自分は今度大学三年で、教員になるため教員採用試験の勉強をしようと思うのですが、具体的に何をすればよいでしょうか?ちなみに高校まで野球をしていて、高校野球の監督をしたいと思っています。大手の予備校に行ったほうがよいのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。

私も教員を目指す身です。
現在私立高校で非常勤講師をしています。
教員採用試験の勉強ということですが、私は予備校には通っていません。
書店などで参考書なりテキストを購入して勉強しています。
中でもすでに書き込まれてますが、「教員養成セミナー」はおすすめです。
私もあとあとこの本の存在に気づき(^^;)
なんていい本があるんだ!!と思いました。
各県の傾向やプレ模試等ものっています。
私が以前いた公立高校の教員の方も受験のころ使用していたそうです。
漠然と勉強するのも大変だとは思いますが、私は勉強するものすべてが大切だとおもって自分で勉強をしています
。あと、shunshke_175Rさんの恩師や母校にいってたくさん話を聞いてみてはいかがでしょうか?
ずいぶん気持ちも変わると思いますし、勉強になると思います。
あまり役立つことをお教えできす申し訳ありません。
私もまだまだ受験頑張るので一緒に頑張りましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございました。やはり教員養成セミナーがよいのですね。書店へ行ってみます。教育実習とか楽しみなのですが不安いっぱいです。。。ともにがんばりましょう!!

お礼日時:2005/04/16 22:59

教科は何でしょうか?理科・数学なら倍率は低いですがその他の科目(特に社会と国語)はおそろしいほど高倍率です。

臨時採用で講師をしながら何回も受けて合格する人もいます。したがって、相当な勉強がいると思って下さい。クラブ活動の監督などは合格してからの話です。またじぶんがやっていた種目よりも学校の都合が優先されます(私もラグビーが専門ですが水泳部の顧問をさせられていますから)。

いきなり予備校に行く前に本屋さんにもたくさんの教員採用試験の参考書や問題集が売ってます。また時事通信社「教員養成セミナー」や協同出版「教職課程」という教員志望者の為の月刊情報誌もあります(教職課程のある大学なら図書館にある可能性が高いです)。

採用試験の形式やレベルは各自治体によって違います↓のHPで一度確認下さい。大きくわけると次の種類があります。

まず筆記試験(教養試験と専門試験がある)
 1、教養試験
  教職教養
    教育原理(生徒指導、同和教育、道徳、図書館など)
    教育心理学
    教育法規
    教育史
  一般教養(だいたい中学卒~高校初級レベルくらいです)
    人文科学(国語、英語、日本史、世界史、地理、芸術)
    社会科学(政治、経済、時事問題)
    自然科学(数学、物理、化学、生物、地学)
  教養試験の範囲は↑の通りです範囲は幅広いですが実際は
  各領域から数問しかでません。しかし、幅広い範囲から出ます。
 2、専門教養
   ご自分の免許教科
   大学入試レベルの問題は完璧に解けるようにならないといけない。
 3、論作文
 4、面接 個人と集団討論

現在は3と4を最重視する傾向で何回も行うとこが多いです。
 

参考URL:http://book.jiji.com/kyouin/

この回答への補足

返信ありがとうございます。自分の教科は体育です。体育学部に通っているのですが、部活は現在していません。

補足日時:2005/04/05 05:33
    • good
    • 0

私は教員を目指す者ですが、高校の先生と一緒に仕事をする事が多いのでその方達から聞いた話を書きます。



私の周りの先生で予備校に行っていた方はおられません。
勉強は正直皆さん最初は手探りで過去問を見るなどして参考書、問題集選びをするのですが、大量に買った中でそのうち自分に合った本などが見えてくるそうです。そしてその本を中心に過去問が解けるレベルまで何度も同じ本を繰り返しやる。ですので、合う本、合わない本は個人によって違うため、この本が良いと聞いても本当に自分にも合うかどうかはやってみるまで未知数だそうです。

勉強法に関しては、やり始めると割と早い時期に確立されるそうです。人によって、ひたすら書き続ける人、全く書かずに読み続ける人、本当に個人差が大きいようですが、これは始めれば自然と確立されてくるのでどういう勉強法が良いかは気にしなくても良いようです。

彼ら曰く3ヶ月以上続けるのがとても大変。半年勉強生活が続けられたらまず大丈夫(試験官との相性もありますが・・)だから最初は手探りで無駄が多いように見えても焦らず前進していると考える事が大事だそうです。
また、別の公務員受験をした人たちの意見ですが、予備校は共に頑張る仲間がいる面ではとても心強いが、それに頼り切ってしまう怖さがある。数年前のある試験では、予備校に行っている人があまりにも多く、予備校が必須条件になることを危惧した出題者が予備校がよくとる対策から外した問題を出題したため、予備校生たちは苦労し、逆に独学だったその知り合いは通ることが出来た。という話も聞きました。

つまり何が良いかはやってみるまで分からないということなんでしょうか・・あまり役に立たなかったかも知れません。私も(小学教員ですが)受験生です。共に頑張りましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございました。とにかく一歩踏み出さないといけないんですね。自分も書店等行って、何か始めてみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 07:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング