dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

Articleが「第…条」でSectionは「第…節」
ということのようですが、
よく第123条を§123ように記述するのは何故?
(§=セクション記号)

A 回答 (1件)

本来は誤用といえますが、その記号が1文字で使いやすいから使っているのではないでしょうか。



以前も質問されていたようですが、Sectionは確かに「節(項)」であって、「条」ではありません。ただ、例えば日本であれば「第123条第10項」と書くところを、アメリカであれば同じ意味のことを「§123-10」と書くのです。前の質問の回答に出ていた401(k)も、401条のセクションKだからセクション記号を使うのです。§401と言ってしまうと誤りです。これはもう文化の違いとしか言いようがありません。

http://www.law.cornell.edu/ucc/9/overview.html

日本の感覚で言えば「2」のほうに「§」がくっついているのでこれは条のことか?と思ってしまって、つられて§123などと書いてしまうのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 03:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています