親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

お世話になります。
現在1歳4ヶ月で右上肢の機能全廃ということで、先日身体障害者手帳2種2級を取得した子供の母です。
今回は特別児童扶養手当についてお伺いしたいことがありますので、詳しくご存じの方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いいたします。

先日、手帳を申請したのと同時に特別児童扶養手当の方も申請したのですが、その手当の方の階級に該当するか否かを知りたいのです。
診断書を書いて頂いた主治医の話によると、我が子の場合手当の方は2級で認定されるかされないかギリギリのラインだということでしたが、一か八かで申請することになり2級で申請をしました。
が、後日同じ障害で同じく2級の障害者手帳を持っているお子さんが、手当は1級を貰っていると聞き不思議に思っています。

どこかで特別児童扶養手当は認定に都道府県で違いは無いと書いてあったような気がするのですが、それではなぜ同じ障害で同じ2級の手帳を持った2人に、それだけの差が生まれるのでしょうか?
ただ単に医師の違いによるものだけなのでしょうか?
それと2級ということで申請した場合、認定されないことがあっても1級で該当するということはないのでしょうか?

最後に、手当の階級に該当するか否かが分かるようなサイトがありましたら教えて下さい!
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

元・障害福祉行政担当者です。


私自身、重度身体障害者で、手帳が2級、障害年金が1級です。

ご質問の件ですが、実は、医師の診断書によって左右される、ということではなく、そもそも「障害認定基準」が両者の間で全く別物であることによります(意外と知られていません。)。

手帳のほうは身体障害者福祉法により、以下のものが基準として用いられます。
 ○身体障害者福祉法施行規則別表第5号「身体障害者障害程度等級表」(1~7級)
 ○身体障害者福祉法身体障害認定基準及び認定要領

これに対して、手当のほうは特別児童扶養手当等支給法により、以下のものが基準として用いられます。
 ○特別児童扶養手当等支給法施行令別表第3(1~2級)
 ○特別児童扶養手当等支給法障害程度認定基準

手帳を持っていれば、その級を参考にして診断書に代えることができる、という通達が出されてはいますが、しかし、両者は、上述した「基準の違い」により連動していません。
要するに、障害の定義が全く別物である、ということです。
これは、障害年金でも同じです(これまた、意外と知られていません。)。

手帳の等級には、たとえば同じ級でも細かな区分があります。
手当では、その細かな区分ごとに、さらに手当の該当の可否を判断します。
したがって、一口に上肢障害で2級、と言っても、ある人は手当に該当し、またある人は該当しない、といったことが起こります。
これは、やはり障害年金でも同じです。
これが最大のポイントで、かつ、ご質問への回答になります。

手当2級に認定されなければ、手当1級に該当することはありえません。
なお、手当の階級に該当するか否かの判定は、素人が行なうことはかなり危険なことだと思います。
もちろん、ご紹介されたサイトを見ていただいてもかまわないのですが、実際の運用にあたっては、整形外科的な診断基準や年齢による判定基準(障害の状態が成長とともに変わりやすいので、障害状態が固定したと見なされるための年齢基準があります。)があって、先述した基準の中で膨大かつ非常に細かく定義されています(正直言って、サイトで説明し尽くせるような性質のものではありません!)。
解釈に疑義を生じやすい表現(=「専門家以外が読んだ場合、自分の都合の良いように受け取れる」という意味)も多いので、念のため。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

手帳と手当で基準が違うというのは知っていたのですが、今まで色々な障害を抱えたお子さんをお持ちの方と話してきた中で、どうしても疑問に思うことがあったので今回質問させて頂きました。

今回は特別児童扶養手当について質問した訳ですが、別にこの手当だけに関わらず、身体障害者手帳・療育手帳・支援費・その他福祉サービスなども含め、どう考えても住んでいる地域や診断書によって差が生まれているような気がしてなりません。
あなた様が仰る通りに今回の件がこの基準の差だけであることを祈っています。

専門的な目線からのご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/28 22:11

#1です。



>これは具体的に言うとどういった医師のことなのでしょう?
行政側が児童相談所や保健所などで、相談を受けたり巡回指導などでお世話になったりと、その地区の障害児や障害者へのサービスに関して、協力してくれてる医師やその病院ですね。

自分たちに協力してくれているのだから、医師の方から診断書が出ると、手当てや手帳に付いてすんなり出してくれるみたいです。

そのため、特に自閉症などの発達障害については、判断基準がわかりにくいから、主治医が誰であるかはかなり重要です。
うちの子の主治医がこの地区で一番力がある方なので、形だけでも主治医のままでいて頂いてます。(待ち時間が長いので、実質は違う方なんですが)

>医師をきちんと選んだ上で、診断書を書いて頂くというのが重要
本当にそうだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。

みんながみんな、こうして力のある医師に診てもらい診断書を書いて貰えれば良いのでしょうが、実際には不可能ですよね・・・。
となると、やはりそれぞれ差が生まれしまうことになりますね。

よく理解出来ました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/03/30 01:28

うちの子供は重度知的障害で特別児童手当1級を受給しています。


No.1さん同様、身体障害については詳しくありませんが・・・。

申請する時に医師が診断書を書いたと思いますが、
その診断書の書き方によって判定が変わってくるということは充分有り得ます。

うちの子供は2歳の時、まだ療育手帳を取得していない段階での申請でしたが、
その時に医師が「多く手当てが貰えるように少し悪いめに書いておくね」と言っていましたから。
ま、うちの子供の場合、そんなことしなくても1級でしたが。
現に今は療育手帳A判定なので、審査なしで1級の受給資格があります。

話が脱線しましたが、以下のサイトに障害等級表がありますので、参考になさって下さい。

参考URL:http://www.city.takasaki.gunma.jp/sosiki/jidou/z …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり医師の診断書というのはとても重要になってくるのですね。
確かに医師も人間ですから情なども伴って、多少上乗せをして書いてくださる事もあるでしょうし・・。
もしそういった事があるとすれば、同じ病気で同じ障害の程度だとしても、手当に差が出る事もあり得る訳ですね。

どちらにしても決定の通知が来るまでは、どうなるか分からないので焦らず待とうと思います。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/03/28 22:02

こんにちは。


うちの娘は自閉症で、特別児童扶養手当を貰っています(2級です)。

なので身体障害者の方とは厳密には違うかもしれませんが、
>特別児童扶養手当は認定に都道府県で違いは無い
違うと思います。県が変わると厳しい所と甘い所があると思います。特にボーダーのお子さんの場合、微妙だそうです。(他県に引っ越された方からの情報ですが)

>ただ単に医師の違いによるものだけなのでしょうか?
そうだと思います。
主治医が手当てを出す所に影響力の強い方だったら出ますが、そうでない場合出ないこともあります。(実感してます)

とりあえず大阪府のサイトがあったので貼っておきますが、これも担当者の匙加減だと思います。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/jido/teate/tokujisyouga …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。お礼が遅くなりまして申し訳ございません。

一応は都道府県で違いがなく公平な審査ということになっていて、けれども実際はやはり都道府県により差が出てくるといった感じなのでしょうか。

>主治医が手当てを出す所に影響力の強い方だったら出ます
これは具体的に言うとどういった医師のことなのでしょう?
もしこれが真実ならば医師をきちんと選んだ上で、診断書を書いて頂くというのが重要なのかもしれませんね・・・。

実際に申請した方からの情報は貴重なので、とても参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/03/28 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特別児童扶養手当が途中でストップ?

現在、3歳になる息子の精神遅滞により特別児童扶養手当を受給しております。
申請をしたのはちょうど1年ほど前で、その時は確かにほかの子に比べて著しく言語に遅れがあり、行動も含めてすべてが遅いなと自分も思ってましたので、夫婦で励ましながら受け入れて何とかやっていきました。

2か月に1回、「中等度の精神遅滞」と認定し診断書を書いてもらった医師に診てもらっていたのですが、いつになっても「まぁ様子を見ましょう」と言われ続けていました。

その間、保育園に入り、市からの援助により専属の加配の先生を付けてもらい、療育センターも週に1日訪問し、毎日を過ごす中で息子の成長が加速度的に速くなっていきました。

そうした中で、療育センターに時々来られるお爺さん先生(何千人と知能検査をやってこられた方で、知的検査のプロだそうです。)は「私にとって、知的障害のお子さんには見えない。この1年間を通してみてきたが、私の中ではもう判断を下している。息子さんは障害ではない」と言ってくださいました。
2歳児検診の時には「再検査」を言われていたのですが、3歳児検診の時には「うん、健康的に育ってるね」と言われました。
通っている保育園の先生からも最近、「他のお子さんと比べて著しく発達が遅れているようには見えないからもう一度診察してもらってみては?」と言われてます。
つまり、当初の医師以外からは「健常児」と判断されているのです。

それはそれでとても喜ばしいことなのですが、うちら夫婦には別の問題を抱えています。
妻は精神障害を患っており、ショックな出来事に耐えうる状況にありません。(1年前に子どもが精神遅滞と診断されたときは自分が有給を使い切ってそばにいて支えました)
万が一、妻が健常児だと期待を持ってしまった後に、再度医師に「やっぱり障害がある」と言われた時に同様のショックが起きます。
そのため、安易に「どうですか?」と聞きづらい状況にあります。
この1年間もほかの方々から、健常児では?と言われた時も自分は妻に「お前は余計な期待を持たなくていい」と冷たい言葉を言い続けてきました。

何より、診断当初から医者に対してのさまざまな不信感を持っていたこともあるので、今回もし「やっぱり健常児でした」といわれたとすると、腹立たしくて仕方がありません。
そのうえ、健常児であればあと1年間継続してもらえる特別児童扶養手当がもらえなくなる気がするのです。
医者のその診断一つに振り回されたら自分は怒りを抑える自信がありません。
慰謝料などもらえないのなら、もらえるものだけでも貰ってやりたいと悪い考えも浮かんでしまうのです。

仮に、5月に「健常児」診断が出た場合、即座に受給はストップするのでしょうか?
また、医者に対して何か不満を言うことはできないのでしょうか?

自分勝手なことで申し訳ないのですが、子供も妻も十分苦しんできました。それを傍で見てきて、一番苦しんでない自分が支えようと必死になってきました。
それがこんな状況になってきて、本来ならうれしいことなのに、今は怒りがこみ上げてしまうのです。

現在、3歳になる息子の精神遅滞により特別児童扶養手当を受給しております。
申請をしたのはちょうど1年ほど前で、その時は確かにほかの子に比べて著しく言語に遅れがあり、行動も含めてすべてが遅いなと自分も思ってましたので、夫婦で励ましながら受け入れて何とかやっていきました。

2か月に1回、「中等度の精神遅滞」と認定し診断書を書いてもらった医師に診てもらっていたのですが、いつになっても「まぁ様子を見ましょう」と言われ続けていました。

その間、保育園に入り、市からの援助により専属の加...続きを読む

Aベストアンサー

回答2でも書かれてますけど、特別児童扶養手当は有期認定です。期限があるのがあたり前です。
ただし、身体障害者手帳で再認定年月日の記載がある場合は、再認定年月日までが期限です。
また、療育手帳のときは、再判定年月日までが期限です。

なので、再認定の時期の特別児童扶養手当専用の診断書のほかに、身体障害者手帳や療育手帳専用の診断書を出したときにも、結果として、特別児童扶養手当がストップする場合があります。
通常、診断書の診断日(身体障害者手帳の再認定日、又は療育手帳の再判定日)の翌月分から、減額改定又は資格喪失(要は支給がストップ)になります。
回答2は、ちょっと説明不足ですね。

たとえば、有期認定で平成23年7月までの期限だったとします。
で、診断書の診断日が5月27日だったとしましょう。
特別児童扶養手当の再認定の審査の結果、1級から2級に下がったときは、7月を待たずに、6月分から減額です。
また、1級・2級から非該当になっちゃったときは、7月を待たずに、6月分からストップです。

ということは、もし、5月の日付で再認定・再判定の診断書が書かれたとすると、特別児童扶養手当の審査の結果でストップするとすると、翌6月分から止まります。
参考URLに細かく出てますよ。栃木県のものですけど、特別児童扶養手当は国の制度なので、ほかの県でも同様です。

ところで。
奥さんのことは、正直、手当のこととか診断のこととかとは、別問題ではないですかね?
あなたがちゃんと奥さんと向かい合って冷静・的確に伝えてないだけだと思うんですよ。感情的になっちゃったりしてませんか?(わざと冷たく言っちゃったり)
それに、まだ起こってもないショックをあれこれと悪いほうに想像しちゃってても、しょうがない気がするんですけど。

あと、医者に対する不信感はわからないでもないんですけど、でも、ほかの方も書いてると思うんですけど、やっぱり、子どもの成長や発達はポジティブにとらえて喜んだほうがいいと思いますよ。
医者に振り回されてわけでもなくって、むしろ、親御さんの心に迷いがあったり、手当をもらえることに甘えたい気持ち(たとえば、親御さんが仕事がうまくいかなくなって失業したりしたときなんかも)とかがあったりする、っていう場合もありますし。あなただけがそうだ、というわけじゃなくって、誰もそういう可能性があるもんです。
なので、もうちょっと親御さんがしっかりしないでどうします? 奥さんのせいとか医者のせいにしちゃいかんと思うんですけど。

参考URL:http://www.pref.tochigi.lg.jp/shogai/ssgr/100512/all.pdf

回答2でも書かれてますけど、特別児童扶養手当は有期認定です。期限があるのがあたり前です。
ただし、身体障害者手帳で再認定年月日の記載がある場合は、再認定年月日までが期限です。
また、療育手帳のときは、再判定年月日までが期限です。

なので、再認定の時期の特別児童扶養手当専用の診断書のほかに、身体障害者手帳や療育手帳専用の診断書を出したときにも、結果として、特別児童扶養手当がストップする場合があります。
通常、診断書の診断日(身体障害者手帳の再認定日、又は療育手帳の再判定日)の翌...続きを読む

Q特別児童扶養手当と療育手帳の有無

5歳の発達障害児(公立保育園通園中)を持つ親です。現状は知的障害(2~3歳程度)、言語障害(有意な言葉は3語程度)、軽度な自閉症の可能性もあり、と複数の医療、福祉施設から診断を受けています。
このような状況は特別児童扶養手当の受給資格対象になるのでしょうか?また療育手帳の取得の有無は関係ないということですが、取得しておいた方がよいのでしょうか?(身体障害は無いので、たぶんB1級になると思います)
受給資格のボーダーラインの場合、役所担当者の裁量、医師の診断書の書き方で結果が違うという噂を聞き、心配しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元・障害児者福祉行政の関係者です。
まず、療育手帳(知的障害児・者)から触れますね。
療育手帳は、実は、法律(知的障害者福祉法や児童福祉法等)で定められたものではありません(したがって、何ら法律上には定めがありません。)。厚生労働省通知「療育手帳制度の実施について」に基づいて、都道府県の裁量によって交付されるものです。
そのため、障害等級区分や呼称、判定基準等が都道府県によってかなり異なります。
たとえば、私の県(埼玉県)では、重いほうから順に、マルA、A、B、Cと呼びます。順に、最重度、重度、中度、軽度に相当します。

知的障害児に対する特別児童扶養手当(以下、「特児」とします。)は、上記の再重度、重度、中度に相当する場合に支給されます。
法律上、療育手帳が交付されているか否かは無関係です。
もっとも、原則として知的障害者更生相談所(いわゆる都道府県立の障害者リハビリテーションセンターのことです。)での判定に基づいて特児の支給の是非を判断しますし、判定方法が療育手帳と共通している(但し、特児のほうが判定基準がかなり厳しい!)ので、このとき療育手帳が取得できるなら取得しておいたほうが良いと思います。
ちなみに、療育手帳は比較的簡単に交付されます。
一方、特児については、標準化された所定の発達検査(一般に、WISC-3や田中・鈴木ビネー知能検査等)によって判定されたIQ(知能指数)が45未満(注:50未満ではなく、45未満です。シビアになりました。)でなければ、まず該当しません。
なお、成人(20歳以上)では、特児に相当するものとして特別障害者手当というものがありますが、知的障害者の場合、最重度でかつ常時特別な介助・介護を要する者(強度行動障害等)にしか支給されません。

特児には1級と2級があります。
手元にある行政資料によると、1級が月5万2千円強、2級が月3万5千円強(金額が変わっているかもしれませんので、念のため。)。
8月(4・5・6・7月分)、11月(8・9・10・11月分)、4月(12・1・2・3月分)に、郵便局(記憶違いかもしれませんが、確か銀行はダメだったと思います。ご存知の方、補足をお願いいたします。)に振り込まれます。

気をつけなければならないのは、特児は障害児本人に大して支給されるものではない、ということです。「20歳未満の重度障害児(注:特児支給法で定める障害児)を養育している父・母又は保護者」に対して支給されるのです(これに対して、特別障害者手当は障害者本人に対して支給されます。)。
そのため、父・母又は保護者のある年(1~12月)の所得が一定額を上回る場合には、その翌年度分(注:特児では年度が8月分からスタートします。)の特児が支給停止になります。

後段、ボーダーライン云々の部分についてですが、これは全くそのとおりです(--;)。
特に、医師による診断書によって大きく左右されます。
たとえば、東京都内ですと、都立梅ヶ丘病院(児童精神科専門病院)や国立精神神経センター武蔵病院(発達障害専門外来があります。)の児童精神科専門医にかかるとガラリと違ってくる、とよく耳にします。

療育手帳さえあれば、所得税・住民税の障害者控除(但し、最重度・重度では特別障害者控除と言い、控除額<税額の軽減度>が大きくなります。)の対象になります。
そのほか、最重度・重度の場合に限って、自動車税・自動車取得税・軽自動車税が減免されますし、JR旅客運賃が半額(介助者も)になります。有料道路通行料も半額です。
なお、JR旅客運賃については、12歳未満で中度・軽度の人が介助者付添で利用する場合には、介助者の定期券代が半額になります(意外と知られていません。)。
言い替えると、中度・軽度の場合には、障害者控除以外のメリットはあまりないのが実情です。

場合によっては、@niftyの障害児教育フォーラムも参考になります。

元・障害児者福祉行政の関係者です。
まず、療育手帳(知的障害児・者)から触れますね。
療育手帳は、実は、法律(知的障害者福祉法や児童福祉法等)で定められたものではありません(したがって、何ら法律上には定めがありません。)。厚生労働省通知「療育手帳制度の実施について」に基づいて、都道府県の裁量によって交付されるものです。
そのため、障害等級区分や呼称、判定基準等が都道府県によってかなり異なります。
たとえば、私の県(埼玉県)では、重いほうから順に、マルA、A、B、Cと呼びま...続きを読む

Q特別児童扶養手当

8才の子供です。広汎性発達障害です。
療育手帳のB2を持っており、IQは80前ボーダーラインのところです。
特別児童扶養手当の事で相談です。
多動があり、近隣の家に勝手に上がり込み冷蔵庫を開けたりしてあちこちから苦情があり、最近は家に閉じ込めてる状態です。でもやはり外で遊びたくたまらないようで、かなりストレスが溜まってて泣き叫んだり、八つ当たりしたりします。見てるこっちも辛いです。
こだわりもあります。
学校でもいじめがあって、毎日迎えに行ってます。最近はいろんな事があり私も疲れてきました。
こういう症状でもやはり手帳がB2だと特別児童扶養手当は該当しないのでしょうか?

Aベストアンサー

IMさん、事情を察することが出来ず申し訳ありませんでした。IMさんと同じような事例もいくつか知っています。皆同じような悩みを言われますね。ただIMさんの努力は素晴らしかったと思いますが、ある先生にお聞きしたら「自閉症と言うのは認知が上がるにつれ診断名ははずされる、がしかし根は残る。」例えば見た目に軽度で障害が分かりにくかったとしても根本は残るからやはり療育が必要なのだとおもいます。
現状の制度に不満はあるかと思いますが、地域によってはペアトレーニングの勉強会などあるそうですし、学校で、ご家庭で、療育が生かせるといいですね。最重度の子供さんでもきちんとした療育を施されると十分に社会に適応できるそうです。障害の重さではなく大切なのは親の
前向きな心構えなのかもしれませんね。

Q手当の違い

 障害児福祉手当と特別児童扶養手当との違いを教えてください。(もしかすると呼称が2つなだけで同じものでしょうか?)手続きや金額的な差も説明して頂けると嬉しいです。また2つ合わせて受給できるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

下記のように、別のものです。

特別児童扶養手当
対 象 者
次のいずれかに該当する20歳未満の障害児を養育している保護者

日常生活において常時介護を必要とする程度の知的障害のあること(おおむね療育手帳A1・A2・B1程度)。
身体に重・中度の障害又は長期にわたる安静を必要とすること(おおむね身体障害者手帳1級から3級までと4級の1部)。
手当額は、次のとおりです。
重度障害 月額 51,550円
中度障害 月額 34,330円



障害児福祉手当
対象者
原則として次の条件のすべてに該当している人

日常生活において常時の介護を必要とする状態にあること
(身体障害児の場合は1級と2級の一部、知的障害児の場合は知能指数20以下程度)
20歳未満であること。
施設に入所していないこと。
所得が定められた限度額以下であること。
手当の額 月額 14,610円

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.pure.ne.jp/~tanppo/teate.htm

下記のように、別のものです。

特別児童扶養手当
対 象 者
次のいずれかに該当する20歳未満の障害児を養育している保護者

日常生活において常時介護を必要とする程度の知的障害のあること(おおむね療育手帳A1・A2・B1程度)。
身体に重・中度の障害又は長期にわたる安静を必要とすること(おおむね身体障害者手帳1級から3級までと4級の1部)。
手当額は、次のとおりです。
重度障害 月額 51,550円
中度障害 月額 34,330円



障害児福祉手当
対象者
原則として次の条件のす...続きを読む


人気Q&Aランキング