微生物検査なんかで使われるコンラージ棒ってありますよね。以前に食品メーカーで製品の検査のバイトをしてまして、そのとき、よくこのガラスの棒のコンラージ棒を使いました。ところで、このコンラージって、どういう意味があるんですか?以前にも同じような内容で質問をだしたのですが、返事がなかなか返ってこないので、少し文面を変えて再質問させていただきます。それに、項目が科学と間違えて選択してしまったので・・・わかる方、コンラージの意味もしくは言葉の由来を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

コンラージは、おそらくnebukawaさんもご想像されている通り(?)、人名のようですよ。

より正確な発音に近いように書くと、コンラーディとなります。

ハインリッヒ・コンラーディ(Heinrich Conradi)は、ドイツの細菌学者で、19世紀末~20世紀初頭に活躍した人です。Conradi-Drigalski培地などの開発にたずさわった人でもあります。コンラジ棒は、この人が考え出したのか、あるいは便利だから広めたのか、どちらかはよく知りません。いずれにしても日本の医学はドイツの影響を強く受けているので、この呼び名が導入され、ずっと使われているのではないでしょうか?

英語圏では、"glass spreader" あるいは単に "spreader" とだけ呼ぶことが多い様ですね。"Conradi" と呼ぶこともある様ですが。考えてみれば、便利な道具ですよね。ではでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンラージ棒を手作りした時・・・

ふと昔を思い出したのですが・・・

昔昔・・・
私は細いガラス製の管(パスツール?)でコンラージ棒を作りました。
火であぶってうまいことガラスを溶かし、あの特徴的な三角頭を作りました。
その際、管の先端を溶かし、空洞をふさがないと、
コンラージ棒を滅菌(消毒?)する時に、
アルコールが空洞に入ってあぶないと教わりました。

何が危ないのでしょうか?
空洞に入ったアルコールに引火すると
火花が散るなんてことでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
単純に言えば中に入っちゃったアルコールが爆発することがある、という事です。
アルコール蒸気と空気が混ざり合った状態のところに火がつくと、少量でもガス爆発が起こり、ガラスはある程度丈夫なので割れた時、破片が飛ぶと破壊力が結構大きく危険です。

気をつけるのは「液体のアルコールが蒸発して消えたように見える状態がかえって危ない」という事で、盲点になりやすいですね。

Qコンラージ棒の使用について質問。

初めて質問させていただきます。

現在職場で菌液の塗抹を行う際にディスポのコンラージ棒を使用しております。
2種類の培地を使用しているのですが、同じ菌液を塗抹するのに培地ごとにコンラージ棒を取り替えています。
同じ菌液なら1つのコンラージ棒でいいのではないかと思うのですが、コンラージ棒を替える理由は何でしょうか?

今の職場で働くまで微生物について全く学んだことがなかったのでわからないことだらけです。
どなたか知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

ふたつの理由が考えられます。

ひとつは、No.1の方がおっしゃるように
・異なる培地の成分を次の培地に持ち込まないため

選択培地には発育を抑制する成分が含まれています。

培地がいずれも非選択培地であれば同じコンラージ棒を使ってもよいが
組成の大きく異なる培地では交換する、というやり方もあります。

また、非選択・選択培地にかかわりなく成分が異なれば
コンラージ棒を交換する考えも理解できます。

もうひとつは
・塗抹の条件を同じにしてバラツキをなくすため

コンラージ棒の菌液を完全に培地に塗りつけることは不可能です。
ある程度の菌がコンラージ棒に付着したまま
次の培地の塗抹に使うことになります。(持ちこし)
毎回、コンラージ棒を取り換えた方が
より条件が揃うという考え方で交換します。

平板塗抹法は、平板混釈法と比較すると
バラツキの大きい測定法だと思います。
そこで少しでも条件を揃えるための操作ではないでしょうか。

これまでに職場でコンラージ棒の交換について質問されたときに
上記のようにお答えしました。

試験の内容や求められる精度によって
ルールがある場合と個人にお任せの場合もあるでしょう。

職場の指導担当者には質問しにくいですか?

微生物の経験者であっても職場が変わればルールが異なり
初歩的な質問を受けることもあります。
(私も初歩的な質問をすることがあります)
がんばってくださいね。

ふたつの理由が考えられます。

ひとつは、No.1の方がおっしゃるように
・異なる培地の成分を次の培地に持ち込まないため

選択培地には発育を抑制する成分が含まれています。

培地がいずれも非選択培地であれば同じコンラージ棒を使ってもよいが
組成の大きく異なる培地では交換する、というやり方もあります。

また、非選択・選択培地にかかわりなく成分が異なれば
コンラージ棒を交換する考えも理解できます。

もうひとつは
・塗抹の条件を同じにしてバラツキをなくすため

コンラージ棒の菌液を完全に培地...続きを読む

Q微生物検査のサンプル放置時間

こんばんは。
私は食品会社で微生物検査に携わっている者です。
今回は皆さんにお尋ねしたい事があります。
この度、画線培養した菌を希釈水で薄めてサンプル溶液としてあるテストをおこないます。2条件でテストをおこなうのですが、1条件につき30分程時間がかかります。
その際、あらかじめ作成したサンプル溶液はずっと放置しておいても大丈夫でしょうか?
もしわかるかたがいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

試験中は冷蔵か氷上におくべきでしょう。

さらに、試験の始めと最後の2点で力価をはかり、違いがないのを確認するべきでしょう。

Q微生物検査学実習で・・・

先日、微生物検査学実習で菌の判定をしました。
VP反応陽性菌で、
1.Klabsiella pneumoniae
2.Klabsiella oxytoca
3.Enterobacter cloacae
4.Enterobacter aerogenes
5.Pantoea agglomerans
6.Serratia marcescens
7.Serratia marcescens(色素)
の7つの菌を判定しました。
平板培地では、ドリガルスキー改良培地と
マッコンキー寒天培地を・・・
試験管培地では、TSI,SIM,VP,SC,U,
Ly,Or,Ar,DNAを判定したのですが・・・
実習時間が少なく、
ちゃんとした判定ができませんでした。。
まだ実習回数も少なく、基本的な菌の知識もないので、
よくわかりません。。
おわかりになる部分でもいいので、
ご協力どうかお願いします。

Aベストアンサー

何がわからないのでしょうか?
聞きたいところがわかりません。
判定方法?菌の特徴?

直接回答できるかわかりませんが、質問が具体的でないので他の方も回答しにくいと思います。

Q食品の微生物検査について

食品の微生物検査をしている者です。
微生物検査の対象とする微生物として現在一般細菌と大腸菌群とサルモネラ菌とビブリオ菌を調べています。
これらに付け加えて黄色ブドウ球菌も調べる必要はありますか?
また、いまいち微生物数の算出方法が分かりません。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

食品衛生法で扱っている食品の微生物規格が決まっているのではないでしょうか?(参考URL)
ビブリオをみているという事は海産物を扱っているのでしょうか?

ブ菌を調べるのもいいと思いますが、人的汚染が原因になると思いますので、もし、出た場合は手洗い、保護具の着用などそういう作業者の指導が中心になると思います。ブ菌は基本は常在菌に近いものですので。

検査方法などは「食品衛生検査指針 微生物編 2004」で確認されるといいと思います。

参考URL:http://www.bacct.com/support/kikakuti.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報