ある物質が血液脳関門を通過できるか否かを知りたいのですが、どういう風に調べたらいいいのでしょうか?
例えば、ビタミンCはどうかとか、アミノ酸やペプチドはどうかとかです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

脳の機能を維持するために必要な栄養素は、基本的に血液脳関門(BBB)を越えて脳細胞に供給されます。

また、脂溶性の高い物質は細胞膜を通り抜けてしまうためBBBを通過してしまいます。例としてはヘロインがあります。
測定の方法ですが、目的の物質を放射性元素か何かでラベルして投与したあと、血液中の濃度と脳組織中の濃度を比較すれば良いのではないでしょうか。BBBを通過しないのであれば、脳組織中の濃度は上昇しないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2005/03/24 23:56

#2です。

補足です。
脳組織を採取する際には灌流を行って血管に残っている血液を抜かないと、血液中の物質が混入します。
PET(positron emission tomography)という、実験対象を殺さない方法もあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご丁寧にありがとうございます。
PETは臨床でも最近出てきましたね。

お礼日時:2005/03/24 23:57

やはり低分子でないといけないということは明らかです。

細胞と細胞の間はtight junctionですからほとんどは細胞内を通ることになります。しかし低分子であってもP-糖タンパクにより脳に移行しないものもありますから一概には言えません。
アミノ酸は通過します。塩基性のペプチドは通過します。VCはわかりませんが構造を見る限り通過はしないでしょう。エンドサイトーシスがあれば別ですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
VCは通過しないのですか。
そう言われてみるとそんな気がします。
水溶性ですしね。

お礼日時:2005/03/24 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

血液脳関門」に関するQ&A: 酒と多汗の関係

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVITAMIN WORLDのビタミン剤について

 先日、海外旅行へ行った知り合いからビタミン剤をもらいました。
VITAMIN WORLDで扱っている「Mega Vita Min for Women」というビタミン剤です。
辞書を頼りに説明文章を読むと、18歳以下の人、妊婦やお医者さんにかかっている人でかなりの数の病名があがっております。
女性用のサプリという事だったのですが、このビタミン剤(?)を摂取するとどのような効果があるのかも不明です。
50種類もの成分が入っているためここでは記載できないのですが、このビタミン剤を摂取されている方がいらっしゃれば是非、どのような時に摂取しどのような効果があるのかを教えて頂きたいと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

米国の有名メーカです。http://www.vitaminworld.com/

http://www.vitaminworld.com/pages/Categories.asp?xs=00812F3DB5D147269F82EDF0FA9E0111&CID=72
これですよね。

別段どこと云って特別に悪くないが、疲れやすいとかの人で、極々軽い症状の人にはお勧めしています。
男性用もあります。

VITAMIN WORLDとPuritan'sは ハワイ・オアフ島や本土の観光地で日本人が多く行く店にも必ず置いてあります。又、通販で日本にも送ってくれます。


>このビタミン剤(?)を摂取するとどのような効果があるのかも不明です
⇒一つ一つの効能は沢山ありますので、これは説明書にはいちいちかかれていません。こちらでは或る程度以上のレベルの人々は常識的に皆が知っていますから(病気になっても国民皆保険では無いですしね)。

で、単体の効果を知りたいなら、日本でも本屋に詳しい本が沢山ありますし、検索しても多くヒットします。

此の総合ビタミン剤は、女性が現代の食材では不足してしまうと思われる物質は全て網羅していますので、少しくらいの不足で具合が悪い場合に効果を発揮します。

病院へこられるような人の場合は、少しの不足では無いので単体での投与・摂取と成ります。

>どのような時に摂取しどのような効果があるのかを教えて頂きたいと思います
⇒毎日食後に飲むのです。 

参考URL:http://www.vitaminworld.com/

米国の有名メーカです。http://www.vitaminworld.com/

http://www.vitaminworld.com/pages/Categories.asp?xs=00812F3DB5D147269F82EDF0FA9E0111&CID=72
これですよね。

別段どこと云って特別に悪くないが、疲れやすいとかの人で、極々軽い症状の人にはお勧めしています。
男性用もあります。

VITAMIN WORLDとPuritan'sは ハワイ・オアフ島や本土の観光地で日本人が多く行く店にも必ず置いてあります。又、通販で日本にも送ってくれます。


>このビタミン剤(?)を摂取するとどのような効果があ...続きを読む

Qアミノ酸のペプチド結合について

mRNAのコドンからtRNAでアミノ酸を結合させる時の酵素以外で、アミノ酸の状態からペプチド結合をさせる酵素はあるのでしょうか?グリシンとシステインを結合させる酵素とか?

Aベストアンサー

URLを参考にしてください。

http://www.kyowa.co.jp/bioworld/pdf/Dipeptide.pdf

http://www.kyowa.co.jp/di-peptide/system.html

http://www.bsj.or.jp/cgi-bin/bsn/A_ban_cal_naiyo.cgi?pass=1159547179

http://www.nacos.com/sfbj/sfbj06.html

Q清涼飲料水のビタミンは肌に効きますか?

スポーツドリンクなどで、ビタミンを多く含むもの、
例えば、http://www.cocacola.co.jp/products/lineup/vitaminguard.html
こんなの、ってお肌にも効果ありますか?
にきび肌でビタミン摂りなさいってことらしいのですが、
食品から摂るの中々大変かと思いまして…
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

食べ物ではなく、飲み物からの摂取でも効果は変わりません。
(おなかに入れば同じってやつです。)

お肌に良いビタミンはA、B2、B6、C、E、パントテン酸など、様々ですが、
それをある程度の量を摂取するためには、素直に、サプリのほうが良いかもです。

QGABA(ガンマアミノ酸)を大量に摂取すると、脳内で『ニューロン同士のグルタミン酸による結合』が弱くなったりするの??

発芽玄米やチョコレートなどに多く含まれているという、『抑制性神経伝達物質』のGABA(ガンマ・アミノ酸)。

最近は、GABAが一袋に数百ミリグラムも入っているサプリメントなどが健康食品売り場の店頭などで売られていたりするのを、よく見かけます。
 
このGABAは『グルタミン酸へのブレーキ』のような役割もこなすと、ちまたで聞いたのですが。

ということは、つまり、このGABAをサプリメントなどで過剰に大量に摂取すると、脳内での『グルタミン酸によるニューロン同士の神経接続』が弱くなったり、接続が切れていったりするものなのでしょうか・・・??

向学のために、GABAを体内に大量に摂取しすぎるとどうなるのか、知っておきたいのですよね。

Aベストアンサー

グルタミン酸へのブレーキというのはグルタミン酸が興奮性神経伝達物質なのに対して、GABAが抑制性神経伝達物質であり、逆の作用をするということなのではないでしょうか??

また、GABAはBBB(血液脳関門)を通過できないので、体外から摂取しても脳内に入ることはできません。しかしGABAは末梢(腸管・ランゲルハンス島B細胞・卵管・副交感神経支配臓器・内分泌臓器)でも作用するので、食品から得られるリラックス効果は末梢に働くために起こると考えられます。

QマルチビタミンとHICEE B MATE2 飲み合わせ

マルチビタミンとHICEE B MATEの2つを飲んでいます
http://www.drugstore.com/qxp54695_333181_sespider/nature_made/multi_for_him_multi_vitaminmineral_supplement_tablets.htm

海外製のNatureMadeの説明、英語でわかりづらいかもですが、
ビタミンの取りすぎになりますか?
尿がやっぱり結構黄色くなるんですけど、、
肌の感じは良くなってきたと思います

Aベストアンサー

全然~問題~ありません。
マルチビタミンは十種類以上のビタミンが配合されてますが、含有量は医薬品の1/5~1/10ぐらいですので、ハイシービーメイトと重なる成分がありますが心配する量ではないです。
それと海外版のネイチャーメイドのURLが添付されてましたが、アメリカのマルチビタミンと日本のマルチビタミンとではビタミンの含有量が違います。

