硬式のダブルスです。

バックハンドが苦手な人は、
ダブルスのフォアーサイドの方が適しているのでしょうか?
野球の打順決めで、1番=足が速い、2番=バンドがうまい人
のように、正論的な説明が無いでしょうか? 
よろしくおねがいします。

A 回答 (4件)

初めまして。

スコンチョといいます。(^_^)

>>バックハンドが苦手な人は、ダブルスの
>>フォアーサイドの方が適しているのでしょうか?

レベルにもよりますが、バックが苦手な人は、フォア
サイド(=デュースコート)はお勧めしていません。
その理由は以下の通りです。

1.リターンの問題
中級くらいまでなら、バックハンドでリターンさせられ
るのは、デュースコートの方が多いです。特にフォア側
に逃げるスライス(右利き)を打たれることも多いので、
あまりに右側をあけて待つわけにもいかないからです。

しかも、バックハンドのリターンは逆クロスを要求され
ますので、上手く返らなければ相手ネットプレーヤーの
餌食となってしまいます。

逆にアドコートでバックリターンを要求されるのは、緩い
サーブかスピンサーブですので、比較的楽に返すことが
出来ます。コースもバックのクロスでいいですしね。その
上、相手のポーチもバックハンドボレーとなりますので、
一発で決められる可能性は若干低くなります。

2.ボレーの問題
アドコートのプレーヤーがリターンするとき、デュース
コートのプレーヤーは右前に立っています。つまり、ポ
ーチに出るのはバックボレーとなりますし、浮いた球は
バックハイボレーで取ることになります。これが決めら
れないのでは苦しいですし、陣形的に前にいる必要があ
まり無いことになってしまいます。

3.ストロークの問題
1・2に比べれば、ダブルスでは打つ機会が少ないのが
ストロークです。レベルが上がれば上がるほど、平均
ストローク数は減ってきます。ですから、一般的なラリー
ストロークはあまり考えなくて大丈夫です。逆にボレー
対ストロークになったとき、右と左でどちらがカバーで
きる範囲が広いかを意識して練習してみてください。

と、理屈を書けばそういうことですが、上手くなる過程
では苦手なポジションにわざと入って練習・試合するのも
いいでしょうし、自分の得意なことだけ伸ばしていくのも
ありだと思います。頑張ってください。(^_^)v
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私が考えていた持論と同じでホッとしています。

<要約させてもらうと>
(1)リターン時のバック側の球速は、一般的にアドコートの方が遅い。
(2)デュースサイドのリターン時のバックハンドは、一般的に逆クロスで対応するから難しい。
(3)リターン時のポーチされにくいのは、アドコート側だから、コントロールミスが表面化しない。(但し右利きの同レベル)

お礼日時:2005/04/08 15:45

私はシングルスプレヤーなので参考になりませんが



昔は40-40のデュースになったときアドコートでポイントが
決まるので上手い人がアドコートに入りました。
最近はノーアドが主流ですのでお互いの得意な方を選択する
ことになります。

ファオの決め球を持っている人はデュースコートに入り
バックハンドが安定している人はアドコートになります。

一般的にダブルスのサーブは相手のバック側に打ちますので
アドコートの人は確実にクロスへポーチされないリターン技術が
必要とされます。
デュースコートの人は甘いサーブが来たらフォアで確実に相手の
足元やストレートを打ちポイントをゲットします。

いずれにしても
ファオにしろバックにしろショートクロス、深いクロス、ストレート
ロブ等のショットが安定して打てることなるとアドコートには
上手い人が入る確率が高くなります。

それらのショットを使ってミスを誘ったり、相手の陣形を崩し
ゲームの主導権を握ることが出来るからです。

正論ではないですが
私の狭い見方では、デュースコート側がリターンの時はアドコート
側が前衛となります。厳しいリターンを打ち相手のボールが浮かせ
その時に前衛はスーと前へ詰めフォアボレーで決める。
あるいはスマッシュで決める。となるとネットプレーが得意な人や
攻撃的な人がアドコートに入るとパートナーは楽ですね。
デュースコート側が前衛になるとセンター寄りのボールは
バックボレーで打つ事が多くファオボレーに比べパンチ力が
ないのが一般的です。
広い世の中にバックボレーが秀逸の人も結構おりますが....

私はフォアが得意なのでダブルス時はデュースコートを選択
する事が多いです。自分は手堅く守りそしてボールを作って
相棒に決めて貰うというパターンですね。

勝ちたい試合であれば
バックハンドが苦手であればデュースコート側が良いでしょう。
相手がバックへ狙っても回りこんで打てる可能性もありますし、
レベルによってはコースがわりと甘く入ってフォアで楽に打てる
からです。

上達するには
練習試合では逆にアドコートを選択し、バックハンドの技術を
磨くことも大事です。 苦手を克服しなければ進歩がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>昔は40-40のデュースになったときアドコートでポイントが
>決まるので上手い人がアドコートに入りました。

言葉を言い換えれば、プレッシャーに強い人がアドコートですね。

>最近はノーアドが主流ですのでお互いの得意な方を選択することになります。

練習でどちらが得意か見極める能力も必要ですね。
つい、「どっちでも良いよ」となってしまいますね。

>上達するには
> 苦手を克服しなければ進歩がありません。

最近、バックハンドが苦手な自分に鞭を撃つように、
アドコートで練習しています。
そうすうると、逆クロスが面白いように決まり、
今回のような質問になりました。

お礼日時:2005/04/07 14:44

フォアーサイドの方が適しています。


ある程度うまくなるまではフォアーサイドをお勧めします。
あらかじめ回り込む準備をしていれば、ほとんどがフォアハンドでカバーできるとおもいます。
回り込むことができないサーブのときは、思い切ってレシーブの位置を下げて、さがってレシーブしてみましょう。
バックハンドはスライスの練習から始めると、打点がつかめて上達がはやいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、レシーブのバックハンドにエラーが多いです。
右利きサーバーが、バック側を狙った時、
アドコートの方が、滞空時間が少し長いため、
少しでも、バックハンド及び回り込む
準備ができると思いますが
いかがでしょうか?

お礼日時:2005/04/07 14:37

男子ダブルスではそんな穴があったら、其処ばかり突かれますから・・・・問題外と成りますが、


混合ダブルスですか?

女性はどちらにしても前衛の部分・・・・四分の一だけ必死に守ってもらえば、後は男子が残り全てをカバーします。(^_^;) 

特にストレートは抜かれないようにしてくれるとありがたいです。

どちらにしても、女性は混合だと狙われますから。

もし、貴君が男性なら、必死でバックの練習をしてください。 男性は大変なのです(^_^;)
勝てば女性の手柄、負ければ男性が不甲斐ないと成ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

失礼しました。
同姓ダブルスです。
ミックスダブルスで試合に出たことが無いですが、
男性の位置付けは、辛いものがありますね
4分の3をカバーする能力ありません。
「男はつらいよ」ですね

お礼日時:2005/04/07 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画に、必然性の無いシャワーシーンがなぜあるのですか

『アイ・ロボット』というアメリカ映画を観て思ったことですが、
美人の女性のロボット学者が出てくるのですが、その女性学者がシャワーをあびているシーンがあって、どうして唐突にシャワーをあびる必要があるのだろうかと疑問に思いました。
そもそもロボット学者が美人の女性というのも必然性があるのだろうかと思いましたが、その女性学者が裸でシャワーをあびるのは、ストーリー上に必然性があるとは思えませんでした。
他の映画でも女性のシャワーシーンがストーリーに関係あると思えないことが何回か見ました。
どうして、映画に、必然性の無いシャワーシーンがあるのですか。

Aベストアンサー

水戸黄門に由美かおるさんの入浴シーンがお決まりであるのと同じだと思います。

必然性の無いシャワーシーンの場合は、映画もドラマも娯楽ですから視聴者を楽しませようという意図だと思いますよ。

Q硬式テニスのバックハンドで

軟式から硬式に移ったのですが、バックハンドが上手く打てなくて困っています。
軟式のバックハンドでも対応できるのですが、やはり無理があり、硬式のバックハンドを練習しています。

以下の状態なので、解決策をお教えください。

スライス…ボールが浮きます。

シングルハンド…話になりません。ボールが大きく浮くか、2度打ちしてしまいます。

ダブル…リーチが短くなり、面のトップに当たる。また、力んでしまう。

Aベストアンサー

私も軟式から硬式に転向した者です。

実は硬式のバックハンドは一旦マスターしてしまえばフォアより安定したグランドストロークとなります。
理由はフォアより自由に力がかけられないため、フォームさえ決まってしまえば常に同じ軌道をたどるようになります。したがってミスショットも少なくなるのです。

まずは色々やるよりも、シングルハンドのスライスを身に付けたらいかがでしょうか。
安定したスライスが打てるようになるまで最初は以下の事柄に気をつけて練習されたら良いと思います。
1.イースタンからコンチネンタル気味にグリップを決める。
2.テイクバックは腰を回して行う。
3.肘は最初から最後までほとんど曲げないようにする。
4.手首もグラグラ動かさないように固定する。
5.インパクトはラケット面にボールを乗せる感覚で。
6.フォロースルーはボールの行く方向に大きく伸ばしてやり、フィニッシュ時はボールに当てた面がそのまま上を向いていれば成功です。

スライスが効果的にかかっていれば球足が伸びることはあっても、ボールが浮くことはありません。フラット気味に当たっているからボールがふわりと飛んでいってしまうのだと思います。

私も軟式から硬式に転向した者です。

実は硬式のバックハンドは一旦マスターしてしまえばフォアより安定したグランドストロークとなります。
理由はフォアより自由に力がかけられないため、フォームさえ決まってしまえば常に同じ軌道をたどるようになります。したがってミスショットも少なくなるのです。

まずは色々やるよりも、シングルハンドのスライスを身に付けたらいかがでしょうか。
安定したスライスが打てるようになるまで最初は以下の事柄に気をつけて練習されたら良いと思います。
1.イース...続きを読む

Q1月15日放送「只野仁」シャワーシーンについて

1月15日(木)に放送された「只野仁」の中で野久保直樹さんのシャワーシーンがありました。

女性から見ると優しそうな顔つきなのにしっかりしたいい体 だったという感想が多かったみたいですが、男性から見たらどうなんでしょうか?
見られていた方、感想や意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

労働現場のシーンではひ弱なイメージでしたが、シャワーシーンでは引き締まったいい体してましたね。
「脱いだら凄いんです」というフレーズが頭に浮かびました(笑

Q硬式テニスのダブルスのサーブ位置

硬式テニスの初心者です。ダブルスの時の、サーブ位置はシングルのサイドラインの近くじゃないと、いけないのでしょうか?
左利きだと、なんか、やりにくい時もあるのですが?

Aベストアンサー

別に左利きとか関係ありませんし、
センターから打っても構わないんですよ。
そんなルールはない、
ただダブルスの基本ってだけです。

じゃ、なぜ、サイドからサーブを打たないといけないのかって
よく言われるのか。
答えはダブルスの陣形を崩しにくく、
ポーチとかの攻撃がやりやすいから。

センターから打てば、
前衛にあたる可能性が高くなります。
もちろん、あたればフォルトになりますよ。

そして、一番の問題は後衛がセンターに居て
前衛もその前あたりにいると、
空きスペースが多く出来てしまい、
甘いサーブをしてしまえば、サイドとかの空きスペースに叩き込まれて
相手ペアの思う壺になるような試合運びになるリスクがあるからです。

貴方が俊敏動けて、ナダルのようにボールを追いかけられるのであれば
センターからサーブをしても大丈夫ですが
初心者ならサイドからのほうがいいです。

ダブルスは二人の動きがかみ合わないとダメで
陣形ってのを勉強すると分かりますよ。
これは、テニス雑誌や実用本などに書かれているので
本屋で立ち読みされてはみるのも勉強になります。

勉強なされば、分かりますが
実はセンターからサーブを打つ陣形は存在します。
ただ、初心者にはとてつもなく難しいのです。

少しでも参考になれば、幸いです。
長々とすみませんでした。

別に左利きとか関係ありませんし、
センターから打っても構わないんですよ。
そんなルールはない、
ただダブルスの基本ってだけです。

じゃ、なぜ、サイドからサーブを打たないといけないのかって
よく言われるのか。
答えはダブルスの陣形を崩しにくく、
ポーチとかの攻撃がやりやすいから。

センターから打てば、
前衛にあたる可能性が高くなります。
もちろん、あたればフォルトになりますよ。

そして、一番の問題は後衛がセンターに居て
前衛もその前あたりにいると、
空きスペースが多く...続きを読む

Qダブルスの位置

ダブルスではどこに逃げるのがベストですか?
よく「後ろ」って注意されますが、動画など見ても、打った後に横にずれているケースが多いみたいです

Aベストアンサー

ペアを組んでたやつと決めてたのはたった一つ   
                        
横(近い側)。                           
                            
以上。                     
                        
                    

理由1 どっちも前陣主体
理由2 どっちも動き続けるスタミナがない
理由3 ペア曰く 「感覚が大事♪」(頭が弱く細かいのが苦手だった可能性有り)

Qサーブの順番について 硬式・ダブルス

硬式ダブルスのサーブの順番について、ご教授お願いします。
第1ゲームは右側でプレーする選手がサーブをするのか、どちらの選手でもいいのかを教えてください。
(第1ゲームでサーブをした選手が、第2ゲームで左側のコートでプレーしてもよいのですか?)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リターンするサイドはサービスの順番に関係ありません。
私は右利きですが、バックサイドからのリターンが好きなのでサウスポーとのペアでもバックサイドでリターンさせてもらっています。
サービスはサービスがうまい方、同じであればスマッシュ、ボレーが下手な方、体力がある方が先にします。

Qダブルストレーラー

ダブルストレーラーって、日本では法律的に公道を走って良いのでしょうか?
普通の道路では見たことが無いのですが
動画の場合は、特別な許可を取った状態だから走れるのかな

http://www.youtube.com/watch?v=_0rYr8jJk0U

Aベストアンサー

>日本では法律的に公道を走って良いのでしょうか?

長さの制限をクリアできれば走行可能でしょう。
そんな短い物を2つつないでも現実的に意味は無いので、無いと言うのが実際の話でしょう。
ただ、このタイプは、まずバックが出来ません。バックをしようとするとものすごく複雑な挙動をしますからね。


>動画の場合は、特別な許可を取った状態だから走れるのかな

映像を良く見られてください、
ナンバープレートは、国土交通省が発行している物ではありません。
映像情報にもありますが、その会社の私有地内の専用道路を走行して居る映像です。
一般行動では無く、私有地道路を走って居る映像ですので、許可は要りませんね。

Q硬式テニス、ダブルスでこういうのはありですか?

ダブルスでこういうのはありでしょうか?こっちのペアがストローカーとどちらかといえばボレーが得意なプレーヤーで、こっちのボレーが得意なほうのリターンのとき、ストローカーが後ろに下がって、ボレーが得意なほうがリターンして前に出るという作戦。アドバイスおまちしています。

Aベストアンサー

この場合のポイントは、リターンをどこに返すかということになります。
言葉で書くのは難しいのですが・・・。

パートナーがステイバック(後ろにいるって言う意味です)の状態で、リターンダッシュをするときに一番怖いのは、通常ならポーチにでられるセンター付近に返されることです。
リターンダッシュするボレーが得意な人にとっても、一番厳しいコースですし、ストローカーにとっても、自分から逃げていくコースですから、取りにくいボールになります。
これをどうカバーするかがポイントになります。

絶対に勝ちに行くなら、前衛の頭の上を越すロブです。これなら、通常のレシーブのときと同じ状態になります。一時的に、自分たちの陣形が崩れているわけですから、時間を稼がないといけません。できるだけゆっくりとしたリターンで時間を稼ぐ必要があるとおもいます。

相手がサービスダッシュしてくるときですが、この場合は、パートナーがステイバックの状態で、前に出るのはやめた方がいいと思います。

Qダブルスをすることでシングルスへどのような影響が?

ブリスベン国際で錦織選手はダブルスもしていますが、ダブルスをすることでシングルスへどのような影響があるのでしょうか?
メリット、デメリットそれぞれあると思います。
またダブルスをするかどうかを決める要因は何かあるのでしょうか?

Aベストアンサー

自分のサービスの調整という意味はあります。
対戦相手を置いて、自分の考えるサーブがどれだけ実現できるのか、ですね。
単なるサービスの練習とは緊張感がまったく違いますから。

レシーブの調整もあります。
ダブルスでは相手が二人いますから、シングルス以上にレシーブの精度を求められます。
自分の決めたコースに想い描いたレシーブができるかどうかの調整ですね。

シングルスでもサービスとレシーブはありますから、実戦を通しての練習という意味合いはあります。

プロレベルのダブルスの場合、「とりあえず返しておく」というショットはありません。
攻めるか守るかのショットしかないのです。
しかもショットの精度を要求される。
ダブルスの方がシングルスより瞬間的な対応が必要ですから、様々な状況で、しかも打つコースを限定された中での身体の反応やラケットワークを良くする練習になりますね。

デメリットとしては、ストロークのフォームが小さくなることです。
瞬間的な対応を求められますから、大きなテイクバックを取っている時間がないのです。
時間的に大きなテイクバックを取るのであれば、ベースラインより下がらなければなりません。
これでは相手二人がネットポジションであれば圧倒的に不利です。
とすれば、必然的にコンパクトなフォームになってしまい、シングルスでのストロークが不利になります。

また、ダブルスで相手がサービスダッシュをする場合、レシーブは相手サーバーの足元へ、が鉄則ですから、そればかりやっているとシングルスでの深いレシーブの感覚が鈍くなってしまいます。

ダブルスをするかどうかを決める要因ですが、単純にネットプレーの改善・強化ということはあるでしょうが、ショットの精度を上げるため、という意味合いが大きいのではと思います。
ダブルスのポイントはあっという間に決着がつきますから、ミスショットばかりでは話になりません。
自分で打つショットは、どこにどのようなボールを、ということを瞬間的にイメージ出来なければなりませんし、それを確実に打ち切れなければなりませんから。

錦織選手に限って言えば、デビスカップでダブルスに出る可能性がありますから、そのための練習も兼ねているとは思いますが。

自分のサービスの調整という意味はあります。
対戦相手を置いて、自分の考えるサーブがどれだけ実現できるのか、ですね。
単なるサービスの練習とは緊張感がまったく違いますから。

レシーブの調整もあります。
ダブルスでは相手が二人いますから、シングルス以上にレシーブの精度を求められます。
自分の決めたコースに想い描いたレシーブができるかどうかの調整ですね。

シングルスでもサービスとレシーブはありますから、実戦を通しての練習という意味合いはあります。

プロレベルのダブルスの場合、「とり...続きを読む

Q軟式テニスが硬式テニスのダブルスのようなルールになったのはいつから?

今更な質問ですが、私が学生の頃(20年ほど前)は軟式テニスは前衛後衛のポジションが完全に分かれていたのですが、今は(というかずいぶん前から?)硬式テニスのダブルスのようなルールになったと聞きました。
いつからそのように変わったのでしょうか?

Aベストアンサー

平成6年に一回、これは「国際性」を目的に(硬式)テニスに近づけた。
平成16年に一回、これは先祖がえりみたいなものです。
先回の改正が、古くからの軟式庭球愛好者には不評だったからでしょう。

以下、余談です。

偉い人が集まって決めたことなのでしょうが、根幹に関わる部分でこう
も頻繁にルール改正がされるのは、バレーボールとソフトテニスだけの
ような気がします。

競技として熟成できてないのか、徒に国際化を狙い過ぎなのか。
(硬式)テニスとまったく同じにするのなら理解もできますが、中途半端
の感は払拭できません。

個人的には日本オリジナルスポーツとしての矜持を保ってほしいと願う
のと同時に、真に国際化したいならおよそ欧米では通じないだろう和製
英語による用語を是正する方が先だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報