プロが教えるわが家の防犯対策術!

《虚数人間》の成り立ちについて
――または 《息をするようにウソをつく人間》の起こり――
――または ねむりねこ=ぶらじゅろんぬの定理――


0. これは いま問い求めている質問:【Q:ウソの問題:ウソを平気でつきつづけるようになれるわけ】についての理論的基礎を提示して問うものです。

人として 世界を知覚する初動としての気がいかに普通とちがってしまっているか。これを明らかにする理論的な試みです。ご検討・ご検証をよろしくどうぞ。



1. 次の道筋をとおって 虚像人間ができあがる。

(α) ひとは〔身体と精神から成る〕自然本性にもとづき 〔自然本性の精神
  の中のひとつのハタラキである〕意志を中軸として生きている。

(β) 意志としての心がひねくれると へそが曲がる。不自然な部分が出来る。

(γ) へそ曲がりでよいと確認しひねくれ続けると 心が言わば裏返ってくる。

(δ) ひとの心はリバーシブルとは言えないはずだが 裏返った心でおこなっ
  た意志行為も あたかもふつうの意志行為と変わりないように見える。

(ε) そうなるとすなわち 《虚数人間》の誕生である。




2. 以上をタトへにおいてなのだけれど 少しはもっと具体的に 座標で捉えてみる。

前提として:
 x 軸: 意志のありか(意志としての思い)
 y 軸: 意志の行為(思いの自己表現)
 z 軸: 虚数軸。たくましき想像の世界。
   ( x 軸と y 軸との交差する平面に対して 垂直軸ととらえる)。

(α‐1) はじめに x = 1,y = 0, z = 0 なる地点にわが意志はある。

(β‐1) ヘソを曲げると x = 0, y = 0, z = i なる地点に舞い上がる。
   意志を失くしてしまい( x = 0 ) 想像力のみの世界に入る( z = i )。
   まだ 自己表現はしていない( y = 0 )。

(γ‐1) これが心の中で確定すると 意志のありかとして x 軸に降りて来る。
   すなわち x = -1, y = 0, z = 0 なる地点に移った。

   想像の世界から去った( z=0 )が 意志のありかは 想像世界をよしと
   しているから マイナス( x = -1 )となっている。

   z 軸の地点たる i を確定したあと じつはむしろその想像世界をよしと
   してなお確認しているのである。想像の一地点 i を確認し肯定したという
   意味で 自己( i )に自己を掛ける。自乗する。
   すなわち  z 軸: i × i = i ^2= -1 。つまりこの -1 なる地点は x軸
   へと移行する。

   すなわち繰り返せば z = -1 なる仮りの値は 虚数軸の z 軸には居続け
   る必要がなくなって 実数の x 軸( -1 )に舞い降りる。

(δ‐1) この[ -1, 0, 0 ]なる地点としての意志のあり方から自己表現とし
   て意志行為をおこなう(すなわち  y = 1 )と たとえば [ -1, 1, 0 ]
   なる地点でその自己表現が発動されることになる。

(δ‐2) すなわち 意志行為( y 軸)のみを取れば ふつうの意志のありかた
   ( y = 1 という実数)なのだ。

   つまりふつうの場合に 初めの地点[ 1, 0, 0 ]から意志行為を発動して
   新たな[ 1, 1, 0 ]なる地点に移った場合と較べても――虚像として発動
   した[ -1, 1, 0 ]なる地点は―― y 軸が プラスの 1 であることに変
   わりがない。

(ε‐1) ゆえに 虚数人間が 見た目ではほとんどふつうの現実を生きている
   こととなる。《ほとんど》に力点を置く。

   違いは x 軸の意志のあり方にかかわって いわゆる動機の問題となる。
   それは 内面における良心の問題であるゆえ――信教・良心の自由なる公
   理にもとづき―― 外から他人がとやかく言うことはかなわない。(言う
   のも 自由だが)。




3. さらに細かい説明を考えてみます。

まづ 人間( A )の特に意志のあり方としてこれを広く捉えて 複素数のかたち:( A = a + bi )で表わすこととする。
 
(α)から(ε)までの四つないし五つの段階に応じて 次のごとくである。

(α‐1)の[ x = 1,y = 0, z = 0 なる地点]というのは: 

   実数の意志が a = 1 であり 虚数の意志が b = 0 であって まだ意
  志を自己表現としては(つまり y軸の問題としては)発動していない段階
  を言っている。

   意志の思い(つまり x軸のあたい)のみがある( a = 1 ⇒ x = 1 )。
  つまりは へそを曲げてもいない( b = 0  ゆえに b i = 0 )。


(β‐1)の《ヘソを曲げると [x = 0, y = 0, z = i ]なる地点に舞い上がる》というのは:

    意志のありかが定まらなくなった状態である( a = 0 ⇒ x = 0 )。
   その代わりに 想像力としてのあたかも代理意志なる b が 1 として登場す
  る。

   すなわち:
    a = 0 〔⇒ x = 0 〕,  b = 1    ∴ A = 0 + 1×i = i


(γ‐1)の《[ x = -1, y = 0, z = 0 ]なる地点に移った》というのは:

   (β‐1)の z = i にさらに 同じくへその曲がりとしての虚数 i を掛け合
   わすことによって 虚数部分の b i が 1 × i × i = i^2 = -1 となること
   を表わす。

    この -1 は とにもかくにも 実数となったわけである。

    よって ほんとうは x 軸上の地点ではないはずであろうが 結果として 
   x = -1 なる地点にあると捉えられることになる。ウソも実数に見なされる
   こととなる。

    これは 人間の心はひろく 現実は 寛容であることを物語るか。

    《結果として》というのは (δ‐1/δ‐2)の問題である。


(δ‐1/δ‐2)というのは:

   (γ‐1)の[ x = -1, y = 0, z = 0 ]なる地点で 意志の思い(x軸)が
   発動されて意志行為(y軸)となったときには その y 軸としては プラ
   スになり ふつうの意志行為と変わりないかたちになることを言っている。

    すなわち 虚像( x = -1)として発動した[ -1, 1, 0 ]なる地点。

  
(ε‐1)としてわれわれは 虚数人間と共存しているというのは:

    虚数人間であっても 意志を中軸として生きる同じ人間であるとして受け
   とめ ひろく深い心において・つまり自然本性にそなわった共生するチカラ
   に限りない伸び代(潜在性)を遠く見据えてまたこれを恃んで 世界市民権
   を互いにあたえ 迎え入れている。となる。




4. ウソすれすれの発言というものをめぐって かんたんにおぎないます。:

4-1. 嫌ったりからかったり(《ヘイト》?)するのは――事実にもとづき発言し答責性を保ち意志と心とを踏みにじらないかぎり―― 表現の自由にもとづく。

4-2. またそのような負の向きのヱクトルも ひろく愛である。関心を持ち合う人と人との関係(カカハリ)であり 交通(マジハリ)である。

4ー3. ひとは 言葉によっては心が傷つくことはない。人間性ないし意志を踏みにじるその動機や意図によっては その傷つけようとするときに出来る角(かど)や棘に接する。発言された言葉にともなっているが 言葉そのものに 棘はない。

4-4. けれども なほらない心のきずはない。われに還り 自然本性なる自己に還帰するのみ。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

ふむ。

人間やっぱり 臍が大事なのかも。」←いえいえ・

こんなに 難しく考えなくても「生霊要素と生力要素の授受作用」を知れば 簡単に解決する・って思っただけ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

へぇーそー。

お礼日時:2022/05/24 03:20

ヘぇーそー

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


ふむ。人間やっぱり 臍が大事なのかも。

お礼日時:2022/05/23 23:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング