15世紀の終わりから16世紀?ごろでしょうか、、ヨーロッパ列強がどうしてそんなに植民地づくりに励んでいたのか、その理由と背景を知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

第一の理由としては国益の確保だと思います。


ヨーロッパでは産出しない香辛料や資源を持ちかえることによって国庫を潤すことが目的だと思います。
例えば、中国のお茶・絹・陶器がヨーロッパで流行し、それを大量に輸入したため、イギリス国内の銀が流出、結果、国費の不足に繋がりました。
そこでイギリスは銀の変わりにインド産の阿片で、取引を行ったといわれています。
    • good
    • 0

背景は複雑で歴史を溯ることになりますが、孤立して眠っていたようなヨーロッパが動き始めたきっかけから見るのも分かりやすいかもしれません。



500年前までのヨーロッパはギリシャ・ローマの流れを汲む国々とは思われぬ状態ー世界から孤立ーでした。ヨーロッパを一歩出ると、西は恐ろしい太平洋(その先端がどうなっているか知る人はいなかった)地中海の南にはアフリカ大陸が広がり、地中海沿岸以外は未知の大陸でした。それらの地域を支配していたのはイスラム教徒だったのです。イスラム諸国は先進国、ヨーロッパ諸国は後進国だったのです。
イスラム教徒は711年スペインに侵入してイベリア半島を支配、北上の試みはフランスの抵抗でかなわず、ピレネー山脈の南にとどまりました。イベリア半島のキリスト教徒はピレネー山脈に抵抗線を張り、徐々にイスラム教徒を南へ押し返しました。(500年間以上続いた国土回復運動、レコンキスタ)ポルトガルが先ず国土回復に成功、スペインに先駆けてアフリカ西岸の探検に乗り出しました。(後に喜望峰経由インドに至る航路を発見)スペインは1492年、イベリア半島南部に残っていたイスラムの王国を下し、この年、コロンブスの支援を決定しています。
ポルトガルがアフリカ南端周りの航路を抑えたために、新生スペインは西回りでポルトガルとアジア貿易を競うことにしたわけです。こうして大航海時代が始まり、新大陸が発見され、太平洋が発見され、西回りでアジアに達する航路が発見されました。ポルトガル、スペインに続いてオランダ、イギリス、フランス、ドイツなどが、スペインとポルトガルの支配していない地域に進出しはじめ、紆余曲折の末、
イギリス系のアメリカ、ラテン系の中南米、オランダ、フランス、ドイツ系のカリブ諸国(植民地)が生まれ、その後オランダ領、フランス領の一部の地域を除き全て独立を達成しました。

以上は状況説明に過ぎませんが、眠っていたヨーロッパを目覚めさせ外界に向かわせた誘因は多々あります。

1、イスラム包囲網の突破
2.ルネッサンスにより自信を取り戻した(ギリシャ、ローマ文化の回復)
3.イスラムによってもたらされた高価な胡椒(アジア原産)取引
4.宗教革命(ルター)によるプロテスタントの新しい土地の欲求。

これらを可能にしたのが中国伝来のコンパス(磁石の応用)と火薬(鉄砲と大砲の発達)であり、時代に目覚めたヨーロッパ人のハングリー精神だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご説明いただき、本当に有り難うございます!!!

お礼日時:2001/09/10 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q18世紀末から19世紀初期のアンティークに入ったサインの意味を教えてく

18世紀末から19世紀初期のアンティークに入ったサインの意味を教えてください。
サインのアップを添付します。この頃のサインは古代文字がよくつかわれます。
壺が倒れて川となった背景に馬車から落ちる人の姿、ギリシャ神話にありましたね。
アポロンの息子でしたっけ、そんな絵面に入っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ΑΠΟΛΛΟΔΟΤまたは ΑΠΟΛΛΟΔΟΥと判読できます。ΑΠΟΛΛΟΔΟΤなら右の方にまだ続いているはずです。たとえばApollodotosかApollodotes「アポッロドトスは」「アポッロドテースは」とか。

ΑΠΟΛΛΟΔΟΤΟΣ ΕΠΟΙΗΣΕ「アポッロドトスがこれを作った」のような言葉が続くのが古代の品にはよく見られます。

写真右端をΥだとすればΑΠΟΛΛΟΔΟΥ「アポッロドスの」という意味です。

絵の主題とは関係なくて、モデルにした古代の壺にある製作者のサインをまねたものかもしれません。

Q3~4世紀の日本

古代3世紀の日本については、魏志倭人伝などで
卑弥呼率いる邪馬台国連合が紹介されていて
親魏倭王の金印、漢奴国王の金印があり
北九州を窓口に中華の国との交易を重視した国がある一方

唐書、日本書紀では、神功皇后が新羅出兵を行う
三韓征伐など南朝鮮半島(新羅、百済)への侵攻
日本府や弁韓(後の任那・加羅)支配を行っています。

これは、当時の日本には、二つの勢力があっと考えるべきか
一つの政権が中華と朝鮮と二つの対応を同時に行っていたのでしょうか。
以下は勝手な推測です。

推測1
  北九州と近畿に二つの勢力国があった。
  北九州の連合国は帯方群など通じて中華の国に王として認められた。
  卑弥呼が送った朝貢は、男女生口10名など貧しいものであったが
  その対応が早く感動を与えて親魏倭王の金印となる。
  近畿勢力の国々は、百済、新羅が弱小国であるので、支配下に置くために
  1万人規模の軍などを贈り統治を行う。
  朝鮮半島=>壱岐・対馬=>北九州の航路に対して、朝鮮半島=>若狭湾=>近畿の
  航路を作っていた。
推測2
  北九州から近畿まで統治する一大勢力があり、そのトップに当たる国(国王)がいた。
  中華には、伊都国の一大率に対応を任せており、卑弥呼も邪馬台国も作り話
  倭は、まだ文明にも遅れていて呪術で国をまとめている。朝貢も貧しい国を演じる。
  一方で、弱小国新羅に対しては進攻戦略を行う。
  神功皇后も神話であり、当時の政権のトップが軍事部門に命令して行った。
  唐書にも神功皇后の名前が出ているのは、日本書紀などを参考にしてので同じ内容に
  なっている。

卑弥呼=神功皇后とすると。一人の女性が、国内的には呪術を行い、中華には和睦関係
朝鮮半島には侵攻で力技と、とても一人で出来るとは思えません。
当時の日本の情勢をどの様に考えると、各歴史の書記や遺跡類と話が合うのでしょうか。
朝鮮へ送り込んだ軍は、どこの誰と考えるべきでしょうか。

古代3世紀の日本については、魏志倭人伝などで
卑弥呼率いる邪馬台国連合が紹介されていて
親魏倭王の金印、漢奴国王の金印があり
北九州を窓口に中華の国との交易を重視した国がある一方

唐書、日本書紀では、神功皇后が新羅出兵を行う
三韓征伐など南朝鮮半島(新羅、百済)への侵攻
日本府や弁韓(後の任那・加羅)支配を行っています。

これは、当時の日本には、二つの勢力があっと考えるべきか
一つの政権が中華と朝鮮と二つの対応を同時に行っていたのでしょうか。
以下は勝手な推測です。

...続きを読む

Aベストアンサー

卑弥呼と神功皇后では約150年の時代の差があります。三韓征伐がいつなのか分からないなどとボケたことが書かれていたりしますが、おおよそ390年代で確定的なはずです。(卑弥呼は240年ころ)

記紀には三韓征伐の前に九州征伐(日本統一)の話があったと思いますので、その150年の間に北九州・邪馬台国が消え、畿内ヤマト王権が日本を統一したと見るのが正しいでしょう。個人的には南九州の熊襲に北九州・邪馬台国がほろぼされ、その熊襲を畿内ヤマト王権が討ち日本統一と考えています。
中国の歴史書(どれか忘れたけど)にはちゃんと、畿内ヤマト王権を邪馬台国などの今まで知っていた倭国とは”別種”の倭国であると明記されていたはずです。

記紀には、日本は生まれてから神様にもらってずっと天皇家が支配してきたから”別種”なんてないよ、という見え透いたウソが書かれているのですが、いまだにこのウソを見抜けない日本人が沢山いて笑えますね。

Q紀元後1世紀前後の東北(十和田)圏の文明レベルについて

ご存知のかたいますか? 古代十和田文明ってのは
とっくに滅びてた時期ですよね?

この地域のこの時期の文明や宗教についての情報求む。

Aベストアンサー

 お探しのものに合うかどうか分かりませんが,昨日書店で参考 URL の本を見かけましたので御紹介だけしておきます。

「平凡社新書 71 夷(えみし)の古代史」
 工藤雅樹 著,本体 740円,新書判 256頁,2001.01

参考URL:http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_071

Q行燈山古墳の築造年代は4世紀前半とされるのはなぜ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E7%87%88%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3

上記によりますと行燈山古墳(崇神天皇陵)の築造年代は4世紀前半とあります。

この4世紀前半という築造年代はどのようにして求められたのでしょうか。

Aベストアンサー

出土品の年代測定
築造年が同定されている他の古墳との類似性から推測
古墳の発掘が出来ないのだからこれ以外に方法はありません

Q日本での小麦の栽培はいつごろから

弥生時代に米作が始まったようですが、
麦はいつごろから栽培されているのでしょうか?
米と同時に輸入されたと考えるのが自然とおもわれます。
また、弥生時代から米と麦の二毛作が
行われていたのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.mugiya.net/mugiya/contents/komugi_1.html
http://www.nisshin.com/study/library/flour/index.html
http://homepage3.nifty.com/onion/labo/wheat.htm

やはり弥生時代中期みたいですね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報