痔になりやすい生活習慣とは?

危険物取扱者の試験を受けてきて、どうしてもわからない問題がありました。それは、メタノールの性状についての問題で、誤りは、どう考えても、「電気の導体である。」「水面に漏れると、大量の水で希釈され、引火の危険は次第に小さくなる。」のうちのどれかしか考えられないのですが、たぶんメタノールは他の多くの引火性液体と同様、不導体ではないかと思うのです。従って、「電気の導体である。」が誤りではないかと思うのですが、過去に水溶性危険物は導体が多い、というのをどこかで目にしたような記憶もあります……。このメタノールの導電性について御存知の方、御教授をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「過去に水溶性危険物は導体が多い」


 『水溶性の物質(が溶けたもの)は導体が多い』の誤りでしょう。ある溶媒に溶けるためには、その溶媒物質内に均一に分散しないとなりませんが、水は特別な物質で、分子一つ一つが強く分極して、分子間に非常に大きな力が働いています。そのため水に溶けるためには、その物質が水と強く結びついて周囲に水分子の衣をまとうか、水分子と極めてよく似た構造を持ち水中に紛れ込むしかありません。とっても仲の良い女の子の集団に紛れ込もうとしても、はじき出される。周囲に女の子をまとわり着かせて外から女の子の集団として見せるか、女装するかないということ。
 塩などは前者に、アルコールは後者に当たります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、アルコールなどの水溶性物質は、そのようなしくみで水に溶けているわけですね。ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2011/10/07 23:52

メタノールは水と完溶しますが、少しの加熱で表面から気化し、引火源があると「冷炎」(blue frame)という形で引火し水をかけても消えません。

炎の温度が非常に低いのです。
ジメチルエーテルなども同じ性質を持ちます。
ただ、これが他の可燃物の引火源になり得るかというと、良く分からないと言うしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そうですか……。ただ、薄まることで引火の危険性は低くなるのは、一般的に考えて妥当でしょうね。ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2011/10/07 21:10

http://www.kanto.co.jp/denshi/pdf/spec_1.pdf
比抵抗が3MΩcm以上となっていますので、メタノール単体では絶縁物と考えていいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。ちなみに、理化学辞典というのものには、誘電率が32.6 とありました。たぶん、この値からして絶縁体なんでしょうね。

お礼日時:2011/10/07 14:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエタノールの物性を変えずに,導電性を持たせる方法

エタノールの電気抵抗率を簡単に大きくする方法をご存じの方ありませんでしょうか(80vol%からできれば99.5vol%のエタノールでです)?

条件としては,物性(表面張力,粘性係数,密度)が変わらない,電気抵抗率は,水道水程度にまで上げることができればよいです(できればもっと...).

一応調べた内容は,以下の内容があります.
1)エタノールは,水とよくまざるので,食塩をわずかに溶かす.80vol%の場合には,電気抵抗率は0.7μs/cm=>40μS/cmにまであがりましたがこれ以上はあがりません.ただし,食塩を溶かすと塩析が起こり分離する,とかいてあります(化学やではないのでよくわかりませんが,わずかに溶かしてもおきるものでしょうか?,これにより物性が変化すると困るのですが)
2)クラウンエーテルなるものが有機溶媒にはあるらしいのですが,それはエタノールにも適用できるのか?物性は変わらないのか?どのようにして作るかのか?などがわかりません.

以上宜しくお願いします.

Aベストアンサー

導電性がどうのこうのという議論はよくわかりませんが、食塩よりもエタノールに溶けやすい無機塩を加えれば、導電性をあげることはできると思います。

塩析云々に関しては、水とエタノール以外の有機物をその溶液に溶かすというのであれば、それが分離してくる可能性があります。

クラウンエーテルというのは、環状のポリエーテルの総称であり、それ自身は溶媒にはなりません。無機塩が有機溶媒に溶けるのを助ける作用がありますが、水ーエタノールの系ではあまり有効ではないと思います。すなわち、クラウンエーテルの添加で溶解度が上がるようなものは、はじめから水ーエタノールの系には溶けていると思います。

目的の溶液に、水、エタノール、何らかの塩以外のもの(特に有機化合物)を加えないのであれば、塩析を考慮する必要はありません。
取りあえず、エタノールによく溶ける塩を探せばよいと思います。

Qエタノール と メタノール の違い

外車ディーラーに行ったときに「国内のウォッシャー液はメタノールベースだから導電性のあるエタノールベースの物を使用しなくてはならない。今の車はウォッシャー液に電気を流してセンサーが残量を確認しているので。」と言われました。
メタノールもエタノールも絶縁性だと思うのですが、こんな違いがあり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

ウォッシャー液の組成の大半は水ですし、アルコールと水は溶け合いますから、水溶性のものを混ぜれば導電性を持たせることもできる気はします。でもそれはエタノールでなければならない理由にはなりません。

メタノールとエタノールでは税もからんで価格に差が出てくるでしょうし、だいたい塗装によくない気がしますので、どうもその業者さんが言うことは怪しさ満点です。

Q水道水はなぜ導電性があるんでしょうか?

水道水はなぜ導電性があるんでしょうか?分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

水道水には様々な不純物が含まれています。
殺菌のために次亜塩素酸(残留塩素)などを加えていますし、もともと地球上の水には、淡水であってもカルシウムやその他の無機物質(ミネラル)および有機物を含んでいます。これらのイオンによって電流(電子)が流れます。

また、H+(水素イオン濃度)×OH-(水酸化物イオン濃度)=10(-14乗)という水のイオン積という関係があります。仮に、純水(上気の不純物を可能な限り除去した水)でも、H+(水素イオン濃度)=OH-(水酸化物イオン濃度)=10(-7乗)となり、結果として導電性はあります。ただ電気伝導率約0.0055μS/m(25℃)であり、一般的には絶縁体の分類になります。

Q表面張力と粘性について!!

表面張力の勉強をしています!
表面張力と粘性は全く関係ないのでしょうか?
例えば高分子上に表面張力の分かっている液滴を垂らして接触角を測り、高分子の表面張力を測る液滴法(静滴法のとき)の時に、その液体の粘性が全く関係しないとは思えないのですが。水や、エチレングリコールなどと測りたい高分子との間に粘性は働かないのですか?
ちなみに、粘性の勉強はしていないので、素人的な質問だったらすません!!!

Aベストアンサー

すいません。気づくの遅れました。

>静的接触角で測るときは良い気もしますが,動的接触角(液滴を垂らして,固体に角度をつけて動いてる液滴の前進接触角や後退接触角を測るもの)の時は,関係しそうな気がするのですが…。どうなんでしょうか?

動的、つまり動いてるのですから、粘性の影響は出てくるでしょう。ただ、それは、表面張力と粘性の双方が、前進接触角や後退接触角に影響を与えているということで、表面張力と粘性が関係するということにはならないと思います。

Q4PINファンと3PINファンについて

こんにちは。
待ちに待ったPCパーツが全て揃ったので自作で組みたいと思うのですが、一つわからない事があります。

僕が今回使うPCケースはZ11Plusなのですが、付属のファンは3PINでした。
ですが、マザボ側は4PINです。
4PINソケット?に3PINのファンが接続出来るとは聞いたのですが、どう接続すればいいのかわかりません。

マザボ側が4PINでファン側が3PINなのですが、接続すると1ピン余ると思います。
その際どちら側(一番右のピンを余らすのか一番左のピンを余らすのか)のピンを余らせて接続すればいいのかがわかりません。

深く考えずに接続しても構わないのでしょうか?
発火したりの心配はないでしょうか?

説明が下手で申し訳ございません。

1、マザボ側4PIN ファン側3PINの場合1つピンが余ると思うのですが、右のピンを余らすのでしょうか?それとも左のピンを余らすのでしょうか?
2、深く考えずに接続しても構わないんでしょうか?
3、発火の危険性等はないでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

intelのwebにそのものずばり!の回答が記載されています。下記webをご参照ください。
http://support.intel.co.jp/jp/support/motherboards/desktop/sb/CS-012074.htm
これはintelの基板の例ですが、コネクタのピン配置自体は規格で決まっています。なので、ご質問者様がインテル以外のマザーボードをお使いの場合でも上記記載内容はそのまま適用できます。

1.のご質問について
前述のとおり、ファンコネクタは規格でピン配置が決まっていますから、マザーボード側のコネクタストッパー(端子とは別に出ているプラスチックのガイド部品)を上にした状態で、左側のピンを余らせます。

2.のご質問について
上記の接続ルールを守れば問題ありません。

3.のご質問について
4番目の端子はPWM端子(パルスでファンの回転数を動的に制御する端子)ですから、余らせて問題ありません。
また、ここを余らせたからといって発火の原因にはなりません。

以上、ご参考まで。

Qキレート剤とは?。

キレート剤とはどのようなものなのでしょうか?。
そしてどのようなところに利用されているのでしょうか?。
教えてください。

Aベストアンサー

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出させます。
また、アンモニアは、銅イオンと容易に結合し「銅アンモニア錯イオン」を作り、めっき液に重要なファクターとなっています。アンモニアは、キレート剤、pH緩衝剤の両者に有効に働いていると思います。
キレート剤には、広い意味があるため一言での説明は難しいです。
一般的には、可溶化、安定化作用を利用して、溶液の調製に使用されますが、ある種の金属と特異的に結合する性質を持つ物は、沈降剤(排水処理など)、金属回収(キレート樹脂による交換など)に利用されています。
また、金属イオンと結合し(錯体を形成)することにより、元の金属の特徴を変化させることが可能となるため、電気メッキにおいても合金メッキに利用されています。この場合は、析出電位が大きく異なる異種金属の析出電位を近づける事が可能となり、合金皮膜として析出させることができます。また、めっき液の金属溶解安定性を維持することにも寄与しています。
回答になっていなかったらごめんなさい。参考になったでしょうか?                           

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出さ...続きを読む

Qエタノールと水の混合溶液の凝固点

エタノールと水の混合溶液の凝固点を調べています。

エタノール濃度が80%、60%、50%、40%、20%それぞれの混合溶液の凝固点をご存知の方、教えてください~~!!!

Aベストアンサー

エタノール水溶液の凝固点

濃度(wt %)   0   20   40    50    60    80     100

凝固点(℃)  0.0   -11.0  -31.0  -38.0  -44.5  -67.0   -114.5

 (注)1.アルコール濃度は、重量%( wt % ) で表している。
    2.データは (社)アルコール協会 の資料による。

QAntoine式の定数について

今、化学便覧でAntoine式を使って蒸気圧の計算をしているのですが、
1,1,2トリクロロエタンのAntoine定数が、A=-24,B=-2.0,C=93となっており、
計算するととてつもない値になります。まともな値となる物質がほとんど
なのですが、他にもAが負の値の物は同じように変な値になるようです。
これらは特別な計算方法があるのでしょうか?
Antoine式:log(P/mmHg)=A-B/(C+t/℃)

Aベストアンサー

rei00さんのいわれるようにAntoine定数ではない
ようです。

http://www.globalfia.com/index2.html から LIBRARY をクリック
 Disassembly / Reassembly Instructions For Supported Capillary Membrane Sampler の Download (scms.pdf) 

に次の値がありました。
1,1,2-trichloroethane 6.95185 1314.41 209.2
これでどうでしょう?
ちなみに沸点 113.5℃を入れるとP=756.3mmHg
となりました。

QNm3とNm3/hは違う単位ですか?

