プロが教えるわが家の防犯対策術!

金属上の有機物を除去するために、現在「アセトン→純水(超音波)」を行っています。
しかし、アセトンから純水に入れるよりも、間にエタノール(又はメタノール)を入れたほうが除去しやすいということを聞きました。
これは分子量を徐々に小さくしていったほうがいいからという話を聞きましたが、なぜかわかりません。
「アセトン→エタノール(メタノール)→純水」のほうがよいのはなぜなのかお分かりになるかたはいらっしゃいますでしょうか。
又、それに関する文献・書籍などがありましたら紹介お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あまり詳しくはないので私の想像ですが。

ポイントは以下のとおりかと。

(1)洗浄後に蒸発乾燥させると、液滴跡が残りやすい。
 ので、蒸発乾燥しないように沸点が高い物に置換していき、
 最後は高沸の水で、ブローで弾き飛ばして終了したい。
 (アセトンは沸点が低いので、ブローしても跡が残りやすい)
(2)有機物は アセトンにはよく溶け、エタノールにはまぁ溶け、水には溶けない ような物が多い。
 ので、アセトンから水に直接置換すると、水に溶けない成分が析出してしまう。

なので、汚れが残りやすいならば有機物の溶解性が高いメタノールがよく、
液滴跡が残りやすいならば高沸のエタノールや、場合によってはIPAなどがよいかと。
    • good
    • 8

(1).溶剤を変えることによって洗浄効果がアップする(前の溶剤で落なか


 ったものがつぎの溶剤で落ちる)するからだと思います。
 (2).洗浄工程が増える=回数アップ効果によりよく落ちる。
   つまり、上記以外にあまり理由はないと思います。
    • good
    • 0

書籍、文献といったものがあるかどうか知りませんが、


洗う回数は多いほど洗浄効率が良いことは周知の事実で、どうせ洗うなら溶媒を変えながら洗えばさらに洗浄効率が良いだろう、ということだと思います。
洗浄後の仕上げにアセトンやメタノールですすいで速く乾かすという人たちもいます。
分子量うんぬんはあまり関係がないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアセトンを洗浄するのに一番良い化学品を教えてください。

皆さん、こんにちは、ケーブルの紫外線硬化樹脂被服を除去(剥離)するために、アセトンに6分程浸し紫外線硬化樹脂被服を浮かして除去しています。

アセトンは揮発性が高いため放置しておいてもアセトンの成分は蒸発してしまうのでしょうか?

念のためアセトンを洗浄しようかと考えていますが、どのような薬品で洗浄したら良いのでしょうか?

アルコールや蒸留水での超音波洗浄は意味が無いですか?

ご存知の方いらっしゃいましたら宜しくご教示お願い致します。

Aベストアンサー

いろいろご回答が出ていますが、質問の内容に不足部分があるため核心に至る答えが出てこないようです。
それで良いなら良いのですが、せっかく聞いた意味がないのではないでしょうか?
要点は、なぜアセトンを除去したいのか、の「理由」です。
ケーブル(被覆)がべたついて巻き取れない、アセトン蒸気がいつまでも出続ける(臭い、火気、健康に不安がある)、…umidaisuki様が「なぜ困っているのか」をお書き下さい。

Qアセトンについて

金属の表面を脱脂する場合にアセトン、イソプロピルアルコール、エタノールなどを使用すると聞きましたが、使い分け方や違いを教えていただけませんでしょうか。また、アセトンはプラスチックを溶かしてしまうとも聞きましたが、なぜ溶かしてしまうのでしょうか。どなたか教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

洗浄性はアセトンなど低分子のものが高いです。
蒸発が早すぎ使いにくいためイソプロピールアルコールなどを混ぜて使います。

極性のあるアセトンは極性のあるプラスチックを溶かし易いです。
値段からそのほかにトルエン、ヘキサンなどを混合しますね。

Qアセトンの使い方について教えて下さい。

私は仕事で板ガラスの接着をしています。
接着前のガラス表面の汚れ取りにアセトンを使用しています。
そこで質問ですが、
アセトンってマスク無しでは中毒になりますか?素手では危険ですか?
説明書きには、「必要に応じて」と書かれています。
もう、4~5年使っていますが、今更ちょっと不安になってきました。
うちの親分は、たまに根拠も無いのに自信たっぷりに「大丈夫!」
と言うので不安でなりません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

長年、有機化学関係の仕事をしております。
仕事柄、いろいろな有機溶媒を使っていますが、アセトンは比較的毒性の低い有機溶媒です。ベンゼンやメタノールに比べればあまり気を使わないで使っています。多少手に付いてもほとんど気にしていません。

ただし、私の使い方は短時間、少量の使用を繰り返す、という感じです。長時間触れていたり、高濃度の蒸気を吸入するようなことは避けるべきでしょう。

おそらく、ご質問の文章から察するに、itononさんの場合、それほど高濃度ではないにしても、長時間蒸気を吸入する可能性がありそうですね。
 MSDS(参考URL)をご参照ください。安全性、危険性情報が記載されています。中枢抑制作用と、眼への刺激性が記載されているようです。印刷して仕事仲間の方にも見せてあげても良いのでは?

気になるようでしたら有機溶媒用のマスクが市販されています。私達もタンクの中に入って内面をアセトンで洗浄する場合などではマスクを使います。

あとアセトンの場合、引火点が非常に低く、アセトン蒸気と酸素が適当な濃度になると爆発する可能性があるので、中毒防止の観点以上に引火、爆発防止の観点から換気を良くすることが必要です。

参考URL:http://www.jpca.or.jp/61msds/j7cb15.htm

長年、有機化学関係の仕事をしております。
仕事柄、いろいろな有機溶媒を使っていますが、アセトンは比較的毒性の低い有機溶媒です。ベンゼンやメタノールに比べればあまり気を使わないで使っています。多少手に付いてもほとんど気にしていません。

ただし、私の使い方は短時間、少量の使用を繰り返す、という感じです。長時間触れていたり、高濃度の蒸気を吸入するようなことは避けるべきでしょう。

おそらく、ご質問の文章から察するに、itononさんの場合、それほど高濃度ではないにしても、長時間蒸気...続きを読む

Qエタノールとメタノールについて

エタノールとメタノールは似た性質を持っていますよね でもこの二つはどのような面から違いがあるのでしょうか?(例えば、価格や安全性など) あと なぜエタノールはメタノールに比べて よく使われているのでしょうか? 

Aベストアンサー

ちょっと余談です。
メタノールは燃料に使うと書いてある解答があります。これは#5の解答にももあるように燃えるものなら安い方が良いという理由です。
反応材料としてはメタノールの必要なものもあればエタノールの必要なものもあります。例えば湿布薬として知られているサリチル酸メチル(これを主成分とする商品の一つがサロメチールです。)ではサリチル酸とメタノールを使います。
日常的な用途ということで言えば安全な方を使います。
メタノールの沸点は65℃です。エタノールの沸点は78℃ですから極端に蒸発しやすいというものではありません。アセトンの56℃よりも高いです。ビンで普通に保管しています。
以前は燃料用アルコールというのを売っていました。薬局で買うときは印鑑が必要でした。消毒用のアルコールを買うときは印鑑が必要ありませんでした。燃料用アルコールはエタノールにメタノールが混ざっています。消毒用のアルコールはエタノールに水が混ざっています。エタノールにメタノールを混ぜると飲用に転化できなくなるので酒税法の対象から外れるというのが安い理由でした。印鑑がいる理由はメタノールが有毒だからです。
今は制度が変わって印鑑が入らなくなったというのを聞いたのですが成分的にどう変わったかは調べていません。
同じエタノールといっても製法によって何が混入してくるかが変わります。飲用目的の場合はppmレベルで問題になる物質もありますから製法を選ぶ必要があるかもしれません。

ちょっと余談です。
メタノールは燃料に使うと書いてある解答があります。これは#5の解答にももあるように燃えるものなら安い方が良いという理由です。
反応材料としてはメタノールの必要なものもあればエタノールの必要なものもあります。例えば湿布薬として知られているサリチル酸メチル(これを主成分とする商品の一つがサロメチールです。)ではサリチル酸とメタノールを使います。
日常的な用途ということで言えば安全な方を使います。
メタノールの沸点は65℃です。エタノールの沸点は78℃ですから...続きを読む

Qガラス器具の洗浄で 良い方法

仕事で ガラス器具使うのですが、
珪素化合物、油脂系の物が 付着してます。

良い洗浄剤  無いでしょうか??

