筒井康隆好きの読者の方で、他に好きな作家さんと一押しの作品があったら是非教えてください。本屋さんにいってもどれを選んでよいものか悩んでしまうので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

筒井作品は全部読んでるわけではないのですが、乾いたユーモアと濡れたユーモアの入り混じった筒井康隆の作品はどれもオリジナリティありますよね。


断筆宣言→俳優転向かなんて時にはあせりましたっけ。

curryudonさんがどんな筒井ものが好きなのかわからないのでとりあえず何作かおすすめを…

「ロートレック荘」系が好きなら
歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」
乾くるみの「イニシエーションラブ」
=軽くてあっという間に読めて最後にあらよっと投げられる快感。
うーんたまりません。
この2作、絶対だまされます。

「七瀬」系が好きなら
うぶ方丁の「マルドゥック スクランブル」
宮部みゆきの「クロスファイア」
=魅力的な女性、特殊能力みたいなキーワードだとこの辺しか思い浮かばなくて…
「クロスファイア」読むならその前に「鳩笛草」も是非。

「虚人たち」系が好きなら
カートヴォネガットの「スローターハウス5」
=虚人たちとは逆に時間が行ったり来たりの話です。
ユーモアで包んだシリアスさは共通してるように思います。

読んでから全然違うじゃんといわれそうで怖いですが
どれも面白いことは確実!
是非一度お試しあれ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい解説ありがとうございます。
私がまっていた答えです。
是非読んでみます。

お礼日時:2005/05/09 08:01

こんにちは



私は、筒井さんの本の中ではSF系のものが好きです。
ですから、質問者さんの好みとは違っているかもしれませんが…

宮部みゆき、夢枕獏さんがオススメかなあと思うんですが。
宮部みゆきだったら、「ステップファザー・ステップ」は軽快なノリでテンポよく読めますし、「龍は眠る」はミステリーに入るみたいですが超能力もので大好きな話です。
超能力と言えば、映画化された「クロスファイア」もあります。
宮部さんも筒井さんのようにいろんなスタイルの話を書きますから、お好みで選んでみて下さい。

他の方も書かれているように、星さんの本も面白いのでオススメです。

あと、小野不由美さんの「十二国記」シリーズはファンタジーですが、読みごたえがあって面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
基本的に私はSF大好きじゃないんですが、筒井作品は読めるんですよね。

宮部作品は結構読んでました。読みやすいですよね。
小野不由美作品もチャレンジしたいと思います。

お礼日時:2005/05/01 22:00

具体的に思いつかないのなら


筒井康隆のエッセイなんかで登場する作家さんあたりから
攻めていったら(変な表現ですが)どうでしょうか?

○星新一:「ボッコちゃん」「妖精配給会社」
○中島らも:「人体模型の夜」「ガダラの豚」
○小松左京:「明日泥棒」「ある生き物の記録」
○阿刀田高:「恐怖同盟」

私の勝手な意見ですが
最初は日本人作家で様子見して、それから
海外小説に手をひろげるのがおすすめです。

○J・G・バラード:「おぼれた巨人」「結晶世界」
○フレドリック・ブラウン:「スポンサーから一言」
○ロアルド・ダール:「オズワルドおじさん」
○ジャック・フィニイ:「レベル3」


本を読むのって楽しいことですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
外国作品はどれを手にとってよいやらさっぱりだったので、本を選ぶ目安ができました。

お礼日時:2005/05/01 21:58

読んでないなら、星新一。


もっとも私の場合、
フレデリック.ブラウン→星新一→筒井でした。
筒井→豊田有恒(今いち×)→SF系日本人
作家の著名なところをいろいろ。
夢枕獏(バク)も一時はまりましたね。
いずれにしても作品は20年以上前のものですね。
筒井さんの作風は独特、類似作家はないでしょう。
SF的作風、コミカルな作風、皮肉的作風、軽め
で面白い作風?、変な興味を引く内容の作風。
どちらの方面に重きを置くかで作者も変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
星新一くると思ってました。

夢枕獏は読んでないので挑戦しようと思います。

回答者様の言うとおり筒井氏の作品ってちょっとジャンルにはまらないのですよね。ここまで考えたこと無かったです。そこが飽きずに読めるところなのかもしれませんね。

お礼日時:2005/05/01 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は、筒井康隆の、ファンなのですが、彼の、作品を読んでると、変態に、寛容に、なりますね。貴方は、筒井

私は、筒井康隆の、ファンなのですが、彼の、作品を読んでると、変態に、寛容に、なりますね。貴方は、筒井康隆が、好きですか?

Aベストアンサー

自称 永遠の中年親父です。
ファンと言っていいのか・・
若いころ、彼の初期のころからの作品になるのかな、文庫本で30冊くらいは持ってました。
そのころ、本屋にある彼の文庫は全て買っていた、と言う感じ。
若かったんで、面白くて、エログロな話も多、ハチャメチャで、スピーディで、短めなので読みやすくて、ものすごくショックで、はまりました。
そういうの以外の、マジメな?小説でも、家族八景、の、人間の思考を文章表現したのににはものすごく感動し、富豪刑事のトリックに驚き、はまりました。

そこそこ揃えたところで、何となく、一区切り付いたような気になって、また、だんだんといろんなものを読む様になって、他の作家も買うようになったので、買わなくなりました。
その後、時々、話題になったのを文庫で数冊買いましたが、歳をとって好みも変わってきたせいか、あまり感動しなくなりました。

昔集めた文庫は、筒井さんは全部、他も含めて100冊以上、災害でなくしてしまったので再読できません、残念です。
家族八景シリーズだけは、買いなおしてあります。

Q筒井康隆さんの著作がお好きな方へ質問です。

今回、深田恭子さん主演で「富豪刑事」がドラマ化されますが、私はそれをきっかけに、「富豪刑事」を購入し、読んでみたのですが・・・通勤中の読み物としては大変良かったです。文面が読みやすく複雑ではなく、毎日30分ほどの通勤がとても楽しく感じました。

さて、質問ですが、次も是非筒井康隆先生の著書を読んでみたいと思うのですが、何がお勧めですか?
教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

「富豪刑事」が面白かったなら、「私のグランパ」なんかも面白く感じられるのではないでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167181118/qid=1103425340/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-4204841-5405123
ムショ帰りの五代謙三と、孫の珠子との関係を軸に、その周囲の人々との交流を優しく描いた作品だと思います。多少最後のツメが甘い感じはしましたが、読後の清涼感は格別だと思います。
うーんと初期のものですが、同じミステリー形式の「俺の血は他人の血」も面白いですよ。

個人的には思いっきりブラックに走った、にっが~いショートショートが好きですね。
金字塔の「笑うな」や「あるいは酒でいっぱいの海」「メタモルフォセス群島」、有名どころの「農協月へ行く」なんかも、吐き気を伴う作品もありますが(苦笑)通勤の数十分で読めてしまい、病み付きになる面白さだと思います。

もう少し通好みになると、エッセイや評論も面白いですよ。是非お薦めは「私説博物誌」http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101171106/qid%3D1103426387/249-4204841-5405123
動物園の園長をしていたご尊父の影響で、動物にも詳しい氏の、ユーモアをふんだんに取り入れた・・・SFに出てくるミュータントから伝説の動物まで網羅した博物誌は一見の価値ありです。

あとは「俗物図鑑」もお薦め。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101171025/ref=lm_lb_9/249-4204841-5405123
30年経った今でも、その光彩を放つ内容に「よくぞここまで言ってくれた!」と拍手喝采モノです。

あ・・・何だか書いていてマニアックな内容になってしまいましたが・・興味があればご一読頂けたら幸いです。

こんにちは。

「富豪刑事」が面白かったなら、「私のグランパ」なんかも面白く感じられるのではないでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167181118/qid=1103425340/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-4204841-5405123
ムショ帰りの五代謙三と、孫の珠子との関係を軸に、その周囲の人々との交流を優しく描いた作品だと思います。多少最後のツメが甘い感じはしましたが、読後の清涼感は格別だと思います。
うーんと初期のものですが、同じミステリー形式の「俺の血は他人の血」も面白いですよ。
...続きを読む

Q筒井康隆氏の昔の作品で

題名が、どうしても思い出せないものがあります。

痰壺やら、皮膚病やら、
ありとあらゆる汚いことのオーソリティー達が集まって、
どうのこうのという、とにかく汚いお話です。

おそらく長編だったと思うのですが、
記憶に自信がありません。
もう1回読みたいので、何に収録されているか、
でなければ題名だけでも、
わかる方、教えてください。

少なくとも20年以上は前の作品です。

Aベストアンサー

長編なら「俗物図鑑」ですかね。

短編なら「最高級有機質肥料」も
食事中には読めないです。

Q筒井康隆さんの小説で

イギリス人英会話講師の死体遺棄事件で逃亡している人のニュースが話題になったんですが、友人が「筒井康隆の小説みたい」と言い出しました。
とても面白かったらしいんですが、タイトル忘れてしまったそうです。でも凄く面白かったから読んでほしいとのこと。
何の本か、わかる方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

