硬式のダブルスです。

バックハンドが苦手な人は、
ダブルスのフォアーサイドの方が適しているのでしょうか?
野球の打順決めで、1番=足が速い、2番=バンドがうまい人
のように、正論的な説明が無いでしょうか? 
よろしくおねがいします。

A 回答 (4件)

初めまして。

スコンチョといいます。(^_^)

>>バックハンドが苦手な人は、ダブルスの
>>フォアーサイドの方が適しているのでしょうか?

レベルにもよりますが、バックが苦手な人は、フォア
サイド(=デュースコート)はお勧めしていません。
その理由は以下の通りです。

1.リターンの問題
中級くらいまでなら、バックハンドでリターンさせられ
るのは、デュースコートの方が多いです。特にフォア側
に逃げるスライス(右利き)を打たれることも多いので、
あまりに右側をあけて待つわけにもいかないからです。

しかも、バックハンドのリターンは逆クロスを要求され
ますので、上手く返らなければ相手ネットプレーヤーの
餌食となってしまいます。

逆にアドコートでバックリターンを要求されるのは、緩い
サーブかスピンサーブですので、比較的楽に返すことが
出来ます。コースもバックのクロスでいいですしね。その
上、相手のポーチもバックハンドボレーとなりますので、
一発で決められる可能性は若干低くなります。

2.ボレーの問題
アドコートのプレーヤーがリターンするとき、デュース
コートのプレーヤーは右前に立っています。つまり、ポ
ーチに出るのはバックボレーとなりますし、浮いた球は
バックハイボレーで取ることになります。これが決めら
れないのでは苦しいですし、陣形的に前にいる必要があ
まり無いことになってしまいます。

3.ストロークの問題
1・2に比べれば、ダブルスでは打つ機会が少ないのが
ストロークです。レベルが上がれば上がるほど、平均
ストローク数は減ってきます。ですから、一般的なラリー
ストロークはあまり考えなくて大丈夫です。逆にボレー
対ストロークになったとき、右と左でどちらがカバーで
きる範囲が広いかを意識して練習してみてください。

と、理屈を書けばそういうことですが、上手くなる過程
では苦手なポジションにわざと入って練習・試合するのも
いいでしょうし、自分の得意なことだけ伸ばしていくのも
ありだと思います。頑張ってください。(^_^)v
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私が考えていた持論と同じでホッとしています。

<要約させてもらうと>
(1)リターン時のバック側の球速は、一般的にアドコートの方が遅い。
(2)デュースサイドのリターン時のバックハンドは、一般的に逆クロスで対応するから難しい。
(3)リターン時のポーチされにくいのは、アドコート側だから、コントロールミスが表面化しない。(但し右利きの同レベル)

お礼日時:2005/04/08 15:45

私はシングルスプレヤーなので参考になりませんが



昔は40-40のデュースになったときアドコートでポイントが
決まるので上手い人がアドコートに入りました。
最近はノーアドが主流ですのでお互いの得意な方を選択する
ことになります。

ファオの決め球を持っている人はデュースコートに入り
バックハンドが安定している人はアドコートになります。

一般的にダブルスのサーブは相手のバック側に打ちますので
アドコートの人は確実にクロスへポーチされないリターン技術が
必要とされます。
デュースコートの人は甘いサーブが来たらフォアで確実に相手の
足元やストレートを打ちポイントをゲットします。

いずれにしても
ファオにしろバックにしろショートクロス、深いクロス、ストレート
ロブ等のショットが安定して打てることなるとアドコートには
上手い人が入る確率が高くなります。

それらのショットを使ってミスを誘ったり、相手の陣形を崩し
ゲームの主導権を握ることが出来るからです。

正論ではないですが
私の狭い見方では、デュースコート側がリターンの時はアドコート
側が前衛となります。厳しいリターンを打ち相手のボールが浮かせ
その時に前衛はスーと前へ詰めフォアボレーで決める。
あるいはスマッシュで決める。となるとネットプレーが得意な人や
攻撃的な人がアドコートに入るとパートナーは楽ですね。
デュースコート側が前衛になるとセンター寄りのボールは
バックボレーで打つ事が多くファオボレーに比べパンチ力が
ないのが一般的です。
広い世の中にバックボレーが秀逸の人も結構おりますが....

私はフォアが得意なのでダブルス時はデュースコートを選択
する事が多いです。自分は手堅く守りそしてボールを作って
相棒に決めて貰うというパターンですね。

勝ちたい試合であれば
バックハンドが苦手であればデュースコート側が良いでしょう。
相手がバックへ狙っても回りこんで打てる可能性もありますし、
レベルによってはコースがわりと甘く入ってフォアで楽に打てる
からです。

上達するには
練習試合では逆にアドコートを選択し、バックハンドの技術を
磨くことも大事です。 苦手を克服しなければ進歩がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>昔は40-40のデュースになったときアドコートでポイントが
>決まるので上手い人がアドコートに入りました。

言葉を言い換えれば、プレッシャーに強い人がアドコートですね。

>最近はノーアドが主流ですのでお互いの得意な方を選択することになります。

練習でどちらが得意か見極める能力も必要ですね。
つい、「どっちでも良いよ」となってしまいますね。

>上達するには
> 苦手を克服しなければ進歩がありません。

最近、バックハンドが苦手な自分に鞭を撃つように、
アドコートで練習しています。
そうすうると、逆クロスが面白いように決まり、
今回のような質問になりました。

お礼日時:2005/04/07 14:44

フォアーサイドの方が適しています。


ある程度うまくなるまではフォアーサイドをお勧めします。
あらかじめ回り込む準備をしていれば、ほとんどがフォアハンドでカバーできるとおもいます。
回り込むことができないサーブのときは、思い切ってレシーブの位置を下げて、さがってレシーブしてみましょう。
バックハンドはスライスの練習から始めると、打点がつかめて上達がはやいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに、レシーブのバックハンドにエラーが多いです。
右利きサーバーが、バック側を狙った時、
アドコートの方が、滞空時間が少し長いため、
少しでも、バックハンド及び回り込む
準備ができると思いますが
いかがでしょうか?

お礼日時:2005/04/07 14:37

男子ダブルスではそんな穴があったら、其処ばかり突かれますから・・・・問題外と成りますが、


混合ダブルスですか?

女性はどちらにしても前衛の部分・・・・四分の一だけ必死に守ってもらえば、後は男子が残り全てをカバーします。(^_^;) 

特にストレートは抜かれないようにしてくれるとありがたいです。

どちらにしても、女性は混合だと狙われますから。

もし、貴君が男性なら、必死でバックの練習をしてください。 男性は大変なのです(^_^;)
勝てば女性の手柄、負ければ男性が不甲斐ないと成ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

失礼しました。
同姓ダブルスです。
ミックスダブルスで試合に出たことが無いですが、
男性の位置付けは、辛いものがありますね
4分の3をカバーする能力ありません。
「男はつらいよ」ですね

お礼日時:2005/04/07 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Q練習は駄目で試合は強いってなぜ?

テニススクール中級にて

バラツキはあるにしても男性はそれなりにうまい。
女性はちょっとという感じ。
女性に関しては、コーチの球出しのボールは、ストロークにしても、これで中級?初級でしょっという人が多い。
ボレーやスマッシュになるとさらに出来なくなります。

ところがところがですよ。練習試合をすると、あれほど出来なかった女性陣が、普通にテニスが出来るようになるのです。
そして結果的には男性が負けてしまいます。
最初は手を抜いているからと思ってました。
で、想像するに、本人も本気を出せば勝てるよ。と思っていることでしょう。

しかし、確信しました。毎回、ある男性は負けるのです。
じゃあ、この人は本当は下手なんだ。と、思いましたが、やはり違います。
明らかにうまい男性の場合もそうです。女性との試合になると明らかに、下手になります。

間違いなく、テニスの技術は男性が上、だけど女性との試合は、まったく別物という考えが当たっていそうです。

10年間、市民大会のシングルスで優勝している男性がいます。
女性と遊びでミックスダブルスをしてました。
明らかに、下手に見えました。
男性ダブルスだとそれなりに強いです。

なぜ、こんなことになるのでしょうか?
実は私は男性です。中級では下手なほうだと思います。
でも試合では簡単には負けません。
相手が先にミスってくれるからです。

どうしてこうなってしまうのでしょうか?

テニススクール中級にて

バラツキはあるにしても男性はそれなりにうまい。
女性はちょっとという感じ。
女性に関しては、コーチの球出しのボールは、ストロークにしても、これで中級?初級でしょっという人が多い。
ボレーやスマッシュになるとさらに出来なくなります。

ところがところがですよ。練習試合をすると、あれほど出来なかった女性陣が、普通にテニスが出来るようになるのです。
そして結果的には男性が負けてしまいます。
最初は手を抜いているからと思ってました。
で、想像するに、本人も本気を出...続きを読む

Aベストアンサー

まず、いろんな要因が考えられます。
女性が試合だけ強いケース。
男性が試合で弱いケース。


まず、女性が普段練習で打てないボールも仮に試合で打てているから強いとします。
これは、おそらく、球出しなどだと、「打たないと」っていうのが緊張感になるんだと思います。
それが悪く出て失敗するのですが、試合の時は純粋に楽しんでいるのでうまいのだと思います。


あと、もう一つは男性が弱いケース。
これは、手抜きが苦手な人がいます。
例えば、女性相手にいくらなんでも超高速サーブは打てませんよね。
となると、緩いサーブを打つけど、慣れてないのでミスをする。

また、男ダブの場合、相手の威力が強いので、ブロックするだけで威力があるのが返るけど、
女性は威力がないので、振りすぎて失敗するケース。


私も最近はサーブの威力が出てきましたので、女性相手に打つときは迷います。
フラットが入ると、返せないことが多いのでセカンドサーブを打ちますが、
トータル的なレベルでは、おそらく、まだまだ女性の方の方が上です。
でも、さすがに、力任せにエースばかり取るのは、面白くないので、打ちません。
こういう迷いのある人もいるかもしれません。

ただし、若くて全然返せそうな人には、もちろんフラットも打ちますけどね。
速いと言っても、男性レベルでは遅いので。

まず、いろんな要因が考えられます。
女性が試合だけ強いケース。
男性が試合で弱いケース。


まず、女性が普段練習で打てないボールも仮に試合で打てているから強いとします。
これは、おそらく、球出しなどだと、「打たないと」っていうのが緊張感になるんだと思います。
それが悪く出て失敗するのですが、試合の時は純粋に楽しんでいるのでうまいのだと思います。


あと、もう一つは男性が弱いケース。
これは、手抜きが苦手な人がいます。
例えば、女性相手にいくらなんでも超高速サーブは打てませんよね。
...続きを読む

Q女子ダブルスの戦い方

女ダブの戦い方で悩んでいます。
平行陣で試合を進めているのですが、どうしてもスピン系のベースラインプレーヤーのいるペアに弱く、いつもあと一息のところで負けてしまいます。
足元に落ちるボールは打ちにくくなる前にボレーしてしまいたいので、かなり前詰めをしていたこともあり、その後ロブで上を抜かれてしまいます。そして今度はロブを警戒して少し後ろにポジションを取ると足元へ・・・。
フットワークは気を使っているので、ポジションはそれなりに考えているつもりですが、うまく対応ができません。
ここまでスピンに苦手意識があるなら雁行にしたほうがよいのでしょうか。
ポジションの取り方ほかいろいろアドバイスお待ちしています!

Aベストアンサー

スピンボールの対応にはなかなか手こずりますよね。

相手はあなたたち並行陣をおいしいと思っている様子があります。
ベースライナーに対する深いボレーは決して有効ではありません。
浅いボレーの方がチャンスが生まれる可能性がありそうです。
ドロップ・ボレーや左右のアングル・ボレーが有効です。

並行陣に対してはロブで対応してくるでしょうから、あなた方もロブを積極的に使ったらどうでしょう。
スピナーにとって高く弾むボールをスピンをかけて打ち返すのは苦手のはずです。
ですからロブに対しては相手もロブで返してくることが多くなると思います。
ロブ合戦なら対等の戦いになりませんか?
フォアからのストレート・ロブが有効になりそうです。

ロブに対しては相手のベースライン・スピナーが打っても、普通はそれほどのスピードボールにはならない筈です。
スピン・ボールですからネットより高めのボールが多いかもしれません。
こちらのネット・プレーヤーが、抜かれることを警戒しながら山なり気味のボールをポーチにでるチャンスが増えるのではないでしょうか。
こちらからロブを上げたプレーヤー(あなた?)も、すきを見てネットに出てボレーなりスマッシュ。
もちろん相手のロブが甘くなればスマッシュ。

相手のスピン・ボールが低い場合は、短くなると思います。
そのような場合は前に出てワンバウンドを十分引き付けて、落ち着いて打てば厳しいコースに送り込めるでしょう。

その相手のバックに弱点はありませんか?
バックハンドのスピンがフォアより甘ければバックを攻める。
そのベースライナーはネット・プレイはどうですか?
スピンの得意なベースライナーは、短いボールは大抵あまり得意ではないはずです。
短いボール、ドロップ・ショットやドロップボレーで前におびき寄せ、ボレー合戦に持ち込むのも一法かも。
相手二人が前に出てきたらこちらからロブを。
バックハンド高い所へのロブ攻めはどうですか?

こちらからのサービスの状況にもよりますが、ポーチを積極的に試み、揺さぶりをかけてみてはどうでしょう。
抜かれることもあるでしょうが、スピナーのボールには割りと対応出来るものです。

雁行陣の相手に対しては、相手二人の間深いところ(ベースライン・センターマーク付近)が攻め場所です。そこを積極的に攻めましょう。チャンスが生まれるます。

いろいろ研究して試みて、苦手意識脱出を願っております。

スピンボールの対応にはなかなか手こずりますよね。

相手はあなたたち並行陣をおいしいと思っている様子があります。
ベースライナーに対する深いボレーは決して有効ではありません。
浅いボレーの方がチャンスが生まれる可能性がありそうです。
ドロップ・ボレーや左右のアングル・ボレーが有効です。

並行陣に対してはロブで対応してくるでしょうから、あなた方もロブを積極的に使ったらどうでしょう。
スピナーにとって高く弾むボールをスピンをかけて打ち返すのは苦手のはずです。
ですからロブに対しては相...続きを読む

Qストロークでのゆるいボールの処理

私はテニス中級者だと思いますが
スピンのかかった球などは打てるようになってきて
普通にストロークしている分にはいいのですが
チャンスボールなど(チャンスボールでなくても)の
ゆるいボールがきたときにどうしてもミスをしてしまいます。

ネットもありますがどちらかというとふかしてしまいます。
対策としてはどうしたらいいでしょうか?

「いろいろ調べると丁寧に打つ」みたいのはあるのですが
あまり具体性がかけるのでもう少し詳しく教えて頂けるとありがたいです。
丁寧にという部分は意識しているつもりなので

よろしくお願いします

Aベストアンサー

殆ど解答が出尽くしたようですが、付け加えるなら

緩いボールでふかすというのは、まずは準備が遅いからです。

ミスの原因として
準備が遅い。慌てて打つ。打ち方を変えていない
打点を落として打つ。勢い余って強く打つ。


それが起こりえる原因と対策
予測をしていない。自分の打ったボールに対し、相手の
返球を予測する。遅いと準備が遅れる。
(相手を追い込むボール、深いボール、あるいは浅いボール)
これらの場合、中級以下だと短いボールが多い。

相手をよく見る。相手がバランスを崩しながら打つとか
(構えが遅く、差し込まれている。体の軸が崩れる)

短い球と予測できたら、バックラインより一歩コート内に
入り構え、確信できたらティクバックしながら前に詰める。

細かく足を動かし、一拍を置きボールをヒットする。
ここで一番大事なことは、出来るだけ高い打点で打つ。
ネットより高い打点でフラットに打ち込めば、ネット
せず深い位置に強いボールを打ち込むが出来るのです。
フラットに打っても自然にスピンがかかりボールは
落ちるのです。
※一拍置かないと、一直線的な固まった打ち方しか出来ず、
ボールの変化の対応や自分の打つタイミングの間が
取れないのです。

丁寧にコースをつくとかネットより低い場合などは
スライスで打つ。スピンならストレートよりクロスへ打つ。
その方が距離が長くとれ、相手を外へ追い出すことが可能。

いずれにしても予知能力、判断力の速さ、細かい足の動き、
などが完璧な準備となり、余裕を持って高い打点でボール
を打ち込むが可能です。
※高い打点で打つ時、細かい打ち方は考えず体に任せましょう。

ここまでは中級クラスの中レベルの話ですが、目標にして
も良いと思います。

とにかくミスをしないのであれば、スライスで丁寧に
返すことです。
試合ではただ返すだけでは相手の反撃を食らいます。

最後に
ミスをしない事から、深く打つ、コースを狙う、強く打つ
相手を外へ追い出すなどとレベルを上げてゆきます。

日頃からどういう時に短いボールが打たれるのかを観察し、
予知能力を高める訓練も必要でしょうね。

殆ど解答が出尽くしたようですが、付け加えるなら

緩いボールでふかすというのは、まずは準備が遅いからです。

ミスの原因として
準備が遅い。慌てて打つ。打ち方を変えていない
打点を落として打つ。勢い余って強く打つ。


それが起こりえる原因と対策
予測をしていない。自分の打ったボールに対し、相手の
返球を予測する。遅いと準備が遅れる。
(相手を追い込むボール、深いボール、あるいは浅いボール)
これらの場合、中級以下だと短いボールが多い。

相手をよく見る。相手がバランスを...続きを読む

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Q止まるスライスと滑るスライス

よくありそうな質問で申し訳ないのですが…

コンチネンタルグリップでフォアの止まるスライスは打てるのですが
滑るスライスとはどう違うのか教えて欲しいですm__m


http://www.youtube.com/watch?v=XrOd5Mssjaw&feature=related

動画を見ていると、(滑るスライスの動画だと思いますが…)
コンチではなく少し厚めに持って
止まるスライスより回転はあまり意識せず
前に押し出す量を増やす


そんな風に思ったりしましたが…


でもこれはコンチなので、どちらでもOKなのかな?
http://www.youtube.com/watch?v=t3LWXQb88M4



私の止まるスライスは
コンチでミニラリーをしていて
知らないうちに打てるようになったのです。

どんな風にしているかと言うと、
浮かさないよう(ラケットからネットまで、ほとんど直線のイメージで(←もしかしてここが違う?))
ボールがラケットに当たっているタイミングでグリップをぎゅっと握って、
ボールに接触している間、ボールの斜め上から下までをなでる感じで強めの回転をかけています。

かなりしっかり止まってくれます…^^;


バウンド後、「滑るようにする」イメージがハテナです…

止まるのは、ボールに進行方向と逆の回転がかかっているかと思っているのですが
滑るのはボールにどんな回転がかかっているの?

止まるのはスライスをかけすぎているのかな?

ゆるめに押し出せば滑るのかな?

止まるのと、滑るのと
何がどんなふうに違うの?

お力頂ければ助かります。

よくありそうな質問で申し訳ないのですが…

コンチネンタルグリップでフォアの止まるスライスは打てるのですが
滑るスライスとはどう違うのか教えて欲しいですm__m


http://www.youtube.com/watch?v=XrOd5Mssjaw&feature=related

動画を見ていると、(滑るスライスの動画だと思いますが…)
コンチではなく少し厚めに持って
止まるスライスより回転はあまり意識せず
前に押し出す量を増やす


そんな風に思ったりしましたが…


でもこれはコンチなので、どちらでもOKなのかな?
http://www.youtube.com/watch?v=t...続きを読む

Aベストアンサー

入射角の問題です。

止まるスライスと滑るスライスの共通点はバックスピンです。
で、入射角が大きいと、つまり真上からに近くなるほど前への推進力がないので止まります。
逆に入射角が小さいと、つまり地面と平行に近づくほど前への推進力が大きくなりますので滑ります。

同じ力をボールに加える、ということであれば、止まるスライスは逆回転の量の多いボールとなり、滑るスライスはそれほどの逆回転の量でははなく、フラットに近いスライスということになります。
つまり、ボールのどこを打つかによってスライスの種類が決まってくるんですね。
ボールを飛ばす距離にもよりますが、滑るスライスでは、ボールの中心のやや下、止まるスライスの場合はそれよりももっと下ということになります。

また、バックスピンを意識した場合、ネットより低い打点になればなるほど止まるスライスになりやすいと言えます。
ネットより低い打点で打って、滑るスライスにしたい場合は、バックスピンを意識せずフラットに近い厚い当たりのスライスにしなければなりません。

止まるスライスと滑るスライスを打ち分けられれば、相手のリズムを狂わせることができますね。
また、前で打つ、呼び込んで打つ、とても低い打点で打つ、サイドスピンを混ぜる、などなど、コンチネンタルグリップならば、様々なスライス系のショットを打つことができますので色々と試してみてください。

入射角の問題です。

止まるスライスと滑るスライスの共通点はバックスピンです。
で、入射角が大きいと、つまり真上からに近くなるほど前への推進力がないので止まります。
逆に入射角が小さいと、つまり地面と平行に近づくほど前への推進力が大きくなりますので滑ります。

同じ力をボールに加える、ということであれば、止まるスライスは逆回転の量の多いボールとなり、滑るスライスはそれほどの逆回転の量でははなく、フラットに近いスライスということになります。
つまり、ボールのどこを打つかによってスラ...続きを読む

Qフェデラーの様な滑って伸びるバックハンドスライス

私がバックハンドスライスを打つと、どうしても相手の前で止まってドロップする、球威のないいわゆる伸びないスライスになってしまいます。打ち方は、まずラケット面の後方を上にして、斜めに構えます。ラケットはこの時腰の位置より高め、胸の辺りにセットします。で、インパクト後はラケットにボールを乗っけて運んでいくようなイメージで打ち、フィニッシュはラケット面が上向きになって相手の方向を指すような打ち方です。

これは以前通っていたスクールのコーチから最初にスライスの打ち方の手ほどきを受けた時のものをずっと続けています。

しかし、そのコーチが打ってくるバックハンドスライスは、そんなドロップ気味のものではなくて、バウンドしてからも球威が衰えず、しかも低い位置で滑って伸びてくるボールです。

そこでそのコーチにそういうスライスの打ち方を教えて欲しいと言ったら、「企業秘密だよ」とか「そのうち教えてあげる」と言って、自分でそういう打ち方を教えておいたくせに私のスライスを見て「それじゃナンチャッテスライスね」とバカにしていたのですが、私がそのスクールをやめてしまったため未だにそういう滑って伸びるスライスボールは打てません。

このカテゴリーの過去のQ&Aで、どなたかが、ラケットを斜めに構えず真っ直ぐに構えて最後に親指を上げる様にすればいい、とおっしゃっていましたが、それだと私の場合トップスピンがかかってしまいます。

また、では最後に親指を上げないで(この時ラケットを斜めには構えません)、ラケット面を最後に上向きにすると(つまりドロップスライスのフィニッシュと同じです)、ベースラインをはるかにオーバーしてホームランしてしまいます。

フェデラーのバックハンドスライスを実際に目の前で見たことはありませんが、新聞記事に、彼がウィンブルドンや全米、全豪のような早いコートで勝てるのは、滑って伸びるスライスがローンコートやハードコートのような早いサーフェスでは非常に有効だから、とあったのを読んだことがあります。

どうやったらフェデラーの様なって伸びるバックハンドスライスが打てるのでしょうか?また、その練習方法があれば教えて下さい。宜しくお願い致します。<(_ _)>

私がバックハンドスライスを打つと、どうしても相手の前で止まってドロップする、球威のないいわゆる伸びないスライスになってしまいます。打ち方は、まずラケット面の後方を上にして、斜めに構えます。ラケットはこの時腰の位置より高め、胸の辺りにセットします。で、インパクト後はラケットにボールを乗っけて運んでいくようなイメージで打ち、フィニッシュはラケット面が上向きになって相手の方向を指すような打ち方です。

これは以前通っていたスクールのコーチから最初にスライスの打ち方の手ほどきを受...続きを読む

Aベストアンサー

あまりにライジングすぎる場合はフラットに近い合わせ打ちみたいな
スライスにしないとラケット面でかすれてボールは前に飛ばなかったり
しますがこの辺の加減も出来る人は出来てしまうので・・・

実際スライスの古典であるローズウォールのラケット面の動きは
バックスイングの一番深い所でラケット面は地面に垂直→振り出して
すぐ地面に水平→インパクトで垂直→フォローに入って水平ぎみ→
フィニッシュはフラットと変わらないと、それぞれの動きが持っている
意味を説明するのは大変です。
ただ出来ない人が見ていてもムリが無く美しいとは感じるとは
思うんです。

以下考えられる例えをいくつか挙げてみます。

★野球のピッチャーはいったん投球方向に対して横を向き腕から力が抜け
その後腕はつねにヒジが先行して振られリリースで始めてスナップを使います。
この間の手首の向きの変化を説明をするのは身体の仕組みから解説しないと
出来そうもありません。
テニスではラケット全体を含め腕なのでヒジにあたるのはグリップです。
グリップを常に先行させムリに面を起こさないようにしてインパクトで
スナップを使う意味で面を立てる感じでしようか・・・

★空手のウラ拳のパワーを使いインパクトでは飛球方向に
面を向けボレーと同じ様なフォローで深さのコントロール感を出しています。

★スライスはプロが試合で使っている時はイロイロな場面で使うので
その時々で理由があり変則バージョンの事が多いです。
(ブロックに近いスライス、低い所でスイングスピードを落とさないで
打ちたい為のアウトサイドインに振るのサイドに切れるスライス等)
練習ストロークの時ほ方がある意味意識して基本的な打ち方をしています。

後、私は以前にもバックのスライスは回答した事があるので
よければ読んでみてください。

克服の方法はやはり克服出来た人に訊いてみるのがいいと思います。
スミマセン・・・

あまりにライジングすぎる場合はフラットに近い合わせ打ちみたいな
スライスにしないとラケット面でかすれてボールは前に飛ばなかったり
しますがこの辺の加減も出来る人は出来てしまうので・・・

実際スライスの古典であるローズウォールのラケット面の動きは
バックスイングの一番深い所でラケット面は地面に垂直→振り出して
すぐ地面に水平→インパクトで垂直→フォローに入って水平ぎみ→
フィニッシュはフラットと変わらないと、それぞれの動きが持っている
意味を説明するのは大変です。
ただ出来な...続きを読む

Qよりスピンを強力にするには

私はよく動き、筋力もあり全身をフルに使ってガンガン振るほうです。
グリップはウエスタンに近いセミウエスタンなので厚めだと思います。
振り方はオープンスタンスなので軸足にしっかり体重を乗せ、その反動を使い、腰の回転とともに、ボールに対してインサイドアウト軌道で振り上げるようにスイング。インパクトの後、肘は曲がるのでワイパースイングとなりフィニッシュではラケットヘッドが背中に巻きつきます。
打球は放物線みたいになってると思います。(大体ベースラインとサービスエリアの中間あたりでバウンドしてる)
また、ショートラリーでもやや速いスイングでスピンをかけて相手の手前にコントロールできます。
基本的に回転を掛ける行為は出来てると思います。
言葉だけじゃうまく伝わらないかと思いますが、複数受け持たれてるコーチからはフォーム、スイングはほぼ問題ないといわれておりますので、フォアハンドに関してはそれなりのレベルであることはわかっていただけるかと思います。

しかし最近、スピンをもっと強力にしたいと思うようになりました。
現在は面が95inで重さ300g以上、ストリングパターン18*20のどっちかというフラット系のタイプを使っております。(別にフラット系を目指してるわけじゃないですが、レベルがあがるにつれ自然とこうなったという具合)
ご存じ、面が小さくてパターンが細かいと飛びが抑えられます。
パワーのある上級者ってこういうタイプを使ってると思いますが・・・。

そんな中、知り合いからよりスピンをかけるのならストリングパターンを16*18にしたほうがいいといわれました。
確かに粗い面だとガットのずれが大きくなることで掛かりやすいそうですが、その時に面の粗いので試し打ちしたところ、現行ラケットに比べてやや飛ぶなという実感がありました。(バウンドが結構ベースラインぎりぎりだったと思います)
今までと同じようにスイングしてです。面も100だったのでその影響もあったのかもしれませんが。
これはいいことなのでしょうか?
もしより強力なスピンを求めるのなら今人気のナダルモデル、ロディックモデルがありますが、そっちにしようか迷ってるところです。
でもこのモデルは面が一律100inでフレームも結構厚めだから飛ぶほうなんですよね?
なので買い替えたとしても使いこなせるかが不安です。

何かアドバイスあればお願いします。

私はよく動き、筋力もあり全身をフルに使ってガンガン振るほうです。
グリップはウエスタンに近いセミウエスタンなので厚めだと思います。
振り方はオープンスタンスなので軸足にしっかり体重を乗せ、その反動を使い、腰の回転とともに、ボールに対してインサイドアウト軌道で振り上げるようにスイング。インパクトの後、肘は曲がるのでワイパースイングとなりフィニッシュではラケットヘッドが背中に巻きつきます。
打球は放物線みたいになってると思います。(大体ベースラインとサービスエリアの中間あたりでバ...続きを読む

Aベストアンサー

またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。30代の方だったんすか・・。
40肩、老眼、複数回の肉離れ(足)をやっちゃった後の私にしちゃあ、
30代のテニスのはもう戻れないな~・・・(涙)。

まずはメーカーから金一封が出ているのではと疑いたくなるようなアエロドライブ
の礼賛URLを貼ります。
http://rafaelnadal.tennis-navi.jp/racket.html

もちろん、質問者さんに合う、合わないはあると思いますが、前述のようにこの
ラケットは不思議なほどライン際で球が落ちます。ニューボールと練習球ぐらい
の感覚の差があります。スピン量に自信のある質問者さんが使ったら、なおさら
効果が出る可能性が強いと思います。

私の場合限定で欠点を書けば、ウソにはならないと思いますが・・・このラケットで
苦労するのはボレー、ブロックショット、セカンドサーブです。いい加減にさばくと
ラケットの力だけでバックアウトしちゃうのがボレーとブロックショット・・・。
セカンドサーブは、私の場合、右上を切るスラピンで打ってるんですが、ちょっと
角度が深く入ると、跳ね方が中途半端に大きくなって打ちこまれちゃうんです。
ツイストでセカンドを打つ方なら、むしろ威力を増すと思いますので私の場合限定
の欠点です。

振り切り用に開発された厚ラケでプロもまったく同じかどうかは別にしてほぼ同じ
スペックのタイプを使っているわけで・・・スイングスピードだけ気にして試さない
のはもったいない・・・でも相性ですから断言できないことを許して下さい。

またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。30代の方だったんすか・・。
40肩、老眼、複数回の肉離れ(足)をやっちゃった後の私にしちゃあ、
30代のテニスのはもう戻れないな~・・・(涙)。

まずはメーカーから金一封が出ているのではと疑いたくなるようなアエロドライブ
の礼賛URLを貼ります。
http://rafaelnadal.tennis-navi.jp/racket.html

もちろん、質問者さんに合う、合わないはあると思いますが、前述のようにこの
ラケットは不思議なほどライン際で球が落ちます。ニューボールと練習球ぐらい
...続きを読む

Qみなさんトップスピンで打ってますか?それともフラット?

私はおじさんです。私の若いころはボルグが全盛期でトップスピンという言葉が盛んに使われていました。
最近はどうなのでしょうか?あまり使われない気がするのですが。。。

実は私は、例えばフォアハンドはトップスピンで打つものだと思っていました。トップスピンといってもぐりぐりではありませんが、ドライブといった感じでしょうか?