書類にはNm3/hとあります。間違って質問したのか頭が少しこんがらがりました。
Nm3はニュートン立方メートルと呼んで力の単位ですか?ではどのように使いますか?
Nm3/hはリューベパーアワーと呼んで気体の体積単位ですか?
このような理解でよろしいのでしょうか?
ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Nm3は、ガスの体積を示し(ノルマル・リューベ)と読みます。
ガスを標準状態(0℃、1気圧)へ換算した単位です。
ボイル・シャルルの法則により、ガスの体積は、圧力が倍になれば、半分になってしまいます。
従って、圧力や温度に左右されない実量を管理する目的をもった単位です。
ガスを扱う設備では、多くがこの単位を使います。
ノルマルは、英語のNormalのことですが、なぜか日本ではこの単位を読むときは「ノーマル」ではなく「ノルマル」と読みます。
また、リューベは、立方メートルを示す産業用語です。

一方、Nm3/h(ノルマル・リューベ・パー・アワー)は、流量を示す単位で、
ガスがその瞬間にどのくらい流れているかを標準状態換算で示す瞬間値です。
たまに慣れている人は、ノルマルを省略するので、注意が必要です。

1Nm3/hの流量で1時間ガスが流れ続けたら、総計1Nm3のガスが流れたことになります。

その他、Nl(ノルマル・リットル)という単位もあり、これも同じように標準状態換算を示します。

Qぶどう糖の名前の由来について教えて下さい

すごくおバカな質問ですみません。

実はパワーの源と言われている
ぶどう糖(D型グルコース)の名前の由来が知りたくて
投稿しました。

やっぱり「葡萄に沢山含まれている糖分」と言う意味から
こう呼ばれているのでしょうか?

それとも、あの恐ろしい「ぶどう球菌」のように、
顕微鏡でみると、葡萄の房のような形をしているからなのでしょうか?

いろいろ調べて見たのですが、
名前の由来についてわからず、
おばかな質問をしてしまいました。

"ぶどう”って名前がつくと
なんだかおいしそうなイメージを抱いてしまって、
あげくの果てに名前の由来が気になって眠れなくなってしまいました。

Aベストアンサー

smtさん、こんにちは。
わたしも中学生の時に「ブドウ糖」という言葉を
保健体育の時間に初めて聞いて同じ疑問をもち、
ノートのすみに「何故ブドウ糖なのか?リンゴ糖とかミカン糖ではいかんのか?」
と、空きスペースに書いていたところ、それをみた先生が調べて答えてくれました。

詳細は忘れてしまったのですが、
なんでも果物の甘味の元は何かを調べてその結果
D-グルコースを発見した学者さんが、
実験によく使っていた果物がブドウだったことから
これを「ブドウ糖」と名付けたんだそうです。
実際には他の果物からも検出されているんですが、
その学者さんにとってはブドウの印象が強かったんでしょうね。

ノート提出の際、この落書きを消すのを忘れて提出したところ、
返ってきたノートを見ると上記のような答えが先生の筆跡で
記入されていて、さらにちゃんと難しげな出典まで
明記してあって(確か、なんとか大辞典と書いてあった)、
中学生のわたしはものすごく賢くなったような気がしたのと同時に
「先生ヒマだな~!」(先生ごめんね)と
別の意味でも感心したのをよく覚えています。
今ではわたしが教える方の立場になっていますが
このことがず~っと心に残っていて、
生徒に質問されたことで自分も知らないことがあったら
あらゆる手段を使って答えを見つける努力をするようにしています。

smtさん、こんにちは。
わたしも中学生の時に「ブドウ糖」という言葉を
保健体育の時間に初めて聞いて同じ疑問をもち、
ノートのすみに「何故ブドウ糖なのか?リンゴ糖とかミカン糖ではいかんのか?」
と、空きスペースに書いていたところ、それをみた先生が調べて答えてくれました。

詳細は忘れてしまったのですが、
なんでも果物の甘味の元は何かを調べてその結果
D-グルコースを発見した学者さんが、
実験によく使っていた果物がブドウだったことから
これを「ブドウ糖」と名付けたんだそうです。...続きを読む


人気Q&Aランキング