親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

流動パラフィンのなかである特定の粘度のものをヌジョールと呼ぶらしいのですが、それってどんなものですか。
化学構造式や化学構造はどうなっているのでしょうか。
遠赤外線分光測定(FT-IR)のなかにヌジョール法というのがあります。
FT-IRでヌジョールを測定すると4つのピークがでるのですが、それらのピークがどんな構造によって出るのかがわかりません。
どなたか、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、FT-IRですが、分かってると思いますが、IRは赤外線を物質に照射して、スペクトル(縦軸→吸収強度、横軸→波長)を出します。


それを使って、定性をしていきます。
その時、スペクトルの線を記すためにFT(フーリエ変換)が使われますという意味です。ただ、フーリエ変換はどういうものなのかは知りません。まず、これが前知識です。
で、ヌジョールについですが、これは試料をセルにぬって、IRの機械に入れてはかる方法のひとつです。
液体を測るときは液膜法を使います。
ただ、固体のときには何かに溶かさなくてはならないので流動パラフィンに溶かします。(ヌジョール)
で、ヌジョールで何を測ってるのか知りませんが、
たぶん4本の線は2800^3000(CM-1)のピークだとかていすると、それはヌジョールのC-H伸縮振動によるピークなので、試料のピークではないので間違えないように・・・。
    • good
    • 0

たまたま流動パラフィンについて資料(日本薬局方解説書など)をいろいろ持っていたので回答します。



流動パラフィンは簡単に言うと、高沸点の常温で液状の飽和炭化水素の混合物です。ヌジョールはもともと商品名だったものが、流動パラフィンを指す普通名称化したものと思いますが、詳しい由来はわかりませんでした。

製法は次のようです。
原油の蒸留によって沸点330~390℃のスピンドル油からエンジン油の留分をとり、溶剤抽出や水素化によって不飽和炭化水素と芳香属炭化水素を除き、発煙硫酸で繰り返し精製し中和後、活性アルミナなどで吸着処理する。

構造は原油の産地によって異なり、パラフィン基原油を原料とするものは鎖状アルカンが主成分、ナフテン基原油を原料とするものはシクロアルカンが主成分になるようです。アルカンの炭素数は15~20くらいです。文献によっては流動パラフィンは「アルキルナフテン炭化水素の混合物」としてあります。アルキルナフテンはおそらくアルキル側鎖をもつシクロアルカンと思いますが、ちょっと意味が不明瞭です。

用途は化粧品や医薬品、潤滑剤としての用途など。国内の製造業者は松村石油研究所(参考URL)、中央化成、ユニオン石油。

IRのピークの帰属は、参考書を見ればすぐわかると思いますが、一応書いておきます。4本のピークということですが、細かく見ると2890cm^-1付近のピークは2本に分かれているので5本ピークがあります。

720 CH2面内変角横揺れ
1380 CH3面内変角はさみ
1460 CH2面内変角はさみ
2860 CH伸縮対称
2920 CH伸縮非対称
波数の単位は[cm^-1]。JIS K9003流動パラフィン(試薬)記載のスペクトルを元にしました。

参考URL:http://www.moresco.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく調べていただいて本当にありがとうございます。
とても分りやすかったです。でも、私は、有機化学が苦手なので、ナフテンとかアルキルといったものについて良くわからないので、anisolさんのを参考にして、もう少し詳しく調べてみようと思います。

お礼日時:2001/09/05 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流動パラフィンの利用でなぜ!?

大学生です。
この前、実験で用いた恒温槽の中に「流動パラフィン」というものが入っていました。
今までは、水を使っていましたが、今回は初めて油でした。

実験は電気伝導度法によるイオン対の解離度を測るものです。
なぜ、流動パラフィンを用いたのでしょうか?
そもそも流動パラフィンとは、特別なものですか?

水より粘性がある分、何かメリットがあるのでは!?と考えます…

お願いします。

Aベストアンサー

流動パラフィンは高沸点の常温で液状の飽和炭化水素の混合物です。
原油の蒸留によって高沸点の留分をとり、精製し中和処理して得られます。
パラフィン基原油を原料とするものは鎖状アルカンが主成分です。
原油を原料とするものはシクロアルカンが主成分となり、アルキル側鎖を
持つシクロアルカンを多く含みます。分岐が多いモノとは限りません。
炭素数は20個程度、沸点は300℃以上です。

無味、無臭、無色、中性で安定。水に不溶で、アルコール類に可溶です。
化粧品の添加物としても使われます。取扱い易い液体です。

温浴に流動パラフィンが使われるのは、水が泡立ち始めるような温度、
盛んに蒸発する温度、例えば70℃以上で水の沸点周辺の温度で主に
使われます。長時間の温調実験では温浴媒体の蒸発減少を防止する
効果も有ります。

疑問を持たれたのは、水の温浴でも大丈夫な温度で使われていたからでは
無いでしょうか。温浴の性質上、流動パラフィン温浴もそれほど高い温度では
使われていないと思います。

Q流動パラフィンの除去について

流動パラフィンの除去についてお聞きします。
金属の酸化を抑えるのに流動パラフィンを使用すると思うのですが、
これを除去するにはどうすれば良いのでしょうか?
また、そのような会社はありますでしょうか?
教えていただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

高温のヘキサンなどを噴霧して洗浄すれば容易に除けます。
それでもダメな場合、ベンゼンでの洗浄になりますが、発がん性がありますので、大尺物では設備が大変です。
一応、小さなサンプルを、室温でヘキサンで洗ってみて下さい。その後必要に応じ洗剤洗浄します。
小物でしたら自分の現場に適切な内径の超音波洗浄器と口のしっかり締められるポリ容器、ないしステンレス容器があれば誰でも出来ます。
大量に処理する場合、排液は燃料油として産廃業者に引き取って貰って下さい。

Qラジカル重合において、高分子量の重合体を得るための条件

高分子化学の分野の質問です。
ラジカル重合において、分子量の高い重合体を得るためにはどのような条件が必要でしょうか?
もしお分かりになる方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

ラジカル重合では、生長反応速度はラジカルとモノマーが反応するのですから、モノマー濃度とラジカル濃度の積に比例します。停止反応はラジカル同士が反応する2分子停止を考えると、ラジカル濃度の2乗に比例します。
分子量を高くしたい場合は、生長速度を速くして、停止速度を遅くしなければなりません。生長反応が100回起こる間に1回の停止反応が起こってしまうよりも1回の停止反応が起こるまでに生長反応が1000回起こる方が、高分子量のポリマーが生じるはずです。
ラジカル濃度を高くすると、停止反応には2乗で効いてしまうので、生長反応も速くなりますが、停止反応の方がより速くなり、分子量は低下します。
よって、高分子量にするためにはモノマー濃度を高くして、ラジカル濃度が低い状態で重合することです。
また、ラジカル重合では、溶媒、モノマー、ポリマーへの連鎖移動反応も生じます。
連鎖移動が起こると、そこで生長が止まってしまうので、分子量は低下します。
意識的に連鎖移動剤は使っていないときには、連鎖移動反応は、生長反応や停止反応に比べ、活性化エネルギーが高いので、低い温度で重合を行うほど、生長反応が優先し、分子量は高くなります。
一方、停止反応は、一般的にポリマーラジカル同士の反応だとすると、系の粘度を高くしてやれば、運動性が低下し衝突頻度が低下します。
モノマーは一般に低分子なので、ポリマーラジカルほど運動性の低下が起こりません。
このような場合、生長反応に比べ、停止反応が阻害されるので、分子量は高くなります。これをゲル効果といいます。
また、反応形態をエマルション重合にすれば、簡単に高分子量物を得ることができます。
エマルション重合は、水層でラジカルを発生させモノマーミセルの中にラジカルが飛び込んだときに重合が開始します。次のラジカルが水層から飛び込んでこない限り、停止反応は起こりません。
界面活性剤などの不純物が混入する。生じるポリマーが球状などの制約はありますが、高分子量物を得るのには最も簡単な方法です。
リビングラジカル重合というだけで、必ずしも高分子量物が得られるとは限りません。むしろ比較的分子量の低いものを作るのに適していると思います。分子量分布の制御にはよいと思います。

ラジカル重合では、生長反応速度はラジカルとモノマーが反応するのですから、モノマー濃度とラジカル濃度の積に比例します。停止反応はラジカル同士が反応する2分子停止を考えると、ラジカル濃度の2乗に比例します。
分子量を高くしたい場合は、生長速度を速くして、停止速度を遅くしなければなりません。生長反応が100回起こる間に1回の停止反応が起こってしまうよりも1回の停止反応が起こるまでに生長反応が1000回起こる方が、高分子量のポリマーが生じるはずです。
ラジカル濃度を高くすると、停止反応には2...続きを読む

Qイブプロフェン、ジフェンヒドラミン、アセトアミノフェン

 イブプロフェン、ジフェンヒドラミン、アセトアミノフェンの混合物からそれぞれを分離、同定する方法を考えています。どのような方法がありますか?
 まったく見当がつかず困っています。教えてください。

Aベストアンサー

どういうレベルの話であるかにもよりますが、学生実験のレベルであれば、酸に溶けるもの、アルカリに溶けるもの、どちらにも溶けないものに分類することを考えます。その分類は化学構造に基づいて自分で判断して下さい。
それに基づいて、混合物を有機溶媒に溶かし、それを塩酸で抽出したり、NaOH水溶液で抽出したりして分離した後、精製します。
最終的には粗生成物を再結晶で精製することになるでしょうか。
同定は基本的なものとしては融点を測定し、文献値と比較することでしょうが、本格的に行うならば、NMR、IRなどの分光学的な手法を用いることになるでしょう。

蛇足ですが、こういった質問内容は、「何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問」に該当するような気がします。もしかすると削除されるかもしれませんので、注意して下さい。

Q有機溶媒について

パラフィンを溶かす有機溶媒として、室温普通何を使いますか。n-ヘキサンを使ってから、室温状態でパラフィンが溶けなかった。パラフィンがアルミナ造粒の時に使われた。最後、パラフィンを溶かさなければならない。しかし、有機溶媒の中、水がない必要はあります。クロロホルムがもう試しました。だめです。灰分が残られないように、他の何かを使ったらよろしいでしょうか。皆様、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

デカリンなどはどうでしょう。C10H18
cis:mp,-43℃;bp,193℃
trans:mp,-32℃;bp,185℃
MSDS、↓
http://www.nacalai.co.jp/MSDS/10604.pdf

Q共沸混合物って?

タイトルのとおり、共沸混合物の意味がよくわかりません。いろいろ調べてみましたが、説明が難しくて・・・。できるだけわかりやすい回答をお願いします。

Aベストアンサー

物質Aと物質Bの相互作用がとても小さい場合、
これらの混合溶液の沸点を縦軸、ABの混合割合を横軸にとったグラフをかくとその線はAとBの沸点をビッと結んだ直線になります。うまく描けませんがこんな感じ。これらA・Bは共沸混合物にはなりません。

 __________
 |    |
 |\    |
 | \  |
T|  \ | 
 |    |
  ―――|
 A
 100%  0%
 B
 0%  100%


しかし物質Cと物質Dの相互作用がある場合、これらの混合物は共沸混合物となります。その線は相互作用の種類によって上に凸の曲線や下に凸の曲線の場合があります。

 __________
 |  _  |
 | / \  |
 | /  \|
T|/    | 
 |    |
  ―――|
 C
 100%  0%
 D
 0%  100%

上に凸の場合で考えて見ましょう。ここにC:D=9:1の割合の混合物があったとします。これを加熱する(グラフの曲線にのって上方向に移動)と、Cがどんどん蒸発していき、組成が変わり、C:D=1:1のあたりで曲線の頂上に達しますよね。この「頂上の組成比」になった混合物を「共沸混合物」といいます(この状態での沸騰を「共沸」といいます)。いったんこの組成比になると、いかに温度を上げようがこの組成比のまま変わらず、まるで単一の化合物であるかのように沸点が一定(圧力一定の場合)になります。
 これをC:D=1:9から考えても同様に、共沸混合物になってしまうのがわかると思います。


下に凸の場合でも同様に、沸騰を続けていくと組成が変わり、共沸混合物となります。

要するに、共沸混合物の意味とは「共沸してしまう組成比の混合物」ってことでよろしいでしょうか?

参考URL:http://www006.upp.so-net.ne.jp/h-fukui/86Azeotrop.htm

物質Aと物質Bの相互作用がとても小さい場合、
これらの混合溶液の沸点を縦軸、ABの混合割合を横軸にとったグラフをかくとその線はAとBの沸点をビッと結んだ直線になります。うまく描けませんがこんな感じ。これらA・Bは共沸混合物にはなりません。

 __________
 |    |
 |\    |
 | \  |
T|  \ | 
 |    |
  ―――|
 A
 100%  0%
 B
 0%  100%


しかし物質Cと物質Dの相互作用がある場合、これらの混合物は共沸混合物となります。その...続きを読む

Qエステルの加水分解

エステルは酸でも塩基でも加水分解されてカルボン酸を与えますが、酸と塩基の選択性はあるのでしょうか?
他の溶液には関係が無いと思います(反応速度を突かれると痛いですが)
よろしくお願いします

Aベストアンサー

参考程度に.
酸の場合には可逆反応なので加水分解が進みにくいが,アルカリの場合には不可逆反応なので加水分解が起こりやすいです.

Q無機物質のIRスペクトル

単純な無機塩(NaNO3など)のIRスペクトルを調査したいのですが、良い方法はないでしょうか。
できればwebで公開されているものだと助かります。
有機化合物のデータベースなどはよくあるのですが。

Aベストアンサー

AISTのRIODBにあるのではないでしょうか。
http://www.aist.go.jp/RIODB/SDBS/cgi-bin/cre_index.cgi
無いらしい。
NaNO3は爆薬ですのでヌジョールか何かで取るしかないかな。
見えるのはNO3の伸縮と挟み運動だけですが。
m(_ _)m

QEPMAとEDX

EPMAとEDXの違いが分かりません。
ともに、定性、定量、マッピングなどが出来ると思いますが、測定原理などが大きく異なるのですか?

Aベストアンサー

EPMAは英語で書くとElectron Probe MicroAnalysisです。つまり電子を
入射して分析を行うという意味です。検出するのは特性X線です。

特性X線の波長(=エネルギー)は元素によってすべて異なります。
したがって,特性X線の波長が分かれば電子線が照射された元素の種類が
同定できるわけです。ただし1つの元素が放出する特性X線は,通常
1種類ではありません。元素にはK殻,L殻,M殻,・・・というように
エネルギーレベルの異なる様々な電子軌道が存在しますので,それぞれの
軌道の発生する特性X線は異なります。複数の元素が存在する場合には
これらの特性X線が重なりあうように放出されますので,波長が近い場合
には,元の元素を特定するのが難しくなります。そのため,複数の元素比
などを求めたい場合には,1つの元素が放出する複数の特性X線を用いる
必要があります。

特性X線は光と同じ電磁波です。ですから分光が可能です。分光結晶を
プリズムのように用いれば,波長の異なる特性X線の放出角度が変えられ
ます。この位置情報を検出器で計測するのがWDSまたはWDXと呼ばれる
手法(波長分散型分光)です。検出したい元素によって検出器の角度を
変えなければなりませんが,特性X線が重なり合うように放出されても
精度よく分解できますので,定量性に優れ,微量な元素や軽元素の検出
に威力を発揮します。ただし測定には時間がかかります。狭義では,
WDSだけをEPMAと呼ぶ場合がありますが,原理と英語の意味を考えれば,
WDSとEDSはどちらもEPMAと呼んで差し支えありません。

波長にプランク定数を乗算するとエネルギーとなりますので,波長では
なくて,エネルギーを検出することでも特性X線を放出した元素の種類が
分かります。これがEDSまたはEDXと呼ばれる手法(エネルギー分散型
分光)です。WDSのようなデータの信頼性はありませんが,一度に多くの
元素を同定でき,測定時間も比較的短いので,2次元的な元素マップなど
の定性的な分析に威力を発揮します。WDSのように分光結晶や回転機構
などの特殊な装置が不要で,通常のSEMに検出器をつけただけで測定
できるという手軽さも利点でしょう。

EPMAは英語で書くとElectron Probe MicroAnalysisです。つまり電子を
入射して分析を行うという意味です。検出するのは特性X線です。

特性X線の波長(=エネルギー)は元素によってすべて異なります。
したがって,特性X線の波長が分かれば電子線が照射された元素の種類が
同定できるわけです。ただし1つの元素が放出する特性X線は,通常
1種類ではありません。元素にはK殻,L殻,M殻,・・・というように
エネルギーレベルの異なる様々な電子軌道が存在しますので,それぞれの
軌道の発生する特性X線...続きを読む

Qポリエチレンが溶解可能な溶媒について

ポリエチレンを溶媒に溶かしたいのですがアセトンなどに入れても溶けません。何か溶解可能なようばいなどありますか?

Aベストアンサー

結構難しいですよ。
PEとか、PPは、非常に耐薬品性が高いですからね。

扨、答えとしては、「デカリン」を用い、高温(130~150ぐらいだったと思います)で溶解可能です。
PE等の極限粘度を測定するときなんかにこの方法を用いるはずです。
このあたりの方法として、捜されると溶解方法の手順が見つかると思います。

くれぐれも高温溶媒を扱いますから、やけど等にはご注意くださいね。


人気Q&Aランキング