貴金属は世界的、歴史的に貴重なのでしょうか?
言い換えると、貴金属を普通の家庭用品として使ったり、
普通の武器や農具に使ったりするような例外はあったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

1畳は何?」に関するQ&A: 1畳は何m2??

A 回答 (9件)

◆Naka◆


貴金属、主に「金」や「プラチナ」ということですね。
まず科学的な面から考えると、金やプラチナは硬度に乏しく、とても武器や農具として使い物になるとは思えません。
寓話に「金の斧、銀の斧…」が出てきましたが、実際には実用としては存在しなかったと思います。
支配者の自己顕示欲の現われとしての装飾品ならば、数知れずあったでしょうけれど。(馬具等に織り込まれたものならばありましたが、それは実用と言っていいかどうか…)

日本でも安土桃山~江戸時代には、金の茶器、食器、楽器等、いろいろなものが支配者の力を象徴するものとして作られました。
金はその非常に変質しにくい特性から、茶器としては湯の中に金属が溶け出さないため、良質の湯を沸かせる→美味しい茶が飲める、という特長を持っていましたが、恐らくそういう目的で作ったものではないでしょう。
同様の例はスプーンやフォーク等の洋食器にも見ることができます。
これらは食べ物の味に何の雑味も加えないので、素材をそのまま食する類の食事には、実際に重宝されていました。
余談ですが、上記の意味ゆえ金自体には何の味もありません。ですから、よく「金箔入り」の酒や料理がありますが(結構昔からあります)、よく「美味しい」と言う人がいますよね。あれは全くの錯覚で、「金のありがたみ」が気分的な美味しさを演出しているに過ぎません。

さて、金が貴重である一番の原因は、産出量が少ない、ということに尽きますね。
また濃硫酸と濃硝酸を混合した「王水」にしか溶けない、という孤高の特性も、金の価値観に色を添えたことでしょう。
逆に言えば、産出量があまりに増えてしまっても困るわけで(金の価値が下落する)、その辺はダイヤモンド同様、現在ではある程度産出量をコントロールしているようです。

この頃「自信なし」の回答ばかりですみません。m(_ _)m
もっといろいろなアングルから、回答してくださる人を待ってみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、自信なしとはご謙遜を。(^o^)
いつもNaka様からいただいているお返事は
私の知らないことばかりです。
今回も勉強させていただきました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

本題とは関係ない回答で恐縮ですが。



>「レディファースト習慣は、この手の物騒な理由が多いようです。」とはつまり毒見として女性を先に…ということ
なのでしょうか?
 たとえば「馬車で女性を先に乗せる」ということは事故や敵に襲われたとき男は脱出しやすい入り口に乗っていることになります
 たとえば女性を先に歩かせるということは敵に襲われたとき盾にしやすいですね。
 たとえば椅子を引いて座らせるということは、
 自分は敵襲時対処しやすい位置に座ることができるわけです。
    • good
    • 0

直接の回答ではないのですが、K-1さんのご回答にある、


「レディファースト習慣は、この手の物騒な理由が多いようです。」とはつまり毒見として女性を先に…ということ
なのでしょうか?
当時の男性優位的な社会価値観からの産物といったような…。
だとしたら一般的なこの言葉のイメージとはまるで逆なものであったことになりますね。
    • good
    • 0

金は伝導性および薄く延びるという点から


現在は携帯電話になくてはならない存在です
(基盤などに多数使用)
実際リサイクルを手がけているところでは
廃品携帯を分解して溶かして金を抽出しています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

ふたたびnonkunです。


銅の代わりに金を使うと言うよりは金は使えないので銅を使ってると言う方が正しいと思います。
ちなみに・・・
金は展性にも優れています。金箔は1gで畳何畳分にも広げられるとか。(詳しい数字は失念。非常に薄く延びるとでも思っておいてください。)
ですから金箔を貼ってある物は小さな欠片ほどの金しか使ってないのでそれほど原材料費は高くないのです。
ってかなり質問の意図から離れてしまいました。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

>ところで、毒物とはどのようなものでしょうか?


