フルート、サックスやっています。音を出すほうと構えなどは問題ないところにいる感じです。課題は初見と細かい音符の認識&演奏で、これがうまくなるにはどういう練習をすればいいのでしょうか。激しく#♭がないキーでも♪=230くらいで16分音符が1小節に渡っているようなときに、処理能力の限界見たいのが現れるようです。こういうのって地道な訓練で上がっていくのでしょうか。地道な訓練とは、格調のスケール、分散和音、3度4度etc.の跳躍等のパターン練習のことです。あと、リズム処理も苦手です。同じ音の連続でも、付点系がちょっと複雑になると対処できません。結局、16分の連続、リズムで引っかかって、それを「読む」のでなく、指と頭に覚えこませて、その部分だけ暗記で再現しているという、音楽のスムーズな流れとはかなり遠いところにいる気がします。

才能がものをいってくるでしょうか?

A 回答 (4件)

こんにちは。

また来ました。m(__)m

実は、私はこの方法は使った事ないんですけど、私が地域のバンドでやってた時、たまたま、一所にいたプロのミュージシャン(もう亡くなりましたが、非常に長くテレビで活躍してた方です)から教わった方法があります。

3連符や4連符、5連符・・・などを、均等にきちんと割る方法なのですが、
3連符・・・「巣鴨」と数える(「田端」だと繰り返すと舌を噛むそうです(笑))
4連符・・・「五反田」と数える
5連符・・・「泉岳寺」や「お茶の水」と数える

まあ要するに駅の名前ですが、3文字、4文字、5文字・・・の言葉で言うと均等に割れるというものです。

これじゃ例の26連符は無理ですが。(爆)

私の場合は、2連符、3連符を徹底して練習し、5連符は2連符+3連符の不均等分割で、指や舌の動きを覚え込ませて、その後、均等に割れるように練習しました。
7連符は3+4です。

この方法のいい所は、所見でもかなり融通が効く事です。

ご参考までに。
お互い練習がんばりましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お世話様です。
連音符はテキトーにやってますね。でもかなりルーズなものだと思います。早口言葉は苦手なので難しいです。

今朝ふと思いついたのですが、逆さにフレーズを練習するというやつで、(モーツァルトなど実際作ったそうですが)逆さに読んでも同じ場合があるらしい。楽譜を反対にしてもなお同じのがあるらしいです。で、そういうのってすごく覚えやすい気がします(中野いないのかな)で、この覚えやすいパターンを普通のパターンに呼び覚まさせる?練習になるのではと思います。

お礼日時:2005/04/22 09:13

お尋ねですね。

遅くなりました。m(__)m

>四分割、三分割・・・はその通りです。

いわゆる、スイング系の場合は、三連符の二つをスラーで結んだ表現にする事が多いですが、クラシックでは、四連符の前(後ろ)三つをスラーで結んだ表現の方がはるかに多いです。

これらは実際にやってみると味?が全然違いますので、しっかり区別して吹けるようにした方がいいです。

この練習には何よりメトロノームですね。

頭の中で、四分割でも三分割でも刻みながら練習すると、やりやすいです。

スケールでやる時は、私は、
どおおど、れええれ、みいいみ・・・
どおおど#、れええれ#、みいいみ#・・・
どおおれ、れええみ、みいいふぁ・・・
(四分割)

どおど、れえれ、みいみ・・・
どおど#、れえれ#、みいみ#・・・
どおれ、れえみ、みいふぁ・・・
(三分割)

みたいな感じで数えながらやってます。

それから、私の経験では、曲でもゆっくり練習をする事は想像以上に重要みたいですj。
ゆっくりきちんと吹けるようにした曲というのは、変奏する時や、数人で合奏する時など、ものすごく楽にできます。

それから、初見の練習ですが、私はちょっと変わった事をやってます。
長いこと練習してると譜面や曲を覚えちゃいますよね。
でも覚えちゃった譜面も有効活用できます。
まずは、譜面を後ろから読みながら吹きます。
それもこなしちゃったら、譜面を上下逆さまに譜面台に置いて、普通にト音記号で演奏します。

結構、訳がわからないメロディーになるので使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一般の(クラシック系の)付点は結構指がきついものです。木管楽器の運命的な、「難しい音域ほど運指も難しい」という重荷がのしかかってきます。

ゆっくり正確にというのはまさにそのとおりだと思います。そしてそれができるためには、精神的な余裕が必要。一種の精神修養のようなものです。練習とはいえ。それによって、問題の音群がより潜在意識化されるあるいは顕在意識化される、ということだと思います。早くはゆっくりの中にありますね。

ご指摘の曲のさかさま吹きや時間逆転の手法は、これも曲全体をより頭に定着させるという方法と思います。練習御熱心ですね。

どこかで読んだのですが、たとえば16分音符4つの動きが特に難しいとき、その音をあらゆる順列組み合わせで練習するというのがありました(やったことはありません)そいつをより噛み砕く方法ということなのでしょう。遠回りは近道なんでしょうが、何せ問題は気力と真剣さですね。

お礼日時:2005/04/20 08:41

こんにちは。

私は、才No の方ですが。(爆)

もっぱらフルート、高校時代サックスの経験があります。

おっしゃる内容だけについていえば、才能というより、練習の仕方と量だと思います。

まず細かい音符ですが、例えば、ハンガリー田園幻想曲の最初の方には26連符だっけかな?出てきます。
「ファソファミファソラソファミレドレミファミレドシラソファミレラ」これが一拍。当然、音符同士は線が4本か5本かでつながってる真っ黒なオタマジャクシです。
こういうのを見ると、最初のうちは、頭が真っ白になります。

まず、こういうのに仰天しないようにする事。
これは慣れです。
そういう部分だけ抜き出して、非常にゆっくり、音を確実に一つづつ拾っていく練習を重ねて、指が十分慣れて来たら徐々にテンポをあげて、回りの部分と同じテンポになるようにします。
当然曲自体も大変ゆっくりにして練習します。
こういう練習をどれくらい沢山つんだか、何曲もやったかが問題になるでしょうね。

指が慣れると結構な速さでできるものです。
おっしゃってる位の限界でしたら、この練習を重ねれば十分突破できそうなレベルではないかと思います。
重要なのは、確実に指が慣れるまで急がない事です。

おっしゃってる「地道な練習」の中に、こういう音を拾う練習があった方がいいでしょう。
この練習は、音を出さなくてもできます。
私などは、電車の中で、楽譜を見ながら、あるいは暗譜で指だけ練習したりしてますよ。

符点は、4分割の符点と3分割の符点を両方マスターしましょう。
最初はメトロノームを4拍づつ、あるいは3拍づつで長さの感覚を正確につかむといいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘のドップラーの部分は、私もやりましたが、頭で理解するのでなく、指の運動で覚えるという(もちろん音を頭で鳴らすというのがありますが)感覚が大部分になっているので、意識レヴェルでなくなっている感じです。それを「手の内」レヴェルに引き寄せていく=自分の音楽性(譜読み、センス、運指運動)のレヴェルアップ、ということしかやはりないのだなぁと再確認しています。
音を出さない練習って有益だし、大事ですよね。音出す必要がないときに出すって疲れるだけですからね。前、私も夜(更けて)吹けない時間になるとやっていました。

4分割3分割付点の意味は、三拍子系四拍子系の付点音符ということでしょうか?理解力がなくてすみません。

お礼日時:2005/04/19 18:35

テクニカルな訓練も必要だと思いますが、初見についてはひたすら経験値を積むというか、慣れの方が重要な気がします。

とにかく色々なタイプの楽譜を初見で演奏する訓練を繰り返すことでしょうね。慣れてくると1音1音ではなくフレーズや小節単位の「かたまり」として見えてきます。もっと慣れてくると今演奏している小節ではなく次の小説を先読み出来るようになります。
訓練の仕方としては、まずはテンポを落として初見で間違わずに演奏する訓練をすると良いと思います。

同時に色々なタイプの楽曲を数多く聴くことも重要かと思います。頭の中に多くのパターンを叩き込むことで次はこうなるだろうという予想がつき、変化への対応も速くなってくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たとえば、外国語(あえて日本語でも別にかまわないのですが)を読むという場合、まず目はその語の音声情報というのを捉え、それを頭で処理して、発声器官に指令を送り発音するという作業です。ここで、滑らかに行かすには、頭が内容を処理しながらということだと思います。もし、内容がまったくの音声純粋処理だったら朗読(あるいは黙読)は非常に困難だろうと思います。それを楽譜に拡張して考えればよいのではないでしょうか。それが、ご回答の「内容」でないかなと思っています。

それから、私は楽譜の繰り返し記号も読み取るのが下手なんです。出てくる音符を音にするのに手一杯なんです。これはなかなか到達できないですね。結局譜読みの総合力がつかないとだめでしょうね。

お礼日時:2005/04/19 18:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木管楽器の音の出る構造はどうなっているんですか?

木管楽器の音の出る構造はどうなっているんですか?

木管楽器は…
リードの振動が音の元になる楽器と
空気の流れが音の元になる楽器の2種類があるということが分かったのですが
どこから音が出るのか調べても分かりませんでした。

この2種類の木管楽器それぞれどこから音が出るのか教えてください。

Aベストアンサー

>リードの振動が音の元になる楽器
これはシングルリードとダブルリードの2種類あります。
シングルリードはサックスやクラリネット、ダブルリードはオーボエやファゴットが代表的なものとして挙げられます。シングルの方はマウスピースにつけられたリードが息の流れによって振動し、それがマウスピースに当たって音が出ます。ダブルの方は合わさった2枚のリードが息の流れによって同じように振動し、ぶつかり合うことで音が出ます。

>空気の流れが音の元になる楽器
フルートや尺八などが主ですが、ビール瓶などの口に横から息を吹きかけて出す音と原理は同じです。フルートを例に挙げると、先端部分の頭部管と呼ばれる管に吹きこみ口があって、そこから入った空気が気流の渦(エッジトーン)を作り音になります。この類はエアリードと呼ばれ、目に見えないものなのでどこから音が出ているのかわかりにくいですね。

Qピアノ練習曲 -リズム練習、クロスリズム等

ピアノの練習曲に関する質問です。

 私は現在24歳なのですが、8歳ごろからピアノをはじめました。高校生ごろまではそれほどまでピアノに関心はなかったのですが、大学生ごろからピアノサークルに入ったこともあり、ピアノにのめり込むようになりました。レッスンについては大学入学時まで続けていました。
 大学生時代はそれこそ好きな曲を弾くというスタイルで、手当たり次第好きな曲を弾き続けてきました。難しい曲、マニアックな曲が大好きだったので、無謀と思えるような曲にも挑戦していました。

 しかし、大学卒業(22歳)と同時にピアノからは一時離れ、最近になりまたピアノ熱が高まってきています。とはいえ、今後ピアノを続けるにあたっては、無目的に好きな曲を弾くというだけでなく、地道に技術を高める作業も行なっていきたいと思っております。

 そこで、本題になるのが練習曲の選定です。
練習曲をこなすに当たっても、メカニカルな意味での技術の向上の観点から有用な練習曲をやっていきたいと思っています。そのため、機械的であれ汎用性のあるテクニックが身につき、かつ、一曲あたりの曲の長さが短い曲をやっていきたいと思っております。

 今のところは、ハノンのスケールとアルペジオ全調、ツェルニー50番からいくつか、クラマー=ビューローの練習曲からいくつか、モシュコフスキの15の練習曲のいくつかを丁寧にやっていこうと思っています(ハノン、ツェルニー50番に関しては一度やっているのですが、もう一度丁寧にやりなおすという意味です。)

 しかし、これらの練習曲には共通していくつかの問題点があります。

(1)まず、3:4, 4:5,3:8等、クロスリズムに関する練習曲が含まれていない。
(2)次に、テクニックが古典~ロマン派までのものであり、印象派等近現代の曲に関するテクニックの練習曲ではない。

という点です。

 そこで、上記(1)(2)の問題点を満たすような練習曲をご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいと質問した次第です。 練習曲としては有名ではないものでも問題ありません、また、1つのみならず複数の練習曲にわたる場合でも問題ありません。

 もし、これぞ!という練習曲をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

ピアノの練習曲に関する質問です。

 私は現在24歳なのですが、8歳ごろからピアノをはじめました。高校生ごろまではそれほどまでピアノに関心はなかったのですが、大学生ごろからピアノサークルに入ったこともあり、ピアノにのめり込むようになりました。レッスンについては大学入学時まで続けていました。
 大学生時代はそれこそ好きな曲を弾くというスタイルで、手当たり次第好きな曲を弾き続けてきました。難しい曲、マニアックな曲が大好きだったので、無謀と思えるような曲にも挑戦していました。

 しか...続きを読む

Aベストアンサー

クロスリズムで真っ先に思い付く作曲家は、
やっぱりスクリャービンですかね。
スクリャービンはどちらかというと、最初ロマン派→独自路線な人ですから、
(2)にはあまり当てはまらないですけど。

「8つのエチュードop.42」
http://www.piano.or.jp/enc/pieces/9855/
「12のエチュードop.8」
http://www.piano.or.jp/enc/pieces/5101/

曲によって様々なクロスリズムが使われているので、
ご自身のお好みで選曲して練習してみてはいかがでしょうか。
スクリャービンはクロスリズムが余程好きだったらしく、
練習曲以外の曲でもクロスリズムを多く用いていますから、
よければ探してみてください。

Q金管楽器と木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?

金管楽器と木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?

合っているのか分かりませんが、私が知っているのは…

金管楽器はマウスピースから息を吹き込む。
         ↓(バルブで音程を変える)
     ベルから音を出す。 ということです。

この金管楽器の音の出る仕組みと木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?
調べたところ、説明を見てもよくわかりませんでした。

できるだけ分かりやすく詳しく説明してもらえればいいなと思います。
よかったら答えてください。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%AE%A1%E6%A5%BD%E5%99%A8
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E7%AE%A1%E6%A5%BD%E5%99%A8

と、いうわけで、金管楽器は演奏者の唇の振動が音の元ですが、木管楽器はリードの振動か、空気の流れが音の元になります。

Qポリリズムについて 3連符と16分音符

3連符と16音符を同時に弾く練習をしています。
どうしてもできません。
良い練習方を教えてください。

Aベストアンサー

まず、自分で書いた質問文をよく読み直してみて。
この文章で質問された側が理解できると思いますか?

こっちとしては推測の範囲を出ることなく答えなくてはならないのだけど、
(1) ピアノの演奏について 
(2) 8分音符の3連符と4つの16分音符を同時に弾くことについて
であることと勝手に推測して答えますよ。

大きな1拍として捉えることです。
3対4をなんとかしようとか考えず、片手ずつメトロノームを使って拍に合わせてじっくり練習。完全に拍感で弾けるようになってから両手で合わせ始めることです。
音形を易しいものにして練習してみて。
たとえば、左手はドミソドミソ、右手はドレミファソファミレ、というように。

ちょっと難しいけど、ブラームスの練習曲集に2対3、3対4、4対5、などのための曲があるので興味あったら探してみて。全音楽譜からも出版されてる。

Q金管・木管楽器の違い

金管楽器と木管楽器の違いは何ですか?
金管は金属で、木管は木で出来ていると思ってましたが最近になって 基準が違うことを知りました…(―.―;)。楽器を吹くところが金属か木(リード)で違うのではないか と知人に言われましたがハッキリしたとこは分かりません。教えてください!

Aベストアンサー

こんにちわ
金管木管両刀使いですう♪

>木管は穴がたくさんあいてますが金管には穴はありません

いちばん初心者のかたにずばり分かりやすい説明としては#4のかたのこの説明でオッケーですが、非常に昔の古典楽器では、金管ラッパに笛のような音程調節の穴が開いていたりして驚くことがあります。

これは#3のかたの説明をもすこし詳しく書くことで解決できます。
>金管楽器とは音を発するところがマウスピースと呼ばれる物で出来ています。

マウスピースは金管でも木管でも「マウスピース」と呼ばれます。
#3の方がおっしゃる「木管にはかならずリードがつく」というのは不正確で、リードのない木管楽器の代表がフルートと小学校で習う立て笛のリコーダーです、といえばわかりやすいでしょう。
リードがつく木管楽器というのはサックス、クラリネット、オーボー、バスーンなどですが、これらの「リードつき木管楽器」のことは木管の中でも特別に「リード楽器」と呼ばれています。

では、単純に金管と木管、どうちがうの?
という問いに対して混乱しちゃいますね(^^)

ずばり定義としては、
音源について=
「くちびるのぶるぶるとした振動」が音源になっているものが金管
「唇の振動によらず、リードの振動やカルマン渦(フルートや学校のたて笛)によって発生する空気振動」を音源にしているのが木管

音程調節について=
「管の長さを長くしたり短くしたりで調節(トランペットやホルンなどほとんどの金管はピストンで長さを調節しますがトロンボーンは露骨に管を手動で伸び縮みします)」または「唇の締め方を緩めたり締めたりで振動を調節」して音程を変えるものが金管

「管の長さを変える代わりに、管の途中に穴をあけて、これを開けたりふさいだり」することで音程調節するのが木管

というのが原則です。

ただ、クラシック音楽でもたまに使われることのある有名なおもちゃのスライドホイッスルというのがありますが、これは「カルマン渦」が音源ですが、トロンボーンのように管自体を伸び縮みして音程を変えます。そうするとどっちなの??となりますが、音源が「笛」の音源なので、木管楽器に入ります。

おもしろいのは、金管トランペットやトロンボーンのマウスピースを木管のサックスにとりつけたり、逆にサックスやクラリネットのマウスピースをトランペットに取り付けても、「まがりなり」にちゃんと音程が変えられるんですよ。

こんにちわ
金管木管両刀使いですう♪

>木管は穴がたくさんあいてますが金管には穴はありません

いちばん初心者のかたにずばり分かりやすい説明としては#4のかたのこの説明でオッケーですが、非常に昔の古典楽器では、金管ラッパに笛のような音程調節の穴が開いていたりして驚くことがあります。

これは#3のかたの説明をもすこし詳しく書くことで解決できます。
>金管楽器とは音を発するところがマウスピースと呼ばれる物で出来ています。

マウスピースは金管でも木管でも「マウスピース」と呼ば...続きを読む

Qドラムのキックの16分音符の練習方法

ドラムのキックの16分音符の練習方法

ドラムの曲のバスドラの音符に,よく16分音符の次に8部音符が出てくるものがあります。
いわゆる「ドドツ」とバスドラを踏む奏法です。
ハイハットは8部音符で刻んでいますので,1小節の最後の8部音符を右手で叩いた後,16部音符がキックで入り,次の小節の初めに,8部音符のハイハットと8部音符のキックが入る奏法です。

16部音符だけをキックした後,8部音符が出てこない曲は上手く行くのですが,16部音符の後,すぐに8部音符を入れなくてはいけない曲なると,16部音符を上手く踏めなかったり,16分音符が小さくなったりします。

上手く自然に「ドドッ」とバスドラをキックができるようになるための効果的な練習方法をぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.mc-club.ne.jp/drums/vdrums01/07/body_1.html
足だけではなくての基本的な部分も解説しているので一度最初から見てみるといいかも。

Q木管楽器から金管楽器に移るとき、大変なことは何ですか?

木管楽器から金管楽器に移るとき、大変なことは何ですか?

こんにちは。中1です。
私は、吹奏楽部でファゴットを吹いています。
ファゴットの暖かい素朴な音色が大好きなので、高校に入ってもファゴットを続けたいと思っているのですが、最近ユーフォニアムにも興味があります。
高校でファゴットを担当できなかったらユーフォニアムを担当したいと考えているのですが、木管楽器から金管楽器に移るのは、やはり色々大変ですか?
大変な点を、具体的に教えてください。

Aベストアンサー

高校時代、吹奏楽部でホルンを吹いていました。
木管楽器はリコーダーしか経験がないので(汗)、移る大変さというのは推測でしか言えませんが・・・

一番の違いはやはり、音の出し方、ではないでしょうか。
金管楽器は、マウスピースに息を吹き込む際、唇を振動させることで音が出ます。
木管楽器は、おそらく息を吹き込んだ時にリードが振動することで音が出ているのだと思いますが、
その辺りの感覚的な違い(唇の使い方等)に慣れるまでは少し大変かもしれません。

また、音程の変え方も違います。
金管楽器は、3つか4つぐらいしかないバルブを指で押さえる組み合わせによって音を変えますが、
同じ押さえ方でも、唇の使い方や息の吹き込み方によって音の高さを変えることも必要になってきます。
こちらも木管楽器とはまた違った苦労があるかもしれませんね。

ただ、それまでの楽器経験があれば音感もついているでしょうし、習得は早いと思いますよ。
高校に入ったらということですので、今からそう身構えず、今はファゴットを頑張れば良いと思います。
機会があれば、練習の合間にでも金管の友達の楽器を借りて、少し感覚を試してみるくらいは良いかもしれません。
でもまずはファゴットですね。

部活頑張ってください^-^

高校時代、吹奏楽部でホルンを吹いていました。
木管楽器はリコーダーしか経験がないので(汗)、移る大変さというのは推測でしか言えませんが・・・

一番の違いはやはり、音の出し方、ではないでしょうか。
金管楽器は、マウスピースに息を吹き込む際、唇を振動させることで音が出ます。
木管楽器は、おそらく息を吹き込んだ時にリードが振動することで音が出ているのだと思いますが、
その辺りの感覚的な違い(唇の使い方等)に慣れるまでは少し大変かもしれません。

また、音程の変え方も違います。
金管楽器...続きを読む

Q1小節に正しい数の音符が入っていれば良いというのでもない?

つい最近同じタイトルで質問したんですが、過去に同じような質問が
あり、その質問が締め切られてないということで削除されました。
せっかく回答していただいた4名の方にお詫びいたします。

私は過去に「音符の簡単な計算方法」というタイトルで質問しました。
その中の回答に「1小節に正しい数の音符が入っていれば良いというのでもない」
という回答をいただきました。
本当に計算が正しくなくてもいいのでしょうか?
親戚の音大生に聞いたところ、「正しく音符を書かないと演奏できない
から計算上正しくなければならない」と言っていました。
ただ音大生が専門家といっても過去の質問で回答が二分しているため
まだわたし自身結論が出ていません。
そこで決着をつけたいと思います。できれば専門家の方の
回答をお願いします。
わたしがなぜこの質問にこだわっているかというと、
音楽の基本と概念に関わるからです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正しい「数」というから誤解が発生するのでは?

拍数が合計して正しければいいわけで、音符の数は様々になりますよ。

また、沖縄民謡などのように、途中で拍子が変わってしまう曲もありますからね。でもその場合も結局拍数によって変わっていますから。

Q音のきれいな木管楽器

木管楽器がすきです。
私はフアゴットがすきなのですが、
南アメリカのケーナでもよいしどこの国のものでも
よいのです。
あまりしられていない音のきれいな
木管楽器(ようするに笛です)でごぞんじのかたいらっしゃいましたらば、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。私はフルートをふいてます。

ファゴットだと木のやつは1本80万円からするので、ちょっと手が出ないですよね。でも私もフルート以外でやってみたい楽器です。

手っ取り早い所で、ピッコロフルートも、木でできたやつはとても柔らかい、温かみのある音がします。
また、リコーダーも木のやつは非常に柔らかい音がします。私はこれのソプラノが好きでたまに遊んでます。
ついでに、オカリナもいいですね。澄んだ音がします。

また、色つやのある音色がお好みなら、クラリネット、オーボエなどのリード系の物がいいでしょう。

変わったところでは、ひちりき(日本の雅楽でつかうダブルリードの笛:オーボエの音色に太さを加えた?感じ)などがいいかも。

http://www.toshiba-emi.co.jp/togi/otoni/02/index_j.htm

Qギター初心者です。今弾き語りを練習中なのですがメロディーにリズムが引きずられてしまい上手くリズムを弾

ギター初心者です。今弾き語りを練習中なのですがメロディーにリズムが引きずられてしまい上手くリズムを弾けなくて困っています。
たとえば中島美嘉の<一番きれいな私を…>であれば2拍や4拍のダウンストロークでひっかかりつつもなんとか歌えるレベルです。
反対にAKBの<風は吹いている>などはギターのリズムを《ジャ.ジャ.ジャ~ンジャ.ンジャジャン.ジャカジャカ》みたいなリズムを刻みながら歌おうとするとリズムがメロディーよりに引きずられリズムを刻むことが困難になってきます。どうしたらきっちりリズムのを刻みながらメロディーを唄うようになれますか?

回答は皆さんにお任せします。
練習あるのみでも、理論的にでも、なんでもいいです。
楽しく弾き語りが出来るようになりたいです♪ よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メロディ(歌)や演奏に引きずられるのは、どちらの場合も有ると思いますが、要はどちらかに気が行ってしまっているから起こる現象です。
例えば、歌を完璧に覚えて、演奏に注力するか、その逆かです。
普通は、その逆の方が一般的で、ギターのアップダウンストロークを完璧に体に覚えさせる事で、メロディを歌い易くします。

多分、演奏のリズムに合わないメロディが存在するのでしょう。
例えば、例に有る様な箇所だと、16分休符の部分などに休符で無くメロディが存在するなどです。
ギターは休みなのにメロディが存在するため、脳内でパニックが起きているのです。
コレを解消するには、上記の様に、ストロークを完璧にマスターし、ストロークしながらでも、他の事が出来る様な所まで持って行かないとダメです。
例えば、ストロークしながら、喋る、文字を読む、また、右手だけストロークしながら左手では手をネックから離して他の事(スマホを弄るなど)をする、など、です。
もし、どうしても、突っかかってしまう場合はテンポを落として、何処で突っかかるのか?ストローク中のどの時に歌えばイイのか?を時系列で割り出してソレを練習するしか有りません。
どうしても、引きずられる様な演奏とメロディは必ず有りますが、同じ所を何回も練習して体で覚えるのが最後の手段です。

メロディ(歌)や演奏に引きずられるのは、どちらの場合も有ると思いますが、要はどちらかに気が行ってしまっているから起こる現象です。
例えば、歌を完璧に覚えて、演奏に注力するか、その逆かです。
普通は、その逆の方が一般的で、ギターのアップダウンストロークを完璧に体に覚えさせる事で、メロディを歌い易くします。

多分、演奏のリズムに合わないメロディが存在するのでしょう。
例えば、例に有る様な箇所だと、16分休符の部分などに休符で無くメロディが存在するなどです。
ギターは休みなのにメロ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報