アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

JR以外はクレジットカードが使えない所が多いのはなぜですか?
名鉄の西蒲線満喫きっぷを買おうとしたら現金でしか払えませんでした。
またIGRに乗る予定で、現金がなかったので

JR以外だと定期を買う時くらいしかクレジットカード対応しません。

今はキャッシュレスの時代なのになぜ現金専用が多いのですか?

「○○はクレジットカード使えますよ」などの例外回答は要りません。

質問者からの補足コメント

  • 途中で抜けました。
    またIGRに乗る予定でしたが、現金がなかったので東北新幹線を使うしかありませんでした。

      補足日時:2023/08/30 00:19

A 回答 (4件)

クレジットカードを導入するメリットが無いからですね。



JRの様に長距離高額な券の販売であれば現金の管理が少額になる、旅行のきっかけになるなどのメリットがありますが私鉄では精々高額でも定期券以外なら数千円程度。クレジットカードが利用できることで増える販売額より手数料、機器設備の方が大きくなりますね。
    • good
    • 2

大抵の私鉄は


VISA TOUCH
出来るのでは?
    • good
    • 0

費用対効果が得られにくいから。


導入コストのほうがまだまだ高いから。
日本では現金の信頼度が非常に高いから
(偽札がほとんど出回らないから)。
    • good
    • 1

クレジットカード対応にはコストがかかるからです。

それだけのコストをかけてまで導入するメリットが鉄道会社側にないと判断されているということです。
「キャッシュレスの時代」と言っても、日本はまだまだ現金主義社会ですよ。まあ、多額の現金を持ち歩いていても安全、偽札の心配も無い、という条件があってことですが。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!