プロが教えるわが家の防犯対策術!

簡単な質問で申し訳ないですが・・
Coは2価のほうが安定ですが
2価の塩(例えば硝酸や炭酸塩)に
過酸化水素水を加えただけで
容易に3価になるでしょうか?
3価の溶液を得るにはいい方法はないでしょうか?
よろしくお願いします

A 回答 (2件)

 専門家(ん?一般人?)の inorganicchemist さんの回答がありますが,せっかく本を開きましたので回答しておきます。



 「コットン・ウィルキンソン 無機化学 下」(培風館)には次の様な事が書かれています。

◎ 錯形成剤の含まれていない水溶液中では,Co(III) への酸化はきわめて起こりにくい

  [Co(H2O)6](3+) + e(-) → [Co(H2O)6](2+) E^0 = 1.84 V

◎ Co(III) と安定な錯体をつくる NH3 のような錯形成剤が存在すると,3価コバルトの安定性は大きくなる

  [Co(NH3)6](3+) + e(-) → [Co(NH3)6](2+) E^0 = 0.1 V

◎ 3価コバルトは酸性溶媒中よりも塩基性溶媒中でより安定である

  CoO(OH) (s) + H2O + e(-) → Co(OH)2 (s) + OH(-) E^0 = 0.17 V

◎ 錯形成陰イオンを含まない酸性溶液中での酸化電位はきわめて高く,かなりな濃度の Co(III) は水を急速に酸化する

 結論として,お書きの方法では3価の溶液は得られないと思います。

 ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ調べてくださってありがとうございます.
やはり錯形成じゃないと容易に作れないようですね.
わかりやすくありがとうございました.

お礼日時:2002/11/18 15:27

塩化コバルト(II)をピリジン水溶液に加えて


塩素ガスを反応させるとCo(III)を含む錯体が得られます。
trans-[CoCl2(py)4]Cl塩素ガスが酸化剤になっています。

一般的に塩基性条件の方が高酸化数が安定となります。
質問文のような条件ではおそらくコバルト三価の単塩は
得られないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました.塩基性条件下の方が3価が安定なんですね.
それだけでもありがとうございます.

お礼日時:2002/11/18 15:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています