グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

化学を専門に勉強している高校2年です。

実験で、ベンズアルデヒドとアセトンからジベンジリデンアセトンを作りました。
初め得られる粗生成物を再結晶する際、
メタノール、エタノール、水、アセトン、酢酸エチル
のうち、どれが適切ですか?
その溶媒が適切な理由、他が不適切な理由も教えてください。

自分なりに調べたり考えたりしてみたところ、
水とアセトンは、高温で溶けにくかったり、低温で溶けすぎたりするため、不適切だと考えました。

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アメリカ化学会誌(J. Am. Chem. Soc. 1951, 73, 3300.)によればエタノールで再結晶しているようです(融点は111–113 ºC)。


その他にも酢酸エチルなどが用いられているようです。
エタノールと酢酸エチルは、一般的に再結晶溶媒としてよく用いられ、低温で有機化合物が溶けにくく、高温ではよく溶かすので適切であると予想されます。
水は一般的に有機化合物を溶かしにくく、逆にアセトンやメタノールは使用後の反応容器の洗浄に用いるほど有機化合物を溶かし易い溶媒であるため不適であると予想されます。

再結晶はある温度における化合物の溶解度の差を利用して純粋な結晶を得る手法です。
高温では溶解度が高く、低温では溶解度の低い溶媒を選択する必要があります。
この場合ではジベンジリデンアセトンの固体にエタノールを少量入れて沸点(約80 ºC)付近まで加熱し、完全に溶解するまで攪拌とエタノールの追加滴下を行います。
その後、加熱をやめて放冷すると純粋な結晶が得られます。
なかなか結晶が出ないようなら冷蔵庫に入れるのも手です(低温であればあるほど溶解度は下がるため)。

一般的には高温でよく溶かす溶媒(多くの場合はアルコールなどの極性溶媒:良溶媒)で化合物を溶かした後に、高温でもあまり溶かさない溶媒(ヘキサンなどの炭化水素や水といった有機化合物を溶解しない溶媒:貧溶媒)を溶けた化合物が析出してくるギリギリまで追加してから放冷します。
エタノールあるいは酢酸エチルで再結晶がうまくできないようであれば、熱エタノールで溶解した後に水を少量滴下すると良いかもしれません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

非常にわかりやすい説明、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/02/05 09:28

まず溶けるものじゃないとダメでしょうねぇ~ ベンゼン環ついてるから水とかはきびしいのではどうでしょう?

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジベンザルアセトンの収率を上げるには?

アセトンとベンズアルデヒドによるアルドール縮合において、ジベンザルアセトンを合成します。
mol比はアセトン:ベンズアルデヒド=1:2で行います。

この条件で行って、収率は43%でした。
どのようにしたら、収率は上がりますでしょうか?
また収率を上げるために、注意すべき操作などはありますでしょうか?

ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

収率を低下させる原因はいくつかあります。
(1)精製の際の損失
 たとえば抽出の際に完全に抽出できていないとか、蒸留の際に容器に残るとか、再結晶の際に溶媒に残るとか、いろいろなことが考えられます。
ご質問の例であれば、再結晶(あるいは結晶を析出させる操作)の際に溶媒に溶けたままになっている可能性が高いでしょう。
(2)反応そのものが進んでいない。原料が未反応で残って入ればその分だけ周率は低下します。本件においてはアセトンが揮発性なのでそれが原因の可能性も否定できません。
(3)反応の副生成物が多い。ご質問の例では生成物がある程度不安定なので、反応条件、あるいは操作によっては目的としない物質に変化する場合があります。

いずれにせよ、具体的な反応操作を説明されていないので、一般論以上のことは語れません。

Q副生成物

ベンズアルデヒドとアセトンの縮合反応で、ジベンザルアセトンが生成されるのはわかったのですが、それ以外に、どんな副生成物ができるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

常識的なところとしては、両者が1:1で反応して得られるベンザルアセトン(C6H5CH=CHC(=O)CH3)。

反応温度が高かったり、塩基が濃すぎたりした場合には、構造不明のポリマーが生じることがあります。これは、目的物であるジベンザルアセトンが、塩基に対してさほど安定ではないために起こる反応だと思います。溶媒として、アルコールを使っているのでしたら、アルコキシドがジベンザルアセトンに求核付加することによって始まるのかもしれません。

また、副生成物とは言わないかもしれませんが、未反応のベンズアルデヒドが残ることもあるでしょう。

Qジベンザルアセトンの合成(アルドール反応)の副生成物の除去方法

ジベンザルアセトンの合成(アルドール反応)の副生成物の除去方法

ベンズアルデヒドとアセトンを2:1で塩基性条件でアルドール反応させると、
ジベンザルアセトンが生成しますが、このとき、1:1で反応してできた
ベンザルアセトンも副生成物として出てくると、知りました。
もし、このような副生成物を系から除去したい場合は、どうすればいいのか
考えています。
 水に溶かした水酸化ナトリウムにエタノールを加えたもの…A
 ベンズアルデヒドとアセトン2:1の混合物       …B
として、Bの半分をAに加え、15分反応させてから、
残りのBを加えるという操作で、副生成物の生成を防げるのだろうか、
とも考えましたが、いまいちよくわかりません。また、予防策のほかに
事後対策も考えています。
ご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お示しの方法では副生成物の生成を完全には防ぎきれないと思います.半量ずつ加えてもあまり意味がないように思いますが、

ベンズアルデヒドを若干過剰に使用する
反応をTLC等でモニターし、ベンズアルデヒド、モノベンジリデンアセトンの消失を確認するまで反応を継続する

などで制御できるのではないでしょうか.設備によりますが、80-90%くらいの収率で合成できると思います.

あと、目的物を精製して、副生成物を除く、という操作を反応後に行うべきだと思います.再結晶で目的物だけをきれいに結晶化できるはずですよ.

Qジベンザルアセトンの合成について

ベンズアルデヒドとアセトンを用いてアルドール縮合によってジベンザルアセトンを合成する場合、
副生成物としてはどのようなものができるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベンズアルデヒドが少なければベンザルアセトンが生じるはずです。
また、ベンズアルデヒドが多い場合、条件によってはCannizzaro反応によって、安息香酸とベンジルアルコールを生じる可能性があります。
http://www.chem-station.com/odoos/data/on-ol-9.htm
教科書的にはこんな所でしょう。

また、現実問題として、反応条件(特に濃度のむら等)によっては、ジベンザルアセトンからポリマーが生じることがあるようです。

Qジベンザルアセトンの合成

ベンズアルデヒドとアセトンからジベンザルアセトンを合成するのですが、反応機構を矢印を使ってわかりやすく説明していただきたいです!

Aベストアンサー

私の汚い図で説明するより、ちゃんと描かれたサイトがいくらでも見つかると思います。例えば
http://www2.volstate.edu/chem/2020/Labs/Aldol_Condensation.html
ジベンザルアセトンでも、ジベンジリデンアセトンでもどっちでも同じです。
というか、普通にウィキペディアにも載ってますが、ちゃんと確認した?
http://en.wikipedia.org/wiki/Dibenzylideneacetone
日本語版だけじゃなくて、左側のリンクで英語版を見ないとダメだよ。情報量が全く違う。
これくらいの勉強をしている人なら、この程度の英語はなんとか読めて当然だと思います。

Qベンズアルデヒドとアセトンからアルドール反応によりジベンザルアセトンを

ベンズアルデヒドとアセトンからアルドール反応によりジベンザルアセトンを合成する時、
反応物は無色なのに何故反応物は有色なのかを述べよ。

官能基に原因があるのかなーとか思って調べてみたけど全然わからず、
教科書見ても基礎的すぎるのか何も書いていない・・・
助けてください・・・orz

Aベストアンサー

共役系の長い化合物は可視光の光を吸収するようになります。
青系の波長の光を吸収しているので黄色系の色として見えているのです。

Qベンゾインのヒドリド還元における立体選択性

ベンゾイン Ph-CH(OH)ーCO-Ph
をメタノール溶媒下、水素化ホウ素ナトリウムによりヒドリド還元して
ヒドロベンゾイン Ph-CH(OH)ーCH(OH)-Ph
を作る実験をやったのですが、メソ体(1R,2S体または1S,2R体)が優先的にできる理由とは何でしょうか。

うちの先生に聞いたところでは
(1)クラム則は古くて使えない。 というかアルキル基のように単純ではないので当てはまらない。
(2)一般的な有機化学の本に、水素化ホウ素Naのヒドリド還元の機構として載っていた、
 「H-イオンがカルボニルCを攻撃すると同時に、溶媒分子が触媒的に働いて
 『カルボニルC,Oとヒドリドイオン由来のH原子、
 メタノールのCH3-O-H』
 が6員環の遷移状態を作り、メトキシ水素化ホウ素がとれて、できる」
 というのはフェルキンーアーンモデルという考えらしいのですが、今回のベンゾインのケースには当てはまらない。
(3)ベンゾインのOH基の側からH-イオンが寄ってきて何やら安定な構造を作り、だから選択的に進むのだ。

ということでしたが、(3)について説明が咀嚼できなくて理解できませんでした。

上記の考えは違うよ、というのでも補足する意見でも結構ですので、ご回答よろしくお願いします。

ベンゾイン Ph-CH(OH)ーCO-Ph
をメタノール溶媒下、水素化ホウ素ナトリウムによりヒドリド還元して
ヒドロベンゾイン Ph-CH(OH)ーCH(OH)-Ph
を作る実験をやったのですが、メソ体(1R,2S体または1S,2R体)が優先的にできる理由とは何でしょうか。

うちの先生に聞いたところでは
(1)クラム則は古くて使えない。 というかアルキル基のように単純ではないので当てはまらない。
(2)一般的な有機化学の本に、水素化ホウ素Naのヒドリド還元の機構として載っ...続きを読む

Aベストアンサー

Bは第2周期の元素ですので、配位数は最大で4になります。
したがって、BH3の状態で、OHの酸素が配位するということは可能です。しかし、その状態でさらにカルボニル酸素が配位することはありません。つまり、OHの酸素が配位することによって、すでに4配位になっているので、それ以上の配位は不可能ということです。
したがって、環状の中間体を考え、キレーションモデルで説明しようとすれば、OHの酸素がBに配位すると考えるのには無理があります。
しかし、このような状態になったとしても、その次の段階として、OHのHとBH3のHがH2としてとれて、O-B<となればカルボニル酸素の配位が可能になります。

なお、環状の中間体を考えるキレーションモデル以外での説明が可能なようであれば、OHの酸素がBH3に配位した状態からの反応を考えることも可能だと思います。
実際問題として、特定の中間体や遷移状態を捕捉することは困難ですので、それまでの知見と整合性があり、結果を説明できるような機構であれば、それを否定することも難しいと思います。

Q至急お願いします(>_<)

ジベンザルアセトンは3つの異性体がありますが、なぜトランス-トランス体が一番安定になるか、その理由がわかりません。どなたか教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

立体障害の問題でしょ。
二重結合のシス、トランスでは必ず出てくる問題です。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

QRf値について

 実験でシリカゲルのTLCをしました。サンプルはメタニトロベンズアルデヒドとベンズアルデヒドで、展開溶媒は酢酸エチル:ヘキサンが2:8のものと3:7の二つです。その結果、酢酸エチル:ヘキサン=2:8で展開したほうがrf値が小さくなったのですが、なぜそうなるのかわかりません。その理由を教えていただけないでしょうか。
 また、このサイトを調べてみると、「一般的に吸着分配クロマトでは、展開溶媒の極性を上げると試料の吸着が抑制されるので、Rf値は増加する」とあったのですが、これは正しいのでしょうか。正しいとすれば、なぜそういえるのでしょうか。展開するサンプルの極性によってシリカゲルへの吸着力は変わると思うので、一概にそうとはいえないのでは?と思ったのですが、良くわかりません。
 一度にいろいろと質問して申し訳ありませんが、もしよろしければ、回答よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

(1)吸着層がシリカゲル
(2)サンプルが有機物
であれば展開溶媒の極性を上げるとRf値があがると考えていいと思います。実験で分離するような物質で、シリカゲルに吸着するよりも強くヘキサンに溶解するようなものはほとんどありません。

順番が大事です。有機物はまず一番にシリカに吸着して、次に酢酸エチルに溶解して、最後にすこーしヘキサンに溶解すると考えてください。

話を簡単にするため、ヘキサンのみでTLCを上げたと考えます。シリカとヘキサンでサンプルを取り合うと、ヘキサンには全く勝ち目がないので、サンプルは原点に留まったままになります。

酢酸エチルのみでTLCを上げると、酢酸エチルがやや劣勢ということで、Rf値が1とまではいきませんが、高い値になるのではないでしょうか。

混合溶媒でTLCをあげた場合は、酢エチ・ヘキサン連合軍vsシリカとなり、連合軍はヘキサンに足を引っ張られて、サンプルをシリカに奪われがちになります。だから、Rf値は溶媒単独の場合それぞれの時の間くらいになります。酢エチが多いほど優勢で、少ないほど劣勢になります・・・わかりますよね。

ちなみに、上に書いたような、酢エチのみ、ヘキサンのみでTLCを上げると、サンプルが分離して見えないので、混合溶媒を工夫してRf値が0.5付近になるようにしてやります。

(1)吸着層がシリカゲル
(2)サンプルが有機物
であれば展開溶媒の極性を上げるとRf値があがると考えていいと思います。実験で分離するような物質で、シリカゲルに吸着するよりも強くヘキサンに溶解するようなものはほとんどありません。

順番が大事です。有機物はまず一番にシリカに吸着して、次に酢酸エチルに溶解して、最後にすこーしヘキサンに溶解すると考えてください。

話を簡単にするため、ヘキサンのみでTLCを上げたと考えます。シリカとヘキサンでサンプルを取り合うと、ヘキサンには全く勝ち目が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A