二十代後半の女です。最近、仕事やら生活やらのストレスが積もってエンスト気味です。読書が趣味なのですが、「もうちょっと歩いてみようかな」と思えるような本を探しています。現実の厳しさを無視しない程度に、なんとなく明るい兆し?が伺えるラストが用意されているものを探しています。小説でもノンフィクションでもジャンルは問いませんが、自己啓発本のようなもの以外でお願いします。小説では、いわゆる純文学が好きです。好きな作家は、現代では藤野千夜、高橋源一郎など、古くは川端康成、太宰治、谷崎潤一郎などです。一方、セカチュウなど超話題になった作品にはまったく食指が動きませんでした。アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

消化不良な日々が続く時は、思い切り笑うのが一番です。



ということで、お勧めは、凸凹女性コンビがプロの漫才師を目指して突き進んでいく山本幸久さんの『笑う招き猫』(集英社)、くせ者ぞろいのクレーム処理係担当部署に配属された主人公のスラップスティックな日常を描いた、荻原浩さんの『神様からひとこと』(光文社) です。

あとは、室住光さんの『都立水商!』(小学館)も笑えます。ソープ、キャバクラ、ヘルス、ホストなど風俗のプロを育成するために設立された高校で生み出される数々のドラマ。頭から「不謹慎!」「下品!」と決め付けず、ぜひ読んでみてください。いやらしさは皆無ですし、女性でも笑ってしまうこと請け合いです。

また、同じ室住さんの『ドスコイ警備保障』(アーティクトハウス)は、廃業した力士の受け皿として設立された警備会社のドタバタサクセスストーリー。

どちらも、普通ならありえない話のはずなのに「こういうの、あってもいいんじゃない?」という気にさせる、たくさんの笑いとちょっとのしんみりが詰めこまれた、これでもかというくらいハッピーエンドな作品で、読んだ後、不思議と元気がわいてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!「笑う招き猫」、たしか何かの書評で読みました。気になっていたのですが、すっかり忘れていました。「神様から一言」は知りませんでしたが、設定がいかにも面白そう!それから「都立水商」実はタイトル買いして読みました。ヘルスの実践授業?とかありえなさ過ぎてホント面白いですよね~。「ドスコイ警備保障」・・・タイトルだけで笑ってしまいます。さっそく探してみようと思います。温かい言葉とともにいろいろ推薦してくださってありがとうございました!

お礼日時:2005/04/18 23:29

有名所ですが、『解夏』さだまさし著 はいかがでしょうか?


表題作の解夏を含む4編からなる短編集です。
自分も話題作は敬遠してしまうタチなのですが、これはとても楽しむことができました(^^)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344404 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!本当ですか!実は単に「さだまさし」「話題作」というだけで手に取らずにいました・・。なんと、もったいない。先入観を無くして手に取ってみようと思います。教えてくださってありがとうございました!

お礼日時:2005/04/18 23:33

宮本輝「草原の椅子」はいかがでしょうか。



「大人力」(著者の造語らしいです。)をテーマに、普通の人々が少しずつこの意味を知り、力を得ていくさまがさりげなく描かれています。

ラストでのどんでん返しもなく、きっぱりとした解決もないのですが、道の先にほんのりと希望が見えて、しみじみとほのぼのと心が熱くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!宮本輝は私も大好きです。「春の夢」や、氏の作品としては異色な「避暑地の猫」は何度か読み返した記憶があります。でもこの作品は知りませんでした。さっそく探して読んでみようと思います!

お礼日時:2005/04/18 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q谷崎潤一郎君って誰?(誰もわからないかな?)

私が所蔵している明治時代の古本の中で、
少年画報と言う古い雑誌を見ていたら、
懸賞論文で谷崎潤一郎君という中学生が
「時代と聖人」と言う題で入賞していました。
この彼は後の文豪、谷崎潤一郎と同一人物でしょうか?

私の直感では同一人物ですけど、誰かご存じないですか?
私の新発見という事はないですよね。

Aベストアンサー

残念ながら新発見じゃないです。谷崎が少年時代から『中学世界』や『少年画報』などに投稿していたというのは研究者の間では良く知られているのです。
今は海外に来ていて資料の持ち合わせがないのですが、5年ほど前の『日本文学』(日本文学協会)の学会発表で、このことを踏まえて発表している人がいましたよ。

Q川端康成の本の題名を教えて下さい

20年ほど前の現代国語の教科書に載っていたのですが、題名がわかりません。たしか、「先生」と言う人物がおり、その妻、そして「わたし」が主な登場人物だったと思います。そして最後に「先生」が自殺して終わる、人間のエゴを主題とした作品だったと思うのですが。今一度、読み返したいと思いますのでご存じの方は、お知らせ下さい。

Aベストアンサー

すいません。#1のchaffです。
回答がしりきれとんぼになってしましました。
「こころ」であれば、(↓)な感じのあらすじですがどうでしょう?

参考URL:http://www.interq.or.jp/earth/yoko/Grand/book/jp/natsume/kokoro.htm

Q最近、恋空とやらを読みました

現在高二の男です。結構読書は好きなので、中学からの友達におすすめの本ある?って聞いたらなんでも恋空めっちゃ泣けるとか。
何年か前にそんなの流行ったよなと、名前しか知らなかったので遅ればせながらとりあえずネットで読んでみたんです。

率直な感想。
全く感動しなかった。というか寧ろ怒りすら感じた。

文章の稚拙さ、絵文字の乱用、慣用表現の間違った使い方はイライラしました。まあこれは所詮携帯小説だからなとなんとか収まりましたが・・・

そしてこれを純愛といえるか?と思ってしまいました。
自分にはビッチと自己中男の汚い恋愛にしか見えませんでした。

なにより腹が立ったのが医療関係の描写。
無菌室に埃払っただけで入れるとかキスとかふざけてるの?と。



んで、ネットの掲示板なんかで恋空のスレなんかを少々読みました。
批判に対するファンの暴言が気になります。命の大切さを知ったとか言いながら、批判側に対しての「〇ね」等。

実際にレイプやら流産、闘病を経験したという人に対してのファンからの心ない発言も目立ちました。

皆さんは恋空またそのファンについてどう思いますか。

現在高二の男です。結構読書は好きなので、中学からの友達におすすめの本ある?って聞いたらなんでも恋空めっちゃ泣けるとか。
何年か前にそんなの流行ったよなと、名前しか知らなかったので遅ればせながらとりあえずネットで読んでみたんです。

率直な感想。
全く感動しなかった。というか寧ろ怒りすら感じた。

文章の稚拙さ、絵文字の乱用、慣用表現の間違った使い方はイライラしました。まあこれは所詮携帯小説だからなとなんとか収まりましたが・・・

そしてこれを純愛といえるか?と思ってしまい...続きを読む

Aベストアンサー

誰のチェックも通さずに、書いたらすぐ発表できる携帯小説ならではですよね。
内容のおかしな箇所も、今回は話の都合上これで‥とあえてやっている訳ではなく、単純に「ミス」なんだろうなと。

ファンの方については考えたことありませんでしたが‥
日頃から小説を読まない=読み込む力がないから、感想が一過性のものなんでしょう。
感動して命の大切さを感じても、その読み終えた瞬間だけなんです。少なくとも、その暴言の方たちは。

わたしもtiga0105さんと同じ気持ちになるので、もう「携帯小説」自体を読まないようにしていますよ。

Qおすすめミステリー小説

読書は好きなのですが書店の本棚でどんな本を読めば良いか立ち尽くしてしまいます。おすすめミステリーがあれば教えて下さい!
いままでで面白いと思ったのは
東野圭吾さんの「秘密」「悪意」「私が彼を殺した」など
宮部みゆきさんの「模倣犯」「魔術はささやく」など
貫井徳郎さんの「慟哭」
筒井康隆さんの七瀬シリーズ
あたりです。こんな僕が次に読むべきなのは?

Aベストアンサー

こんにちは。上の本はほぼ全部読んで面白いと思った者です。
七瀬シリーズ、懐かしい・・・私、すごいはまりました。
ちなみに私は今「富豪刑事」読んでます。

そんな私も読んでいる、多分上記とは毛色の違うものをいくつか挙げてみます。

若竹七海さん 
「プレゼント」「依頼人は死んだ」あたりお薦めです。
連作短編集で同じ探偵が活躍するんですが、ブラックです。

北森鴻さん 
「凶笑面」民俗学者の女探偵が活躍する連作短編。
「狐罠」骨董をテーマとした一風変わった推理短編。シリーズ化しています。

北村薫さん
「盤上の敵」 この作家にしては異質な感じの長編推理。
あと、落語家円紫シリーズ(「空飛ぶ馬」他)は本格ミステリですが
女性向けかもしれないです。一応薦めておきますね。

伊坂幸太郎さん
全部お薦めなんですがあえて挙げるなら「アヒルと鴨のコインロッカー」が
ミステリ色が濃かった気がします。文庫にはなっていません。

あとはどんでん返しものを2作品ほど。
「ハサミ男」殊能将之さん
「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午さん(文庫ではないです)

今思いつくのはそんなところです。ご参考になれば幸いです。

こんにちは。上の本はほぼ全部読んで面白いと思った者です。
七瀬シリーズ、懐かしい・・・私、すごいはまりました。
ちなみに私は今「富豪刑事」読んでます。

そんな私も読んでいる、多分上記とは毛色の違うものをいくつか挙げてみます。

若竹七海さん 
「プレゼント」「依頼人は死んだ」あたりお薦めです。
連作短編集で同じ探偵が活躍するんですが、ブラックです。

北森鴻さん 
「凶笑面」民俗学者の女探偵が活躍する連作短編。
「狐罠」骨董をテーマとした一風変わった推理短編。シリーズ化...続きを読む

Q小説について

僕は、新高校生なんですが、最近 小説を書いてみたいなぁと思うようになりました。でも書いてみようとすると何から始めればいいのかわからずに何も書けません。なので新高校生でもわかるような小説の書き方の入門書みたいなものがあったら教えてください。予算は1000円くらいです。どうぞみなさんのおすすめでいいので、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

僕もちょうど高校の時に小説を書いてました。
でも特に何かを買ったわけでもなくただただ想像したことを書いていく、それだけでした。
最初はあまり評判(?)はよくなくて、ある1つのことに注意し始めてから「続きまだ?」という風に聞かれたりするようになりました。
それは「1つの表現を10行くらい使うつもりで書く」です
今までご自分が読んだ小説をパラパラっと見ると判ると思いますけど1つの表現に数行使うことが多々あります。
長い物だと10行越えてるのもありました。
そうすると、読者の頭にはその表現したいものがより鮮明にイメージされて、より臨場感がありより面白く感じるようです。
あとは慣れと経験と想像力だと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報