10年位前に、フジテレビの深夜番組で「カノッサの屈辱」という番組が
あったのですが、ビデオやDVDは出ていないんでしょうか?
最近はBSで再放送をしていますが、うちはBSが見れないので困っています。
新しく契約するにも、機器を揃えたりでお金がかかってしまいますし…。
レンタルビデオであればいいのですが、
なかったら購入してもいいと思っています。
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現在、手元に1本だけ有ります。


「カノッサの屈辱Vol.2 律令ディスコ国家の成立と文化」
です。
PONY CANYONより出ていたようです。
コードは
PCVC-30060
となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
持ってらっしゃるんですか!うらやましい…。
ポニーキャニオンのHPにでも行ってみます。
有力な情報ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/14 09:54

だいぶ前ですが、私レンタルビデオで借りましたよ。

深緑のカバーも覚えてますもん。
全話かどうかはわかりませんが複数巻あったと記憶してます。長く営業している大きなレンタルビデオやさんならある可能性もアリ、かと。
販売に関しては、何ぶんだいぶ前ですからね、絶版(っていうんでしょうか、ビデオの場合)になってしまったんじゃないかなあ・・・。BSで再放送されているなら再度発売されることもあり得るのではないでしょうか。フジテレビに問い合わせてみたらどんなもんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
深緑のカバーですね、覚えておきます。
近所のレンタル屋で探してみようと思いますが、
品揃えが悪いので期待できません。
古いものですから絶版の可能性も大いにあるんでしょうね…。

お礼日時:2001/09/14 09:52

Lammy さん、こんにちは~☆



「TSUTAYA ONLINE」「YAHOO ONLINE SHOPPING」で
検索してみましたが、ヒットしませんでした。

書籍としては、出版されておりましたが。。。

『カノッサの屈辱』
フジテレビ出版
1991年7月発行
価格: 971円(税別)


ではでは☆~☆~☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も、レンタルビデオだったらTSUTAYAだろう!と思い
探してみましたが期待はずれでした。
本は発売当時に買いました。
中学生の頃だったんですけど、今でも保存してあります。

お礼日時:2001/09/14 09:49

残念な情報かもしれませんが、今フジテレビのページで確認したところ、


「カノッサの屈辱」は出てないようです。(同じ深夜帯の「とぶくすり」や「ロクタロー」はでてるんですが)

一応フジテレビのページで、サイト内検索のところに「とぶビデオ」と打つと、
ビデオのカテゴリーに飛ぶので確認してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
フジテレビのページをくまなく確認してみます…。

お礼日時:2001/09/14 09:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカノッサの屈辱って番組タイトル、どういう由来?

1990年頃放送していたカノッサの屈辱という番組なのですが、どうしてカノッサの屈辱なんでしょうか?
世界史でそういう事件があったのは覚えていますが
(ローマの皇帝がなんとかですよね)、それがあの番組と
どう関わるのか分かりません。
今ケーブルTVで再放送しているのですが、気になって
仕方ありません。
どなたかご存知の方いらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

歴史教養番組として、仲谷昇教授が研究室からお送りするので、史実・歴史用語をタイトルにしたのでは。

余計な話ですが、後続の「TVブックメーカー」の掛け金の単位はカノッサです。

Qフジテレビの深夜番組で「カノッサの屈辱」

という番組 が、ありました。

その制作チームが手がけた、ほかの番組で『広辞苑』で、クイズをする番組が
あったとおもうのですが。憶えている方教えてください!

Aベストアンサー

「たほいや」懐かしいですね。森雪之丈さんや松尾貴史さん、三谷幸喜さん等が出演してましたね。

賭け金がなくなると、自分の持ち物を質に入れるのも面白かった。
周富徳さんが質入れの代わりに料理を作ったり、三谷さんが愛用のひげそりを質に入れたり・・・。

私も、よく友人と集まってやってましたよ、たほいや。
このゲームの面白みは「言葉の正しい意味を当てること」よりも、「いかに広辞苑ライクな書き方をして、他の子をだますか」というところにあったように思います。またやりたいです。

yumesawaさんの補足ですが、「たほいや」を広辞苑でひくと「遣(や)らい小屋に同じ」と書かれていた記憶があります。
そういう不親切なところも広辞苑の魅力というか、クセというか・・・。
その辺をうまくつかんで、他プレイヤーをだませた時の面白さと言ったら!

番組では「ならも」という良問があったのを覚えています。
まさか広辞苑に書いてあるとは思えないようないい加減な答です(笑)。

質問の回答から離れてしまってすみません・・・。

Q僕はいつも、「カノッサの屈辱」 と「アナーニ事件」 が混乱してしまいま

僕はいつも、「カノッサの屈辱」 と「アナーニ事件」 が混乱してしまいます。
覚えても、あれ? となってしまうことが多いです。

それで、カノッサの屈辱では教科書では、
ハインリヒ4世が、グレゴリウス7世に破門され
ハンヒリヒ4世が謝罪し、その後のヴォルムス協約で事がおさまる。

で終わりです。

ですが、先生が「この後がほんとはおもしろい」と言っていました。
ウィキペディアでは、詳しすぎて余計わからなくるので、
どなたか、高校生の世界史レベルでいいので、ご説明お願いしますm(__)m

また、「カノッサの屈辱」 と「アナーニ事件」が混乱しない良い覚え方とかあれば是非、教えて下さい!

Aベストアンサー

カノッサの屈辱は、実際に屈辱を味わったのは、教皇グレゴリウス7世で、勝利をかみ締めていたのは、ハインリッヒ4世です。
ハインヒ4世が、修道衣をまとい許しを請うていた時、ハインリッヒの心の中は、勝利の喜びでいっぱいだったでしょう。
グレゴリウス7世は、その瞬間、敗北感と絶望しかありませんでした。
そのため、グレゴリウス7世は、死んでもハインリッヒ4世を許すつもりはありませんでしたが、カノッサ城の城主であるマチルダ女伯爵と、同行していたクリュニー修道院長らにより、ハインリッヒを許すように説得され、仕方なくハインリッヒを許します。
そもそもグレゴリウス7世は、ハインリッヒの破門による神聖ローマ皇帝位の無効を宣言するために、ドイツに向かう途中でした。
ハインリッヒは、それを知り、イタリアへ先回りします。
その時スイス経由でイタリアに向かうと思っていた反皇帝派の諸侯の裏をかき、フランス経由でイタリアに向かいます。
皇帝がイタリアに現れると、皇帝の支持者たちが軍勢を率いて皇帝を向かえ、グレゴリウスのドイツ行きの一行の前に現れます。
グレゴリウス一行は、驚きカノッサ城に逃げ込みます。
カノッサ城は、普段は使われていない城のため、城を守る軍勢はなく、ハインリッヒの軍勢に包囲されてしまいます。
そうしてハインリッヒは、修道衣に着替え、家族を伴って許しを請うのです。
教皇が絶対に許さなければ、カノッサ城を攻め落とし、教皇一行を皆殺しにして、ローマで別の教皇を擁立することができる状況でした。
グレゴリウス7世は、自分が殺されても許すつもりはありませんでしたが、同行している人達は、教皇の名誉のために死ぬのは真っ平ごめんだったので、教皇を必死に説得し、ハインリッヒを許すことになります。

許されたハインリッヒは、ドイツに戻ると、反皇帝派の諸侯を、皇帝に対する反逆罪で討伐します。
ハインリッヒに敗れた諸侯は、再び教皇になきつき、再度ハインリッヒを破門にしてもらいます。
しかし一度許された罪状での再度の破門は、中立の諸侯の賛同を得られず、ハインリッヒは、軍勢を率いてローマに攻め込みます。
驚いたグレゴリウスは、南イタリアの覇者であるロベール・ギスカールをローマに呼び、ハインリッヒと戦わせようとします。
ハインリッヒは、ロベール・ギスカールとの対決を避け、軍を引きますが、残されたギスカールの軍が、ローマ市内を略奪してあるいたため、ローマ市民がギスカールを呼び寄せた教皇の責任だとして蜂起し、グレゴリウス7世は、ナポリ近郊のサレルノに逃げ出すことになってしまい、そこで教皇は、憤死してしまいます。
怒りと屈辱で、夜も寝ることができなかったそうです。

カノッサの屈辱は、実際に屈辱を味わったのは、教皇グレゴリウス7世で、勝利をかみ締めていたのは、ハインリッヒ4世です。
ハインヒ4世が、修道衣をまとい許しを請うていた時、ハインリッヒの心の中は、勝利の喜びでいっぱいだったでしょう。
グレゴリウス7世は、その瞬間、敗北感と絶望しかありませんでした。
そのため、グレゴリウス7世は、死んでもハインリッヒ4世を許すつもりはありませんでしたが、カノッサ城の城主であるマチルダ女伯爵と、同行していたクリュニー修道院長らにより、ハインリッヒを許すよう...続きを読む

Qフジテレビ10月26日の深夜番組、「韓タメDX」の内容を教えて下さい

放送時間の変更で、観そびれてしまいました。ご覧になった方、ザックリと「誰がどうした」という程度で結構ですので、内容を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

たしか冒頭はイ・ビョンホンが東京以外の日本の都市では初となるフィルムツアーを開催する。という情報を伝えていました。

佐々木恭子アナウンサーのインタビューコーナーでは

まず映画『トンマッコルへようこそ』出演のシン・ハギュンとチョン・ジェヨンに今回の映画と『JSA』と『シルミド』で南北両方の兵士を演じた二人に北と南の兵士を演じるにあたって違うところはどんな所かというインタビューをしていました。

次に映画『王の男』に出演しているイ・ジュンギとカム・ウソンにインタビューしていて映画の中でやっている韓国の伝統芸(綱渡り?)について聞いていました。

最後に女優のチョン・ドヨンに美肌の秘訣などを聞いていました。

Q「カノッサの屈辱」の原語について

中世欧州の歴史的な事件「カノッサの屈辱」について調べていたところ、Wikipediaの記述に「英語では"Walk to Canossa"、ドイツ語では"Gang nach Canossa"といわれており、どちらも「カノッサへの道」「カノッサへのあゆみ」といった意味」とありました。だとすれば、「屈辱」とは何語を訳したものなのでしょうか。「カノッサの屈辱」の原語は仏、伊、それともラテン語?知っている方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

カノッサの屈辱は、イタリア語で”l'umiliazione di Canossa”だそうです。(参考URLをご参照下さい)
”l'"が冠詞であると(勝手に)仮定し、"umiliazione"を伊英変換したところ、"humilation"という単語が出てきました

辞書で"humilation"を引いたところ、
1 はずかしめられること;屈辱(感), 不面目.
2 ((まれ))はずかしめること
とのこと。

イタリア語全く駄目ですが、語源はイタリア語もしくはラテン語あたりではないでしょうか?

"l'umiliazione"については確証を得るために外国語カテゴリーに投稿される事をお薦め致します。

以上、情報提供でした。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Walk_to_Canossa

QSOUND WEATHERというフジテレビの深夜番組で以前使われていた曲について

フジテレビで直行便NYという番組の終了後の深夜28:45~28:50の五分間、曲を流しながら天気予報を伝えるSOUND WEATHERという番組(http://www.fujitv.co.jp/jp/b_hp/sweather/index.html)があるのですが1月15日より直前に放送されていた国内の女性アーティストの方で、その方のピアノ曲(インストゥルメンタル)の題名を見逃してしまい、題名を知ることが出来ず困っています。
なんとなく聴いていたら、とても気になってきた曲でしたので是非音源を手に入れたいと思ったのですがどなたかご存知無いでしょうか。
ご教授頂きたくお願いします。

Aベストアンサー

なにしろ時間が時間の番組なんでここで質問しても
果たして見てた人がいるかどうか・・・
フジテレビに直接メールか何かで質問した方が
早いと思いますよ。

Qカノッサの屈辱

西ヨーロッパ世界の形成される過程の中で
1077年におこった「カノッサの屈辱」は世界史上
どのような影響を及ぼしたか。
次の語群をふまえて答えてください。
来週の月曜日までに答えてくれると助かります。

 教会 叙任 教皇権 月 封建制

Aベストアンサー

 
  >1077年におこった「カノッサの屈辱」は世界史上
  >どのような影響を及ぼしたか。
 
  カノッサの屈辱が象徴する、教皇権と皇帝権の争いとその帰着が、後の西欧の社会的経済的基盤の基礎を構成したのです。それにより西欧は近代社会を構築し、やがて、世界へと技術経済的に進出して行く結果となるのです。
 
    「封建制度」
 
  西ローマ帝国が滅びた後、西欧は混乱した状態に置かれた。しかし、そのなかから、弱い者が強い者に庇護を求め、強い者は弱い者の支援で自己の勢力を維持するという形の勢力の秩序化が進んで行く。イスラム侵略を阻止したカロリング・フランク王国を教皇はローマ帝国と認めたが、まもなく不安定なフランク王国は分裂し、やがて、ドイツに基盤を置く、オットーが、広汎な領域に支配権を確立し、教皇はこれを、神聖ローマ帝国と認めた。
 
  西欧の封建制度は、支配者の争奪のなかで、徐々に秩序構成され、大領主が中領主と相互的契約を結び、主従関係となり、中領主が小領主と同じ契約を結ぶという形で、主従関係の契約のネットワークができました。領主には、農民が領民として従ったが、彼らは、このようなシステムが構成されて行く過程で、「領地」に束縛された農民として、土地とセットになって考えられ、「土地+農民」のセットが、荘園あるいは「封土」という形で、領主から領主に継承され、また大領主から臣従領主に契約で与えられた。このような場合の農民は「農奴」となり、「封土」を基礎に置く社会であったので、これを封建制社会と呼んだのです。
 
  ドイツの皇帝の権力は、このような封建制を基礎に置いたもので、それは、軍隊を持たず、臣従する家臣を持たず、領土も持たない教皇庁と較べ、大きな権力を持ち勢力を持つものであったが、神聖ローマ帝国皇帝の権力は危ういバランスの上にあった。それは、ドイツがまさに封建制帝国であって、大領主が、皇帝と契約を結んで臣従していたので、皇帝自身も、大領主=諸侯の一人に過ぎず、皇帝座をめぐって、多数の大諸侯が争い合っていたという現実でした。
 
  皇帝は、皇帝権力の維持のため、当時、王権がその任命権を持っていた、領土内の「司教叙任権限」を利用して、諸侯とは独立した、皇帝に直属する司教領主の勢力を大きくし、諸侯の勢力と、これでバランスを取ろうとした。ドイツ王=神聖ローマ帝国皇帝にとって、自領地内の聖職者叙任権限、とりわけ司教叙任権限は、死活問題でもあった。
 
    「教会」
 
  他方、ローマ教会は、封建制の確立と共に、高級聖職者、司祭、司教などが、封建大小領主のような立場に立って、世俗化することに懸念を抱いていた。ドイツにおける皇帝直属の司教領主団のようなものが存在しては、ローマ教会の使命は果たせず、また、聖職者の世俗化も、教会の危機であると見做していました。
 
  ローマ教会は、「教皇庁-司教-司祭-助祭-一般信徒」に続く垂直統制構造を持っていたが、司教・司祭段階で世俗化が進み、各地の司教は、聖職者領主に変わり、教皇庁の命令ではなく、契約主君の命令に従うというような事態に、教会の危機を感じたのです。教会は、この垂直制度の他に、教皇直属の「修道会」を持っており、修道会は優秀な人材の宝庫として、教皇庁内でも重要な意味を持っており、更に、教皇直属であるので、封建領主からは独立していたことも重要であった。古くからは、ベネディクトゥス会があり、その分派として、クリュニー派が起こり、更にシトー派が修道会として盛んになって行きました。
 
  教会の制度改革を唱えたのは、修道会の修道士たちで、なかでもクリュニー修道院は改革派の牙城で、聖職者の世俗化・堕落(例えば、妻帯とか、教区の世襲など、封建領主としてはごく当然な行為)を弾劾し、教会が世俗権力に操られることを否定しました。クリュニー会出身のヒルデブランドゥスは遂に教皇となり、聖グレゴリウス七世となった。
 
    「叙任権」
 
  グレゴリウスは、教会改革を積極的に推進し、聖職者の世俗化などを改革して行ったが、ここに、神聖ローマ帝国皇帝が叙任権限を持つ、帝国領土内の領主司教等の聖職者叙任権限は、皇帝にではなく、実は教皇にあると主張し、皇帝ハインリッヒ四世と争いました。しかし、ハインリッヒにとって、直属司教の叙任権限を教皇に奪われることは、皇帝権力の維持が不能になることを意味し、このような要求は飲めないと当然回答した。ヒルデブランドゥスはこれに対し、ハインリッヒの教会よりの破門及び、キリスト教徒のハインリッヒへの臣従義務の解除を宣言した。ハインリッヒを打倒しようとしていたドイツ諸侯は、この機にハインリッヒの退位を求め、また期限を切って、臣従契約を事実上解除すると通告した。
 
  驚いたハインリッヒは、グレゴリウスに、破門の解除と、臣従義務復活の宣言を願い出たが、グレゴリウスはこれに応じず、ハインリッヒは、大軍を率いて冬のアルプスを越え、戦いに備えてカノッサ城に身を守った教皇に拝謁を申し出るが拒絶され、トゥスカーナ女伯マティルダなどの取りなしで、城内に入れてもらえたが、三日間雪の降る中庭に待たされて、三日目、教皇側の要求をすべてのむことで、教皇に赦しを得た。これが、「カノッサと屈辱」として有名な象徴的事件なのです。
 
    「教皇権・太陽と月」
 
  ハインリッヒ四世は、グレゴリウス七世に圧倒的に敗北したようにも見えますが、これは「象徴的事件」で、国内が安定するや、ハインリッヒはグレゴリウスとの約束を反故にし、教皇は皇帝を再度破門し、ハインリッヒはローマに侵攻して、征服し、皇帝の臣下であるドイツ司教団は、グレゴリウスの廃位を決め、対立教皇クレメンス三世を選出します。クレメンスは、グレゴリウスが奪った帝国帝冠をハインリッヒに再度授け、破門を解きます。グレゴリウスは辛うじてローマを脱出し、避難の地で世を去ります。ハインリッヒの後ろ盾によりクレメンスは教皇として権威をふるいますが、グレゴリウスの二代目後継者のウルバヌス二世は、第一回十字軍を提唱し、これは大成功します。
 
  ハインリッヒ四世は没し、後継者が後を継ぎますが、皇帝権と教皇権の争いはなお続き、ドイツ以外の西欧の諸侯に呼びかけ、十字軍を招集できた教皇ウルバヌス二世の威勢は強くなり、ドイツ皇帝権は徐々に教皇権の前に屈して行きます。「聖職者叙任権闘争」は、1122年「ヴォルムスの協約」で、一応、決着し、わずかに教皇側に有利な結果となります。
 
  ドイツ皇帝だけではなく、西欧の王権、諸侯を糾合した十字軍運動の成功は、教皇権の拡大を保証し、1198年に教皇座についたイノケンティウス三世で絶頂を迎えます。カノッサの屈辱から130年後です。イノケンティウスは、教皇至上権を唱え、「ラテラノ公会議(1215)」において、「教皇は太陽、皇帝は月である。月が太陽に従うように、皇帝が教皇に従うのは当然である」と述べました。
 
  イノケンテイウスの功績は、従来、ベネディクトゥス会とその分派、そして戦闘的修道会テンプル騎士団などであった修道会に、「托鉢修道会」という新しい形の修道会を加えたことです。それはドミニコ会を追認し、新たに画期的な聖フランチェスコの請願に応じ、フランシスコ会を認めたことです。イノケンティウスはしかし、アルヴィジョワ十字軍を組織し、イスラム教徒・ユダヤ教徒を迫害し、ドミニコ会の異端審問を認める方向に進んだことでも知られているのです。
 
    「封建制度」
 
  カノッサの屈辱に象徴的に開始が示される、皇帝権に対する教皇権の優位性は、やがてイノケンティウスにおいて実現されますが、そこには、十字軍運動を通じての、西欧の一体的自覚化と、同時に、王権国家の確立があるということになります。封建制度は、その頂点に、イギリス王、フランス王、ドイツ王などを置き、国家単位の制度へと変化して行くのです。また、「異端」の明らかな弾圧の意図は、教皇庁への反逆者の存在を明らかにしていたのであり、教皇権の没落を予兆していたのです。
 
  王権や諸侯の権限の下、中世自治都市が繁栄し始め、パリは学問の都として花開き、各地で大学が開かれ、商人の活躍が活発になり、スコラ哲学が興隆し、封建制の近代化、そして宗教改革の成功、ルネッサンス、近代国家や近代経済の展開、封建制の崩壊へと、かくて進んで行くのです。
 

参考URL:http://www.sqr.or.jp/usr/akito-y/tyusei/108-europe8.html

 
  >1077年におこった「カノッサの屈辱」は世界史上
  >どのような影響を及ぼしたか。
 
  カノッサの屈辱が象徴する、教皇権と皇帝権の争いとその帰着が、後の西欧の社会的経済的基盤の基礎を構成したのです。それにより西欧は近代社会を構築し、やがて、世界へと技術経済的に進出して行く結果となるのです。
 
    「封建制度」
 
  西ローマ帝国が滅びた後、西欧は混乱した状態に置かれた。しかし、そのなかから、弱い者が強い者に庇護を求め、強い者は弱い者の支援で自己の勢力を...続きを読む

Q深夜のトリック番組(フジテレビ)の名前を教えて下さい。

随分前(7~8年前??)の番組ですが、確か土曜日か、日曜日かの深夜0時頃で1時間くらいのトリック仕掛けのドラマ(?)番組で、番組の最後で(もしくは次週で)種明かしをしていた番組の名前を教えて下さい。これくらいしか分からないのですが、宜しくお願いします。また、よかったらこの番組はビデオ化されているか教えて下さい。

Aベストアンサー

放送は1993年なので違うかもしれませんが、Trap-TVのことではないでしょうか?

ビデオ化はされていませんが、フジテレビのCS放送で何度か再放送はされています。

参考URL:http://www.fujitv.co.jp/cs/program/7397_022.html

Q「カノッサの屈辱」のビデオ

10年位前に、フジテレビの深夜番組で「カノッサの屈辱」という番組が
あったのですが、ビデオやDVDは出ていないんでしょうか?
最近はBSで再放送をしていますが、うちはBSが見れないので困っています。
新しく契約するにも、機器を揃えたりでお金がかかってしまいますし…。
レンタルビデオであればいいのですが、
なかったら購入してもいいと思っています。
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

現在、手元に1本だけ有ります。
「カノッサの屈辱Vol.2 律令ディスコ国家の成立と文化」
です。
PONY CANYONより出ていたようです。
コードは
PCVC-30060
となっています。

Q野球中継やその他スポーツ番組延長による深夜番組の時間変更

スポーツのテレビ放送は延長することが多々あり、それに伴い深夜番組(ジャンル問わず)が時間変更や延期になることがありますよね。

ただ、中継があるときに常にTVを見れるわけではないので、延長になるかどうかが判断できないこともあります。
放送局のHPにいってもそういった情報は載っておらず(探し方が悪いだけ?)困っています。

そこで質問なのですが、そういった深夜番組の時間変更情報などがリアルタイムで載っているようなサイトはありませんか?
もしご存知であれば教えてください!!

Aベストアンサー

番組放送変更のリアルタイムで載っているサイトとなると無いような気がします。

質問者さんは、どちらの地域にお住まいでしょうか?

>放送局のHPにいってもそういった情報は載っておらず(探し方が悪いだけ?)

放送したキー局(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)のトップページに「今日の番組」のようなところがあると思いますが、そこに番組が変更になったときはそこに注意書きがでています。(そこをクリックすると詳しい変更時間が載っています)
日付的には昨日(18日)になりますが、TBS系列で放送されたバレー放送が延長になったようです。

http://www.tbs.co.jp/tv/?20070818

http://www.tbs.co.jp/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%B1%80


念のためいくつかTBS系列の放送局サイトに見にいったところ、確かに時間変更の情報がでていないようですね。(私も探しきれていないのかも・・・)

スポーツ番組の延長に限らず、緊急番組が入って放送変更になる場合は、トップページのどこかに(大抵は今日の番組表あたり)出ていますので、最初から延長が予定されている番組については、番組終了前後に番組表を見に行くことをお勧めします。

もし質問者さんが関東以外の地域にお住まいでしたら、参考URLサイトで自分の住んでいる県で見ることのできるテレビ局はどのキー局に当てはまるか確認してみてください。

参考URL:http://www.oyakudachi.net/tv/

番組放送変更のリアルタイムで載っているサイトとなると無いような気がします。

質問者さんは、どちらの地域にお住まいでしょうか?

>放送局のHPにいってもそういった情報は載っておらず(探し方が悪いだけ?)

放送したキー局(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)のトップページに「今日の番組」のようなところがあると思いますが、そこに番組が変更になったときはそこに注意書きがでています。(そこをクリックすると詳しい変更時間が載っています)
日付的には昨日(18日)にな...続きを読む


人気Q&Aランキング