「おれに関する噂」かな? なぜか突然マスコミが自分の一挙手一投足を報道し始めたという話。その主人公は犯罪者でなくただの人だけど、自分の過去や足取りが詳しく報道されていくというのは似ているかも。

Q子供向けの筒井康隆

みなさん、こんにちは。

本で小学生におススメとあった「筒井康隆全童話」という
本を小4の息子に読ませたら、あっという間に読んで
「面白かった。同じような本は他にないの?」
と言われています。

個人的な思いだけなのですが、筒井康隆氏の本は時に
刺激の強いものがあるので、小学生高学年におススメな
本がありましたら、教えてください。
「筒井康隆全童話」もブラックユーモアでしたが、
子どもってそういうのが好きなんですよね。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

姉が筒井康隆好きでたくさん本を持っていたので
私も小学生低学年の時から、借りて読んでいました。

「ミラーマンの時間」という本は短編集だったと思います。

その中の「白いペン・赤いボタン」と「超能力・ア・ゴー・ゴー」
というお話は好きで繰り返し読んでいました。


刺激の強い・・・かどうかですが
表紙の絵が恐くて、カバーは外していたような気がします。
性的描写もあったような、なかったような。。。

でも、10歳程度で面白く読んだ記憶がありますので
お母さんがまず、読んでみては?

Q東野圭吾さんを凌ぐ作家さん

小さい頃は推理小説が好きで江戸川乱歩(子供版)やシャーロックホームズなんか読んでました。それからしばらくは本から遠ざかってたんですが、通勤が長くなってなんか文庫読もうと思って、赤川次郎(前に読んだことがあって)宮部みゆき(面白いと言われたので)あと東野圭吾の3冊買って読んでみました。
そしたら東野圭吾が断トツに面白くて、しかも原作者を知らないで昔観た映画やドラマで面白かったのが、原作:東野圭吾と知って、どんどんハマっていき全部読んでしまいました、そして通勤で読む本が無くなってしまいました。
うまく伝わらないかもしれませんが、例えばマジックって死角になることろに種明かしがあるんだけど、マジシャンに誘導されて、そこばっかり見てるから騙されたりしますよね?東野さんの本は、そんな風に東野さんに誘導されて、自分の”読み”をイイ意味で騙されていました。
そんなスバラシイ作家さんは他に居ますか?ジャンルはミステリーや推理で、お勧めの作家さん教えて下さい。
ちなみに宮部さんは、サブリミナル効果の話だったんですが、あんまり好きな話ではなかったです。特命リサーチみたいな話はあまり好きではないみたいです・・・

小さい頃は推理小説が好きで江戸川乱歩(子供版)やシャーロックホームズなんか読んでました。それからしばらくは本から遠ざかってたんですが、通勤が長くなってなんか文庫読もうと思って、赤川次郎(前に読んだことがあって)宮部みゆき(面白いと言われたので)あと東野圭吾の3冊買って読んでみました。
そしたら東野圭吾が断トツに面白くて、しかも原作者を知らないで昔観た映画やドラマで面白かったのが、原作:東野圭吾と知って、どんどんハマっていき全部読んでしまいました、そして通勤で読む本が無くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

以下あたりは参考になるでしょうか。
二誌共にノミネートされるようなら、面白さ、間違いないでしょう。
ちなみに、「告白」(湊かなえ 著)のオチには、たまげました。
http://www.geocities.jp/hiro0720summer/konomisu/konomisu.html#TOP1

Q筒井康隆好きの方

筒井康隆好きの読者の方で、他に好きな作家さんと一押しの作品があったら是非教えてください。本屋さんにいってもどれを選んでよいものか悩んでしまうので。

Aベストアンサー

筒井作品は全部読んでるわけではないのですが、乾いたユーモアと濡れたユーモアの入り混じった筒井康隆の作品はどれもオリジナリティありますよね。
断筆宣言→俳優転向かなんて時にはあせりましたっけ。

curryudonさんがどんな筒井ものが好きなのかわからないのでとりあえず何作かおすすめを…

「ロートレック荘」系が好きなら
歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」
乾くるみの「イニシエーションラブ」
=軽くてあっという間に読めて最後にあらよっと投げられる快感。
うーんたまりません。
この2作、絶対だまされます。

「七瀬」系が好きなら
うぶ方丁の「マルドゥック スクランブル」
宮部みゆきの「クロスファイア」
=魅力的な女性、特殊能力みたいなキーワードだとこの辺しか思い浮かばなくて…
「クロスファイア」読むならその前に「鳩笛草」も是非。

「虚人たち」系が好きなら
カートヴォネガットの「スローターハウス5」
=虚人たちとは逆に時間が行ったり来たりの話です。
ユーモアで包んだシリアスさは共通してるように思います。

読んでから全然違うじゃんといわれそうで怖いですが
どれも面白いことは確実!
是非一度お試しあれ。

筒井作品は全部読んでるわけではないのですが、乾いたユーモアと濡れたユーモアの入り混じった筒井康隆の作品はどれもオリジナリティありますよね。
断筆宣言→俳優転向かなんて時にはあせりましたっけ。

curryudonさんがどんな筒井ものが好きなのかわからないのでとりあえず何作かおすすめを…

「ロートレック荘」系が好きなら
歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」
乾くるみの「イニシエーションラブ」
=軽くてあっという間に読めて最後にあらよっと投げられる快感。
うーんたまりません。...続きを読む

Qこれらの作家に、似ているような作家はいますか?

タイトルでは表現しきれなかったのですが、似ている作家というより、似た感じの雰囲気の本を書く、と捉えてもらうといいと思います。
・浅田次郎さん
・恩田陸さん
・原田宗典さん
・村上龍さん
・重松清さん
・宗田理さん
これらの人たちの本は、ほとんど読みました。
基本、僕はミステリーとか推理小説といったようなジャンルは全く読みません。(すっごくオススメされるとたまに読みます^^;
これらの人たちに似ているような本を書く作家を教えてください。
もしよろしければ、その作家の本も教えてください。


(ついでに、分かれば、これらの作家たちの共通点など、あれば教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校生を主人公にした小説を数多く書いているといった点が同じでしょうか。
 共通していないかもしれませんが、同じ高校生を主人公としても重松さんのように青春小説!っていう感じではない、金城一紀さんの「GO」や山田詠美さんの「風味絶佳」「ぼくは勉強ができない」、宮本輝さんの川三部作などはいかがですか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31889822
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31534011
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19698812
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03715945
 村上龍さんは数冊しか読んでないので、ピッタリと言えるか分かりませんが、藤田宣永さんなんてどうでしょう?短編集はとっつきやすくておススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30870940
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31688714
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31145943
 浅田次郎さんのように短編で泣ける!という本はあまりないですが、宮部みゆきさんの推理モノじゃない「堪忍箱」なんかはいかがですか?他にも中場利一さんの「ノーサラリーマン・ノークライ」や「リョーコ」もちょっと面白くて、切ない感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30880112
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31089823
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31354888
 ご参考までに。

 こんにちは。宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校...続きを読む

Q筒井康隆、又は星新一の小説のタイトル

筒井康隆、もしくは星新一の短編小説で、「ある種の犯罪(思想犯?)を犯したものは植物(樹)に
されてしまう」という設定で、主人公の男性の妻が「樹」にされてしまい、その妻(樹)との淡々とした会話で進んでいく物語だったと思うのですが、作家が筒井康隆なのか星新一なのか、またタイトルも思い出せなくて。。。でれか、教えてくださいまし。。。

Aベストアンサー

 うーむ、筒井さんの『佇む人』かなー。
 そうとすれば『鍵―自選短編集』(角川ホラー文庫)に所収されています。

Q本屋さんは?

ニュースでチラッと見ただけなのですが、10月12日?にオープンした、神田書店街の安い本屋さんはどこにあるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

自由価格本販売の「ブックハウス神保町」かと思います。
洋書販売の北沢書店の1Fにあるそうです。下記は北沢書店の地図です。
靖国通り沿いで、最寄り駅は神保町となります。
他路線、御茶ノ水や九段下からも行けます。
http://www.kitazawa.co.jp/menumap.html

他、ブックハウス神保町をとりあげているブログです。
http://blog.so-net.ne.jp/s_shin/2005-09-21


人気Q&Aランキング