スミスの『How Soon Is Now?』という曲がありますが、イントロからギターの音がコマ切れになっています!これはエフェクトとしてはトレモロなんでしょうか?また、違う場合は何と言うエフェクトなんでしょうか?
この手法って80年代にけっこう流行ってたのかな?
と自分では思ってるんですが・・・
最近の曲だと・・・ちとマイナーですが、セヴンダストというバンドが『Black』という曲で使ってるようです・・・どなたか助けてください!

A 回答 (5件)

参考サイトでいろんなエフェクターの音が聴けるので、聴き比べてみては?


トレモロは「音を揺らせる」というカテゴリの中です。

参考URL:http://www.roland.co.jp/BOSS/flash/what.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、この音です!やっぱ極端にかけて弾いてるだけなんですね!機関銃の発射音です!ありがとうございます!

お礼日時:2005/04/05 00:57

レスポールなら、こんな演奏法があります。



フロント側のヴォリュームを0(ゼロ)にして、リア側のヴォリュームを10(フル)にします。

で、ロングトーンで音を伸ばしている間にマイクセレクトスイッチをカチカチと、フロント、もしくはミドルとリアに切り替えます。

そうすると、音がブチブチと切れる、面白い効果が出ます。スイッチング奏法という有名な奏法です。この前、キッスのコンサートでACE役の人が実際にやっていました。

この回答への補足

すいません・・・スイッチングではなかったようです。ありがとうございます。

補足日時:2005/04/05 00:57
    • good
    • 0

こんばんは ^^


曲を聴いた事が無いので詳しくは分かりませんが完全に音が途切れて聴こえるのでしょうか?
もしかしたら左右交互に聴こえていたりしませんか?
もし聴こえるならパンニングして左右に音を振ってるだけかも...。
トレモロ技だとしたらクリケット・ビブラートって奏法が有名ですけど それとは違うみたいだし。
スイッチングなのかなぁ? 
すみません ハッキリ答え出せなくて ^^

この回答への補足

パンニングしてるわけでもないですね・・・すいません。クリケットビブラート?初めて聞きました。どういう感じなんでしょうか・・・

補足日時:2005/04/05 00:54
    • good
    • 0

例示されている曲については、いずれも聴いたことがないので、私には直接の言及はできませんが…


エフェクターのトレモロの効果は、周期的に音量を変化させるもので、音量の大小を一定周期で揺らす効果になります。 トレモロ・エフェクトを掛けた時の音量の変化をグラフにすると、正弦波ないしは台形波、矩形波のようになると思います。 トレモロ・エフェクトのかかりを極端に設定すると、断続的に音が出るようになるでしょう(機関銃の発射音ような感じでしょうか)。 エフェクターで音を細切れにしているのであれば、使われているのはトレモロだと思います。
トレモロ・エフェクトは、サーフミュージックなどでは多用されていますね。

もしピンポイントでその効果が使われているとしたら、それはスイッチング奏法かも知れません。
スイッチング奏法は、複数のPUを搭載していて、それらのPUに独立したボリュームコントロールが付いているギター(例えばレスポールなど)で可能な奏法です。 スイッチング奏法をする時には、メインで使うPUのボリュームは通常通りに設定し、それ以外のPUの音量を0にセットしておきます。 そうしておいた上で、音を出した後にPUセレクタを操作して、音の出ないPUと音の出るPUをすばやく切り替えることで、音をぶちぶちと切ることができます。
動くフレーズやピッキングを続けるフレーズでは、PUセレクタを操作する関係上、使えないでしょう。 また、ギターを選ぶ奏法でもありますし、実行可能なギターでもPUの使い方を制限されてしまうので、スイッチング奏法は制約の多い奏法でもあると思います。

参考になれば…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます!
確かに機関銃の発射音みたいな感じですね。それかもしれないです。

お礼日時:2005/04/05 00:53

はじめまして。

その曲は聴いたことありませんが
恐らく「スイッチング」というテクの事だと思います。
たとえばフロントPUのボリュームを0にして、リアPUポジションでギャ-ン!!と弾きます。そこでPUセレクターをタイミングよく上下させると音を自由にこま切れにする事が出来ます。
今すぐ出来ますよ!試してみて下さい。

この回答への補足

スイッチングよりも機械的に区切ったような感じなんですよ。すいません。

補足日時:2005/04/05 00:50
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSquier by Fender Bullet w/Tremolo(F

Squier by Fender Bullet w/Tremolo(FRD)【ストラト&VOXアンプ豪華19点入門セット】について
上記の通りSquier by Fender Bullet w/Tremolo(FRD) 【ストラト&VOXアンプ豪華19点入門セット】について質問です><

エレキ初心者でこれを買おうと決めたのですが、このセットは買ってもだいじょうぶでしょうか?
(音が悪い・痛んでいる)など、後悔したことがあった場合教えてください><

自分は2万弱くらいしか予算がないので「これよりいいのを買え」という回答はご遠慮ください。

もしこれよりオススメのセットものがありましたらこのsquierのセットとオススメのセットものとの特徴も記入してくると助かります。(オススメのセットの方だけでもいいです。)
色は赤希望です!!

初心者なので慎重に選びたいので、どうかよろしくお願いします。・゜・(ノД`)・゜・。

Aベストアンサー

いいんじゃないですか。
大丈夫かどうかは分かりませんが、よさそうな感じですね。

使わない可能性の高い小物が多数含まれていますが、ギターとアンプの値段のみとしてもお買い得感は十分にあります。

トレモロアームを使うとチューニングが一気に狂いますので、使わないようにしましょう。

本体裏面の樹脂カバーのネジを丁寧に外し、カバーを取るとバネが3本ぐらいあるのが見えるはずです。
このバネは、通常5本までかけられますので、不足分を楽器屋で購入(1本100円ぐらい)し、5本かけた状態で使用すると、チューニングが少し安定しますので、是非お試しください。

バネを増やしたあと、チューニングをやり直してください。
また、外したネジを取り付けるときは、ねじ穴を傷めないように、くれぐれも慎重に作業しましょう。
締めすぎにも注意ですね。

Qデジタルエフェクトとアナログエフェクトの差

タイトルどおりで、デジタルエフェクトとアナログエフェクト差について考えています。
エフェクターのカタログなんかを見ていると、デジタルのものはデジタルディレイなどというように、アナログと区別されています。
ディレイはディレイでいいじゃないかと思えないこともないですし、わざわざ区別するからには使用上・性能上で決定的な違いがあるのではないかと考えます。
私が思いつくのは以下のとおりです(正しいとは限りませんが…)

アナログ
・固体・機種ごとに独特の味があり、処理せず通すだけでも音が変化することがある。
・デジタルに比べて直感的に操作しやすい。
・デジタルに比べると細部がいじりづらい。
・デジタルに比べるとノイズが出やすい。

デジタル
・処理せず通すだけでは音が変化しない(倍音成分が変化しない)。
・アナログに比べて直感的に操作しづらい。
・アナログに比べて細部がいじりやすい(パラメトリックEQとグラフィックEQのように)。
・あまりノイズが発生しない。

これぐらいです。
他に何かありましたら、あるいは「それは違うぞ!」等ありましたらご回答お願いします。

なお、ここでいうエフェクターとはギター用のエフェクターのことではなく、音楽作製用のアウトボードのことですので、ご注意ください。

タイトルどおりで、デジタルエフェクトとアナログエフェクト差について考えています。
エフェクターのカタログなんかを見ていると、デジタルのものはデジタルディレイなどというように、アナログと区別されています。
ディレイはディレイでいいじゃないかと思えないこともないですし、わざわざ区別するからには使用上・性能上で決定的な違いがあるのではないかと考えます。
私が思いつくのは以下のとおりです(正しいとは限りませんが…)

アナログ
・固体・機種ごとに独特の味があり、処理せず通すだけでも...続きを読む

Aベストアンサー

ディレイに関しては、アナログとデジタルでは、使用上も性能上も随分違いがあると思います。
アナログディレイの場合、フィードバックを上げることで何度もBBD素子~フィルタ部分を通るような設定をすると、どんどん音がぼやけてきます。
デジタルは、フィードバックをかけてもぼやけません。
ランダム要素の強い効果は、デジタルでは、不得意です。
さらに発振させて、設計を超えた過大入力になった時もデジタル回路は苦手です。
正確なディレイタイムや音質変化のないループは、アナログでは出来ません。
自然界のエコーの場合、音が跳ね返る時に高域成分から減衰するため、アナログ系のローパスフィルターを通った音の方が自然に聞こえます。
デジタルでは、モデリングでわざわざ周波数特性を悪くしていますが、自然的に聞こえるようにするには正解みたいです。
ディレー系のエフェクトは、両方の特性を理解し、適材適所で機材を使うことが重要です。

アナログ回路の場合、電気信号をそのまま処理するため、使用素子や配線材を通ることで、信号が変化していきます。
デジタル回路の場合、音をデジタルに変換する「AD/DAコンバータ」の性能で音質が左右されます。
アナログでもデジタルでも、機器を通せば音は変化しますが、その割合はアナログのものと比べると非常に少ないです。

操作感覚は、デジタル機でも、安価な製品は機能を呼び出しして各種各パラメーターを設定しますが、つまみの多い、少し高級な製品は、アナログ感覚で調節が出来るものが増えてきました。
それでも、レイテンシーが気になる時があります。

微調設定は、各パラメーターが数値で表示されるデジタル機が圧倒的に有利です。
設定変更してからまた元の設定に戻す事も、数値の表示で正確に行えますし、メモリー機能もあります。

ノイズに関しては、アナログの高級機は、気になりません。
デジタルの安価な製品は、サンプリング用のクロックを除去するフィルターやスイッチング電源の性能が悪いため、超音波域の波形が出力信号にのっている場合があります。
これが、エフェクターの後につなぐ機器によっては、誤動作を起こしたり、変調ノイズとして現れることがあります。

ディレイに関しては、アナログとデジタルでは、使用上も性能上も随分違いがあると思います。
アナログディレイの場合、フィードバックを上げることで何度もBBD素子~フィルタ部分を通るような設定をすると、どんどん音がぼやけてきます。
デジタルは、フィードバックをかけてもぼやけません。
ランダム要素の強い効果は、デジタルでは、不得意です。
さらに発振させて、設計を超えた過大入力になった時もデジタル回路は苦手です。
正確なディレイタイムや音質変化のないループは、アナログでは出来ません。
...続きを読む

Qフェンダージャパン ジャズマスターについて

知り合いからフェンダージャパンのジャズマスターを譲ってもらいました。

知り合いも譲ってもらった物らしく、元がいくらだったのか、中古でどのくらいなのかわかりません。

ヘッドには次のように書いてあります。

Fender
JAZZ MASTER

OFFSET
Contour
Body
PATENTED

WITH SYNCHRONIZED
FLOATING TREMOLO


誰かわかる方がいたら教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

ギターのどこかにシリアルナンバーが入っていませんか?
ヘッド裏とかネックのジョイント部とか。

シリアルナンバーが分かったら販売元へ問い合わせすれば、かなりの情報が得られると思います。
その情報を元に定価、実勢価格、現在の中古相場などを探ってみては?

Qblack sabbath(ブラックサバス)の曲。

ギター初めて1年もたっていないぐらいの初心者です。
今まで特に弾きたいと思う曲がなかったので、ダラダラとコードチェンジや有名なリフの一部を弾いて満足していたんですが、Black sabbathのトニー・アイオミの演奏映像を見て、自分もこんなふうに弾いてみたいと思うようになりました。ちょうど自分も左ギターでSGを使っていたので・・・

で質問なんですが、

・black sabbathの曲でなるべくギターの敷居の低い曲はなにですか?
・"children of the grave"という曲の難易度はどうですか?

のふたつです。

解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トニー・アイオミ、素晴しいですね。アイオミさまは右指を欠落(義指)されてますが、それでもなお元祖リフメタルの帝王として君臨したのには溜飲が下がります。
ですから、リードは難易度が高くても、珠玉のリフをコピーできるだけでも楽しいです。

アイアン・マン(2nd)、スイート・リーフ(3rd)、スノー・ブラインド(4th)、血まみれの安息日(5th)
あたりはリフが簡単で耳コピできると思います。


チルドレン~は質問者様のテクニックが歴一年とはいえ、どの程度かわかりませんが、まあ初級の部類でしょう。がんばればできると思います。カッコ良くコピー(髭も)してくださいね。

Qfenderのギターについて

このたび知り合いかR、ギターを譲ってもらうことになりました。

ヘッドに記載されているもの
【Fender STRATCASTER WITH SYNCHRONIZED TREMOLO ORIGNAL : Contour Body】

シリアルナンバー
【O 064986 Crafted in Japan】

色はワインレッドです。

このギターはいつごろ作られたものか、よいギターかなどいろいろ教えてください!
ネットで調べたところ1997くらいのものとは書いてあったのですが、もっと詳しく正確に知っている方がいらっしゃいましたらお願いします!!

Aベストアンサー

【Fender STRATCASTER WITH SYNCHRONIZED TREMOLO ORIGNAL : Contour Body】というのは、フェンダー・ストラトキャスター自慢のトレモロアームについての記載で、ほとんどのフェンダージャパンのストラトモデルについてます。ちなみにフェンダー・ジャパンというのはアメリカのフェンダー社からライセンスを得て、日本でフェンダーギターのコピーモデルを生産・販売している会社です。

フェンダー・ジャパンのギターをシリアル・ナンバーだけで、そのグレードを判断することは難しいと思います。
【O064986】というナンバーから分かることはそのギターが、おおよそ1997年から2000年の間に日本で製作されたということだけです。

ギターのグレイドは、ボディーやネックに使われている木材、使用しているピックアップ、また何年型モデルのコピーかといったことから総合的に決定されます。
したがって、ご質問の情報だけから楽器を判断するのは不可能かと思われます。いずれにせよ、フェンダージャパンのギターは、定価で10万円を超えることはまれですし、安いものは5万円前後です。決して高価ではありませんが、楽器としては悪いものではありません。私もフェンダージャパンのストラトを愛用しています。
はっきりとしたグレードをお知りになりたければ、楽器屋さんに持っていかれるのが一番だと思います。

【Fender STRATCASTER WITH SYNCHRONIZED TREMOLO ORIGNAL : Contour Body】というのは、フェンダー・ストラトキャスター自慢のトレモロアームについての記載で、ほとんどのフェンダージャパンのストラトモデルについてます。ちなみにフェンダー・ジャパンというのはアメリカのフェンダー社からライセンスを得て、日本でフェンダーギターのコピーモデルを生産・販売している会社です。

フェンダー・ジャパンのギターをシリアル・ナンバーだけで、そのグレードを判断することは難しいと思います。
【O064986】...続きを読む

Qストラトキャスターのトレモロユニットの調整について

アメリカのギターメーカーヘイマー社のストラトキャスターモデル(コピーモデル)を使っています。
アームを使っていて、当初のフィーリングとは異なった感触になってきていると思うのです。
具体的に言いますと、テケテケギター的な使い方?をした際にコードがきれいに鳴ってくれないといった感じです。コードを弾いてアームを使った際に音が汚くなるというか不協和音的になってしまうのです。新品で買った頃はもっと良いフィーリングだったと思います。
トレモロユニットはウィルキンソンで、原因はおそらく指定された適正なテンションの弦を使ってこなかったせいだと反省しております。
このような場合、リペアショップなりに修理に出して調整してもらえるものでしょうか。
また費用的には結構高くつくものでしょうか?
どなたかアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

適正なテンションの弦とは09-42という事でしょうか?
現在使用している弦はそれ以上の太さの弦(例えば12-52など)なのでしょうか?

チューニングメーターで開放弦と(1オクターブ上の)12フレットで同じ値を示しているのでしょうか?

太い弦を使えばテンションは高くなりますので、ネックの(順)ソリが出てしまい音が変わってしまう可能性があります。

この場合、ネックを調整する事でソリを適正に保つ事が可能です。
http://www.matsushita-kobo.com/basic_knowledge_neck.html

ソリが(ある程度)適正な場合には、サドルの調整を行います。
http://www-user.interq.or.jp/hideboy/tremolo.htm

トレモロユニットが浮きすぎてしまう、使用後(解放後)に音が戻りにくい場合には、トレモロスプリングを調整します。
http://guitar-hakase.com/10258/

QFERNANDESのエレキギターの弦の張り方について

FERNANDESのエレキギターを譲り受けました。
初心者なので弦の張り方がわからず困っています。
ネックのところについているパーツは、「Revolver-Pro」という型に似ていますが、ペグがギターを持った時に上側にあります。
ブリッジの所には「FRT TREMOLO SYSTEM」と書かれています。
私の知っているブリッジと形状が違うので、弦をどこから入れていいのかもわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのギターのブリッジとナットは、フロイドローズ製ロック式トレモロユニットのライセンス品だと思われます。
一般にロック式トレモロとか、フロイドローズとか、最近ではダブルロック式などと呼ばれるタイプのトレモロユニットは、激しいアーミングをした場合にストラトなどのトレモロユニットでは弦が緩むことに起因してナットやサドルでの摩擦などでチューニングが狂ってしまうという欠点がありますが、その欠点を解消するためにナットやサドル部で弦を固定してしまうユニットになります。

余談はさておき、このユニットの弦の交換に際してですが、サドル部とナット部のネジに合う六角レンチが必要です。それがないと、弦が張れませんので、まず六角レンチを用意してください。また、弦を切るストリングスカッターあるいはニッパーも必要です。

まず弦の外し方についてですが、はじめにナット部分のクランプを締め付けているネジを、六角レンチで緩めます。そうしてナットのロックを開放した上で、ペグを回して弦を緩めます。ペグポストへの弦の巻きつけは通常のギターと同じように処理できます。次いで、ブリッジユニットの、サドルについていて後方にヘッドが出ているネジを六角レンチで緩めます。そうすれば、サドル部分で弦を挟み込んで固定しているイナーシャブロックが緩んで、弦が外れるはずです。
なお、トレモロ裏のキャビティが深く掘られているモデルの場合(アームアップをしてもトレモロがボディに当たらないタイプの場合)、弦を緩めるとトレモロの後端がボディ内に沈み込み、フロイドローズの種類によってはサドルのイナーシャブロックを固定するネジのヘッドにレンチが差し込めなくなる場合があります。この場合は、弦を外したり、緩めたりする前に、トレモロユニットの裏にクロスなどを挟み込んでトレモロユニットが沈み込むのを防いで作業を始めたり、あるいはアームを取り付けてトレモロユニットを引き起こして作業にあたるなどすれば良いでしょう。また、こうした問題は弦が張ってある数が減少すればするほど顕著に発現しますので、それが鬱陶しい場合には、弦をすべて外したりせず、一本ずつ交換していくのが良いでしょう。

弦の張り方についてですが、まず張る弦の前処理が必要です。ボールエンド付きの弦の場合は、そのボールエンドを切り落とします。一般には、プレーン弦はボールエンドの折り返しの弦が巻き付けてある先の部分、ワウンド弦はボールエンドの折り返しの弦が二重に被っているところで、それぞれ切断するのがセオリーとされています(ただ、最近の弦の品質は向上しているため、ワウンド弦もプレーン弦と同様に切っても問題ない場合も多くあるようです)。
弦の前処理をしたら、弦のボールエンドを切り落とした側(プレーン弦はどちらの端でも可)をサドルに差し込み、イナーシャブロックを押さえつけるネジを六角レンチで締め付けます。この時の締め付け加減は、手応えがきつくなってから少し締め増すくらいで十分です。あまり強く締め付けすぎると、イナーシャブロックが割れて弦が固定できなくなり、交換が必要になります(交換用パーツは市販されていますが、この小さなパーツでも案外高額です)ので、注意して下さい。その後は、通常のギターと同様に弦を張ります。次いで、通常のギターと同様にチューニングをして、状態を整えます。
フロイドローズでは、通常のギターとは違って、チューニングの際にもう一手間が加わります。フロイドローズは、すべての弦をチューニングして安定させた後、ナットのロックユニットを六角レンチで締め、弦をナット部分で固定してしまいます。しかし、実際にはこのロックナットを締め付ける時に、微小にチューニングが狂ってしまう可能性があります。そのため、フロイドローズのトレモロユニットには、各サドルに指で回せるつまみ(ファインチューナーといいます)があり、それを回すことでナットをロックした時に生じるチューニングの狂いを補正します。ファインチューナーの可動域は限られるので、ロックナットを開放してチューニングを合わせる前に、ファインチューナーのポジションを全サドルで中間くらいの位置に揃えておくとより良いかも知れません。なお、ファインチューナーで補正できる範囲を超えるようなチューニングの狂いが生じた場合は、ファインチューナーで調整しようとせず、ロックナットを開放してペグでチューニングを補正するのが妥当でしょう。
フロイドローズのチューニングについてまとめると、
1. ロックナットが開放された状態で、通常のギターと同様にすべての弦のチューニングを合わせる
2. ロックナット3つを六角レンチで締め付け、弦を固定する
3. チューナーで各弦のチューニングを再チェックし、狂いがあればサドル部分のファインチューナーで補正する
こうした手順を踏むことになります。通常のギターよりチューニングの手間がかかる分、面倒かも知れません。

なお、ロックナットを締める前段階の、ペグでチューニングを合わせているとき、トレモロユニット裏のキャビティが深く掘られていてアームアップも大きくできるように設計されているモデルでは、トレモロ裏のバネと弦の張力とをバランスさせてトレモロユニットの平衡位置を決める仕組みになっています。このようにトレモロユニットがバネと弦の張力でバランスし、ボディに設置していない状態をフローティング状態といいます。このフローティング状態の時は、弦のすべての張力の合計と裏のバネの張力の合計で平衡するようになっているため、弦の側にはバネが加える張力が配分されることになります。そのことから、この状態では弦1本の張力が変わる(チューニングが変わる、弦が外れる・切れる)と、バネが加えている力が他の弦に配分され、すべての弦のチューニングが狂います。つまり、弦を張りたてのときには、一つの弦のチューニングを合わせると、他の弦のチューニングが狂っていく可能性があります。ただし、これは根気よく繰り返しチューニングを合わせ続けることで、次第にその狂い幅も収束して安定するようになっているので、根気強くチューニングを再確認・補正するようにしてください。

フロイドローズに関しては、激しいアーミングを多用する場合にはメリットがあるシステムですが、そうでない場合にはチューニングの手間が重い分不都合なシステムとも言えます。若干癖のあるシステムであるといえるでしょう。

参考になれば。乱文失礼しました。

そのギターのブリッジとナットは、フロイドローズ製ロック式トレモロユニットのライセンス品だと思われます。
一般にロック式トレモロとか、フロイドローズとか、最近ではダブルロック式などと呼ばれるタイプのトレモロユニットは、激しいアーミングをした場合にストラトなどのトレモロユニットでは弦が緩むことに起因してナットやサドルでの摩擦などでチューニングが狂ってしまうという欠点がありますが、その欠点を解消するためにナットやサドル部で弦を固定してしまうユニットになります。

余談はさておき...続きを読む

Qこの曲のイントロのヴァイオリンの音色について!

この曲は島津亜矢さんの新曲らしいのですが、年配の知人がコンサートに先日、行ってきたそうなのですが、亜矢さんのバックバンドにヴァイオリンは一人しかいなかった様なのです。

とても綺麗な音色なのですが、私はピアノしかやらないので、弦楽器のことはさっぱりわからず、返答できなくて困っています。

コンサート当日、ヴァイオリンにコードみたいのがついてた、との事なのですが、これはマイクでただ拾っている音なのですか?

それともギターが使ったりするエフェクターみたいな何か特殊のものをヴァイオリンに取り付けたりしているのですか?

弦楽器ってとかJAZZのウッドベースとか、そういった特殊なものを取り付けるって可能なのですか?

本当に恥ずかしい質問で申し訳ありませんが、御回答お待ちいたしております。

(何か特殊なものを使っているとしたら、何を使っているのかも教えてくださいませ)

http://www.youtube.com/watch?v=bW1g0H_Q6UM

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バイオリン用のピックアップマイクを着けているだけだと思います。
バイオリン奏者は結構動くので、普通のマイクロフォンだと邪魔になり、また、楽器とマイクの距離が絶えず変化するので、このようなコンタクトマイクを使う場合が多いです。

http://www.y-m-t.co.jp/fishman/string_instrument_pickups.html

http://rirarose.exblog.jp/i13/

Q短い文を読んでいます

その一・和訳に変なところはないでしょうか。
Suddenly I heard a long drawn-out cry, followed by the sad tremolo of a soul plummeting from this world.
突然わたしは長く引きのばされた叫び声を聞いた。それはこの世から墜ちゆく魂が痛ましく打ち顫える声であった。


その二・和訳お願いします。
"I believe, one day, I shall fall AWFULLY in love."
"Probably you never will," said Lucille brutally. "That's what most old maids are thinking all the time."


その三・前半部分の和訳お願いします。
The defect is multiplied when anyone tries to lay on a veneer of virtue and deflect a character from its natural bent. As the Greek proverb puts it, an ape is always an ape even if clad in purple.

その一・和訳に変なところはないでしょうか。
Suddenly I heard a long drawn-out cry, followed by the sad tremolo of a soul plummeting from this world.
突然わたしは長く引きのばされた叫び声を聞いた。それはこの世から墜ちゆく魂が痛ましく打ち顫える声であった。


その二・和訳お願いします。
"I believe, one day, I shall fall AWFULLY in love."
"Probably you never will," said Lucille brutally. "That's what most old maids are thinking all the time."


その三・前半部分の和訳お願いします...続きを読む

Aベストアンサー

(その一)
Suddenly I heard a long drawn-out cry, followed by the sad tremolo of a soul plummeting from this world.
突然、私は長くいつまでも続く泣き声を聞きました。そして、この世界から真っ逆さまに落ちて行く魂の悲しげにうち震える声が続きました。

(その二)
"I believe, one day, I shall fall awfully in love."
"Probably you never will," said Lucille brutally. "That's what most old maids are thinking all the time."
「ある日、私は、ものすごい恋に落ちるって信じてるの。」
「おそらく、決してそうはならないでしょうね。」と、ルシールは、情け容赦なく言いました。「それって、ほとんどのオールドミスが、いつも考えていることだもの。」

(その三)
The defect is multiplied when anyone tries to lay on a veneer of virtue and deflect a character from its natural bent. As the Greek proverb puts it, an ape is always an ape even if clad in purple.
人が、美徳の化粧板を張り付け、人柄をその生まれついての性向からそらそうとするとき、欠点が、増幅されます。ギリシアのことわざが述べている様に、たとえ王侯貴族の色である紫をまとっていても、猿は、常に猿なのです。

☆(その一)は、一応訳してみましたが、質問者さんの訳で十分良いと思います。
(その三)は、もう少し意訳した方が、良いかもしれないと、訳してみて思っています。質問者さんの方で、もっとこなれた日本語にしてみて下さい。

(その一)
Suddenly I heard a long drawn-out cry, followed by the sad tremolo of a soul plummeting from this world.
突然、私は長くいつまでも続く泣き声を聞きました。そして、この世界から真っ逆さまに落ちて行く魂の悲しげにうち震える声が続きました。

(その二)
"I believe, one day, I shall fall awfully in love."
"Probably you never will," said Lucille brutally. "That's what most old maids are thinking all the time."
「ある日、私は、ものすごい恋に落ちるって信じてるの。」
「おそ...続きを読む

Qギターでコピー曲のイントロをなんとかしたい。

よろしくお願いします。

今度友人の結婚式でギターの弾き語りをやってくれと頼まれました。
曲は映画アルマゲドンでも有名なエアロの「Miss a thing」です。

コードなどは、ギター初級レベルの僕でも難しくはない程度なのですが・・・アコースティック演奏とした場合のイントロをどうしたら良いか困っています。^^;

今のところイントロは曲のメロディを単音で弾いてる感じなのですが、どうも貧弱な感じです。
なにかよい弾き方はないでしょうか?

Aベストアンサー

元々が楽器構成のあまりシンプルではない曲ですから、シンプルにアコースティックギターのみの伴奏にするのでしたら、思い切ったアレンジをしてしまう方が良いようにも思います。
簡単にしてしまうのであれば、冒頭のコード進行を繰り返し白玉で出すだけでも良いと思いますし、あるいはそれらのコードをアルペジオでゆったり響かせるのでも良いのではないでしょうか。
多少手の方が忙しくても大丈夫でしたら、今弾いている単音をオクターブ奏法で重ねたり、3度のハモリを乗せても良いかもしれません。
可能であれば、コードとフレーズを組み合わせるように弾くという手もあるでしょう。
あるいは、非常に極端なことを言えば、イントロよりも歌の出だしの方が強いインパクトがあると思うので、イントロを取っ払ってしまっても良いのではないでしょうか。

いずれにしても、好きなように料理してしまってよいと思いますよ。
あんまり参考にならないかもしれませんが…失礼しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報