「教えて!ピックアップ」リリース!

ゴム部品で薄い袋状というかブーツ状になってるもので
10年20年も時間が経過して硬化してしまい
しなやかさが失われたようなものを復活させる手段

沸騰したお湯で煮るとしなやかさが戻ってくる

そういう話って本当なのでしょうか?
新品が手に入らないくなったパーツ等どうにもならない場合
硬化したゴムを煮沸すればなんとか再利用できるとか。

それって本当でしょうか?

A 回答 (5件)

今の部品をコピーするという方法もあります


https://news.webike.net/maintenance/61549/
    • good
    • 0

煮沸したところで、ゴムは復活しません。


むしろ劣化を促進してしまうでしょう。
ゴム部品を交換する以外に方法はありません。
    • good
    • 0

冷やすと硬化し、温めると軟化するのは物質としての性質でしかなく、復活、復元とは根本的に違います。


煮沸して柔らかくなったように見えるのは、いわば劣化したまま柔らかくなっただけのことです。

酸素、オゾンや温度、ガス、各種薬剤、機械的疲労、光、紫外線、放射線といった外部的な因子により劣化、硬化したゴム。
いわゆる変質している物ですので、これを復活する方法はありません。
    • good
    • 1

お湯で一時的に柔らかくなっても、冷えたら更に硬くなるのでおすすめしません。


やがて割れます。
    • good
    • 1

硬化したゴムの復活は成功したことはありません。

同様に硬化したプラスチックの強度も復活したことは無いです。特にゴム部品は柔軟性がキモになる場合が多いので失敗すると大変なことになりそうな気がします。
新品が手に入らない事は大きな課題ですが。。。ゴムを入手して加工するなど別の手法を模索した方がよろしいかと思います。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング