プロが教えるわが家の防犯対策術!

大学の実験で、コレステリルアセタートというものの合成をやりました。

コレステロールと無水酢酸を混ぜて加熱し、沸騰し始めて1時間後に加熱をやめ、室温までさましました。
そのあとにブフナーロートというものを使って吸引ろ過をして、そのあとに反応混合物をメタノールで洗浄して吸引しました。

このとき、なぜメタノールで洗浄するかがわかりません。
無水酢酸はアルコールなどにとけるということなので、無水酢酸などの不純物を溶かして洗い流すためと考えたのですが、この場合はメタノールでなくても、ほかのアルコールを使えば同じことなのでしょうか?
また、理由は他にもあるのでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

No.2です。

追加です。
状態変化(気化など)は、温度、圧力によって決まります。
たしかにメタノールの沸点は低いと言っても、(1気圧では)室温よりは高いです。しかし吸引して減圧しているので、より低い温度で蒸発がおきます。
同じ温度、圧力なら、沸点の低い方が、気化しやすいはずです。
実際にはエタノールでも吸引して減圧すれば、すぐ飛んでしまうと思います。ただ、沸点の低いメタノールの方が、より蒸発が早いのでは、と思います。大した違いではないかもしれませんが。

この辺のことは物理化学(その中の熱力学)の問題です。物理化学の教科書で調べてみて下さい。私はあまりその方面に強くないので、ゴメンナサイ。
物理化学(特に熱力学)は大切ですから、しっかり勉強して下さいネ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、圧力ということをすっかり忘れてました。
たしかに吸引したら減圧しますね。
物理化学もいま勉強中で、熱力学にはもう少しで入ると思うので、そっちもがんばっていきます。
いろいろありがとうございました。

お礼日時:2003/05/19 23:17

>メタノールでなくても、ほかのアルコールを使えば同じことなのでしょうか?



他のアルコール、例えばエタノールでも良いと思います。
ただ、メタノールはエタノールより、かなり沸点が低いですよね。(今、手元に資料がありません。調べてみて下さい。)
沸点の低いアルコールを使ったほうが、吸引して飛ばしやすいということもあるのではないでしょうか。

たしかに、こういう場合、メタノールをよく使いますね。
上に書いたような理由でメタノールを使っているのかは、自信がありませんが。。。

洗浄用の溶媒として、他に考えるべきことがあるとすれば、除去しようとする物質の溶解度が高い、精製しようとする目的の物質と反応しない、溶媒自体が有害性が低い、値段が安い、などでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
沸点ですか。それもぜんぜん考えてませんでした。
揮発性ってゆうのは、常温で気体になるってことですよね。
この揮発性ってゆうのは、沸点とは関係ないのでしょうか?
メタノールも沸点は低いといっても、常温で沸騰するくらい低くはないようだったので。

お礼日時:2003/05/18 10:37

> 無水酢酸はアルコールなどにとけるということなので、


> 無水酢酸などの不純物を溶かして洗い流すためと考えた

 「何故洗浄するか」の理由はこれです。

> この場合はメタノールでなくても、ほかのアルコールを
> 使えば同じことなのでしょうか?

 他のアルコールでも構いませんし,アルコール以外のエーテル等の有機溶媒でも構いません。

 重要なのは,無水酢酸や酢酸などの不純物が良く溶ける事(でないと洗浄になりません),目的化合物のコレステリルアセタートが溶け難い事(目的化合物が溶けてしまっては意味が無いです),揮発性がある溶媒(洗浄溶媒が残っては困ります)です。

 ま,今の場合は,簡単に扱える溶媒という事でメタノールなんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく回答ありがとうございます。
揮発性がある溶媒というのは考えていませんでした。
洗浄溶媒が残ってたら意味ないですね。
参考にさせていただきます。ありがとうございました。 

お礼日時:2003/05/17 15:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング