいと考えます。
つまり、3択の方が難しい。

先ず
・クイズの2択や3択以上、選択肢無し等は必ず正解がある
 (出題者が意図している正解というものが存在するという意味で。)
・究極の選択というのは正解がないというか正解は答える人により変わり得る。
状況が違うので比較対象にはなり得ないと思います。

自分でもおっしゃっているように
「4択でも、消去法でしぼりこんで結果的に2択になる場合もありますね」
とありますが、
絞り込んだというのは絞り込める判断材料が貴方にあったからで
その判断材料が無い場合
只単に質問に有るような状況におかれた場合は
あきらかに選択肢が少ない方が正解する確率は高いです。

また、正解が分かっているなら間違いの選択肢が
いくつあろうとも1択の問題と言えますし、
消去法で絞り込むということからも分かるように
選択肢を減らそうと試行してる行為は選択肢が少ない方が
正解し易いと分かっているからなのでは無いでしょうか。

貴方がおっしゃっている2択の方が難しいというのは
前提条件なり特殊な状況化においてのみ成立する
のであって質問にある状況
(たんにクイズで「2択」と「3択」はどちらが難しいか)
では不成立であると考えます。


例えば自分が貴方に
自分のかみさんの歳はいくつでしょうとあった場合
貴方には判断材料となるものがほとんど無いですよね
ここで4択とあるのと、2択とあるのでは
あきらかに2択の方が貴方には正解しやすいと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
まず初めに。
わたしの質問、言いたいことがよくわかりませんでしたね。(汗)
タイトルとおりの質問に対しては、おっしゃる通り、
確率の点で、選択肢の少ない2択が正答しやすいはず。

2択のほうが難しく感じるのはなぜでしょう?
ということを本当は聞きたかったんです。
よく考えてから文章書けばよかったです・・・

>選択肢を減らそうと試行してる行為は選択肢が少ない方が
正解し易いと分かっているからなのでは無いでしょうか。

のところ、参考になりました。さすが心理学カテ。ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/02 12:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