二十代後半の女です。最近、仕事やら生活やらのストレスが積もってエンスト気味です。読書が趣味なのですが、「もうちょっと歩いてみようかな」と思えるような本を探しています。現実の厳しさを無視しない程度に、なんとなく明るい兆し?が伺えるラストが用意されているものを探しています。小説でもノンフィクションでもジャンルは問いませんが、自己啓発本のようなもの以外でお願いします。小説では、いわゆる純文学が好きです。好きな作家は、現代では藤野千夜、高橋源一郎など、古くは川端康成、太宰治、谷崎潤一郎などです。一方、セカチュウなど超話題になった作品にはまったく食指が動きませんでした。アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

消化不良な日々が続く時は、思い切り笑うのが一番です。



ということで、お勧めは、凸凹女性コンビがプロの漫才師を目指して突き進んでいく山本幸久さんの『笑う招き猫』(集英社)、くせ者ぞろいのクレーム処理係担当部署に配属された主人公のスラップスティックな日常を描いた、荻原浩さんの『神様からひとこと』(光文社) です。

あとは、室住光さんの『都立水商!』(小学館)も笑えます。ソープ、キャバクラ、ヘルス、ホストなど風俗のプロを育成するために設立された高校で生み出される数々のドラマ。頭から「不謹慎!」「下品!」と決め付けず、ぜひ読んでみてください。いやらしさは皆無ですし、女性でも笑ってしまうこと請け合いです。

また、同じ室住さんの『ドスコイ警備保障』(アーティクトハウス)は、廃業した力士の受け皿として設立された警備会社のドタバタサクセスストーリー。

どちらも、普通ならありえない話のはずなのに「こういうの、あってもいいんじゃない?」という気にさせる、たくさんの笑いとちょっとのしんみりが詰めこまれた、これでもかというくらいハッピーエンドな作品で、読んだ後、不思議と元気がわいてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!「笑う招き猫」、たしか何かの書評で読みました。気になっていたのですが、すっかり忘れていました。「神様から一言」は知りませんでしたが、設定がいかにも面白そう!それから「都立水商」実はタイトル買いして読みました。ヘルスの実践授業?とかありえなさ過ぎてホント面白いですよね~。「ドスコイ警備保障」・・・タイトルだけで笑ってしまいます。さっそく探してみようと思います。温かい言葉とともにいろいろ推薦してくださってありがとうございました!

お礼日時:2005/04/18 23:29

有名所ですが、『解夏』さだまさし著 はいかがでしょうか?


表題作の解夏を含む4編からなる短編集です。
自分も話題作は敬遠してしまうタチなのですが、これはとても楽しむことができました(^^)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344404 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!本当ですか!実は単に「さだまさし」「話題作」というだけで手に取らずにいました・・。なんと、もったいない。先入観を無くして手に取ってみようと思います。教えてくださってありがとうございました!

お礼日時:2005/04/18 23:33

宮本輝「草原の椅子」はいかがでしょうか。



「大人力」(著者の造語らしいです。)をテーマに、普通の人々が少しずつこの意味を知り、力を得ていくさまがさりげなく描かれています。

ラストでのどんでん返しもなく、きっぱりとした解決もないのですが、道の先にほんのりと希望が見えて、しみじみとほのぼのと心が熱くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!宮本輝は私も大好きです。「春の夢」や、氏の作品としては異色な「避暑地の猫」は何度か読み返した記憶があります。でもこの作品は知りませんでした。さっそく探して読んでみようと思います!

お礼日時:2005/04/18 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感動する本、勇気が出る本、前向きのなる本を教えて下さい。

おはようございます。
最近とても大切な人と別れました。人生に対して今は生きる気力がありません。落ち込んで落ち込み抜いたその後に気持ちを前向きにしていきたいと思っています。その時にほんの少しでいいので手助けが欲しいのです。
私は読書が好きなので皆様が出会った素晴らしい本をご紹介して欲しいのですが・・・。
前向きになる勇気の出る本を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『青空のむこう』- アレックス シアラー・著 / 金原 瑞人・訳

わたしはあなたへ、この本をお薦めします。ほか、シアラーさんのお書きになる本は、どれも最後に、ほんのすこしの勇気と、さわやかな感動を生んでくれます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/249-0498760-4756324

Q読んだ後明るい気持ちになれる感じの本を紹介してほしいです。

読んだ後明るい気持ちになれる感じの本を紹介してほしいです。

初投稿になります。
私は今年大学に入学したのですが、暇な時間が結構あったので本を読もうと思い東野圭吾さんの「卒業」を試しに読んでみました。もともと感受性?が強かったせいなのか、読み終えた後は異常に寂しい気持ちになり、一日中何をやってもあまり手がつかなかったです。
そこで、読んだ後明るい気持ちになれる感じの本を紹介してほしいです。

それから、これはついででいいですが、「卒業」の最後の場面で紗都子と加賀が「残念だな」「残念だわ」という会話をしていますが、いまいちどういう意味かわかりませんでした。できれば解説をお願いしたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も大学の時そうでしたが、新しい環境で淋しさや不安があるのかな?北村薫さんの゛覆面作家”シリーズ(角川文庫)は、おかしなお嬢様探偵が活躍、恋模様も楽しめます。山本幸久さんの作品は、ほのぼのとしていて、いい人もたくさん登場、ユーモアもあり、暖かい気持ちになれます。「美晴さんランナウェイ」(文庫)、「ある日、アヒルバス」、「凸凹デイズ」、デビュー作の「笑う招き猫」(文庫)など手に取ってみて下さい。森見登見彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」(角川文庫)、大学生のおもしろい男女が登場します。文体も楽しいですよ。「恋文の技術」も笑えます。万城目学さんの「鴨川ホルモー」(文庫)は、大学生のびっくりするような愉快な活動が書かれてます。゛東京バンドワゴン”シリーズは私も好きで、ほっと暖かい気持ちになれます。宮本輝さんの本も関西弁で、いいなァと思う作品がたくさんあります。自分の今の気分にしっくりくる本に出会えるといいですね。東野さんの本は中年になって神経が図太くなり、気楽な読書がしたくなってからでも十分楽しめますよ。

Q元気が出る小説を教えてください。

読んで、元気が出る、お勧めの小説をご紹介いただけませんでしょうか。
出来れば、海外物ではなく、国内(日本)の小説でお願いします。

簡単なあらすじも教えていただけると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんなに緑の森の中は、いかがでしょうか。

野球にすべてをかけていた少年が、肩を壊して野球特待生として入っていた高校を辞めてしまう。
半年間、海外出張するイトコのアパートに、猫の世話をする条件で
大検の勉強をするために逃げ込んだが、そこには猫だから世話しろと主張する少年、森に沈んでいくアパート、問題をかかえる他の住民・・・
高校生にして、人生の目標を失った少年は、他に夢を見つけられるのだろうか。

落ち込んでいた時に、立ち止まってもいいし、また歩き出せばいいんだ、と思えた小説でした。

こんなに緑の森の中 (ソノラマ文庫)
谷山 由紀
出版社: 朝日ソノラマ
ISBN-13: 978-4257768555

Q笑える本、楽しくなる本、気分が明るくなる本。

笑える本、楽しくなる本、気分が明るくなる本。

元気になれる本を教えてください。

小説やエッセイ、コミック・・・
ジャンルは何でも結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「こちら亀有公園前派出所」(著者:秋本治-少年ジャンプコミックス)日本のギャグ漫画の金字塔。単なる笑いに止まらず、時代・世相を反映したネタ、あり得なくもない突飛なストーリーと多彩なキャストで現在も連載継続中。東京都葛飾区に主人公の銅像が設置されたことでも有名。笑いすぎてお腹が痛くなるほどです(お馬鹿ネタだけでなく、しみじみ、真面目、かわいい系な話もございます)。これで免疫能力もアップ!200巻出版まであと少し…未体験なら180巻辺りからコミックレンタルしてみてください。

Qやる気が出る本、頑張らなきゃという気持ちになれる本を探してます.

最近、悩むことが多かったり、気持ちが曇りがちになっています。休日は引きこもり状態です。なかなか行動にうつせなかったり、頑張るぞと気合を入れようとしても心配事ばっかり考えてしまい、動悸が激しくなります。かるい鬱なのでしょうか?ただ単に怠けといわれれば、そうかもしれないのですが。。みんな私なんかより努力したり苦労ししたりしているというのに、情けないです。
ぼやきはこの位にしておきます、、。
どなたか、励まされたとか勇気がわいてきたなど、おすすめの本がありましたら、教えていただきたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 ほぼ日ブックス2の「海馬」という本を強くお勧めします。
 自分の脳を、もっとこき使おう! という気持ちが湧いてくると思いますよ。

 ちなみに、気分が曇るのは怠けなんかじゃないですよ。脳が軽い風邪を引いているようなもの、だそうですよ。
 自分は自分で、いいじゃないですか。

参考URL:http://www.1101.com/brain/index.html

Q心が温かくなるような。

タイトルのような「文庫本」を探しています。読んでいてほっと幸せな気分になるような、そして読後感が「あ~良かった」とか「色々あるけど人生っていいな」とか暖かく前向きになれるような本を読みたいです^^

最近読んで、ほんわかしていいなと思ったのが瀬尾まいこさんの「卵の緒」。彼女の作品を本屋で探したんですが文庫にはなってないみたいですね。残念です;;あとはいいなって思うのは浅田次郎さんとか(でもほとんど読んでしまった…)

みなさんオススメの文庫教えてください~。

Aベストアンサー

こんにちは。
「優しい気持ちになれる、文庫本」
をお探しでしょうか?

私も、浅田次郎を読んだ事がありますが、
人の弱さも、強さも大事にするような優しさがあって好きです。
ちなみに私が読んだのは「プリズンホテル」です。

以下は、私が読んだ中で、
優しい気持ちになれる・・・と思った作品です。


1、「西の魔女が死んだ」梨木 香歩
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30844535

学校に行く事が怖くなってしまった少女と、その祖母の話。

あわただしい日常を一瞬忘れてしまうような、
おだやかな流れの作品です。
普段、忘れがちですが、
「自分を見守っている人」がいる事を、
思い出させてくれる気がします。


2、「夏の庭」 湯本 香樹実
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30855644

小学6年生の3人の少年と、近所に住むおじいさんの話。

はるか昔の小学生時代を思い出すような作品です。
日常の何気ない事を喜んだり、不安に感じたり・・・。
そんな日常の中で、「出会う事」の大事さを
改めて実感した気がします。


3、「ポプラの秋」 湯本 香樹実
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19963580

父を亡くした少女と、そのアパートの大家さんの話。

つらい事があった時に、
まわりには意外と、自分を心配してくれている人がいるんじゃないか
・・・と思えた作品です。
つらい時ほど、「自分の痛み」だけでせいいっぱいに
なってしまう事を気づかされた気がします。



4、「ふたり」  赤川 次郎
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=18616548

姉が事故で亡くなった後、
その姉と話す事ができるようになった、妹の話。

私もケンカばかりですが、きょうだいがいます。
いろいろあっても、「家族っていいな。」って思う作品です。
何か起こった時に、少しずつ困難を解決していく主人公を
応援したくなる作品でした。


5、「ブランコのむこうで」星 新一
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31155570

自分にそっくりな少年を見つけて、追いかけていく少年が
迷い込んだ世界の話。
いくつかの短編が集まって、ひとつの話になっています。

SFやブラックユーモアなどの短編で有名な作者ですが、
この作品はとてもあたたかい雰囲気がします。
普段、自分の目に見える範囲で、
「他人」を見てしまいますが、
それだけで判断してはいけないかも・・・と
思える作品です。


6、「きよしこ」重松 清
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31539899

話す時にひっかかってしまうため、
話す事が苦手な少年の話。
いくつかの短編が集まって、ひとつの話になっています。

人間の弱さや、不器用さも含めて、
見守るような、あたたかい作品が多い作者です。
この作品も、(伝える事が苦手でも)
「伝える事の大事さ」を実感する作品です。
言葉が足らない私だから、余計にそう感じたのかもしれませんね(笑)。


7、「天国の本屋」 松久 淳 ・田中 渉
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31352624

なかなか内定がもらえない大学生が、ある日、
天国の本屋でアルバイトをする事になる話。

「自分」を必要としてくれる場所があるっていいな、
と思った作品です。
「本を読む人に悪い人はいないのかも」と思えました。
まぁ、それは言い過ぎかもしれません^^


8、「アップフェルラント物語」 田中 芳樹
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31199208

悪者に追われる少女と、その少女を助けようとする少年の話。
個人的には、宮崎駿監督で映画化してもらいたい、冒険小説。

長編の歴史小説を得意とする作者ですが、
この作品は、ひたむきな少年・少女と、
ポリシーがあってカッコいい大人達の
ファンタジーっぽい冒険の話です。



そして、もうひとつ、
出たばかりで「文庫」ではないのですが、
紹介させて下さい。

●「さよならの空」 朱川 湊人
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200503-01/index.html

今年、直木賞を受賞した作者の作品で、
(受賞作は「花まんま」ですが)
夕焼けがなくなってしまう話です。

この題をつけてくれたのが、石田衣良ですよ。
もしよかったら、図書館で読んでみて下さい。


参考になれば幸いです。

こんにちは。
「優しい気持ちになれる、文庫本」
をお探しでしょうか?

私も、浅田次郎を読んだ事がありますが、
人の弱さも、強さも大事にするような優しさがあって好きです。
ちなみに私が読んだのは「プリズンホテル」です。

以下は、私が読んだ中で、
優しい気持ちになれる・・・と思った作品です。


1、「西の魔女が死んだ」梨木 香歩
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30844535

学校に行く事が怖くなってしまった少女と、その祖母の話。

あわただしい日常を一瞬忘れてしまう...続きを読む

Q中高年が感動する本

40代・男性です。
中高年男性が主人公で感動的な本あるいは、
中高年が感動するような本をご教示お願いします。
参考までに私が感動した本を挙げておきます。
「竜馬がゆく」
「象の背中」
「容疑者Xの献身」などです。
(感動的とは異なりますが、筒井康隆氏の作品も好きです)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

<中高年が感動する本>
 藤原伊織著:「テロリストのパラソル」「ひまわりの祝祭」「シリウスの道」「手のひらの闇」「名残り日」(てのひらの闇II)

 筒井康隆著:「虚人たち」「虚構船団」「メタモルフォセス群島」「文学部唯野教授」「美藝公」「宇宙衛生博覧会」「残像に口紅を」「ロートレック荘事件」「フェミニズム殺人事件」「朝のガスパール」「パプリカ」

 京極夏彦著:「姑獲鳥の夏」「覘き小平次」「嗤う伊右衛門」「巷説百物語」

Q前向きになれる本を教えてください

自己啓発でも結構です。

前向きになれる本を教えてください。

『夢をかなえるゾウ』は良かったです♪

小説でも、エッセイでも大歓迎です。

元気が出てくる本!
前向きになれる本を教えてください。

Aベストアンサー

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062761696.html

Q「いつ死んでもいい」という心理は異常ですか?

過去ログを拝見したところ、いつ死んでもいいと考えている人がたくさんいるようですが、これは、本来おかしいことなのでしょうか?

うちの母は、一度もそのような心理になったことがなく、理解不能だというのです。そして、私や兄弟姉妹が皆「いつ死んでもいい」と思っていることを最近知り、本気で心配しています。死にたいとは特に思わないが、たとえばガンとかになっても、もっと生きていたいとは思わないのです。(闘病で苦しむのは怖いですが死ぬことは怖くない)

兄弟のうちの一人はリストカットもしたこともあり、母は、自分の育て方が悪かったのか、家庭環境が悪かったのか、心理内科に連れていこうかと色々悩んでいるようです。(私は特に家庭環境が悪かったとは思いません)

私の個人的な心理としては、何回か転職してやりたい仕事はしてしまったし(飽きっぽい)、行きたい国も旅行してしまった。両親や夫や子供のために、義務感から、自分は生きていたほうがいいなとは思いますが、子供を残しては死ねないとかそういうふうには思いません。

そのうち兄弟みな診療内科に連れて行かれるかもしれませんが、診察料も高そうだし、もっと深刻な患者さんもいるだろうし、私たちは行く必要があるのかなぁと私は思っています。

過去ログを拝見したところ、いつ死んでもいいと考えている人がたくさんいるようですが、これは、本来おかしいことなのでしょうか?

うちの母は、一度もそのような心理になったことがなく、理解不能だというのです。そして、私や兄弟姉妹が皆「いつ死んでもいい」と思っていることを最近知り、本気で心配しています。死にたいとは特に思わないが、たとえばガンとかになっても、もっと生きていたいとは思わないのです。(闘病で苦しむのは怖いですが死ぬことは怖くない)

兄弟のうちの一人はリストカットもし...続きを読む

Aベストアンサー

私の親友にも特に表面的な悩みは無いのに、リストカットしてしまったり、“死にたい”“死んでもいい”と考えてしまう子がいます。
本人曰く、自分でもよく分からないそうです。ただ、気付くとカッターを握っているそうです。普段は明るく、楽しく、家庭に問題は無く・・・。普通の子なんです。

「生きてても意味が無い」という言葉は聴いたことがありません。彼女には目標もあります。ただ一つ言っていたことは「なんとなく違う気がする。死は痛いと思わないし・・・私は生きてるのかな?」

多分、その子は“死”を考えることで、自分の存在を明らかにしたかったのだと思います。

その子は時間はかかりましたが、なんとか正常に戻りました。一応、精神科に通ってはいましたが、それは全く意味が無かったといってましたよ。「結局私を治したのは“時間”と“信じられる仲間”と“あまり敏感にならない心”」だそうです。

心が病んでいる人には、自分の事が良く分からない人・自分の事が分かりすぎる敏感の人の2パターンがあるようです。しかし、もしかしたら本人よりも周りが騒いで当人の傷を深めてしまっているのかも知れません。

まずは、冷静に今の自分を見つめてみてください。

私の親友にも特に表面的な悩みは無いのに、リストカットしてしまったり、“死にたい”“死んでもいい”と考えてしまう子がいます。
本人曰く、自分でもよく分からないそうです。ただ、気付くとカッターを握っているそうです。普段は明るく、楽しく、家庭に問題は無く・・・。普通の子なんです。

「生きてても意味が無い」という言葉は聴いたことがありません。彼女には目標もあります。ただ一つ言っていたことは「なんとなく違う気がする。死は痛いと思わないし・・・私は生きてるのかな?」

多分、その子は“死...続きを読む

Q中学生・高校生が、生きる希望や喜び、勇気を与えられるような小説をご紹介ください。

こんにちは。
中学生・高校生が、これからの人生に希望や喜び、勇気を与えられるような小説でお勧めのものがありましたらご紹介ください。
できれば平易で読みやすく、短~中編のものがいいのですが。
誰もが知っているようなものでもあらためて挙げていただいて結構です。
翻訳ものでも構いません。
また、伝記、詩、エッセイなどでも構いません。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「中学生高校生くらいの方に向けた、平易で希望のある小説」でしたら
芦原すなお『青春デンデケデケデケ』
をお勧めします。

ここ1年くらいの間で読んだ青春小説の中では一番面白かったです。
発売されて15年以上たっているし直木賞も受賞しているので、俺が国語の先生だったとしても中高生にお勧めできる気がします。

上のが古いと感じるかもしれないので、もう一つ挙げます。
名前も聞いたことはあると思いますが、
金城一紀『GO』
もお勧めです。

映画も話題になりましたね。こちらも読みやすい青春小説です。
『青春~』は60年代の四国が舞台なので、中高生ならば『GO』の方が親しみを持てるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報