私は先日まで単版というのは一枚の板でトップやバックができているものだと思っていましたが、この前楽器屋の店員に聞いたところ、単版と書いてあってもほとんど二枚の板を組み合わせて作っていると言われました。では単版と合板の違いって何なのでしょうか?教えてください。それとこの前プロのクラシックギタリストの先生に単版のギターじゃないとたいして音は良くならないよと言われました。その事についても教えてください。長い文章を読んでくださりありがとうございます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。


楽器の材料についてのご質問ですね。

先ず単板とは何か

それは勿論ベニア板でない、本物の木の板を指します。
楽器によっては表板や裏板を完全な一枚板を削り出して作ったものも確かに存在します。
これはバイオリンなどに代表される 箱内の空気共鳴を拡声原理とする弦楽器全体に言えることです。

しかしそのような作り方に使える板は大変幅の広い板でなくてはなりません。
そこでほとんどの楽器は一枚ものではなく、裏も表も楽器センターで貼り合わせています。特に小型楽器でないなら先ず間違いなくそのような作りをしています。

それでも本物の板であることに変わりはなく、木を薄く剥いだものを糊で重ね合わせたベニアではありませんからやっぱり単板と言います。しかし木も色々です。響きの良い木、悪い木があるので木なら何でも良い訳では決してありません。私はコントラバスの魂柱(松材です)を比較の為に何本も手に入れて叩いてみた事がありますが、それでさえ当然のごとく皆響きが違いました。

次にギターの先生が仰った単板楽器でないと鳴りが良くないと言うのは本当か、又その理由は何か?

ベニア板は素材として音が悪いのは事実です。試みに同じ厚さと縦横寸法をもつ本物の板とベニア板を指でぶら下げて何かで叩いて見ると解ります。(寸法が同じでないと比較出来ません)これは経験則です。で、先生の仰った事は本当です。
次にその理由は何か、ですが 物理学上ではきっと何か説明がつくと思いますが、私には解りません。でも楽器奏者である私に取って経験則だけで充分だと思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とても勉強になりました。私は先日Sヤイリのギターを買ったのですが、以前使っていたシーガルのギターに比べてあまり音が良くなかったので少し不安になって質問しましたが(トップのみ単版モデル)、安心しました。これからたくさん弾き込みたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 23:30

合板というのはいわゆるベニヤです。

つまり何枚か(たいてい3枚ぐらい)の薄い板を重ねて一枚の板のように貼り合せてあります。単板は一枚板です。ただし単板のギターでも、曲面もあるし、また強度の問題や音響的な理由などで何枚かの一枚板(単板)を組み合わせてつくられています。
さて音の違いですが、合板は板を貼り合せているので(しかも圧力をかけて接着している)頑丈です。したがって薄くて丈夫な板をつくることができます。だから買った当初はよく鳴ります。(最初から分厚い合板なんてのは論外です)しかし合板のギターは弾いているうちに成長して鳴ってくるということがあまりありません。
単板は最初は合板ほどバリバリと鳴ったりしません(ただし最初から音の深みのようなものが違うように思いますが)。でも弾いていくにしたがってどんどん音が出てくるし深みも増してくるものです。
結論から言うと初心者や遊びで弾くのなら合板でも十分でしょう。でもある程度弾けるようになってくると不満が出てくるものです。
ついでながら単板の方が高価です。それは一本の木から採れる板の数が違う上、どうせ単板にするなら柾目のいいところをとるので余計材料費がかさむわけです。合板だったら単板をとったあまりの部分から作れますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とても勉強になりました。値段の差まで教えていただき本当にありがとうございます。またわからない事があったら、教えてください/

お礼日時:2005/04/20 23:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYAMAHAのギターって特徴がない?

アコースティックギターをやりたいなと思いギターショックに行ったとき、店員の人にいろいろ聞いたのですが、ヤマハのアコギは音に特徴がないからやめた方が良いと言われました。10万円くらいするギターだったと思います。国産のギターを買うなら、Yairi,Takamine,Ariaあたりを買えば間違いないと言われました。天下のヤマハなのに、特徴ないの?と思ったのですが、本当にそうなんでしょうか?私には音を聞き分ける力も演奏する力もないので、そういうものなんだと思ってしまいました。ちなみにその人は若そうでバイト君な感じがしました。

Aベストアンサー

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普及品の安物でも同じ音がするという意味ではありませんよ。やっぱり価格帯なりラインナップなりの音の良し悪しはあります。でも、どのモデルでも何かしら「YAMAHAで~す」というエッセンスがある音がするというのは、私と同業の大抵の人間が、ほぼ同意見ですね。

また、これは一つの極論としてですが、「上手い人は当然良い音がするが、下手な人でもそれなりの音がする」という面もありますね。
これは、ギターテクニックとしての側面ではなく、マイクを通せばそういう音になる…という、私らエンジニア側の感覚論なんですが、マーチンやギブソンなどは、いくら高級モデルでも下手な演奏だと「これがマーチンやギブソンとは思えない」くらいひどい音になる事もザラですが、YAMAHAは下手な人でも『何とか崩れきらずに踏みとどまった音』に収まってくれますね。
ただ、そういう特性が、初心者ギタリストの成長を阻害するモノかどうかは、私にはわかりませんけど。

また、これはいつも私が「YAMAHAというメーカーは恐ろしいなぁ…」と感心している事なんですが、同系列の全く同じモデルのギターが何台か有ったら、どのギターもほとんど同じ音がします。少なくともマイク通すと、一台一台の音の差が非常に小さい。こういうことは、他のメーカーではまずお目にかかった事がありません。

それと、録音の時などは、「一番良い音がするポイント」を探して選んでマイクを据えるのが常なんですが、ギブソンなどはポイントが凄いシビアで、マイクの位置が変わると音ががらりと変わるので、ギタリストの納得いく音にするのにめちゃくちや手間がかかるのですが(だいたいギブソン弾きは自分の音にメチャクチャうるさい傾向もあったりしますが(^^ゞ)、YAMAHAは良い音がするポイントが非常にワイドで、まぁハッキリ言ってセッティングはメチャクチャ楽です(爆)

そして、他の方も言われていましたが、ギターと他の楽器のアンサンブルでは、ある程度の腕前の人が弾く限りは、「他の楽器の音を殺すことなく、自分の音が埋もれる事もなく、さりとて極端に主張の強い音を出すでもなく」…という、有る意味『非常に優等生的な音』で鳴りますね。
これも、PA屋にとっては非常にありがたい音です(^^ゞ

なので、大抵のPA屋は、プレイヤーのギターがYAMAHAだったらホッとします(^^ゞ

今まで述べてきた意味で、『アクの無い音』というのが特徴…ということは言えるかもしれません。

あと、これは知り合いのギタリストの受け売りですが、彼曰く
「YAMAHAのギターは、当たり外れがまず無いし、だいたいは良い音するんだけど、何か『音でこういう主張をしたいっ』と思って弾いた時に、楽器に後ろ髪引かれるような感じがして、今ひとつハジケられない」
なんてことを言っていました。
なので、ギタリストの立場では、そういう「優等生的で音の主張が少ない」なんていう意味で『YAMAHAは個性が無い』という意味での『特徴がない』という評価は有り得るかなぁと、私の立場でも思えない事はないですね。

YAIRIを持ってるギタリストは、知り合いにあまり居ないので詳しくないですが、Takamineなんかは、当たり外れという意味ではないですけど、私にとっては結構1台1台の音の個体差は大きい感じがしますね。まぁ、Takamineはエレアコを扱う場合の方が多いので、余計そう感じるだけかもしれませんが…

ただ、こと他の楽器とのアンサンブルに限っては、下手なマーチンやギブソン弾きだと、PA屋がいくらがんばっても音がメチャクチャになる事が(アマチュアだと)非常に多いので、アンサンブル用ギターとしては、私の中ではYAMAHAが世界のナンバー1です。

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普...続きを読む

Qオール単板のアコギ

最近オール単板のドレッドタイプアコギを新品で買いました。
早速練習しているのですが、どうもそんなに音が良くない?ような気がします。
もう一本持っているゼンオンのモラレスっていう昔のボロアコギ(たぶんトップのみ単板)のほうが音量、サスティーンとも勝っている感じがして、特に高音部を弾いた時にサウンドホールの中から金属的なピィーンという余韻?が聞こえますし、コードを弾いたときシャリーンという余韻があります。
倍以上の値段で買った新品のほうは音量が小さくてピィーンとかシャリーンという余韻が全く聞こえません。ジャカジャカするだけです。
良くギターは弾けば弾くほど音が良くなってくる?と聞きますが・・特にオール単板のギターは弾きこめばまず間違いなく音が良くなっていくものなのでしょうか。

Aベストアンサー

録音されたものはいくらでも加工(エフェクト)出来ますから....

ギターの音はトップの質にかなり左右されます。私の持論ですが、この価格帯なら裏・横を合板にしてでもトップに良い材質を使った楽器のほうがいい音がすることが多いです。しかもこの機種にはピックアップや貝のインレイも入っているのでその分のコストもかかっているわけです(=木材をコストダウンせざるを得ない)。

No1の方も言及されてますが、単板なら何でも良いというわけではなく楽器としての出来上がった状態(音や演奏性など)を判断するべきですし、そういう意味では試奏無しで買うことが私には理解できません。

音の硬さは弾き込んでいけば甘くなっていく可能性は大きいですが、どちらかといえば生音よりエレアコとしてお使いになるほうがギターの性質に合っているのではないでしょうか。

Q鈴木バイオリンのクラシックギター

先日、知り合いの方が「使わないから」と古いクラシックギターを下さいました。
楽器店で見てもらい、弦高ありとのことでしたが、とりあえず磨きと弦交換のみ頼んで、ギターが戻ってきたところです。
中を見ると、「SUZUKI」の大きな文字があり、楽器店の話では、現在は製造されていない鈴木バイオリン社のクラシックギターとの事で、当時いくらの値段で売っていたかは分からないと言われました。
ギターを下さった知り合いの方は、ギターを使用していた当時は小学生だったそうで(40年前位)、買ってもらったギターの値段は知らないようでした。
弦を避けて写真を撮ってみたのですが…ラベルの下の方に「No.38」とあるのですが、38000円の意味ではないのでしょうか?
分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「鈴木バイオリン製造株式会社」のサイトを見てみました。
http://www.suzukiviolin.co.jp/products.html

製品情報として「過去の商品 品番・価格表(エクセルデータ)」があります。

それには、

No.38 1970-1971 12,000

と出ています。

当時の定価は 12,000円のようですが、念のため、ご自分でお確かめください。

QD-18かD-28かそれともYAMAHAか…

若い頃に歌っていたフォークソング(日本語の)を歌いたいので、ギターを新しく買いたいと思っています。
コードを押さえてジャンジャン弾くだけでヘタクソなのですが、昔のフォークシンガーが弾いていた雰囲気に浸りたいです。
で、昔あこがれていたマーチンのギターをついに買いたいと思うのですが次の点を教えてください。

・ヘタでもマーチンのギターだといい音だなあって感じますか。(昔使っていたのは25000円のモーリスのギターです)
・3~15万の日本製のギターと比較してマーチンのギターはどうですか。
(それほど感じないのなら安いギターにしようかなとも思ったりしています)
・フォークソングを歌うのにD-18とD-28のどちらがいいのでしょう。
(聞き比べてと言われてもその機会もなく…いざ買いに上京しても店頭で弾かせてもらうのは恥ずかしくてとてもできません)
・それともギブソンやYAMAHAがいいのでしょうか。

フォークソングが好きなだけで、ギターの腕のヘタさや音質の違いが自分で分からないなんてことを考えるとマーチンのギターなど買う資格ないと言われそうですが、そこは勘弁していただいてよろしくお教えください。

若い頃に歌っていたフォークソング(日本語の)を歌いたいので、ギターを新しく買いたいと思っています。
コードを押さえてジャンジャン弾くだけでヘタクソなのですが、昔のフォークシンガーが弾いていた雰囲気に浸りたいです。
で、昔あこがれていたマーチンのギターをついに買いたいと思うのですが次の点を教えてください。

・ヘタでもマーチンのギターだといい音だなあって感じますか。(昔使っていたのは25000円のモーリスのギターです)
・3~15万の日本製のギターと比較してマーチンのギター...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
補足を拝見しましたので、再登場です。  

>「単にD-18と28とを比較されるのでしたら、D-28を」とのことですが、なぜでしょうか。

見た目は全くと言っていいほど同じですね。(良く見ないと判別出来ません。言い換えればそれだけマーチンのDシリーズは同じ形で派手さがないと言えます。そこがマーチンの魅力なんですが…。) 約4万5千円の価格差は何かと言うと、材質が異なります。18のサイドやバックはマホガニーですが、28はロースウッドが使われています。この材質の違いが価格差となっています。オールドマーチンではハカランダ(ギターにとっては最高の木材)が使われていました(今でももっと高級機には使用されています)が、ブラジルの輸出規制(木材が無い状態)に合い、今ではローズウッドがハカランダに取って代わっています。

マホガニーは悪いと言う事ではありませんが、ローズウッドに比べると若干音的に響きが劣るようです。一方、ローズウッドでは、響きも豊かで、高音の伸びも優ります。全体的にマーチンの特徴でもある高温の伸びは伝統的なものですが、より極められているように思います。

D-35や45等になると中々一般人には手が出せない価格となりますが、D-28までなら少し頑張れば何とか手が届く範囲だと思います。他にマーチンでしたらD-1なんかもお手頃だと思います。

↓に貼り付けたのは日本マーチンクラブの公式サイトです。マーチンの全てのギターが掲載されていますので、一度ご覧になられては如何でしょうか?(本国のHPは⇒
http://www.martinguitar.com/index/index1.html)

参考URL:http://www.martinclubjp.com/set_guitar_top.html

No.1です。
補足を拝見しましたので、再登場です。  

>「単にD-18と28とを比較されるのでしたら、D-28を」とのことですが、なぜでしょうか。

見た目は全くと言っていいほど同じですね。(良く見ないと判別出来ません。言い換えればそれだけマーチンのDシリーズは同じ形で派手さがないと言えます。そこがマーチンの魅力なんですが…。) 約4万5千円の価格差は何かと言うと、材質が異なります。18のサイドやバックはマホガニーですが、28はロースウッドが使われています。この材質の違いが価格差となって...続きを読む

Qエレアコとアコギどっちにすべきか?

 エレアコとアコギどっちにすべきか迷っています。
 とりあえずアコギが欲しいのですが、エレキのアンプを持っているので、どうせ買うならアンプに繋げられるエレアコの方が得かな~という気持ちです。

 どうでしょうか?。
 わざわざエレアコを買う必要があるでしょうか?。
 そもそもアンプに繋げる以外の点でアコギとエレアコの違いってありますか?。
 

Aベストアンサー

エレアコの範囲が明確でないのでわかりませんが、

アンプで増幅するのを前提に作られている場合は ハウリング対策などがとられている ボディー構造だったりします。生音の鳴りがや その周波数帯が調整されています。

アンプで増幅しない前提なら、そういう鳴りの構造です。

No.1,4さんが 言われているように 「違う音」なのです。

実際に 楽器屋や友達のを弾き較べて 音の違いがわかりませんか?
違いがわからなければ 「どうせ アンプにつなげられるエレアコ」でしょう。

でも エレキ用のアンプと エレアコ用のアンプも 全然音違いますよ。
(って言っちゃうと アンプも ギターも 全部 違う音がするんですが・・。マッチレスの音って言っても 同じ型で ロットによって 音が違うし・・。)

Qクラシックギターの購入(スペイン製か国産)

都内の女性です。

幼少の頃よりピアノをやっていまして、音楽大学も出ましたが、
最近ギターも始めてみたくなりました。
クラシックギターの購入を考えているのですが、
何しろ初めてなので皆目見当がつかず、毎日ネットで調べたり
楽器屋さんに行って店員さんの話を聞いたりしています。

そこでこちらのサイトでも皆さんのお知恵をお借りしたいと思いました。

クロサワ楽器(町田店)というお店では、スペインの「アントニオ・サンチェス」
型番がprofesor-1(杉)という楽器を勧めて頂きました。

下北沢のフォルテ楽器というお店では、
国産の「マツオカM60」という楽器を見せて頂きました。

音色は、杉のものがいいなという気持ちはあります。
予算は、10万円以下なら嬉しいですが、それではいい音が鳴らないというのであれば、15万までなら…と思っています。

重視するのは音で、固くてはっきりした音よりは、
音量が少なくてもいいから深くて優しい、丸く暖かい音色がいいと思っています。
人に聞かせるよりは自分の部屋でつま弾いてみたいというのが今の気持ちです。

スペイン製と国産、どのように音色など違うのでしょうか?
何か他に、おすすめのメーカーなどがあるでしょうか?

初心者なので見当違いなところがあるかもしれませんが、
教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

都内の女性です。

幼少の頃よりピアノをやっていまして、音楽大学も出ましたが、
最近ギターも始めてみたくなりました。
クラシックギターの購入を考えているのですが、
何しろ初めてなので皆目見当がつかず、毎日ネットで調べたり
楽器屋さんに行って店員さんの話を聞いたりしています。

そこでこちらのサイトでも皆さんのお知恵をお借りしたいと思いました。

クロサワ楽器(町田店)というお店では、スペインの「アントニオ・サンチェス」
型番がprofesor-1(杉)という楽器を勧めて頂きました。
...続きを読む

Aベストアンサー

音大出身の方ですね。それなら、弦楽器のご友人はおられませんか?もしおられたら聞いてみると良いのですが、弦楽器というのは新作よりも古いものの方がよい音がします。理由は木の乾燥が進むからですので、その傾向は量産品であっても同様です。なので、おすすめは新品ではなく中古です。

新品で言えば、ギターらしい音がするのは3、40万円のもの(つまり手工品)からです。手工品は個体差が大きいので、実際に自分で弾いてみて気に入ったものを選ぶことが基本です。10万以下というのは工場製なので良い音は望めません。15~30万くらいのものは値段相応です。

杉か松かですが、あまりこだわらない方がよいです。

スペインか国産かですが、国産がお薦めです。日本の製作者の技術水準は高いですし、スペイン製は運賃を買うようなものです。また、日本製のものは日本の気候にあったように作られています。

10万以下がお望みとのことですが、そのような新品のものはお薦めできませんので、それならいっそのことリサイクルショップで数千円の中古のものを買って練習し、ギターの音が分かって来てから再度探してみてはいかがでしょう。耳が肥えてくれば、安くていいものが見つかるかもしれません。楽器選びは試奏が鉄則です。

※中古は調弦した状態でネックが反っている場合があるので、それだけは注意して下さい。

音大出身の方ですね。それなら、弦楽器のご友人はおられませんか?もしおられたら聞いてみると良いのですが、弦楽器というのは新作よりも古いものの方がよい音がします。理由は木の乾燥が進むからですので、その傾向は量産品であっても同様です。なので、おすすめは新品ではなく中古です。

新品で言えば、ギターらしい音がするのは3、40万円のもの(つまり手工品)からです。手工品は個体差が大きいので、実際に自分で弾いてみて気に入ったものを選ぶことが基本です。10万以下というのは工場製なので良い音は望...続きを読む

Q最近のMartinのD-28はいかがなのでしょうか

Santaともうします。

最近の新品のMartinのD-28はいかがなのでしょうか?購入するとしましたら、中古のD-28の方がお勧めでしょうか?

最近の材質は良い物がすくなってきてると聞いたことがあるのですがいかがなものなのでしょうか?
マーチンの音が好きなので、お詳しい方、教えて頂けますと幸いです。
D-35でも結構です。

また、現在お勧めのアコースティックギターメーカーが有りましたら、教えて下さい。
予算は20~30万です。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

昔Martinを主にビンテージギターのブローカーをやっていたものです。
結論からいいますと、「今も昔もマーチンはマーチンです。ただし、今のマーチンは昔のマーチンとは違うものです。」

参考URLのグラフを見ていただければわかりやすいと思いますが、90年代から急激に生産台数が伸びているのがわかります。これはテクノロジーが進んで機械化が進んだことによって可能になりました。ちなみに2012年の生産台数はさらに倍近くの10万台に達しています。

例えば昔は手作業で削り出していたネックは今や機械で削られています。私が訪問した90年代にはすでに何台もの巨大な木工マシニングセンタが並んでいました。クランプで固定されていた接着工程はバキュームで行われ、接着剤も速乾性の合成接着剤が使われます。塗料についても同様でしょう。
木材についても、当然選別基準は下がっているでしょうし、新しい素材や人工的に加工された素材も徐々に増えてきています。

もちろんそれがいいか悪いか(製品になった時にギターとして良いものかどうか)は別問題ですが、製品としては同じものと考える方が不自然でしょう。
一方で、諸処の違いを鑑みても出てくる音はやはりマーチンはマーチンなのには感心します。
こういうところがマーチンのブランド力(会社としての歴史)なのかもしれません。


さて、新品か中古か、という点ですが、質問者様の考える中古が90年代以降くらいの範囲であればどちらもさほど変わらないと思います。80年代なら比較的昔の作り方が残る時代です。70年代は無理に生産を伸ばした時期なので品質にばらつきがあります。これらの点を頭の片隅において、でも実際には弾き比べて「ギターとして」の判断をされた方がよいと思います。
つまり、値段や作り方や木材を気にするより、弾き心地や音色で選ぶべきということです。

ただ、新品のギターはまだ狂いが起きる可能性は大きいので数年は気を付けてチェックする必要はあります。その点は古い楽器の方が安定していると言えます。
リペアの有無に関しては受け取り方に個人差があるので何とも言えませんが、個人的にはきちんとしたリペアであれば全く気にしません(リペアにより価値が下がるとは思っていません)。



余計なお世話ですが、私は個人的にはもう新品のマーチンを買うことはおそらくないと思います。
もし買うとすればカスタム系か、最低でもマーキスシリーズあたりでしょうか。
20~30万円ならヤマハのLL-36AREとかLL-26AREあたりも比較検討したい気がします。

参考URL:http://www.tatakauoyaji.com/Martin/Report/daisu2.htm

昔Martinを主にビンテージギターのブローカーをやっていたものです。
結論からいいますと、「今も昔もマーチンはマーチンです。ただし、今のマーチンは昔のマーチンとは違うものです。」

参考URLのグラフを見ていただければわかりやすいと思いますが、90年代から急激に生産台数が伸びているのがわかります。これはテクノロジーが進んで機械化が進んだことによって可能になりました。ちなみに2012年の生産台数はさらに倍近くの10万台に達しています。

例えば昔は手作業で削り出していたネックは今や機械で削られ...続きを読む

Qアコースティックギターのブランドとその個性について

前々から始めようと思いながら、なかなか手を出せてなかったんですが、ようやく?本格的にアコギを始めようと思い、楽器屋さんを巡ってるところです^^;

とりあえず入門機ということで、あまり高いものではなく、むしろギターの外見(黒のアコースティックギター)で選んでしまおうと思ってるんですが、ギターのブランドには、Gibson、MARTIN、MORRIS、OVATION、YAMAHA、タカミネ、、、etc.いろいろありますよね。
そこで漠然と、ブランドの違いでギターの音色の個性は違ってくるんだろうか、という疑問がわきました。

そんなもん同じブランドでも機種によって違うわい!、とか、安もんの入門機じゃそんなもん関係ないわい!、なのかもしれないんですが、それぞれのギター音色の特徴を、簡単でもいいので初心者の私に教えていただけないでしょうか。

私的には、Mr.BIGの「To be with you」や、ボサノヴァを弾くのにあこがれていて、もちろんポップ系も弾きたいです。

Aベストアンサー

これから本格的にアコースティック・ギターを始めようと思い、購入を考えて、楽器屋さんを巡っているとのことですが、試奏レポート的に私の意見を述べさせていただきます。
まずGibsonについては、サウンドも大柄なボディーならではの豊かな音量で、フィンガー・ピッキングなどの細かなテクニックをプレイするよりも、がんがん弾き込むタイプのギターといえます。
次に、Martinですけど、ひとつひとつの音がしっかりしていて、なおかつ弾いたときのバランスがいいと思われます。
又、Morrisに関しては、低音もよく出るし、どちらかというとギブソン系の雰囲気を持ったサウンドです。細かいテクニックを使う弾き方より、ストロークでがんがん弾き語りという、正にアリス・サウンドに向いたギターといえるでしょう。
Ovationの場合、エレアコなので、生音でどうこう言えるものではないですが、丸いバック・ボディーの構造からくるレスポンスの良さは、どこで弾いても音が素早く立ち上がります。サウンドに関しては、もうオベーション独特の音という他ありません。どんなタイプの音楽にも申し分無く応えてくれます。
YAMAHAの場合は、低音もよく出るし、音のバランスも申し分ありません。ピックで弾いて良し、アルペジオでも良しというギターです。
Takamineについては、エレアコのプリアンプはいい音
がするし、生音でもしっかりとしたサウンドを出しています。音のバランスもよく、コードを弾いたときに
音の融け合い方がよく、まとまった音で響いてきます。
S-Yairiは、音の感じは日本のフォークにピッタシという感じで、ストロークやアルペジオにこれほど決まったギターはないのではないでしょうか。
Taylorは、ボディーが小さいわりにはベース音も出ているし、音に張りがあります。
Cat`s Eyeは音のバランスは申し分なく、フィンガー・ピッキングも弾きやすいです。
K-Yairiは、音の感じはシダーのようなやや柔らかめのきれいな音で、全体的にマイルドな感じが、アメリカン・フォークというよりも日本のフォークに合うサウンドという気がします。

また、ボサノバを弾くのにあこがれているそうですが、ボサノバそのものは、ブラジルの伝統的な音楽であるサンバに、アメリカのジャズの要素を加えた、ラテン音楽のなかでも洗練されたクールなサウンドを持つ音楽スタイルです。
ボサノバで使用されるギターは主にクラシックギター(ガットギター)で、音質は丸く、繊細な響きがし、サウンド(ボサノバ)によく溶け込みます。

これからの益々の充実したギターライフ人生を送られることをお祈り申し上げます。
頑張って下さい。

これから本格的にアコースティック・ギターを始めようと思い、購入を考えて、楽器屋さんを巡っているとのことですが、試奏レポート的に私の意見を述べさせていただきます。
まずGibsonについては、サウンドも大柄なボディーならではの豊かな音量で、フィンガー・ピッキングなどの細かなテクニックをプレイするよりも、がんがん弾き込むタイプのギターといえます。
次に、Martinですけど、ひとつひとつの音がしっかりしていて、なおかつ弾いたときのバランスがいいと思われます。
又、Morrisに関しては、低音も...続きを読む

QMartinとPro Martinの違い

MartinとPro Martinの違いって何が違うのですか?
同じブランドですか?

Aベストアンサー

Pro Martin!
懐かしいですねえ。国産パチものです。つまり国産ギターがかつて作っていたMartinの類似品です。おそらく今は作ってないんじゃないかな。
GibsonならぬGansonとかGrecoならぬGnecoとか(これは珍しい国産ブランドのまたパチもの)それにFernandesなど大メーカーでもコピーモデルは普通でしたから。むしろいかにオリジナルに近いかを競っていたじだいもあったわけで。(今でもコピーモデルは作られていますが、さすがに「類似品」はねえ・・・)
そういうなかで作られていたものの一つですが、多分今は商標にひっかかると思うので作ってないと思うんですが。

というわけでヤフオクなどでProMartinを平然とマーチンだとかいて売ってる人がいますが詐欺同然なので買ったりしないように。(そういうのがほしけりゃまた別ですが)

Qギターに傷をつけてしまった。。

タイトルどおりです‥。半べそかいてます‥。
ボディに5ミリ程の傷(塗装のめくれ)と、凹みをつけてしまって、塗装が濃い色なんで目立っています。。
楽器店に問い合わせたところ、2~3万ぐらいかかるそうです‥。(最低限で1万)
アコースティックギターは、これからずーっと使うつもりで5~6万で購入しました。
2~3万出して直してもらうか、最低限で直してもらうか、それとも、そのままにしておくか‥、今、とても迷っています。。
どちらにしても、近いうちに、詳しい見積もりなどを聞く為に楽器店へ持って行きますが、みなさんはこんな時どうされますか?アドバイス、または、考えを教えて下さい。お願いします。。

Aベストアンサー

これから二度とキズつけないように注意しながら扱えますか?
リペアした後、不可抗力によって再びキズがついてしまったらどうしますか?

僕は「そのまま」をオススメします。

これからずっと使うつもりで購入なさったのならば、そのアコギは生涯の伴侶ということですね。
ならば、何故キズついているのに直さないでいいのか?

あくまで僕個人の考えですけど、
そのアコギは伴侶でもありますし、あなた自身の「軌跡」を映し出す記念碑でもあるからです。
自分の不注意でつけてしまったキズ、大いに結構じゃないですか。
僕のベースにも自分のせいで付いたキズがあります。しかし、不思議とリペアに出す気は全くありません。何故なら、そのキズにも自分が歩んできた家練習・スタジオ・ライブなどなど、様々な軌跡・思い出が刻み込まれているからです。

楽器を「綺麗に扱う」のと「大切に扱う」ことは別物だと考えています。
一度、考え方を変えてみてください。
その後で、再びリペアに出すか出さないかの決断を下すと良いと思います。

流石に音が変わってしまう様な酷いキズは別問題ですけどね(^^;

これから二度とキズつけないように注意しながら扱えますか?
リペアした後、不可抗力によって再びキズがついてしまったらどうしますか?

僕は「そのまま」をオススメします。

これからずっと使うつもりで購入なさったのならば、そのアコギは生涯の伴侶ということですね。
ならば、何故キズついているのに直さないでいいのか?

あくまで僕個人の考えですけど、
そのアコギは伴侶でもありますし、あなた自身の「軌跡」を映し出す記念碑でもあるからです。
自分の不注意でつけてしまったキズ、大いに結...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報