ところが最近うまい人とテニスをやるようになってから気づいたのですが、うまい人は打点が高くそのため順回転を掛けなくてもボールがちゃんとコート内に収まるのですね。
高い打点から打つときはほとんど順回転が掛かってません。
どちらかと言うと軽いサイドスピンが掛かっています。

また、私自信がフォアを片手から両手打ちに変えたために、勝手に打点が高くなったようで、ボールを見るとまったく回転が掛かってません。

そこで気になったのですが、みんなトップスピンで打ってるものだと思っていたのですが、高い打点で打てる人はむしろフラットで打っているのでしょうか?

私はバックのシングルハンドもトップスピンで打っていたので、自身がフラットなボールを打つとは夢にも思っていなかったのですが、本当に無回転なボールが飛んでいくことに驚いています。

ただし、ムーンボールでネットのかなり上を通す時や、プロのように速いボールはやはり順回転を掛けるのでしょうが。

私はおじさんです。私の若いころはボルグが全盛期でトップスピンという言葉が盛んに使われていました。
最近はどうなのでしょうか?あまり使われない気がするのですが。。。

実は私は、例えばフォアハンドはトップスピンで打つものだと思っていました。トップスピンといってもぐりぐりではありませんが、ドライブといった感じでしょうか?

ところが最近うまい人とテニスをやるようになってから気づいたのですが、うまい人は打点が高くそのため順回転を掛けなくてもボールがちゃんとコート内に収まるのです...続きを読む

Aベストアンサー

まず、私の周り(大学男子)においては、みんな高い打点で打てる人がフラットを打っているかというと、ぜんぜんそんなことはありません。
むしろ、ほとんどの人がぐりぐりのトップスピンを打っています。
みんな同じショットばかりで、逆につまらないですが、少なくとも私の大学ではフラットを打つような人はひどくまれです。
高い打点からトップスピンを打つ方法は、脇を占めて腕をコンパクトにたたみ、体ごと回転させて打つようです。
足場は完全にオープンスタンスです。
強い人のほとんどが、このうち方をしています。
それにしても、なぜ違うサークル間でも、あそこまでみんなそろってまったく同じプレイスタイルになるのでしょうか。
よその大学ではどうなんでしょうか、それが少し気になるところですね。

Qテニスダブルスゲームで相手ペースを乱す戦術

テニスダブルスゲームで相手ペースを乱す戦術


社会人サークル所属の硬式テニスプレーヤーです。歴は3年ほど。
ダブルス試合において、相手にペースを掴ませないようにするには、どういった戦術・小技が有効でしょうか?
格上と試合する場合、雁行陣による正攻法(ラリーからのポーチ)を続けているとジリ貧になってしまいます。
こちらの試合の組み立て方も一本調子で…というより下手なのであまり戦術に選択肢がないのですが(汗

ダブルスの場合、「実力そのものが相手ペアより下回っていても、試合の進め方によっては勝てる」と聞いたことがあります。
相手のスキや弱点に付け入る、いやらしいテニスを学びたいです。

是非お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本は相手をみて、自分たちをみて、状況に合わせた戦術を使うことです。

例えば、
・リターンの立ち位置が、バック側に寄っている場合は、
 バックが苦手でフォアで打ちたいという気持ちからです。
 こういった相手の場合は、まず1、2本バックにうち、
 その次フォアにうつと相手はバックを意識しているのでミスしやすいとか。
 (サーブを打ち分ける技量が必要ですが。。)
・リターンをクロスにしか打たないから、ポーチを多用しょうとか。
・前衛の立ち位置をいつもよりセンター寄りにし、リターンにストレートを意識させて、
 ミスを誘うとか。
 前衛でちょこちょこ動くのは、実際にボールが来た場合に
 反応が鈍くなる場合もあるので気をつけてください。
・リターンでロブを打った時、相手の処理がもたついていたから、ロブを使おうとか。
・ペアのバックリターンの調子が悪く、狙われているから、
 無理せずロブを使ったり、スライスを使おうとか。

注意点としては、マナー違反です。
例えば大きな声をだして威嚇することですが、相手に平常心を保たせないという意味では非常に効果的ですがマナー違反で、相手も周りで見ている人も、自分のペアでさえ嫌悪感を覚えるかもしれません。

あくまでも相手に意識をさせることや、自分たちがリラックスしてプレー出来る事が目的です。

基本は相手をみて、自分たちをみて、状況に合わせた戦術を使うことです。

例えば、
・リターンの立ち位置が、バック側に寄っている場合は、
 バックが苦手でフォアで打ちたいという気持ちからです。
 こういった相手の場合は、まず1、2本バックにうち、
 その次フォアにうつと相手はバックを意識しているのでミスしやすいとか。
 (サーブを打ち分ける技量が必要ですが。。)
・リターンをクロスにしか打たないから、ポーチを多用しょうとか。
・前衛の立ち位置をいつもよりセンター寄りにし、リターンにスト...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報