こびりついて ママレモンでは 落ちません。
毎日 数10個 使うので、 どんどん洗って
乾かさないと 追いつきません。
ヒドイ物だと、 ガラスの摺り合わせで くっついて離れません。


教えて下さい。

Aベストアンサー

これから私が紹介する方法は、絶対に放置しないことを条件に使用してください。

密閉できるバケツにイソプロパノールを入れ、少し溶け残る程度の水酸化ナトリウムを加えます。これに浸けておけば、狭い隙間にこびりついたシリコングリスなどはばっちりと落とすことが出来ます。

ただし、これは強アルカリですので、取り扱う際には保護具を正しく着用するなどの細心の注意を払ってください。

またこの方法は、ある程度洗浄した後の隙間に残る汚れを落とすためのものです。むやみやたらに汚れがたくさん付いたままの器具を突っ込むと、思いがけない結果を招くこともあるので注意してください。

繰り返しますが長時間浸けたままにしないでください。ガラスが侵されます。しばらく浸けても落ちない場合は、この洗浄方法と水洗いを交互に繰り返してください。

くっついたガラスのすり合わせは、ヒートガンやガスバーナーで外側だけを暖め、軽くひねってやると取れる場合があります。火傷しないように中止しながら試してみてください。

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q有機溶剤 アセトンについて

今、半導体業界の製造会社で部品洗浄の仕事しています。アセトンの中に金属の部品を入れて超音波洗浄機にかけると、部品は溶けるのでしょうか?詳しい方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

アセトンには不純物として酢酸が微量に含まれています。
含有量は等級にもよりますが・・・。

アセトン自体には金属部品は溶けませんが、
繰り返し繰り返し洗浄していると、もしかしたら
影響を受けることはあるかもしれません。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qガラス器具の洗い方

研究室でのガラス器具の洗い方は、皆さんの研究室では、どうしてますか?汚れが取れない場合は、何で取り除いてますか?酸やアルカリを使っているのでしょうか?実際使っているものを教えてください。お願いします。有機化学の研究室です。

Aベストアンサー

基本的には有機溶媒で落とした後、強酸の水溶液(ああるいは希釈せずそのまま)もしくはアルカリのイソプロパノール溶液につけて洗浄しています。

ひとくちに汚れと言っても、付着してるのは様々な物質です。

溶媒に溶かす方法、反応させて可溶物に変換する方法に大別されます。前者の場合には適切な溶解性を持つ溶媒を選択しないと、汚れは一向に落ちません。最初は極性を判断基準にして試してみるとよいでしょう。後者の方法では、時として表面に不溶物の膜が生成してしまい、汚れの内部まで反応が進行せずに汚れが落ちないこともあります。例えば酸で金属を溶かす場合も、酸の種類や濃度を適切に選ばないと汚れを落とすのに時間がかかります。

一般に、熱や超音波を利用すると早く汚れを落とすことが出来ます。

参考URLの各回答が参考になると思います。

ちなみに扱っているのが珪素化合物の場合には、ベースバスにつけると可燃性ガスが出て火が出ることもあり、有効な方法なのか疑問に思う人もいらっしゃるようです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=478915

基本的には有機溶媒で落とした後、強酸の水溶液(ああるいは希釈せずそのまま)もしくはアルカリのイソプロパノール溶液につけて洗浄しています。

ひとくちに汚れと言っても、付着してるのは様々な物質です。

溶媒に溶かす方法、反応させて可溶物に変換する方法に大別されます。前者の場合には適切な溶解性を持つ溶媒を選択しないと、汚れは一向に落ちません。最初は極性を判断基準にして試してみるとよいでしょう。後者の方法では、時として表面に不溶物の膜が生成してしまい、汚れの内部まで反応が進行せ...続きを読む

Qガラス器具 洗浄方法 教えてください!

バイトで分析や実験で使用したガラス器具の洗浄をしていますが、洗浄後、室温で乾燥して暫くすると、ガラス表面が虹色に光っている事があります。
どのように洗浄したら、このような現象がおきなくなりますか?

とくにメスフラスコ、ナスフラスコに虹色が出てしまう傾向があります。
普段は、アルカリ溶液にひたし超音波洗浄機をかけたあと、よーくよーくすすいでおります。社員さんに聞いても「なぜだかわからない」とのことでした。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

大学で研究してる学生です。
経験的に原因と解決策を挙げておきます。

(1)水系に溶けない試薬が残ってる。→有機溶媒(メタノールとか)で軽く洗浄もしくはアルカリ溶液でなく器具用洗剤につける。
(2)すすぐ時に水道水のみ。→水道水には微量成分が入ってますので、ナスフラスコなどは乾くと結構目立ちます。なので純水(蒸留水)で最後にすすいでください。
(3)室温で乾燥。→これは可能性は低いと思いますが、空気中の成分が残った水に溶けている。乾燥機で一気に乾かしたほうがきれいになる気がします。ただしメスフラスコ、メスシリンダーはやってはいけません。

ほかにブラシでこすってみるなどありますが、とりあえずどれか当てはまるようでしたらお試しください。


人気Q&Aランキング