社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

E-6現像処理の仕上がり画像調整のため

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

さらに蛇足を付けますと、出し用の器具には、ホールピペット、ビュレットが含まれます。


入れ用の器具はメスフラスコだけで通常は足ります、と云うかそれ以外使ったことないし…(汗、^o^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答有難うございました。

お礼日時:2008/04/02 15:28

No.1の回答に注意があります。



現像処理の液なので、正確に作る必要が無いかと思いますが、
メスシリンダーは出し用で、メスフラスコは入れ用です。

即ち、メスシリンダーは中に水を入れて出した時にその容量となるように作ってあります。壁に残る水も考えています。
メスフラスコは、標線まで液を入れた時にその容量となるように作ってあります。

従って、正確に作るには、メスフラスコで作るのが正解です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なにげなく使っていた容器にも それぞれ使用目的が分かれている事を
教えていただき感謝しています。

お礼日時:2008/04/02 15:26

 5規定(“5 N”と書きます)水酸化ナトリウム水溶液ですが、水酸化ナトリウムは1価の塩基なので、5 Nは5 mol/Lに相当します。

この濃度の溶液を作るのですが、作る量によって、溶かす量も変わってきます。
 溶液を1 L作るのであれば、必要な水酸化ナトリウムの物質量は、
5 mol/L×1 L=5 mol
となります。水酸化ナトリウムの式量は、約40.00なので、モル質量は40.00 g/molとなり、上の物質量の水酸化ナトリウムを質量に換算すると、
5 mol×40.00 g/mol=200.0 g
となります。これだけの水酸化ナトリウムを水に溶かして、1 Lの溶液を作るので、まずその8割程度の水で溶かして、溶けた後、水を加えて1 Lに合わせます。水は、1 Lが1 kgに相当しますので、その8割すなわち800 mLまたは800 g程度の水を加えて上の200.0 gの水酸化ナトリウムを完全に溶かし、メスシリンダーやメスフラスコなどの体積を測る容器に移して、そこで水を加えて、1 Lに合わせて、均一になるように振り混ぜて完成です。
 溶液を2 L作るのならば、上の量が倍になるだけです。すなわち、400.0 gの水酸化ナトリウムに1600 mL程度の水を加えて完全に溶かし、メスシリンダーなどに移して、そこで水を加えて2 Lにします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

化学に弱い私にも良くわかりやすい回答を有難うございました。

お礼日時:2008/04/02 15:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング