フリーソフトをダウンロードして、そのソフトを起動すると、「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」と表示されるのですが、どういうことですか?また、この表示をするウィンドウが出てこないようにするには、どうしたらいいですか?

A 回答 (1件)

お使いのPCのOSはXPのSP-2ですね?


Windows XP Service Pack 2 はコンピュータの安全性を強化します。
この動作はインターネット上に蔓延している、悪質なプログラムから
コンピュータ保護することを目的としています。
内部のしくみとしては デジタル証明書がプログラムに
付属しているかどうかで判断しています。
デジタル証明書は、プログラムの発行元を正確に把握
するための仕組みです。
もし、デジタル証明書の無いプログラムを起動した場合、
上記のようなダイアログボックスが表示されます。
発行元が確認できない場合は、[発行元] の項目に
“不明な発行者” と表示されます。

窓の社やベクターなど、信頼性の高いサイトからの
ダウンロードでしたら、まず心配ありません。

表示させない方法ですがレジストリキーを追加する必要があります。
レジストリはPCの心臓部ですので、かなり詳しい人なら別ですが、
あまりさわらない方が賢明です。

どうしても表示させないようにしたいならば

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Attachments]
 "SaveZoneInformation"=dword:00000001
 のレジストリキーを追加すると、以後警告は出なくります。
と説明しているサイトを見つけました。
(かなりの分量です。だいたいスクロールで真ん中あたりです)

参考URL:http://teamcroud.fc2web.com/winxpsp2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な解説をありがとうございました。レジストリをさわるのは、怖いのでやめときます。

お礼日時:2005/04/29 19:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセキュリティの警告が出ないようにするには。

パソコンを立ち上げると、いつも画面下のバーのところに
『更新の準備ができました。これらの更新をインストールするには、ここをクリックしてください。』
と出るので、更新をかけたところ、今まで使用していた会計ソフトを開くと
下記のような警告がいちいち表示されるようになってしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

開いているファイル - セキュリティの警告
発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?
名前:MjsDesktop.exe
発行元:不明な発行元
種類:アプリケーション
発行元:\\Sv01\navice

(実行) (キャンセル)
-------------------------------------------
このファイルには、発行元を検証できる有効なデジタル署名がありません。
信頼できる発行元のソフトウェアのみ実行してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いちいち、(実行)を選択しないと、開かなくなり、この警告がでないようにする方法があれば教えて下さい。

「今後、この警告を表示しない」という選択をするチェックボックスもないので対処方法が分かりません。

できるだけ操作をわかりやすく細かく教えて下さい。どうぞよろしくお願い致します。

ちなみに会社で使用している会計ソフトは「ACELINK Navi CE」というものです。

パソコンを立ち上げると、いつも画面下のバーのところに
『更新の準備ができました。これらの更新をインストールするには、ここをクリックしてください。』
と出るので、更新をかけたところ、今まで使用していた会計ソフトを開くと
下記のような警告がいちいち表示されるようになってしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

開いているファイル - セキュリティの警告
発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?
名前:MjsDesktop.ex...続きを読む

Aベストアンサー

「MjsDesktop.exe」が存在するフォルダを開いてください。
そのexeを見つけて右クリックメニューから「プロパティ」を開いてください。
全般タブの一番下に「ブロックの解除」というボタンが存在したらそれをクリックしたら以後出ないはずですが・・・

ネットワークで共有されているファイルの場合は
インターネットエクスプローラのプロパティからセキュリティタブを選択し、ローカルイントラネット(またはイントラネット)を選んだ後にその下にある「サイト」ボタンをクリックしてください。
さらにそれで開かれる画面で「詳細設定」ボタンをクリックします。
「次のWebサイトをゾーンに追加する」で
file://<共有しているサーバ名>(質問のサーバだとSv01かな?)
と入力して追加してみてください。

Q「セキュリティの警告 発行元を確認できませんでした」ダイアログが出なくなった

ふと気がつくと、以前はフリーソフトなどを起動するたびに出ていた「セキュリティの警告;発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」のダイアログが出なくなりました。

いろいろと調べたところ、この警告の出る出ないは、該当プログラムの「プロパティ」にある「ブロック解除」ボタンが残っていれば警告がでて、押して消えていれば警告が出ないことはわかりました。

それで、使用しているソフトをいろいろと見てみると、持っているうちのかなり多くの「ブロック解除」ボタンが消えていました。
ただし、すべて消えているわけではなくて、一部のソフトには残っていて、そのソフトを起動する際は、今まで通り警告が出ます。

試しに、新しくフリーソフトをいくつかダウンロードしてみたのですが、それらのプロパティには「ブロック解除」が付与されておらず、従って初めて起動するにも関わらず、警告は出てきません。

環境は、WindowsXPSP3です。
2台持っているので、先のフリーソフトを試しにもう一台でダウンロードして実行してみたところ、いつも通り「セキュリティの警告」が表示されます。

この機能について十分に理解できていないのかもしれませんが、表示非表示をレジストリの
SaveZoneInformation
で操作することができることは検索でわかりました。
しかし、これを操作したことはありませんし、該当のキーは存在していません(作成されていない、初期状態のまま)でした。

注意して作業すればいいのでしょうけど、これまでの慣れから、あの警告が一応出た方が安心するので元に戻したいことと、
それよりも、なぜ急に状態が変わってしまったのかというのが不安です。不審な動作をされているようで、非常に気持ちが悪いです。
もしも、この現象について、ご存じの方がいらっしゃいましたら、
原因や、対処法(元に戻す方法等)をご教授ください。

またウィルス対策はウィルスバスター2010で行って、今のところ、感染の報告は受けていません。

ふと気がつくと、以前はフリーソフトなどを起動するたびに出ていた「セキュリティの警告;発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」のダイアログが出なくなりました。

いろいろと調べたところ、この警告の出る出ないは、該当プログラムの「プロパティ」にある「ブロック解除」ボタンが残っていれば警告がでて、押して消えていれば警告が出ないことはわかりました。

それで、使用しているソフトをいろいろと見てみると、持っているうちのかなり多くの「ブロック解除」ボタンが消えて...続きを読む

Aベストアンサー

「この種類のファイルであれば常に警告する」ファイルタイプ(exe,zip等)で制御していると思うのですが
解除された覚えが無いのであれば ZoneID(セキュリティ情報)が欠落している可能性が無いでしょうか?
コマンドプロンプトから該当するプログラムを確認されてはいかがでしょうか?
more < ファイル名:zone.identifier
ZoneIDが付いている場合
[ZoneTransfer]
ZoneId=3
ついていない場合「指定されたファイルが見つかりません。」

XP SP2のZoneIdとは?
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/498zoneid/zoneid.html

指定フォルダ内のファイルに“ZoneId”を自動追加して実行前に警告「ZoneId3」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/04/10/zoneid3.html

Q出なくした発行元を確認できませんの画面を再度出るようにしたい

インターネットからフリーソフトをダウンロードして、そのexeファイルを実行しようとすると、発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか? 名前: exeファイルの名前 発行元: 不明な発行元 種類: アプリケーション 発信元: ソフトの実行ファイルのあるフォルダのフルパス このファイルには、発行元を検証できる有効なデジタル署名がありません。信頼できる発行元のソフトウェアのみ実行してください。実行することのできるソフトウェアの詳細を表示します。 というメッセージの書かれたウインドーが出て来ます。
そして、このウインドーを出なくするためにふたつの方法がありましたが、そのひとつ、exeファイルのプロパティーから、ブロックの解除をクリックしますと、この実行ファイルを起動したときに、発行元を確認できませんのウインドーが出なくなります。
これはこれで助かるのですけれど、パソコンの説明などの目的から、再びこのウインドーを出るように設定を戻してみたいと思います。
発行元のウインドーを出なくするための手順を教えてあげるときに役立てたいと思います。
また、発行元の画面の中にある、この種類のファイルであれば常に警告する(&W) のチェックをはずした場合は、アプリケーション個別ではなく、このタイプの実行ファイルに対しては、ウインドーを出さないようにできるはずですが、これも、行なった設定をチェックを入れた状態に戻すことができるでしょうか。

インターネットからフリーソフトをダウンロードして、そのexeファイルを実行しようとすると、発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか? 名前: exeファイルの名前 発行元: 不明な発行元 種類: アプリケーション 発信元: ソフトの実行ファイルのあるフォルダのフルパス このファイルには、発行元を検証できる有効なデジタル署名がありません。信頼できる発行元のソフトウェアのみ実行してください。実行することのできるソフトウェアの詳細を表示します。 というメッセージの書かれたウインド...続きを読む

Aベストアンサー

「この種類のファイルであれば常に警告する(&W) 」は“Always ask before opening this file”の誤訳です。
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20080211.html
この警告はインターネットエクスプローラがダウンロードしたファイルに副次ストリームZone.Identifierを付加し、エクスプローラがダブルクリックしたときに実行するかを問い合わせるという仕組みです。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/498zoneid/zoneid.html
http://d.hatena.ne.jp/hideakii/20050908
ブロックの解除によりZone.Identifierを削除した後であっても副次ストリームZone.Identifierを付加すれば再度警告することは可能です。
あらかじめZone.Identifierと同一内容のファイルを作成しておき、それを対象ファイルのZone.Identifierに書き込みます。
type c:\zone\ident.txt >"xxx.exe:Zone.Identifier"
lfnutilsを使ってZone.Identifierの有無を確認することが出来ます。
http://www.monyo.com/technical/products/lfnutils/

「この種類のファイルであれば常に警告する(&W) 」は“Always ask before opening this file”の誤訳です。
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20080211.html
この警告はインターネットエクスプローラがダウンロードしたファイルに副次ストリームZone.Identifierを付加し、エクスプローラがダブルクリックしたときに実行するかを問い合わせるという仕組みです。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/498zoneid/zoneid.html
http://d.hatena.ne.jp/hideakii/20050908
ブロックの解除によりZone.Identifi...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報