 詳しいことは忘れましたが、中世ヨーロッパでは毒殺がブームでした(-_-;
 そのときによく使われていたのは砒素、アルカロイド系あたりだと思います。
 客に対して銀食器を出すということは、毒なんか入ってないぞという証明みたいなものだそうで。
 乾杯で酒を混ぜ合わせたりするのも毒無しの証明とか。
 ヨーロッパの習慣、レディファースト習慣は、この手の物騒な理由が多いようです。

>毒物とだけ反応性が高いというのはとても不思議なのですが。
 毒物に限らず、化学物質全般と反応しやすいといったほうがいいかも。
 銀の黒ずみも空気中の化学物質と反応してのことです。

 あと、銀は強力な殺菌力があるので、水の浄化などにも使われることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
反応性が高いとは知らなかったのでとても勉強になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

金は導電性が優れているので基盤に使われることがあります。

例えばパソコンにも使ってあることも。(自作コーナーで見ました。)銅は有名な銅線ですね。
あと、貴金属ではないですがダイヤは工業用カッターとして、ルビー(ただし価値のないクズ石)は時計に使われていたり。
産出量が少ないのでたくさんは使えませんが、結構そういう実用的な使用での消費量は多いですよ。

この回答への補足

金が伝導性が高いとは以外でした。
わざわざ銅の代りに使うとなると、伝導性は銅より格段に優れていると言うことなのでしょうか?

補足日時:2000/11/21 18:54
    • good
    • 0

銀などは毒物と反応しやすいことから食器に使われました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ところで、毒物とはどのようなものでしょうか?
毒物とだけ反応性が高いというのはとても不思議なのですが。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

以下の本が参考になるかもしれません。

貴金属の科学  序編  田中清一郎∥編
出版地 :東京
出版者 :田中貴金属工業
出版年月:1985.11
資料形態:114p  22cm  非売品
注記  : 創立100周年記念出版
件名  : 貴金属
内容  : 田中貴金属工業株式会社100年の歴史:p107~114 付:参考文献
NDLC: PD164
NDC : 565.1
請求記号:PD164-10

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお返事ありがとうございます。
機会があったら読んでみようと思います。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1畳は何?」に関するQ&A: 1畳って何m2ですか?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済指標としてのGNP→GDP→GNIの歴史的推移

よろしくお願いします。
最近新聞で、経済の指標とひて、日本法人の海外事業や投資のリターンを含めたGNP(GNI)が主流になっているとよみました。

今までのGDPでは日本法人の海外での利益は含まれなかったのでしょうか。また、なぜ、GNPではなくGDPを指標として使うようになったのでしょうか?

経済指標の変化の経済的背景を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

失礼ですが、#2の方は間違っています。

GNPもGDPも、どちらも「一定期間内に生産された付加価値の合計」という点では同じです。ちがうのはGNPは一定範囲の人でありGDPは一定の地域であることだけです。

Gross National Products のいう国民 National とは、一年以上生活している人を指します。したがって、短期的な出向をしている人の給料を除けば、日本国内における外国企業の生産は含みますし、外国における日本企業の生産は含まれません。

一方の Gross Domestic Products は、ある国、例えば日本国の主権の及ぶ範囲で作られた付加価値の合計ですので、例えば米軍基地内でのサービスなどは入りませんし、外国での日本領事館でのサービスは入ります。

実はこのGDPは、特に隣国からの「出稼ぎ労働」が多い西欧では昔から主流でした。例えばルクセンブルクの経済は上手くいっていなくとも、隣のドイツやフランスに出稼ぎに行くことでGNP自体が向上していると、経済政策を誤る可能性が高いです。したがって、自国内での経済政策を律する上ではGDPのほうが望ましいことになります。

これをアメリカが導入したのは、単純にある大統領選挙で、そちらの方が大きな経済成長を遂げていて、現職が経済政策の成果を誇示するための道具であったに過ぎません。

そして、その後も NAFTA や EU 統合など、様々な動きがあって、色々経緯があって、現在はいわゆる 93SNA として採用されるに至っています。


GNIに関しては、教えるときはほぼGDPに同じと教えています。要するに「他国から得られる利子収入を足したGDP」なのですが、実のところかなり不安定なものなので実際にはあまり使われていません。なぜ不安定かと言えば、投資収益が為替レートにかなり影響を受けるため、為替レート以外が全く同じ状態であっても、為替レートが変動すると変動するため、経済の実態を示す指標としてはあまり好ましくないためです。

とはいえ、複数の国家にまたがる「経済圏」がある程度発達した現在、意味のある数字ではあります。今後も普及する可能性は高いですが、現在においては主流と言うまでには至っておりません。

失礼ですが、#2の方は間違っています。

GNPもGDPも、どちらも「一定期間内に生産された付加価値の合計」という点では同じです。ちがうのはGNPは一定範囲の人でありGDPは一定の地域であることだけです。

Gross National Products のいう国民 National とは、一年以上生活している人を指します。したがって、短期的な出向をしている人の給料を除けば、日本国内における外国企業の生産は含みますし、外国における日本企業の生産は含まれません。

一方の Gross Domestic Products は、ある国、例えば日本国...続きを読む

Q貴金属地金の高騰は何が原因?

最近ニュースでも世間でも地金高騰というのをよく聞きます。
どんどんあがっているそうですが、いったい何が関係して地金は高騰しているのですか?
恥ずかしながら何故そうなるのかがさっぱりわかりません。
初心者なのでわかりやすく説明していただけると嬉しく思います。
よろしくお願いします。

PS:小麦粉、原油なども同じように関係していますか?

Aベストアンサー

外部要因と内部要因

投資の金が、世界中を巡っておりますので、「これから あがりそうだ あるいは さがりそうだ」要は、今まで変化がなかったものはないか?と探しており、昨今で言えば「そろそろ原油も高止まり、変化しないね」となったので、「あ、そういえば 金 変化してないな、おおおお あがりだした それ 買え!」ということで金地金があがっているという感じです。
これが 相場の内部要因。

小麦の方は
石油があがった → バイオメタノールで儲かりそう → トウモロコシを作ろう → 小麦をやめよう → 小麦が品薄 → 小麦粉があがる
という、相場以外の 外部要因です。
まぁ外部要因をネタにした、「これからは 小麦があがる」という相場観から小麦があがっている部分もあるので、綺麗には分けられませんが。

Q世界の武器商人は

ただでさえお金持ちなのに、まだお金を稼ぐのですか?
なぜお金がそんなに必要なのでしょう…

Aベストアンサー

ビル・ゲイツにでも聞いてみて下さい。

僕は自分の夢を実現しているだけさ

とでも答えてくれるでしょう。
お金は後から付いてくるものです。

世界には売って欲しい人がわんさかいますww

武器に限らず、トヨタの車でもいいです。
トヨタの営業マンは、生活するために車を売っていますよ。
別に儲かりたいわけではないです。

Q生活用品の区分について

こんにちは。

ウェブサイトの構成立案を、企画している処です。
福祉施設の商品を販売させるのですが、多種に及びますので、区分して管理しようと考えています。
(電化製品はありません)

衣食住とは、良く聞きますが、
それを、5つ位のカテゴリーで、区分したいのです。

皆さん、知恵を貸してください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 総務省の家計調査では、家計の消費支出を10のカテゴリーに分類しています。
 すなわち、1食料、2住居、3光熱・水道、4家具・家事用品、5被服及び履物、6保健医療、7交通・通信、8教育、9共用娯楽、10その他 です。
 5つにするなら、A衣(5被服及び履物)、B食(1食料)、C住(2、3、4)、D医(6)、E楽(7、8,9,10)なんてのはいかがでしょう。

Q日本経済の歴史

授業で日本経済が明治、第二次大戦後に発展してきた要因
と、90年代から低迷している理由を調べていますが、
どなたか、良いホームページを知っていらっしゃる方、
教えてください。

Aベストアンサー

信用できるホームページは、いくらさがしてもないと思います。というのは、明治時代以来我が国は、欧米追従姿勢で来て、80年代ではじめて、世界の先頭集団に入ったからです。つまりその「追従姿勢」の意識・戦略・体制・制度すべてを、フロントランナー・スタイルに変えなければならず、それが何かを一流の人たちが追求しているかです。それが分からず、ずるずると来てしまったのが90年代です。

はばかりながら自説を言わしていただければ、
1)追従姿勢
・欧米から学ぶ。
・それを我が国流に変形する。
・欧米流よりより安く、壊れない品質にする。
・より効率よく生産する。
ちょっとビジネスに偏りましたが、煎じ詰めればこういうことになると思います。

2)先頭集団姿勢
・欧米にないものを創り出す。
・我が国の独自性を出す。
・欧米のものより、高い価値のものを創り出す。
・より効率的に生産・流通させる。
となります。これができなかったから「失われた90年代」になり、いまだ不況から抜け出せないのです。

HPではありませんが、参考になる書籍はあります。
■野中郁次郎他『知識創造企業』東洋経済
■織畑基一『ラジカル・イノベーション戦略』日経
■小林慶一郎他『日本経済の罠』日経
いずれも本屋にあるはずです。
また過去をたどるなら、
■徳丸壮也『日本的経営の興亡』ダイヤモンド

日本の書籍も売れているのは「欧米追従」ですから、参考になるものは非常に少ないです。わたしも捜しているのですが・・・。

信用できるホームページは、いくらさがしてもないと思います。というのは、明治時代以来我が国は、欧米追従姿勢で来て、80年代ではじめて、世界の先頭集団に入ったからです。つまりその「追従姿勢」の意識・戦略・体制・制度すべてを、フロントランナー・スタイルに変えなければならず、それが何かを一流の人たちが追求しているかです。それが分からず、ずるずると来てしまったのが90年代です。

はばかりながら自説を言わしていただければ、
1)追従姿勢
・欧米から学ぶ。
・それを我が国流に変形する...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報