深沢七郎の「これがおいらの祖国だナ日記」という作品を読んでみたいのですが、掲載している本、雑誌等を知っている方は教えてください。

A 回答 (1件)

(アドバイス)




 「深沢七郎集」全10巻(筑摩書房)に収録されていないとなると、難しい...


深沢七郎集 第7巻(エッセイ)
-----------------
言わなければよかったのに日記
とてもじゃないけど日記
変な人だと言われちゃった日記
「文士劇」ありのままの記
買わなければよかったのに日記
言えば恥ずかしいけど日記
「ワケは許してネ」日記
分らなくなってしまう日記
おいらは淋しいんだ日記
首をやるやる日記
風雲旅日記


深沢七郎集 第8巻(エッセイ)
-----------------
初恋は悲しきものよおぐるまの日記


言わなければよかったのに日記     中央公論社
百姓志願 : 都会を離れた自由人の日記  毎日新聞社
好きになるということはの日記
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのアドバイスありがとうございました。
三島由紀夫もお薦めの一文だということなので、ぜひ読んでみたいのですが、
なかなか難しいか。あきらめずに大宅文庫等でも調べてみます。
また何か情報があったら教えてください。

お礼日時:2001/09/03 02:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Q阿久 悠の日記力を読みました。そこで使用されている日記帳

阿久 悠さんが23年間使用している日記帳が知りたいのです。同じものを購入したいなと考えているのですが、ご存知の方がいればぜひ教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

イタリア製みたいですね。参考URLの方の12月10日分に詳細が書かれていました。

参考URL:http://mainichiteisyu.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/index.html

Q80年代の一般風俗を主にビジュアル等で掲載している本がありましたら教えてください

80年代の一般風俗を主にビジュアル等で掲載している本がありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

『別冊宝島』の内の80年代を扱ったモノなんか丁度良いかと思いますが・・・・確か他にも有った気がするんですが・・・
下記で次ページもチェックください。

http://tkj.jp/search/search.cgi?freeword=%82W%82O%94N%91%E3&bannerset_id=53&kensaku=syomei&mode=search&pagenum=1&genre=&category=&series=&isbn=&publish_year_s=&publish_month_s=&publish_day_s=&publish_year_e=&publish_month_e=&publish_day_e=&search_book_name=

Q昔読んだ本ができたらもう一度読みたいです!

中学のときシリーズで読んだと思うのですが、ニューヨークやシカゴといった都市全体が宇宙を旅していて、主人公は確かニューヨークの市長で、最後に降り立った惑星で、「人類の住むところが地球なのです。」といったような記憶があります。ハヤカワ文庫だったのですが、暇ができたのでもう一度読みたいなと思っています。

Aベストアンサー

 今晩は。何日か前にサンリオの文庫版に関する質問が有って、ここにも自分を含めて少なくとも3人はSF読みがいることが判りました。その時に回答していた人はかなり読んでいますね。そちらに1日遅れで回答しようとしたら、既に締め切られていたので私は参加できませんでした。
 さて、質問の作品は、ジェイムズ・ブリッシュの宇宙都市シリーズですね。これは全部で4作から成っていますが、第1部「宇宙零年」は舞台が木星で、ここではまだニュー・ヨークは出て来ない筈です(いやぁ、私も読んだのはもう20年も前のことなんで・・・恐縮)。次からは最終巻までニュー・ヨークが出てきますが、今度は果たしてそのどれに質問の文章が有るのやら・・・(^^;
 シリーズの中では第3部「地球人よ、故郷に還れ」が最も有名ですが、私としては第1部が一番良かったですね。尚、第2部は「星屑のかなたへ」、第4部は「時の凱歌」で、質問に有る通り早川書房の出版です。SF史上の傑作の一つですからまさか絶版ということはないでしょう。それでは。

Qいぜん読んだ本探してます。外国人作家の本です。

(1)作家は外国人。(2)テロかなんかで崩壊した建物。(3)主人公の女性A(平凡)が、偶然同じ建物にいた女性B(美人)と間違われて(ぶつかったかなんかして、カバンかなんかが入れ替わってしまったからかな?)、搬送された病院で火傷した顔をBさんの顔に整形されてしまう。(4)女性Bの家族が現れ、この時口が利けず体も不自由だったAさんは、Bさんと勘違いされて病院から屋敷に連れて行かれる。(5)怪我の状態は、顔や体が傷ついていて包帯だらけで自力で動けず、口も利けない。筆談するシーンも・・。(6)屋敷で食事や清潔など全ての世話をしてくれる青年は、Bさんのことが嫌いで嫌々お世話してたんだけど、Aさんと接するうちにだんだん惹かれあっていき悩む。(7)勘違いが露見し・・たのかな?あとは忘れちゃいました!
とっても読みたいよ~。ぜひぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の子供のために、良心の呵責に悩まされつつも、真相を隠しB夫人として生きていこうとするが、Aの世話をする義理の弟(B氏の弟)は真実を知っているのか、辛くあたる。
しかし、いつしかお互い惹かれあい…

お探しの話しとかなり近いように思うのですがどうでしょう?
民放の2時間ドラマにもなって驚いたこともありますが。
以前はハヤカワミステリの文庫で読めました。図書館なら必ずあると思います。
この作品以外もアイリッシュは名作ぞろい。「暁の死線」が私のお気に入りです。

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報