色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

ベンズアルデヒドとアセトンの縮合反応で、ジベンザルアセトンが生成されるのはわかったのですが、それ以外に、どんな副生成物ができるのですか?
教えてください。

A 回答 (3件)

常識的なところとしては、両者が1:1で反応して得られるベンザルアセトン(C6H5CH=CHC(=O)CH3)。



反応温度が高かったり、塩基が濃すぎたりした場合には、構造不明のポリマーが生じることがあります。これは、目的物であるジベンザルアセトンが、塩基に対してさほど安定ではないために起こる反応だと思います。溶媒として、アルコールを使っているのでしたら、アルコキシドがジベンザルアセトンに求核付加することによって始まるのかもしれません。

また、副生成物とは言わないかもしれませんが、未反応のベンズアルデヒドが残ることもあるでしょう。
    • good
    • 4

No.2です。


補足ですが、条件や操作が悪いと多量のポリマーが生じますよ。
特に、アルコール中に、濃いNaOH水溶液を加える方法の場合、撹拌の状態によっては、大量のポリマーが生じます。ポリマーは結晶性の悪い固体になります。

それともう一点、「収率は悪いが副生成物はない」というのは、未反応の原料が残っている場合以外にはあり得ません。そのようなことがあるとするならば、目的物にならなかった原料はどこに行ったのですか?消えて無くなるはずはありませんね。
    • good
    • 3

検索はされましたか?



 トップページなどで「ベンズアルデヒド アセトン ジベンザルアセトン」を検索すると類似の過去質問がヒットします。

 例えば,コレ。この過去質問の ANo.#2 で紹介した過去質問も御覧下さい。

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=1058952
  QNo.1058952 アルドール縮合実験で。。。

参考URL:http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=1058952
    • good
    • 1
この回答へのお礼

過去の質問を拝見させていただいたのですが、いまいち理解ができなかったのでもう一度質問をしてみました。すみません。
収率が悪くなるのはわかるのですが副生成物は起こらないのですかねぇ・・・

お礼日時:2006/04/21 12:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング