高校野球で金属バットが採用されたのは昭和49年夏からですが、何年かのテスト期間があったと聞きます。
すると、実際日本に「金属バット」が登場したのはいつ頃なのでしょうか?
(昭和40年頃にはあったのでしょうか?)
当時の金属バットの価格はどのくらいだったのでしょうか?
(高価で買えない学校があったのでしょうか?)
高校野球導入当時は、金属・木製が入り乱れていたのでしょうか?
その他、金属バット導入に関するエピソードなどありましたらお教え下さい。

A 回答 (2件)

金額的にいえば、


木製バットより安い(折れないから)のが導入のメリットでした。

公式試合では公認バットだけど、非公式の練習試合では金属、というパターンのあと、公式試合にも認めてやろう、という流れだと思います。弱小チームだと、1試合で公式戦が終わる(初戦敗退)のに、公認バットは一定数が必要ですから。

メーカーのほうは、「飛ばす」性能をあげる競争で、「ドカベン香川」に代表されるホームラン量産につながりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2005/04/21 00:03

ミズノが昭和46年に初めて発売したそうです。


価格、エピソードはすみませんがわかりません。

参考URL:http://www.mizuno.co.jp/gallery/history/history. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2005/04/21 00:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一番ボールが飛ぶ金属バットの素材は?

学童野球用のバットには,アルミ,ジェラルミン,カーボンなど,様々な素材がありますが,どの素材が一番ボールが飛ぶのでしょうか?
なお,ミズノのビヨンドマックスなど,複合素材のバットは除いて教えてください。

Aベストアンサー

よく飛ぶバットとなると、人によって素材も変わってきます。
ジュラルミンなど硬いバットは反発力は優れていますが、重たいので力がないと使いこなせません。
アルミは軽いのでスイングが速く、力のない人でもある程度遠くへ飛ばせます。
カーボンはよくしなり反発力もあるので速い打球が期待できます。

学童の軟式用でしたらアルミかカーボン素材が適していると思います。

Qバットが折れる理由

つまらない質問です。プロ野球の試合を観ていて思ったのですが。
バッターが球を打つときに、なぜバットが折れてしまうのかが知りたくなりました。木製だから折れて当然という答えが欲しい訳ではないです。

ピッチャーの投げた球の勢いがある時に加えて以下の(1)~(3)だと考えればいいでしょうか。
(1)バットがやや不良品であった。
(2)振りかたが悪い。
(例えば、手首を返すのが遅かったり早かったりした、とかスウィングスピードが遅かった。)でもだからってなぜ折れるのかよくわかっていませんけど。
(3)当てた所がバットの細い所だった。

しかし、もし真芯でとらえ、スウィングのタイミングも完璧であったのに
折れてしまうということもあるのでしょうか。
だとすれば、バットが折れさえしなければホームランだったのに・・・
というケースが今まで多くあったことになりますか?
そういうバッターが折れないようにするにはどうしたらいいのですか。
そこらへんの理論や記憶に詳しい方がおりましたら教えてください。

Aベストアンサー

結論から言いますと、既にバットにひび等が入っていない限り、
バットの芯でボールをとらえてバットが折れるということはありません。

また、バットが折れてしまうのは、タイミング云々ということは直接関係なく、
ただ単にバットの芯でとらえられないからです。
もちろん芯を外す理由として、タイミングを外された、
というケースは十分に考えられますが。

ただ、芯からどれだけ外れると折れる、ということは、
ピッチャーのボールの威力やスイングスピードなどが影響するので、
一口には言えません。

なので、バットが折れないようにするには「必ず芯でとらえること」です。
難しい話ですが、広島の前田選手は高校時代、
練習で使うバット(高校生でも練習には木製バットも使います)には
芯の部分にしかボールが当たった跡がなく、遠目には新品のように見えたそうです。
プロに行く選手はもともとそのくらい、あるいはそれに近い技量を持っています。
もちろんピッチャーもプロなので、芯でとらえさせないボール、テクニックがあり、そう簡単に毎回芯ではとらえられませんが。

蛇足ですが、バットの芯より根元側で打つと、
そのままグリップの上側(ボールが当たった側)からビリビリする感じが響き、
バットの先で打つと不思議なことに、衝撃がグリップエンドに伝わって、
グリップエンド側から衝撃が伝わってきます。
バットの折れ方が様々(ポッキリと折れたり裂けるように折れたり)なのは、
その辺の影響があるようです。

結論から言いますと、既にバットにひび等が入っていない限り、
バットの芯でボールをとらえてバットが折れるということはありません。

また、バットが折れてしまうのは、タイミング云々ということは直接関係なく、
ただ単にバットの芯でとらえられないからです。
もちろん芯を外す理由として、タイミングを外された、
というケースは十分に考えられますが。

ただ、芯からどれだけ外れると折れる、ということは、
ピッチャーのボールの威力やスイングスピードなどが影響するので、
一口には言えません...続きを読む

Q昔の野球選手と現代の野球選手の違い

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だけでは人間の体がコントロールできるわけではないはずです。かつての横浜のエース「権藤」は「権藤・権藤・雨・権藤」という流行言葉が出たほどの無茶なローテーションから故障し短い選手生活になりましたよね。
 近年はバッターでは歴代成績に並ぶ・越す成績が出る事が目立ちますが(イチロー・青木・ローズ・カブレラ。大リーグでもボンズ・イチロー)、投手に置いてはその傾向が見られません(速球記録は日米近年出ていますが)。単純にボールの素材などから、打高投低だからなんでしょうか?。
 私の個人的見解としては、まだ野球文化が成熟しておらず今でいう高校野球みたいなものだったのではないかと思います。今では全国区のスポーツですが、その頃はプレイヤーも少なく切磋琢磨できる環境がなく、才能だけでプレーする選手が多かった故に一部の抜き出た選手が多いように思います。だから手を抜いてもそうそう打たれることも無かった。しかし、この考えは自分で検証すると説得力がありません。今の高校野球では十分に切磋琢磨できる選手人口がありますしね・・・。
 誰か教えてください。

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だ...続きを読む

Aベストアンサー

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大山などのように、スポーツ界全体に言える事なので仕方ないかもしれません。「あの人が現代の試合に出ても全勝できる」とか「楽々30勝はできる」などは時代が違うので全然、意味のない論議です。ああいった人たちは「あの頃抜きん出てた大選手」だったわけで、それはオリンピックの記録の変遷を見ても明らかです。

だって当たり前ですよね、オリンピックの陸上や水泳などは明らかに昔より現代の方が記録が向上してるのに、日本のプロ野球だけが昭和20~30年代の投手は150~160キロの速球を投げ、現代の投手は140キロ台しか投げられない、なんてことはあり得ないんですよ。

ですがちょっと興味深い話がありましたので、参考まで。

1.ナイター照明の違い。当時、球場のナイター設備が現代より暗くボールが見づらかった。よってナイターだとボールが今より速く見えた。

2.走塁や中継プレーの差、フォームによる球種を見抜くなどといった事がなかったので、その点でも昔の投手が有利。

3.ストライクゾーンが今より高めに広く、投げ方そのものが違う。

http://f55.aaa.livedoor.jp/~amaxanou/kyusoku1omote.htm

でもいつの時代でも酒の肴に「今の○×と昔の▽△が対決したら・・・」という話は尽きませんね。

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大...続きを読む

Q今のグラブと昔のグラブの革の質

現在のグローブの革は昔に比べてどうなのでしょうか?

野球に関しては素人ですが、友人がXPG6というローリングスのビンテージグラブを所有しており、数十年前のものにもかかわらず現役バリバリで、革質現行のものとは比べ物にならないほど風合いのある良いものでした。
高校の時、野球部の友達が使用していた今のミズノプロの革なんかひどいです。

当時のローリングスは自社で育てた牛の革を使っていたそうですが、その時代の革が一番良いですか?

ちなみに今グラブの購入を考えていて、使用していくと風合いが増してくる、丈夫な軽量のグラブを買いたいと思っています。
中古や古い時代のものでもかまわないので、なにより良い革のグラブを購入したいです。

ミズノの赤カップの時代の革はどうだったのでしょうか?
江川の時代のアディダスのグラブの革はどうですか?
今の久保田スラッガーはどうですか?

現行のグラブを買うとしたらオーダーしたいと思うのですが、オーダーの革と市販の皮とは違いますか?
また、プロのグラブはやはり良い革を使っているのでしょうか?

最後に、現行のグラブで一番良いと思われるメーカーはどこでしょうか?

わかる範囲で結構ですので、よろしくお願いいたします。

現在のグローブの革は昔に比べてどうなのでしょうか?

野球に関しては素人ですが、友人がXPG6というローリングスのビンテージグラブを所有しており、数十年前のものにもかかわらず現役バリバリで、革質現行のものとは比べ物にならないほど風合いのある良いものでした。
高校の時、野球部の友達が使用していた今のミズノプロの革なんかひどいです。

当時のローリングスは自社で育てた牛の革を使っていたそうですが、その時代の革が一番良いですか?

ちなみに今グラブの購入を考えていて、使用して...続きを読む

Aベストアンサー

ご友人がお持ちのXPG6の革が何かはお分かりになるでしょうか?

現在“復刻版”としてXPG6が売られている様ですが、ここで使われている革はH.O.Hでした。
もし当時もH.O.Hなら現在も有りますので、これが良い革だという事になります。

ただ、ローリングスのプロフェッショナルモデルオーダーではH.O.Hとヨーロピアンキップレザーが有るので
その時聞いた話では「革の質はH.O.Hの方が良けど素上げに近い為耐久性は劣り、ヨーロピアンキップレザーの方が耐久性は上」
と聞きました。(この話が間違っている可能性も有りますけど・・・)

現在一般的に「買って直ぐに使いたい」という人が増えている為、なめし加工の時多少柔らかくする傾向が有る様です。
革の質は変わりませんが、この為に耐久性が落ちているのかもしれませんね。

また、数社のメーカーに聞いた事が有りますが、オーダーの革と定番品の革を特に分けてはいないそうです。

ここからは個人的な見方ですが、耐久性なら「素上げ半芯通し」と言われる革が一番の様に感じています。
自分が知る範囲では、ゼットのプロステータス,ローリングスのヨーロピアンキップレザーがそれになります。

またSSKのオーダーで使われる、スペシャルキップレザーでは仕上げの時「少し硬め,少し柔らかめ」の選択が出来、
これは薬品などを使うのではなく、職人さんの技術で出来るそうなのでこれも良い感じがします。

それ以外では、ミズノプロのクレストハイドスプリームエリートも軽めで良い感じだと思いますが
ノースアメリカンステアハイドエクストラグレードは、あまりにも柔らか過ぎて耐久性は無い様に感じました。

古い革を知らない為、回答になっていないかもしれませんが個人的に調べた話や
実際に触った感想などとして書かせて頂きました。(ちょっと読みにくいかもしれない・・・)

ご友人がお持ちのXPG6の革が何かはお分かりになるでしょうか?

現在“復刻版”としてXPG6が売られている様ですが、ここで使われている革はH.O.Hでした。
もし当時もH.O.Hなら現在も有りますので、これが良い革だという事になります。

ただ、ローリングスのプロフェッショナルモデルオーダーではH.O.Hとヨーロピアンキップレザーが有るので
その時聞いた話では「革の質はH.O.Hの方が良けど素上げに近い為耐久性は劣り、ヨーロピアンキップレザーの方が耐久性は上」
と聞きまし...続きを読む

Q真相報道バンキシャを観てますが、武貞秀士って何者なんですか!北朝鮮から金でも貰っているんですか?

今、日テレ系のTV番組「真相報道バンキシャ」を観ています、北朝鮮の労働党大会の報道をしています、コメンテーターの武貞秀士という拓殖大教授が解説しています、このオッサンのコメントに引っ掛かるモノを感じます、普通に聞き流していたら解らないと思います、けどチョットでもマジに聞いたら違和感を覚えると思います、なかなかの巧み度を直感しました、このオッサン、北朝鮮か朝鮮総連かに通じているんですか?裏の裏で金でも貰っているんですか?
何者なんですか?教えてくださいませんか、このオッサンの実体を…。

Aベストアンサー

かつては、日本でまともに北朝鮮研究やってる5人のうちの一人に入ってて(安全保障研究所(当時)の伊豆見氏(現静岡県立大教授)、慶応大の鈴木氏、ラジオプレスの鈴木氏、もう一人忘れた)、まともだったんですけどねぇ。残念ながらお変わりになりました。
 防研(防衛研究所)の主任研究員だった頃には、シンポジウムで「北朝鮮が赤化統一を捨てたことは今まで一度もない。今日こうやっている間にも北朝鮮ではプルトニウムの抽出が行われているのです。」と、日本の一般ピープルが思わず忘れている大事な点を指摘したりしてらしたのですが。
 たまにテレビにお出になっても、日本の立場からの発言でした。

 それが防研辞めて、韓国の延世大学の国際大学院(英語で授業)に1年行かれ、そのあと北朝鮮政府の招待で2回、北へ行って来られたら、変わってらっしゃいました。
 北朝鮮の代弁人かと思うほど、「北朝鮮の立場としては、・・・」「北朝鮮の考えとしては、・・・」「北朝鮮の思いとしては、・・・」「北朝鮮の気持ちとしては、・・・」という発言が圧倒的にに多くなりました。「北朝鮮に寄り添う」人になっちゃいました。
 韓国で親北勢力の人間に取り込まれたか、そのあとの北朝鮮で取り込まれたか、わかりませんが、変わるだけの強烈な何かがあったのでしょう。

かつては、日本でまともに北朝鮮研究やってる5人のうちの一人に入ってて(安全保障研究所(当時)の伊豆見氏(現静岡県立大教授)、慶応大の鈴木氏、ラジオプレスの鈴木氏、もう一人忘れた)、まともだったんですけどねぇ。残念ながらお変わりになりました。
 防研(防衛研究所)の主任研究員だった頃には、シンポジウムで「北朝鮮が赤化統一を捨てたことは今まで一度もない。今日こうやっている間にも北朝鮮ではプルトニウムの抽出が行われているのです。」と、日本の一般ピープルが思わず忘れている大事な点を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報