おそらくは中学のときの教科書か参考図書に乗っていた漢詩だと思うのですが、タイトルの文章が一番最後の行でした。
 うろ覚えですが、確か五言絶句だったような気がします。
 林の中に住んでいる人のところに友達が来た、というような内容だったような気がするのですが、前後の漢詩とごっちゃになっている可能性もあります。
(なにせ15年くらい前の話ですから。)
 作者と原文が知りたいのですが、タイトルの行の白文だけでも構いません。
 どなたかご存知の方、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

広瀬淡窓の「遠思楼詩鈔」の中に収められている「桂林荘雑詠示諸生」ですね。



休道他郷多苦辛 同袍有友自相親
柴扉暁出霜如雪 君汲川流我拾薪

というのが全文です。七言絶句です。
著作権は100年前に切れてるから大丈夫でしょう(^_^;)

作者の広瀬健(1782~1856 淡窓は号)は江戸時代の漢学者です。
豊後の人で、教育に生涯を捧げたそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。

作者は日本の人だったんですね。
道理で中国の詩を探しても見つからないわけです。
漢詩=中国文学だと考えたせいで15年も遠回りしていたわけですね。(泣)

おかげで長年の胸のつかえが取れました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/06 00:13

 ちょっと補足を・・・



 広瀬淡窓(ひろせたんそう)の桂林荘雑詠示諸生(けいりんそうざつえいしょせいにしめす)と読みます。

 なんか学校の教科書で習いましたよね。懐かしいです。(笑)

 暗記するように言われ今でも覚えています。

 たしか「いうをやめよ たきょうくしんおおしと  
     どうほうともあり おのずからあいしたしむ
     さいひあかつきにいずれば しもゆきのごとし
     きみはせんりゅうをくめ われはたきぎをひろわん」
だったと思います。

 ご参考まで。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

最後の行の訳だけ覚えていたのは、子供心に「客人に仕事をさせるんかい!」と思っていたからです。(笑)
そういうなんでもないことのほうが、ずっと心に残っていたりするんですよね。

で、ふとその文を引用しようと思ったものの、原文を全然覚えていない事に気が付いたのでした。

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/06 00:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q林逋の「山園小梅」という漢詩について教えて下さい。  

杭州で詠まれた詩だそうですが、簡単な説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

オリジナルの漢詩は口語訳とともに参考URLに記載されています。口語訳だけ抜粋しますと、

[口語訳]
 多くの花が散りしぼんだ時に、ただひとりで咲き誇り
 小さな庭の風情を独占している。
 まばらな枝は斜めにのびて、水は浅く清く
 かすかな香りは漂い来て 月はたそがれの中
 霜のような白い鳥は、舞い降りようとして、(梅の白さに)まず周りをこっそり見回すし、
 白い蝶は、もし白い梅花が咲いているのを知ったなら、きっと驚くことだろう。
 さいわい、小さな声で吟ずるにふさわしい私の好きな詩がある。
 にぎやかな拍子木も酒樽もここには要らないのさ。

という意味のようです。

参考URL:http://www.chitanet.or.jp/users/junji/kansi/shi2002-1.html

Qうろ覚えの昔話のタイトルと話全部が知りたいのです。

昔ラジオか本で知った昔話です。
若者が雪の日に囲炉裏の前で弓か何かの手入れをしていると、その地方に住む化け物が現れ命をとろうとした。その化け物は人の心が読めるので、若者が平静を装いながら反撃の機会を狙っていることがバレてしまい手が出せない。しかし、たまたま手でいじっていた弓が弾けてうっかり手元にあったものを飛ばしてしまうと、心にもないことをやってのける人間に恐れをなした化け物は逃げていった。
たしかこんな話だと思うのです。遠野物語の中にあったのかもしれません。どうしても思い出せずにいます。ご存知の方がいらっしゃいましたら是非タイトルとこの内容であっているかを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いわゆる「さとりの化け物」とか「さとるの化け物」ですね。伝承ですので、細かい違いがある話がいろいろあるようです。

http://www.rg-youkai.com/tales/ja/06_yamagata/07_satori.html

Q李白の五言絶句

李白の五言絶句で ”南”からはじまる五言絶句を教えてください!

Aベストアンサー

李白
「杜陵絶句」

  南登杜陵上  南のかた杜陵の上に登り
  北望五陵間  北のかた五陵の間を望む
  秋水明落日  秋水 落日明らかに
  流光滅遠山  流光 遠山滅す

長安城の南杜陵の上に登りて、其処より北の方(かた)、五陵の間を望む。
(澄み切った)秋の水に落日が映え(はえ)、流れ行く光は遠き山々の間(ま)に消えゆく。

Q孤独に歩め悪をなさず求めるところは少なく林の中の象のように

孤独に歩め悪をなさず求めるところは少なく林の中の象のように
これはなんでしょうが><
ぐーぐるでもよくわかりません。

Aベストアンサー

仏陀『ブッダの感興のことば』第十四章「憎しみ」だそうです

参考URL:http://freett.com/iu/innocence/quote.html

Q桃花源の白文

桃花源の白文が乗っているサイト知っている方いませんか?前よんだんですけど忘れてしまって訳じゃなくて原文の方を見たいのでどなたか知っている方いればおねがいします。

Aベストアンサー

桃花源記ですか?
こちらではないでしょうか?

http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/r34.htm

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/r34.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報