痔になりやすい生活習慣とは?

最近、Shade6 professionalを使いはじめました。そこで問題なのですが、たとえばあるオブジェクトを背景なし(もしくは単なる白地)でレンダリングした画像を、パワーポイントなどに貼り付けたいのですが、レンダリングファイルをそのまま貼り付けると、当然背景も一緒なので、四角い画像が貼りついてしまいます。この結果、パワーポイントの背景が四角く消えてしまいます。望む状態は、オブジェクトのみがくりぬかれたもの、もしくは背景が透過になっているレンダリング画像をパワーポイント上で自由に配置したいのですが、そんなことは可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ついでだからもう1個(フォトショCS限定?)


レンダリングオプションのZ値抽出にチェックを入れておきます。
出来上がったPSDファイルのチャンンネルタブにアルファ2でグラデーション物が出来てる筈です。
ぼかしのレンズフィルタでアルファ2を読み込んでピントを合わせたい場所をクリックすると焦点があってない場所がボケて奥行きのある画像が作れます。
あわせて使うとかなりそれっぽさが出ます。

知ってましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おもしろそうな情報、ありがとうございます。
ぼかしのレンズフィルタはCSからついた機能のようなので、残念ながら今は試すことができません。
上司にごちゃごちゃ理由をつけてCSを買ってもらって試してみようと思います。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2005/03/31 14:27

#2でもOKですね。


ではPSDのアルファに付いて書きます
画像をフォトショで開いて選択範囲を読み込むでアルファを選択し範囲を反転にチェックしてOK押せば選択範囲が読み込まれます。あとはレイヤーが背景になってる時は(レイヤーにロックのかかった状態)そのレイヤーをWクリックして通常モードにしましょう。
あとはDELETEキーを押せば外側が切り抜かれます。
半透明部分も綺麗に透過します。
PNGはそのままフォトショで開くとたしか切り抜かれた状態だったと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!!
できました!!
なんか感動です。Shadeが一歩上達した感じです。
本職ではないのですが、これからもShadeを使っていきたいです。

お礼日時:2005/03/31 10:19

アルファを含む32bitの形式で保存してみては?


TIFFやPCTなどの形式度保存してからパワーポイントで開くとアルファの形で切り抜かれます。
    • good
    • 0

フォトショップ形式(PSDは6未対応だったかな?)、やアルファ付きPNGだと背景抜けます。

パワーポイントを使わないのでどの形式が読めるかわかりませんが、
通常の画像をレンダリングし保存した後、効果→エフェクタ→アルファという設定でレンダリングすると白黒が像が出来るので画像編集ツールでマスクしてやると抜けます。
7になってからは余り使わなくなったけど昔はこれでやってたんです。<多分w

この回答への補足

ご返答ありがとうございます。すみません、私のバージョンは7でした。フォトショップ形式で保存してフォトショで開いてみましたが、黒い背景もついてきてよくわかりませんでした。また、アルファ付きPNGというのは、レンダリング画像の保存形式ですか?そのような形式が見つからなかったので、もう少し詳しく教えていただけるとありがたいのです。
さらに、白黒画像を使うもうひとつの方法では、画像編集ツールでマスクする、という作業がわかりませんでした。いろいろ質問して申し訳ありませんが、お答えいただけるとありがたいです。

補足日時:2005/03/30 20:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3D CG作成ソフトのshadeで透明背景に対してものをレンダリングすることはできますか?

 shadeで透明背景に対して物体をレンダリングして、pngなどの透明背景を保存できる画像形式で保存することはできるでしょうか?
 お金がないので買うとしたらbasicを買おうと思っています。
 basicではできないのか、どのバージョンでもできないのか、高いバージョンならできるのか、そのあたりも教えてもらえたら嬉しいです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通はTGAなどの32bitの形式で保存すると、勝手にアルファが付いてくるので、それを元にPhtosohopなどで合成処理をします。
Shade使いではないので、どのバージョンでも使用できるかわかりませんが・・・

QShadeからイラストレータにエクスポート

Shadeで作ったデータがあります。
このデータの正面図だけを、イラストレータにエクスポートしたいのですが、やり方がわかりません。

イラストレータで作ったデータをShadeに取り込むのことは経験あるのですが、イラストレータのデータとして、エクスポートは出来るのでしょうか?
よろしくお願いします。

====================================
いま手元にあるShadeは、R2proです。
イラストレータは10です。

Aベストアンサー

こんにちわ

直接イラストレーターに送る方法は分からないのですが、他のソフトを使ってならSwift 3Dってソフトで出来ます。

shadeからSwift 3Dにエクスポートしてレンダリングすればイラストレーターデーター(AI)で出力できます。

Qshadeでのテクスチャの貼り方

使用環境:MAC_OS10.5.8
使用ソフト:shade10.5 Professional

添付しています画像の中の四角形の方はテクスチャが貼れるのですが、
三角形の方にはテクスチャが貼れないので、貼り方を教えてください。

どうか、ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

ずいぶん前にShade7まで使っていたものです。バージョンがかなり違うので、お役に立てるかどうかわかりませんが。


テクスチャの貼り方が、デフォルト(最初の状態)では「ラップ」になっていたら、これを「Y」に変えてみてください。

これでテクスチャが表示されたら、とりあえずオーケーですが、この貼り方は投影マップといわれる方法で、そのままでは三角形を移動しても、テクスチャは移動できません。ずれてしまいます。
これを回避するには、テクスチャを張った三角形をパートに入れて、移動(回転なども含む)はこのパートに対して行うようにします。

QIllustratorで線幅付けたものにアウトラインするには?

毎度お世話になっております。

イラストレーターCSで、
例えば、直線ツールで線分などを書き、
線幅10ミリを付けたとします。
この太くなった図形のアウトライン(外周の輪郭)が欲しい場合、
どうすればよいでしょうか?

すみませんどなたかご教授頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。
P.S
選択して~「効果」~「パス」~「オブジェクトアウトライン」
でも出来ずで。。。

Aベストアンサー

「効果」じゃダメです。あそこは見た目だけでパスはいじらない。

「オブジェクト」→「パス」→「パスのアウトライン」でどうぞ。

QShade 空洞のある長方形の作り方

Shade8.5 standard 使用環境はXPです

質問タイトルに関してですが、例えば下記のような形状

■■■■■
■□■□■ // □=空洞部
■■■■■

このような長方形をくり抜いた単純な形状で、
一体化されたものの作り方がわからず悪戦苦闘しています

現状は複数の閉じた線形状を組み合わせで作っていますが、
ワイヤーフレームによるレンダリングを行うと、
接続部がわかってしまいます

閉じた線形状の一部を切り抜く、または複数の閉じた線形状をひとつにする等、
基本的なことなのかもわかりませんが、
このような手法がありましたらアドバイス・回答の程よろしくお願い致します

Aベストアンサー

はっきり言っちゃえば「一般的な方法では
そういう形はつくれない」が答えに思える。

で、テクニックを使わなければならないのだけど
ひとつは1番さんの方法。

ちなみに、正式なレンダリングをしたら
反映しているようだけど、それではまずいのですか?

もうひとつは「穴」機能を利用する方法。
パートの中に形となる大きな四角1つ、
穴となる四角2つを同一平面上につくり、
穴となる方を「右クリック→情報を見る」から穴指定。
あとはその「パートを」選択して「掃引」。
詳しくはヘルプの「穴」。

ただし、これも正式なレンダリングをしないと
反映しない。

正式なレンダリングをしないと反映しないのは
イヤだという場合は、あなたが書かれている
複数のパートを組み合わせる方法で我慢するしかない(はず)。

Shadeって最終的なレンダリング画像を作るソフトなので
「それで何が悪い?」って発想は、ソフト開発陣にあると思える。

QIllustratorでpdf形式で保存すると絵が表示されない

プレゼンテーション用PDFファイルの加工をAcrobat 5.0とIllustrator10でやっています。
各ページの端のほうに小さなイラストが入っているのですが、これがIllustratorの画面上では表示されているし、プリンタで印刷してもちゃんと出てくるのですが、pdf形式で保存してAcrobat 5.0で開くと表示されません。
また、Illustratorからpdfファイルとして印刷しようとすると、印刷できないというエラーが出ます。
このイラストは、Acrobat Reader5.0で表示させるだけでも5秒ほどかかる、重そうなものです。PDFファイルしか手元にないので、画像ファイルはありません。
メモリが足りないのかと思い、PCを再起動してすぐにIllustratorだけを起動しpdf形式で保存を行ってみたのですが、それでもだめでした。
どうにかしてこの画像をpdf上で表示させる方法はないのでしょうか。
OSはWin 2000、CPUはPen III 1GHzくらい、メモリは256MB、Acrobat5.0とIllustrator10を使用しています。
どうか至急回答をお願いします。

プレゼンテーション用PDFファイルの加工をAcrobat 5.0とIllustrator10でやっています。
各ページの端のほうに小さなイラストが入っているのですが、これがIllustratorの画面上では表示されているし、プリンタで印刷してもちゃんと出てくるのですが、pdf形式で保存してAcrobat 5.0で開くと表示されません。
また、Illustratorからpdfファイルとして印刷しようとすると、印刷できないというエラーが出ます。
このイラストは、Acrobat Reader5.0で表示させるだけでも5秒ほどかかる、重そうなものです。PDFファイル...続きを読む

Aベストアンサー

イラストの部分だけでも、かなりの大きさのファイルサイズになってしまいますか?
このイラスト部分をまとめてグループ化してみても変化はないですか?それらをコピーペースとして違うファイル上にもっていってもPDF FILEとして印刷できないのでしょうか?

実際に絵を見ていじれば簡単なことなのでしょうけど、適切なことが言えずにすみません。
もうひとつだけ、レイアーはすべて同一レイアー上ですか?
レイアーの詳細のところからすべてのレイアーを結合してみてください。

Qshadeのイメージマッピングのサイズについて

shadeで建築パースを勉強しているのですが、わからないところがあるので教えて下さい。
タイルをイメージでマッピングする時にタイルのサイズをどこで調整するのでしょうか?
今は、反復を変えると大きさが変わるので反復で調整しているのですが、大きさを合わせるのが大変です。
何か良い方法があれば教えて下さい。
XP/shade7

Aベストアンサー

マッピングのサイズあわせ、位置合わせはなかなか難しいですよね。
反復の回数で調整するのは、基本的に正しいです。

もうひとつの方法として、たとえば4×4のタイルの画像を貼ってみて、ちょっと大きすぎる(あらすぎる)ときは、5×5のタイルの画像を作り直して貼ってみるようにします。(反復回数は変えずに)。

また、反復回数が利用できるということは、現在ラップマッピングを使用していらっしゃると思うのですが、ラップではなく、投影マップを使用する手もあります。

たとえば正面図からZ軸方向に投影マップを行うと、ラップのときはグレー表示だった表面材質パレットの「サイズ」のスライダが有効になり、動かすと正面図に画像ひとつがどんな大きさになるかが、四角の枠で表示されます。
この場合、繰り返し回数は関係なくなり、その表示された四角の大きさで対象オブジェクトの表面を被う回数自動的にくり返します。
この「サイズ」のスライダは、コントロール+クリックで数値入力することもできるので、非常に精密に大きさをあわせることができます。

ただし、投影マップというのは、ひとつの方向から映画やスライドの映写機で画像を投影したように張り込むので、設定した軸に対して、直角方向(Z軸なら正面図)はきれいに張れますが、それ以外の面はひずんだり、流れたりしてしまいます。

箱のようなものにきれいに投影マップを行うには、必要な面を閉じた四角形などにわけて(自由曲面でもいいですが)、それぞれの面に個別に投影マップを行う必要があります。(面と面の角でタイルのつじつまを合わせるのがめんどうです)。
大きさをそれぞれ個別のマップでそろえるには、MR(メモリーとりメンバー)のボタンを使うと便利です。

マッピングのサイズあわせ、位置合わせはなかなか難しいですよね。
反復の回数で調整するのは、基本的に正しいです。

もうひとつの方法として、たとえば4×4のタイルの画像を貼ってみて、ちょっと大きすぎる(あらすぎる)ときは、5×5のタイルの画像を作り直して貼ってみるようにします。(反復回数は変えずに)。

また、反復回数が利用できるということは、現在ラップマッピングを使用していらっしゃると思うのですが、ラップではなく、投影マップを使用する手もあります。

たとえば正面図からZ軸方向...続きを読む

QShade 7 Basic と Shade 7 professional の違いってなんですか?

確か3Dのソフトだったと思いますが、前々から挑戦したいと思っています。そこで聴きたいのですが、
Shade 7 BasicとShade 7 professionalってどこがどう違うんですか?

値段が倍ぐらい違うようですが、全く違うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

> メモリのギガ単位はキツいですね。

そうです。メガじゃなくてギガです。
正しく受け取ってくださってありがとう。
はっずかしい。何年PC生活やってるんだ、私は(笑)。

ギガはあくまで、商用印刷などを前提にした
「巨大画像」(高解像度画像)を一気につくる場合です。
モニタサイズ程度でしたら、基本動作環境の256MBでも
びっくりするほどの問題にはならないと思います。

モニタサイズならメモリよりCPUの方でしょうね、投資先は。
最高精度のレンダリングをする場合、モニタサイズでも
とんでもなく時間がかかりますから。
まぁ、これも形状データの複雑さしだいですが。

> basicではswfの書き出しが出来ない点が少し不満ですが

ああ、そういう具体的な不満があるならば
上位版の検討もありえると思います。
ただ、私が気にしているのは、先にも書きましたが
shadeは挫折する人がとても多いということです。

繰り返しますが、3Dで「不規則な形を」つくる場合は
かなりの芸術的才能が必要ですし、
慣れないうちは時間がものすごくかかります。
そのことに、やり始めてから気づく。
形状データを買って横着もできますがね(^-^)。

最上位版を買うのなら、せめて体験版で3Dの全概要を
把握してからにしても遅くないのでは?というのが
私のアドバイスです。pro版の体験版もありますしね。
まずは体験版で遊びまくってください。

> メモリのギガ単位はキツいですね。

そうです。メガじゃなくてギガです。
正しく受け取ってくださってありがとう。
はっずかしい。何年PC生活やってるんだ、私は(笑)。

ギガはあくまで、商用印刷などを前提にした
「巨大画像」(高解像度画像)を一気につくる場合です。
モニタサイズ程度でしたら、基本動作環境の256MBでも
びっくりするほどの問題にはならないと思います。

モニタサイズならメモリよりCPUの方でしょうね、投資先は。
最高精度のレンダリングをする場合、モニタサイズでも...続きを読む

QPowerPointで貼り付けた絵などを固定する

MicrosoftのPowerPointで、貼り付けた絵などの大きさ、位置が
動かないように固定する方法はないでしょうか?
貼り付けた大きな絵が不意の操作で位置が動いてしまうことを
防ぎながら、その上に置く小さな絵、文字などを操作したいと
考えてます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

動かしたくない絵や写真をマスタの方に貼り付ければ
動かなくする事が出来ます。

やり方は、
表示 → マスタ → スライド マスタ をクリックすると、
スライドマスタを作成するスライドが出てきます。
それには、色んなレイアウト領域を示した枠が出てきますが、
気にせずに、動かしたくない絵や写真を貼付け(気になる場合は
領域枠を削除しても問題ありません。)スライドマスタを閉じます。
そうすると、その貼り付けた絵や写真は通常のスライド作成画面では
触れなくなります。

注意点として、新しくスライドを追加する場合は、
新しいスライドの方へ、マスタも一緒に付いていくので、
2枚以上のスライドを作成される場合は、
白紙のマスタも作っておいて、追加したスライドにて、
書式 → スライドのデザイン をクリックし、
デザインテンプレートより、挿絵やラインが入っていない
文字だけのプレートにカーソルを持って行き、下矢印を押して、
選択したスライドに適用 を選ぶと、
新しく追加したスライドは白紙のスライドになります。

QPDFをベクターワークスに・・・

PDFをベクターワークスに取込りこみことはできませんか?
データor画像として取込みたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Vectorworks Architect with Renderworks 2009 J

>また、PDFをはじめとする豊富なデータ互換機能、

http://www.aanda.co.jp/Vectorworks2009/funclist.html

イメージファイル、PDF参照機能

jyowaさんのお望みの機能かどうかは、わからないですが。


人気Q&Aランキング