最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

アセトンで実験器具を洗うのはなぜですか?

A 回答 (4件)

アセトンは有機物をよく溶かし,且つ水とも自由混合できます。

その上沸点も低いという性質があります。従って,

1.水では落ちにくい汚れを落としてくれる(手を洗うときの石けんのようなもの)
2.器具に残った水を流し器具の乾燥を容易にする。

上記のような性質を持つ溶媒であれば同じような使い方ができます。

例:メタノール,エタノール,THF etc.

しかし実際は,値段や使い勝手の良さからアセトンが選ばれています。
    • good
    • 0

補足すると人体に対する有害性が低いというのもアセトンを使う理由のひとつです。


メタノールの方が安いんですが毒性ゆえに使われません。
    • good
    • 0

#2のお答え通りなのですが、現在消防法により規制がいちだんと厳しく運用されるようになってきました。


可燃性の大きなアセトンの使用は次第に減らす傾向で検討して下さい。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング