電流量を測るセンサーのカレントシャント抵抗と言うのがありますが、
具体的にどんな形の物で、どういう原理で電流量を測定しているのか
教えて下さい。専門知識が全くないので素人にわかる範囲で結構ですので
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

若干の整理と補足を。


カレントシャント抵抗には性格的に2種類あります。
(1)回路の電流を測定するため、回路に直列に挿入し、電流→電圧変換を行う。
   発生した電圧を、高入力インピーダンスの「電圧計」で測定し、計算で電流値を求める。(電流センサー)
(2)回路に「電流計」を挿入するとき、電流計のレンジ(フルスケール)を拡大するため、「電流計」に並列に接続する。(分流器)。例えば、5アンペア、内部抵抗1オームの電流計を50アンペアに拡大するときシャント抵抗は1/9オーム。

ご質問は(1)ですね。電流を電圧に変換する原理はオームの法則です。この変換を称してセンサーと言うわけですね。

同じ、シャント抵抗と言っても原理がまったく違っていることに注意が必要です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

御連絡おくれました。
教えていただきまして有難うございました。
非常に参考になりました。

お礼日時:2001/09/12 14:10

抵抗がご存知ないようですので、(もしご存知でしたら、ごめんなさい)そこから、ご説明します。


電気回路(直流とします)の要素は、電圧、電流、抵抗の3要素で出来ます。
ある回路に電圧をくわえると電流が流れますが、抵抗は、それに逆らう、流れにくくする要素です。この関係を式で書くと
  V=RI となります。
  V:電圧(単位はボルト)  これ電流を流そうとする圧力です
  I:電流(単位はアンペア)
  R:抵抗(単位はオーム)  これ抵抗勢力です
カレントシャント抵抗
  カレント:電流
  シャント:分流、バイパスのことです。
電流量を測定するカレントシャント抵抗は、電流の流れる回路に、直列に挿入します。そうすると、その抵抗の両端には、上の式で示したような電流に比例した電圧が発生します。
この電圧を電圧計で測定したり、なにかをコントロールする為の回路の入力信号にしたりします。センサーというので、何かのコントローラかも。
というわけで、この抵抗が電流センサーの働きをすることになります。
抵抗の具体的な形ですが、これは、目的により大きさも形も違います。電流を流れにくくするカーボンや金属などで作られ棒状であったり、板状であったり、グルグル巻きの糸巻き状であったりしますが、必要な抵抗値や電流値が決まれば、一般に部品の状態で市販されている物が使用できるでしょう。
以上で、お分かりかどうか心配ですが、さらに、ご質問の分野・背景それから目的など詳細に補足をいただければ、より具体的に、ご説明できるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御連絡遅れました。
申し訳ございません。
充分詳しい説明です。
有難うございました。

お礼日時:2001/09/12 14:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流計についてなのですが、画像の問題を読むと 回路の電流を測定するために電流計をつけた。それによる測

電流計についてなのですが、画像の問題を読むと

回路の電流を測定するために電流計をつけた。それによる測定回路の抵抗の変化分を補償するために直列に抵抗Rをつけた

と書いてあるのだと思うのですがなぜ抵抗Rをつけるのでしょうか。
元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけてそれによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだからわざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

電流計の耐電圧の関係かなと思いましたがそのような事も書いてありませんし、なぜわざわざ減った抵抗値を増やすような事をするのでしょうか。

Aベストアンサー

>元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけて
>それによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、
>この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだから
>わざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

これは一面では正しいと思います。
しかし、
「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」重視なら
正しくない、「補償用抵抗を付ける必要がある」ということでもあります。

この設問は「変えたくない」理由は書いてないですが、
設問に対しては「そういう前提」と解釈して解答するだけですね。
「その理由がわからないと解答できない」ってわけじゃないですし。

で、「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」意味ですが、
例えば、実験目的で電流値をいろいろ変え、追従してRs値交換し、電流値を記録し
a,b端子間の電圧降下を算出する場合などは、一定値の方が都合がいいように思います。
計算式が1つで済むので。
そうでないと(測定時のRs値によって)計算式を変える必要がありますよね。
組合せが増えれば作業も手間だし間違える可能性も出てくるし検証も複雑になる。


「一定にする」のと「少しでも小さくする」のは両立できず、一長一短です。
どちらを取るかは状況や価値観によります。本設問では「一定にする」と読めます。

電流計はrg=0オームで回路に影響与えないのが理想なんですが、
回路のエネルギーを横取りするので、現状、どういう方法でも元の回路に影響を与えます。
(クランプ式の電流計も)
少しでも0に近い方が、それによる測定誤差はより小さくなり、望ましいのですが
素の電流計 rg 以下にはできません。誤差の要因は他にもあります。
「測定誤差はこれくらいは許容」前提な測定を行うことはママあります。

>元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけて
>それによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、
>この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだから
>わざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

これは一面では正しいと思います。
しかし、
「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」重視なら
正しくない、「補償用抵抗を付ける必要がある」ということでもあります。

この設問は「変えたくない」理由は書いてないで...続きを読む

Q測温体と抵抗体と測温抵抗体の違いがわからない

測温体と抵抗体と測温抵抗体の違いがわからないので、詳しい方わかり易く教えて下さい。インターネットで調べましたがいまいちよく理解できませんでした。

Aベストアンサー

測温体は、温度計測を行う素子すべてに対する呼称です。
前述のサーミスタ(負の温度特性を持つ)、ポジスタ(正の温度特性を持つ)の他、熱電対(起電力を持つ)や半導体素子(接合部の電位差が温度によって変わる)も含まれます。
また、バイメタル(異種金属の膨張率の違いを利用して温度を表示する)なども含まれるでしょう。

抵抗体は、電気抵抗を持つものすべての呼称でしょう。
(電気抵抗を持たないものというのは通常はありませんから、「電気抵抗を利用することをその用途とするもの」というのが、正しいかもしれません)

測温抵抗体というのは、種々ある測温体の中で、抵抗値の変化を温度表示に利用するもの、と解されます。
サーミスタは温度が上昇すると、抵抗値が下がります。(負の温度特性)
ポジスタは温度が上昇すると、抵抗値が増えます。(正の温度特性)
いずれも、直線関係にないので、外部回路で補正する必要があります。
(これを「リニヤライズ」という)

なお、熱電対や半導体は、極めて直線性のよいものを作ることができるので、特に厳密な精度を要求するものでない限り、補正なしで使用できる場合もあります。

測温体は、温度計測を行う素子すべてに対する呼称です。
前述のサーミスタ(負の温度特性を持つ)、ポジスタ(正の温度特性を持つ)の他、熱電対(起電力を持つ)や半導体素子(接合部の電位差が温度によって変わる)も含まれます。
また、バイメタル(異種金属の膨張率の違いを利用して温度を表示する)なども含まれるでしょう。

抵抗体は、電気抵抗を持つものすべての呼称でしょう。
(電気抵抗を持たないものというのは通常はありませんから、「電気抵抗を利用することをその用途とするもの」というのが...続きを読む

Q電流センサー?電流センサ?

「電流センサー」と「電流センサ」どちらが正しいのですか?
伸ばすのでしょうか?伸ばさないのでしょうか??
ってことです。
教えてください。

Aベストアンサー

翻訳をやっているのでよくぶつかる問題なのですが、業界によって違っていて、「どちらが正しい」ということはありません。一般的に理学系では伸ばす(センサー、コンピューター、モニター)、工学系では省く(センサ、コンピュータ、モニタ)とされますが、これも結構ばらばらで、「人による」というのがいちばん正確かもしれません。

Q電球の抵抗+電源の内部抵抗で正確な電流値の求めたい

画像のような15Vの電源並列接続で、仮に電球の抵抗を100Ω、電源の内部抵抗を5Ωとすると全体の電流値はどのように計算すればよいのでしょうか?また1つの電源が負担する電流値は単純にその値を3分の1にすれば求められるのでしょうか?

Aベストアンサー

電球の抵抗値が点灯して安定状態の抵抗値とします。
また、電池の電圧や内部抵抗も3個と同じ状態として計算します。
この接続状態での計算方法を貼り付けましたので参考にして下さい。

説明図を接続図(1)として示してあります。
3つの電池の電圧と内部抵抗が同一としますと接続図(2)として表す
ことができます。
3つの電池と3つの抵抗の間に縦の接続線で接続した状態となります。

電池は代表の1つで表すことができますので、接続図(3)となります。
抵抗値をそれぞれR1、R2、R3としますと3つの抵抗器が並列に接続
した状態になります。
3つの抵抗器を合成した1つの抵抗器をR0としますと次の式にて計算
できます。

(1/R0)=(1/R1)+(1/R2)+(1/R3)
(1/R0)=(1/5)+(1/5)+(1/5)=(3/5)
R0=(5/3)=1.667[Ω]

電池(DC15V)に合成抵抗器(R0)と電球の抵抗器(RL)が直列に接続
した状態となります。
この時の回路電流Iは、次により計算することができます。

I=E/(RL+R0)=15/(100+1.667)=15/101.667
I=0.14754
I=0.148[A]

回路電流は0.148[A]となります。
なお、前提条件上の値ですので、「正確な電流値」とは断言できま
せん。

「電池1個当たり負担する電流は1/3になります。」と単純に言い
たいところですが、実際には 3つ電池が発生する電圧にバラツキが
あります。また、内部抵抗も同様です。

電圧の差と内部抵抗値の差がかなり小さい値と考えられますので
実際には個別に測定器を挿入して測定して確認する必要があります。
また、測定器にも内部抵抗がありますので、挿入したことによる
影響も考慮する必要があります。

電球の抵抗値が点灯して安定状態の抵抗値とします。
また、電池の電圧や内部抵抗も3個と同じ状態として計算します。
この接続状態での計算方法を貼り付けましたので参考にして下さい。

説明図を接続図(1)として示してあります。
3つの電池の電圧と内部抵抗が同一としますと接続図(2)として表す
ことができます。
3つの電池と3つの抵抗の間に縦の接続線で接続した状態となります。

電池は代表の1つで表すことができますので、接続図(3)となります。
抵抗値をそれぞれR1、R2、R3としますと3つの抵抗器が並列に接続...続きを読む

Q白金測温抵抗体の絶縁抵抗試験を本当は100Vでしなければならないところ

白金測温抵抗体の絶縁抵抗試験を本当は100Vでしなければならないところを、間違えて500Vでしてしまいました。
500Vで出た測定値をを100Vで測った測定値に換算する事は可能でしょうか。
現物はすでに手元にないので測りなおす事が出来ずに困っています。
ちなみに500Vでの計測値は 1MΩ・0.07MΩ・0.15MΩ・0.02MΩ・0.03MΩ・0.3MΩ・0.2MΩ(7本)でした。

Aベストアンサー

絶縁抵抗は電圧によって変化するので換算は出来ないでしょう
試験結果が許容範囲内だったら500ボルトで試験したことを書き添えればいいと思います
それにしてもばらつきが大きいですね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報