Qアミノ酸の種類とペプチド結合について

学校のレポートなんですがよく分かりません。誰か詳しくアミノ酸の種類とペプチド結合の両方を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

rei00 です。

補足拝見しました。そういう事なら仕方がないですね。

ところで,学校の図書館は調べられましたか。それとも,専門学校の図書館だと,そんなに教科書の類は置いてないのかな。

さて,「味の素」の「なぜ?なに?アミノ酸」というペ-ジを参考 URL にあげておきます。このペ-ジの内容,あるいは,右下の方にある「アミノ酸関連事業の紹介」のペ-ジの内容を参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.ajinomoto.co.jp/ajinomoto/A-Life/index.html

QβカロテンとプロビタミンA

先日、海外のサプリをインターネットで見ていた所、
***********************************************
Beta-Carotene(as pro-Vitamin A 1.5mg)
Amount Per Serving:2500IU
***********************************************
という記述を見かけました。
その後ネットで調べた所、プロビタミンが体内においてビタミンAに
変換されうる物質の総称だということはわかったのですが、
1.5mgからどのような計算を経て2500IUが求まったのかがわからず、
質問をさせていただきました。
ビタミンAは0.33μg=1IUですが、
プロビタミンの場合はまた違った基準があるのでしょうか。
ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1です。
こっちのほうが理解しやすいかなぁ…?
前述のとおり、プロビタミンAの単位が違うので1retinol当量=1マイクログラム(μg)のretinolまたは6μgのβカロチンに相当
プロビタミンAとして1.5mgなので
 1.5mg÷0.0006mg=2500IU だと思う…。

Qアミノ酸について

アミノ酸というのは20種類あると聞いたことありまして、
一覧表も持ってます。

何かの本で「カイニン酸」というアミノ酸があると言うのを見ました。

これはアミノ酸のリストにはありませんでした。
これはどういう事でしょうか?

アミノ基とカルボキシル基を両方持つ有機物を総して「アミノ酸」と呼ぶ定義でもあるんでしょうか?

よくわかりません。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

アミノ酸の定義はアミノ基(NH3)とカルボキシル基(COOH)の両方をもつ有機化合物です。
Uragimielさんの言うアミノ酸20種というのはアミノ酸のうち一般のたんぱく質を構成するアミノ酸です。
20種のうちいくつかのアミノ酸が組み合わさってタンパク質になります。
カイニン酸ももちろんアミノ酸です。
構造をみるときちんとアミノ基とカルボキシル基があります。

Qたばこ税増税の内訳

たばこ税増税の内訳を調べています。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=476156
先に質問しました↑で、たばこ税の計算方法は理解でき、
国たばこ税・都道府県たばこ税・たばこ特別税・市町村たばこ税とあるようですが、
今年5月(?)に増税される税金は、どのたばこ税に当てはまるのでしょうか?

自分で調べた結果、増税は1本1円中、0.82円が税収で
0.18円はたばこ会社の利益になる・・・程度しか見つけられませんでした。

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

総務省のHPに載ってますよ。


旧3級品以外の製造たばこ

           現行    改正
たばこ税     2,716円 → 3,126円
たばこ特別税    820円 →  820円
道府県たばこ税  868円 →  969円
市町村たばこ税  2668円 → 2,977円

・・・ということみたいです。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/news/021219b.html

Q必須アミノ酸のフェニルアラニンは必要ないのでは?

よろしくお願いします。

必須アミノ酸の中のフェニルアラニンは生体内でチロシンに
変わりますが、であればチロンシのみでよくフェニルアラニンを
必須アミノ酸とする必要はないのではないでしょうか?

フェニルケトン尿症をみてふと思いました。
ご教授よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

おはようございます。

「フェニルケトン尿症」は、常染色体劣性遺伝を示す遺伝子疾患です。対症療法としてフェニルアラニンの摂取量をコントロールします。

「フェニルアラニン」は、チロシン生合成の材料である一方で、タンパク質の材料となるアミノ酸の一つです。また、ヒトはフェニルアラニンを自身では生体内で合成できないので、フェニルアラニンは必須アミノ酸の中の一つです。

ヒトはフェニルアラニンを摂らないとタンパク質を合成できなくなります。


人気Q&Aランキング