ビデオテープVHSに関して。
1987年のものです。昨日、久しぶりに見ようとデッキに掛けると、中でガガッと絡まりテープがぐちゃぐちゃになってしまいました。
なんとかデッキから取り出したのですが、もう専門の方に頼むしかない惨状かな、と。
それならそれで、どこにたのめばいいのか。
経験、知識のある方お願い致します。

A 回答 (2件)

  こんばんは。



 依頼はお持ちのビデオデッキのメーカーのサービカスセンターに依頼しましょう。

 連絡先は取扱説明書やサイトにあります。購入した店でも良いのですが、たいていはその店からメーカーのサービスセンターへ修理依頼されます。

 出張修理も可能ですが、修理代は出張費が含まれますので高くなります。

 テープが絡むというのは何かの原因がありますので、中を開けてテープを取り出しても、また再発する可能性があります。
 故障箇所がある場合は直す必要があります。

 また、テープを冷たい部屋に置いてあったのを暖かい部屋に持って来て再生しようとすると結露が発生してテープがビデオヘッドにくっ付いて絡んでしまうこともあります。

 テープの巻き付き方によってはテープにキズが付いたり切れたりする恐れもあります。

 詳しくはメーカーのサービスマンに任せたほうが良いと思います。

 元家電メーカーのサービスマンからでした。参考までにどうぞ。
    • good
    • 1

それ、私もやったことあります。

直せたんですけど文章で伝えるのが凄い難しいので、途中でテープとか切れてしまっても責任取れませんので、その点はご容赦ください。
まず、テープは切れていますか?切れていませんか?もし、切れているのであればセロハンテープとかでくっつけてください(ただし、その部分でその後、また絡まることは大いにありますし、その部分は二度と再生できません。レンタルビデオとかならこの方法はご遠慮ください)
切れていないのであれば、ビデオテープの裏側に白い軸みたいのありますよね?なんと呼ぶか解りませんが、あそこに親指とかをつっこんで右(?だったかな)とかにまわすとテープを手動で巻き戻せますよ。で、伸びきっちゃったテープをがんばって中におさめればまたみれます。あと、巻き戻す際にビデオテープの上の部分(これも呼び方がわからないです。)をずらしてはずしてあげるとテープを痛めずに巻き戻せます。
なんか自分で書いてて意味のわからない文章になりました・・・すいません。言葉で伝えづらい・・・。
ちなみにVHSって普通のビデオテープの事ですよね?(違ったらすいません)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビデオテープがデッキの中で絡まってしまったときの対策は?

ビデオテープがデッキの中で絡まってしまったときの対策は?

 VHSカセットのテープががデッキの中のどこかに絡まってしまったらしく、カセットが排出できなくなってしまいました。カセットそのものは出てくるのですが、テープがどこかに引っかかっているようで、取り外せません。
 機種は12年ほど前に購入したビクターのHR-V100です。
 こういう場合はデッキのカバーを空けて直すしかないでしょうか、お教えいただきたいと思います。
 こんなことはこれまでで初めてのことです。

Aベストアンサー

 ひどくからんでいない場合には、デッキカバーを外せば、ほとんどテープを損傷することなく、テープを取り外すことが出来ます。しかし,ひどくからんでしまった時にはテープを切断しないと取り外すことが出来なくなります。

 一旦、ビデオのテープがからむようになると、理由はよくわかりませんが、その後も再三からむようになりますので、レンタルなどの借り物のテープを使用するのは止めたほうが無難です。

Qビデオデッキのテープが絡まってしまう

ビデオテープを取り出すときテープが絡まって取れなくなってしまいます。何処をどう掃除したら絡まらなくなりますか?

Aベストアンサー

回答します。

答え一発!!
「バックテンッションバンド」不良¥200位(忘れました)
サンヨーでは「テンションブレーキバンド」と読んでいます。

前記アドバイスした、内容ですが、もう少し詳しく説明すると
テンションバンドは、VTR本体に向かって左にあるリール台、これを
供給リール(別名サプライリール、Sリール)と言います。
(参考*右は巻き取りリール、別名テイクアップリール、Tリール)
テンションバンドは、このSリールに巻き付けているバンドです。
構造は長さ約10cm幅4mmほどの柔いプラスチックに少し短かめのフェルトを
両面テープで接着させています。

テンションの本来の動作はPB時にキャプスタンとピンチローラでテープを
一定速度でぴっぱり(SP3.33cm/s)ます、この状態ではビデオヘッドにテーピを
確実に密着させる事が出来ないので、供給側でブレーキをかけテープに張りを持たせます。
それにより、ビデオヘッドに完全に密着させ安定したきれいな映像等を録再します。

ところが、フェルトが外れ中にある両面テープがはみ出し、バンドがいつもりーるを回るのを妨げています。
よって
取り出し時にSリールの回転が正常に行われず(トルク不足)、テープがケースに回収されず、そのままエジェクトされるとテープが.....

見るとすぐわかります。

機械に少し自信があれば、故障部品を確認し、メーカー等で購入して、自分ですると¥200位ですみます。テンションには、調整がありますので交換要領を、部品購入時に購入店の技術者に聞いて下さい。

参考ですが
修理に出すと約¥8,000~10,000位かかります。(他の消耗品も替えるため)

この機種は比較的故障が少ない良い機械です、上級の部類に入ります。

ps
現在、殆どのメーカーのVTRにアイドラゴムは使用していません。
すべてメカ駆動です。(VHS、EDベーター含め)
ゴム系は、リールベルト又はタイミングベルトぐらいです。
あ、それからピンチローラー(プレッシャーローラー、ピンチ組み立て)が
あります。

よく検討してみて下さい。
何か力になれる事があれば、バックアップします。
では。

回答します。

答え一発!!
「バックテンッションバンド」不良¥200位(忘れました)
サンヨーでは「テンションブレーキバンド」と読んでいます。

前記アドバイスした、内容ですが、もう少し詳しく説明すると
テンションバンドは、VTR本体に向かって左にあるリール台、これを
供給リール(別名サプライリール、Sリール)と言います。
(参考*右は巻き取りリール、別名テイクアップリール、Tリール)
テンションバンドは、このSリールに巻き付けているバンドです。
構造は長さ約10cm幅4mmほ...続きを読む


人気Q&Aランキング